2017/11/14 バグリー スピナーテールバングオー #4(オールヒートン)
 さて、先日バグリーのスピナーテールバングオー #5(オールワイヤー)を一目惚れしてしまい購入しましたが、今回紹介するのはサイズダウンバージョンのスピナーテールバングオー #4(オールヒートン)です。ずんぐりむっくりなボディー、オールヒートン、リップの刻印、先端寄り目ではないアイ、比較的後方にリグられたベリーのフックアイ、カラーリング等からおそらくこいつは比較的最近のものだと思われます。


最近の、あまり評判のよろしくないスピナーテールバングオー #4です。画像で見るよりもかなりなブーデーでした(-_-;)

 で、大きいはずの#5と並べてみると・・・う~ん・・・モデルさんとそこいらにいるおねーちゃん位の違いがありますね(^_^;)#4はかなりファットに見えます。いや、実際に体重測定するとお互いフック無しの状態で#5が7g、#4が8.5gと手に持ってみると明確に#4の重さがわかります。そのためむしろ#4の方が大きく感じる位ですね(^^;

 
上が#5、下が#4ですが全然5”の方が体高も横幅もスリムですね(^^;)もちろん女子の好み同様長身スリムの方が大好物なのは言うまでもありません(〃▽〃)

 当然特性も異なることでしょう。まだ両方とも使っていないのでどんな動きをするのかわかりませんが、使い分けとしては単にサイズで選ぶというよりは動きの違いで使い分けることになりそうです。具体的には#4はその体積の大きさから浮力が強いと思われるのでよりトップに近い使い方が向いていそうです。ダイブさせてもすぐにポッカリ浮かんできそうだし、水面でモジモジ動かすのも得意そうです。メリハリの利いたアピール力を活かした使い方をしてみようと思います。


あえてよりトップ向きにするための太めのボディーなんですかね。使って楽しいのはこいつなのかもしれませんね。

 ただ2フック、やや太めのボディー、強い浮力などによりフッキング率はあまり高いとは思えませんがどうなんでしょう?特にリアはリグの構造上ペラが邪魔してフッキングしずらそうに感じます。こんなことが近年の物よりもオールド物の方がいい!と言う人が多い理由なんでしょうか。


ペラの大きさは#4と#5ほとんど同じでした。本当フィッシュイーターってペラが大好きだと思います。

 対して#5は(自分の持っているオールドのものだけかもしれませんが)細身でよりミノーっぽいというところから少し水面下に潜らせて使うのに向いているのかもしれません。動きも比較的ナチュラルに動きそうな感じですかね。フッキング率も良好そうです。って、ただこいつの見た目が素敵なのがお気に入りの理由なんですけどね(^^♪












07:34 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/13 本日のお仲間 ロデオクラフト やわらかプップ(ホワイトコーチドッグ)
 本日お仲間に加わったのは、tactbassの4大ナマズルアーの1つ、ロデオクラフトのやわらかプップ(ホワイトコーチドッグ)です。もうすでに3つも持っていますが、フロッグと同じなんで普通のハードベイトと違い壊れやすいのでストック分として購入しました。って、他の人は一瞬で壊れた・・・なんて意見も多いですが、自分のは無事なんですけど新古品が安かったのでついσ(^_^;


今や欠かすことができないナマズルアーのやわらかプップ!ロデオクラフトのバグカップは世界一秀逸だと思ってます(^.^)

 でもこのやわらかプップはストックケースではなくバス用のフロッグケースに入れて、バスで使ってみようと思っています。フロッグの一番の特性って根掛かりしづらいいのでどんな場所にでもビシビシ突っ込んでいけるということでしょう。動きやフッキング率なんて期待できないし。


ノイジータイプのフロッグ!バスは見たことないでしょ!(^◇^)

 でもそれ以外にも中空ルアー独特のあのペチャ・ポフッといった着水音はかなり武器になっていると思います。水押しの波動なんかもやっぱり普通のハードベイトのだすものとは異なるでしょうし。なんかとてもナチュラルなんですよね。

 で、やわらかプップはフロッグの最大の武器であるスナッグレス効果は期待できませんが、その分ダブルフック×2本なのでフッキング率は普通のフロッグよりも勝ると思います。そんなわけでハードベイトだと引きづらいけど、フロッグを使うほどでもないライトカバーでフッキング率を重視して使うには最適なんじゃないかと思います!

 
ナマズ用としてダブルフックが装着されてるけど自分はトレブルフックに交換してます。でもバス用として使う場合はこのままダブルフックで使います(^_-)-☆

 最近はハネモノ系は流行ってるけど、バグカップ系を使ってる人はほとんどいないでしょうし、それが中空ソフトボディーとなれば見たことないバスがほとんどでしょうしね(^.^)カラーもバス向きだしこりゃ釣れちゃうでしょ!
00:10 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/12 OSP オーバーリアル 63 ウェイク
 最近は往年の名作であるオールドルアーを中古で買うことがほとんどでしたが、久し振りに今時ルアーを購入してみました。まぁもちろん中古ですが^_^;今回入手したのは高いけど、まずまず安定していいルアーをだしているOSPのオーバーリアル63ウェイクです。


久々にミーハールアー買ってみましたww新古品をお安くGETです!

 オーバーリアル63ウェイクはジョイントミノーのウェイクベイトですが、このサイズのミノーでウェイクベイトはヤバイでしょ!って思うんですが、実際使ってみるまではちょっと不安もあったりします。

 以前期待と共に購入したHMKLのK-0ウェイクミノーにがっかりさせられたからです。一見釣れそうなんですがいかんせんこのジャンルのルアーには必要不可欠な飛距離が出ない、すぐに潜ってしまう、少しでもリトリーブを早めるとバランスを崩してしまうからです。大きいサイズはまだマシなんですが、あまり釣れなかったなぁ~(~_~;)

 このオーバーリアル63ウェイクもサイズ、重さ的には似たようなものなのでどうかなってとこです。まぁ動画で見る限りは大丈夫そうな気がしないでもないですが^_^;でもちゃんとウェイクベイトとして機能するのであればそりゃ釣れちゃうルアーでしょうね。

 
これはもう反則ルアーでしょうね。まぁ、釣れちゃうでしょう。

 特にこいつはウェイクベイトながらジョイントボディー構造やヘアーが付いていることによって止めている時や、ちょんちょん動かして使ってもバスを誘うところがいいですね!たいしたことない所はただ巻きで、いい所にさしかかったらステイやトゥィッチで食わせにかかれますからね!


こいつの胸毛は動かしても止めていても効きそうですね♪

 まぁ時期的に来シーズンでの登板となりますが、スモールマウスバスにも効きそうだし、楽しみが一つ増えました!

00:13 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/11 LOWRANCE ホンデックス 振動子変換ケーブル
 今まではず~っとホンデックスの魚探を使用してきたtactbassですが、今年からはコストパフォーマンスと画像の綺麗さにやられLOWRANCEのELITE 7tiとHOOK 4Xという魚探を使い始めました。でも厄介なことが3艇の船でそれぞれの魚探を使い回していくのに電源コードと振動子が船毎に必要になってくるということでした。

 まぁ電源は何とでもなりますが、振動子はやっぱり何個か必要になってきます。で、その振動子がまた高いのよ・・・定価で買うと安くも1万後半~ですからね・・・(;゚д゚)そこでいろいろ考えたのですが、調べているうちに何やらホンデックスの振動子をローランスの魚探で使えるようにする変換コネクターがあるとか!?

 もしそれが可能なら、現在使わなくなってしまったホンデックス魚探用の振動子が6個もあるので(なんでそんなにあるんだ!?ww)これは有効活用できるんじゃないかと!そのコネクターも4000円程しますが、最低でもあと2~3個はローランス用の振動子が欲しいため、それを買ったつもりなら安上がりになります!


便利なもんがあるもんです( ^^)これでいま手持ちにあるホンデックスの振動子が使えるのか!?

 とりあえずHOOK 4X用に振動子が欲しいわけで、HOOK 4Xでも採用されている200khzの振動子ならホンデックス用の200khzの振動子と互換性があるらしい。って、でも本当に使えるの!?基本的に仕組みがよくわかっていないtactbassとしては不安極まりないですが、とりあえずダメ元でそのコネクターを買ってしまいました^_^;


とりあえずコネクターの形状的には問題なさそうです!

 なんか振動子の性能的にはローランス用の方がいいような気はしますが、HOOK 4Xを使うのはリアでエンジン操船時に浅い所で底にヒットしないように水深がわかればいいだけなので十分な気もします。とにかく使ってみるまでは不安まみれですが、ちゃんと映ってくれることに期待しましょう!


WP-298にもホンデックスの振動子を船底に貼り付けました。うまく機能してくれよ~!!(^^)!
00:07 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/10 ボーマー ロングA B13A(ヒートン シンキング)
 今回登場のルアーはボーマーのロングA B13Aです。ロングAシリーズの中で一番小さい末っ子になりますかね。最近マイブームがロングAなもんでこの可愛いいロングAも気になって購入したわけですが、初購入となるのでどんなアクションをするのかよくわかりません^_^;

  
上から13A・14A・15Aになります

 ちょっと調べたらどうやらただ巻きでもダートでもなかなか切れのあるいい泳ぎっぷりをするとかなんとか(^_^)まぁ単純にこのサイズは武器になりますよね!

 
う~ん、小粒だけどウエイトもあって投げやすそう!って重すぎない???

 ちなみに一応リアはヒートンなのでオールドになるんでしょうか。なもんでまずはリアにペラを付けてみて、素敵ならそのままスイッシャーとして使うし、いまいちなら本来のミノーとして使いたいと思います。


1つはヒートンモデルが欲しかったのでご機嫌です♪

 って思ってたんですが・・・なんと届いてみてビックリ!まさかのシンキングタイプですた・・・ちゃんと出品時に記載しとけよ!(-_-#)まぁ確認の問い合わせしなかった自分も悪いですが(;´Д`)シンキングタイプぢゃ使い道がないよ~(ToT)


オモリが詰まってました・・・シンキングプロップベイトとして使うか!?(-_-;)
07:25 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/09 バグリー スピナーテールバングオー #5(オールワイヤー)
 むか~しむかし、バグリーのルアーもいくつか持っていましたが、以前の大量処分の時に全て手放してしまいました(-_-;)その後新たに追加購入することはありませんでした。いまひとつ自分にはまるところがなかったからだと思います。

 バングオーミノーもいくつか持っていましたが、やはり自分のフィーリングに合わずお気に入りルアーには成りえませんでした。でも最近のペラ好きなtactbass的にはスピナーテールバングオーは気になるところです。

 でもバグリーってほんとよくわかりません・・・年代によってだいぶ仕様が異なるし、当然評価も異なります。まぁウッド製だから仕方ないと言えばそれまでですが、やっぱり失敗はしたくありません。

 そこでまたIさんにいろいろと教えて頂き自分の用途に似合ったものとなるとやはりオールド物がいいのかなと。でもなかなか入手も難しいし高価なんですけどね・・・^^;それでも安物買いの何とやらでは意味がないのでちょっと奮発しちゃいました^_^;


いつの時代のものかわかりませんが、なんかあまり見かけないシェイプに惚れました♡(#^.^#)

 今回入手したものは、よくわかりませんがちょっと古いものなんじゃないかと思います。特徴は全てのアイがワイヤーであることと全体的にちょっとスリムなことでしょう。


体高が高くなく、ややスリムな感じがレスポンスの良さを予感させます

 比較的新しいものは丸っこくってシャープさに欠ける反面、その分浮力は強いのでより水面で操作しやすいのと、ダイブさせた場合もすぐにポッコリと浮かび上がってきてメリハリのある動きがだせそうです。


浮力が強すぎない方が水絡みも良く、フッキング率も高そうです♪

 対して今回入手したものはスリムでロッド操作にもレスポンスよく反応してくれそうだし、浮力が弱い分よりナチュラルに見えるだろうし魚の吸い込みも良さそうです。


リップも時代によってバグリーの刻印があるものとないものがあるようですが、比較的昔のものはないのかな??

 オールワイヤーなのはどうなんでしょ!?確かに一番後ろ以外のアイはワイヤー製の方が良さそうな気はするのですが、リアはヒートンの方が気軽にペラを交換したり調整できたりしそうでいいような気もします。ロングAなんかはリアに重量が掛かるためオールドのヒートンモデルがいいと言われてるみたいだし(?_?;


やっぱりフックのアイはワイヤーのほうがスマートでいいですね(#^.^#)

 というかミスキャストなどで硬いものにぶつかった場合等、すぐに曲がって使い物にならなくなるんじゃなかろうか!?ペラの回転性能的にも不具合が出た場合修正も難しそうです^_^;前のオーナーも使わずにずっとコレクションとして大事に保管していたみたいだし、あまり実戦でガシガシ使うものではないのかも!?σ(^_^;


正直今どきの薄くて軽量なペラに付け替えたいんですが、このリグじゃ厳しそうです(~_~;)
01:27 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/08 ワカサギデッキのかさ上げ
 今まで自分の船でのワカサギ釣りでは、フラットデッキの上にクッションを敷きその上にあぐらをかいて釣りをしていました。ただそれだと長時間釣りをした時に足が痺れることがよくあったので、クッションよりは少し座面が高くなるハイバックシートを導入しました。

 しかしそうすると今度はワカサギデッキの位置が低過ぎてしまい、それはそれで背中を丸めないといけないのできつい姿勢になってしまいます。

 そこでデッキの位置をもっと高い位置にセットできるシステムにしました。って、ただ板を1枚用意して両サイドをラチェットクランプで船べりに挟み、その板にワカサギデッキの万力を挟んだだけですが。


これで任意の高さに調整できるようになりました♪ワカサギ釣りって釣り座がとても重要ですからね!

 こうすることによって自分の好きな高さで竿の操作ができるようになったのでかなり快適です!もちろん自分の船以外で釣る場合でもいろいろな高さに調節できるこのシステムはかなり有効です。


何かと使えるこのラチェットクランプ。優れものです!
05:57 | ワカサギ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/07 LOWRANCE HOOK 4X 用 保護カバー
 LOWRANCEのELITE 7tiには液晶画面を覆う保護カバーが付属していましたが、安価なHOOK 4Xには付いていませんでした。そこでやっぱりなんでも雑に扱うtactbass的には転ばぬ先の杖ということでオプションの保護カバーを購入しました。


見た目も安心感もいい感じのハードカバーです♪

 本体を2万半ばで買って、カバーで3000円も掛かるのはちょっと腑に落ちない気はしますが、並行物を買い何の保証もないので少しでもリスクは減らしたいところなので仕方ないですかね^^;

 
当然ですが専用品なのでぴったりです!一応さらにソフトケースに入れて運搬します。
06:57 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/06 ボーマー ロングA B14A(ヒートン)
 まだ自分が子供の頃からあり、もちろん自分も所有していたボーマーのロングA B14A。昔はまともに泳がないルアーが多い中、ロングAはただ巻きでもいかにも釣れそうなクネクネアクションで魅了されました。


上から13A・14A・15Aです

 しかし、自分の行っていたフィールドの特性なのか、それともただ単に自分の食わず嫌いによるものか、シャローランニングタイプのミノープラグは最も苦手意識のあるジャンルでした。

 
昔は一番標準的なサイズのB 14Aです。シーバスでもこれを使ってましたね。

 いや、正直に言うと未だにショートリップのミノーはあまり出番がないんですよね^_^;ジャークベイト自体は自分にとって最も自信のあるルアーの一つなんですが、やっぱりある程度潜るタイプが好きなんですよね~

 そんなわけでロングAで釣ったことがあるかどうかよく覚えていません^_^;でもひょんなことから世界中で愛され、ミノープラグの傑作中の傑作と言われるロングAに再び興味が湧いてしまったのです。

 
全体に丸みのあるボディーでただ巻きもジャークもこなしますが、少年だった頃はほとんどただ巻きしかしてなかったような^_^;

 でも手持ちのロングAはすでに手放してしまったので、久々にまた所有してみたわけです。でも散々ミノーだのジャークベイトだの言っておきながら、こいつはリアヒートンのオールドモデルなのでリアにペラを付けて本来の使い方ではない使い方をする予定ですσ(^_^;


自分が使ってた頃はヒートンモデルでしたが、今となってはオールドゆえか、改造目的かヒートンモデルがもてはやされています(^.^)

 でもそれがしっくりこなかったら普通にジャークベイトとして使おうかなと思っております。昔から苦手意識のあったショートビルのミノー、あれからいろいろと経験値を上げてきたつもりですが今の自分が本気で使えば理解でき、ちゃんと釣れるかな?(^_^)ゞ
08:36 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/05 グランパ P-PERA
 かなりペラ物が大好物なtactbass。そんなわけでいろいろなペラ付きルアーはもちろんペラ単品も買ってきました。まだ在庫のペラもたくさんあるのにまたペラを買ってしまいました(;´Д`)今回のものはグランパというお店がだしているオリジナルのものです。

 グランパのペラと聞いて情報通の貴方ならもしかしてピンときてるかもしれませんね。そうです、あの釣れ釣れと評判のグランパオリジナルルアー、ロングPのプロペラなんです(^.^)


このペラさえあればロングPがお安く再現できる!のか!?

 ロングPとは、オールド物のロングA B15Aのリップを除去し、前後にペラを付けたダブルスイッシャーなのですが、なぜかなんてことなさそうなルアーなのにすこぶる評判がいいんです。価格も4000円以上するのに入手困難で、今の時代に行列をなしたり抽選販売でないと買えないみたいです(||゜Д゜)

 ヤフオク!などでも大体7千円~1万数千円もしますil||li (OдO`) il||liそんなもの当然買えるわけもないので作ってみようと思った次第です。今販売されているロングPはモールドからそれ専用に作って貰っているようですが、以前は手作りだったようなのでできなくはないのかなと^_^;

 そもそもスイッシャー、プロップベイトのキモはプロペラがかなりの割合を占めると思っているので今回ロングPでも採用されているP-PERAを入手してみたのです。特徴としてはステンレスバネ製で薄く軽量なのでスローリトリーブにも対応でき、レスポンスも良さげです。

 ・・・・・って思って通販で購入したP-PERAでしたが・・・・・実はこいつが到着前に本家本元グランパさんに行ってペラ以外の物を買おうと材料を見繕って下さいと言うと、なんとロングPに使われているペラはP-PERAぢゃないと仰る!?

 えっ!?違うの!?・・・(||゜Д゜)ってクソ高いペラを6パックも買っちゃったよ(;´Д`)まあよく考えればスイッシャーの命とも言えるプロペラを販売したりしないですよね^_^;他のメーカーでもキモとなるペラはアフターパーツとしても販売してないところがほとんどですもんね( ̄。 ̄;)

 でもまぁ形は似てるし、薄いペラ欲しかったし、他のルアーに付けるしいいんだいいんだもん(T^T)というわけでロングAに付けてもロングPにはならないようですが、改造用にロングAも買っちゃったしもちろん作りますけどね^_^;

 ロングPに採用されているのはGP-LP001という大きさのものが近そうですが、他のルアーにも付けてみたかったので、大きめのGP-LP003とベビーサイズのGP-LP002も合わせて購入しました。さてさて、他のペラと比べてどんなもんなんでしょ!比較が楽しみです(^o^)


負け惜しみじゃなく、本当に薄いペラをずっと探していたので全然OKです!軽量なペラを失ってタックルボックスの肥やしになってるルアーがたくさん眠ってるので(^.^)
08:07 | チューニング・自作系 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.