2017/03/18 deps ブルシューターjr.
 待ちに待ったデプスのウェブメンバー限定ルアーであるブルシューターjr.が届きました!以前にも書きましたが、このルアーが買いたいがためだけにデプスのウェブメンバーになったわけですから(^.^)

 今回販売されたのがアズライトというギルチックなカラーと、スターダストブラックという黒系のちょっと手抜きなカラーの2色ですが、せっかくなので一応2色とも購入しました。


ブラックは買うかどうか悩みましたが、最近某人気ブロガーの方のギルパターンはブラックが圧倒的に強い!的な記事を読んで一安心なミーハーtactbassですww

 まぁ今でこそ各社から色々なギル型ルアーが販売されていますが、その火付け役の一つがブルシューターであることは間違いないでしょう。流行に疎い自分はブルシューターの存在を知ったのは発売からかなり経ってからですが、友人が使っているその動きにやられ、自分も欲しくなってしまいました。


第一印象は結構小さいな・・でしたが、以前ギルを餌に使った釣りで学んだことが生かせそうです。

 特にブルシューターJr.はサイズ的にいつでもどこでも無難に使えそうでいい感じです。こいつを入手するまではジャッカルのガンタレルオリジナルサイズを使っていましたが、やっぱりビッグベイト本来の威力を体験できるのはガンタレルの方だと思いますが、やはりオールラウンド性はブルシューターJr.に軍配が上がりそうです。


重さも軽いので普通のタックルでいけそうですが、せっかくtailwalkのビッグベイト竿も買ったことだしそれでやってみます(^.^)

 使い方としてはシャローフラットやカバー周りでのただ巻きやストップ&ゴー、ジャークやステイなど様々な使い方ができそうですが、特にスポーン絡みの時期は有効そうです。動き的には動かしてからのストップ後に自発的に惰性で動く様がなんとも堪りません!


フェザーフックにしたいですが、やっぱり標準で搭載されていないのはJr.サイズだと動きが悪くなるから!?

 ただやはりサイズ的な弱さはあるのであくまでガンタレルが先発で、ガンタレルだと強すぎると感じた時や見切られる時に登板させたいと思います。やっぱりガンタレルは素晴らしいルアーですからね。
07:54 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/17 スミス ディプシードゥ 後期モノ!?
 『モノ』ってだんだん改良されて良くなっていくものが多いですよね。実際に使った人の意見を聞いて使いづらかった点を直したり、さらに便利な機能を追加するなどです。パソコンや電気製品、リールなんかもね。でもルアーに関しては初期型の方が良かった、なんて声もよく聞かれたりします。まぁないものねだりのわがままだったりすることもあるんでしょうが、そういったことは名品と言われるものほど多いように感じてしまいます。

 有名なところだとストームのウィグルワートなんかがそうですよね。オールドと呼ばれるものの評価が高く、まぁ途中のラパラのものは論外として、現行のものもかなりオールドものに近づけたようですがやはりオールドを求める人が多いです。さらにはそのオールドのなかでも初期・中期・後期なんて分けられたりして、やはり一番初期のものが評価が高いようです(レアだからということではなくて実釣面で優れているという点で)

 他の多くの『モノ』は時代を踏むごとに進化しているのに、ルアーの世界では必ずしもそれが当てはまらないのは、生産効率を求めてクオリティーが下がるからなのか、ルアーというものが偶然に良いものが生まれることが多く、狙って釣れるルアーを作るのが困難だからかもしれませんね。

 で、先日初めて購入したスミスのディプシードゥですが、自分が買ったのは現行品です。でも実はこれにも初期・後期・現行品がありアクションも違うらしい!?スミスの方のブログにはこんな感じで書いてありました。初期型はレスポンスの良いウォッブンロールアクションで、後期型はロールは抑えられウォッブリング寄りのアクションとなっているようです。そして現行品は初期型のアクションを踏襲したものとのことです。ブログ主様はどちらが良いとは言い切れないとしつつも初期型の方が好きと言っておりました(笑)


前回買ったディプシードゥ3がなかなか素敵な泳ぎだったので、違う系統のカラーを追加買いです

 ちなみに外観上の見分け方としては、お腹の印字がロゴマークであるものは初期型、ゴシック体の文字で入っているものが後期型だそうです。なんでこんなことを書いたのかというと、最近追加で手に入れた格安の新古のディプシードゥー3のお腹にはゴシック体で名前が書いてあったのでコイツは後期型だなと。


初期・現行型とは動きが異なるとされる後期型。魚が好きなのはどっち!?

 早速我が試験場で動きを確認してみたところ、やっぱり結構違いますね・・・現行品がシャッドチックに小刻みに震えるような泳ぎで比較的ナチュラルで複雑に動き、結構危うい感じのふらつくような軌跡です。対して後期ものはクランクベイトらしい大振りな泳ぎで安定しているように感じます。とはいっても細身ゆえ丸っこいクランクのような水を押すというよりはスルスル泳ぐ感じです。当然現行物の方が全然釣れそうな泳ぎで全然好きですが、実際の効果は魚に聞いてみるしかありませんからね(^-^


この細身のボディーを生かした効果はいかに!?今期はちょっと使ってみたいですね!

 まぁだからといって実際の釣果に差が出るとか、使い分けられるかというとかなりそんなことはなさそうな気がしますが、それでも釣り人って夢見てそんな細かいことを追い求めてしまうんですよねwwというわけで目下ウィグルワートの初期のオールドものを血眼になって探しているミーハーtactbassです(^.^)
00:21 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/11 ストーム ショートワート
 昔から持っていて未だに所有しているルアーって意外と少ないです。あるときから使わないルアーは徐々に処分していってしまったからです。そんな中でもまだ手元にあるルアーの一つがストームのショートワートです。


ちなみにこいつは最近入手したやつです。昔からのやつは稚拙なリペイントされたり、酷いチューンされたものばかりなのでσ(^_^;

 もともとはスィンフィンのファッツオーと呼ばれていたものがストーム社扱いになりショートワートと名称が変わったのかな?て、ここらへんはオールドマニアではないのでよく分かりません。適当に言いました(^.^)

 多分形は同じで、素材だかラトルが違うだかで音が違うと言われていますが、カラーによってもだいぶ音が違うのでそこらへんの違いも自分にはよく分かりません。

 でも動き的にはファッツオーの方がレスポンスよくキビキビと泳ぐようなイメージがありますが、それも気のせいかもしれません。釣果的にはどちらもよく釣れましたね。


このリップとボディーバランスがあの絶妙アクションを生み出します。

 で、そんなショートワートをなぜ未だに手元に残しているのかというと、やっぱりこのルアーでしか出来ないことがあるからに他なりません。シャローレンジをフラつく軌道で大きくボディーを振りながらシャカシャカとせわしなく懸命に泳ぐ姿は子供ながらに釣れそうな気満載のアクションでした。

 このショートワート、ウィグルワート、ホッテントット、そして最も愛しているウィーワートをはじめ、昔のストームのルアーは激しく泳ぎ、今で言う千鳥アクションに優れている動きに特徴のあるものが多かったようです(確かウィグルワートはあの動きでパテントを取っていた気がします)

 そんなわけで、自分に釣れる千鳥アクションとはこういうものだといつの間にか教えてくれたのがショートワートを含むストームのルアー達で、無数のルアーがある現在でも他に類を見ない強烈にリアクションを生む動きで何十年もタックルボックスに収まっている凄いルアーなのです!


ファットボディーで高浮力、シャローレンジでは欠かせませんでした。ただ自分の行くフィールド的にウィーワートが一番好きでしたが、今年は久々に使ってみようと思います。
00:08 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/10 スィンフィン ホッテントット
 自分のルアー釣りでのファーストバスは、中学1年生の時に友人と一緒に電車とバスを乗り継いで行った奥多摩湖でスィンフィンのホッテントットで釣りました。同じ東京都でありながら奥多摩湖は遠く、たどり着いたのは10時位で、15時位には納竿しないとなりませんでした。今も昔も難易度の高い奥多摩湖でしたが、その日は35㎝程のバスが赤のホッテントットで3匹も釣れ、その時の様子は今もくっきりと脳裏に焼き付いています。


今見ても個性的なルアーですね。でもそのアクションはホンモノです!

 その時は岩が崩れたガレ場を赤のホッテントットでボトムノックをさせているとグンと竿が引き込まれ、ベロベロに柔らかいベイトロッドを絞り込みナイスなファイトを見せて上がってきたのが自分の人生初バスとなりました。その後も同じ釣り方で2匹のバスを手にすることができ、すっかりホッテントットの虜になってしまいました。

 その次の日からそのホッテントットはキーホルダーとして一緒に登校し、バイク、車のキーホルダーとしてお守り代わりとして活躍してくれました(笑)最終的にはまだ結婚前の嫁に看護師試験のお守りとして、マジックペンでとても恥ずかしいメッセージを激しく汚い字で書いてプレゼントしましたwwそれから20年近くそのホッテントットと対面することはありませんでしたが、先日釣りビジョンの五畳半の狼に出演したときに、その恥ずかしいメッセージとともに紹介されたとてもメモリアルなルアーなのです。


ちなみにこれは、例の恥ずかしいルアーではありませんww冷やかされそうなので封印しておきます(^^;

 と、気を取り直してホッテントットの実力はというと、逆立ちした状態で浮き、急潜行すると言われていましたが実際にはそれほどでもなかったようですが、当時としては相当優秀なルアーでありました。泳ぎも大きく激しくボディーを振りながらしゃかりきに泳ぐ様は驚愕に値する釣れそうなアクションでした。軌道も今でいう千鳥アクションで実に危うげに泳ぎます。しかもサイレント仕様で、今でも間違いなく通用するであろうリアクションベイトに思われます。


この時代は今と違いルアーの種類も多くなく、皆が同じルアーを使っていたので同世代の人とはつい話が盛り上がってしまいます(^^)

 ただ空気抵抗のせいか投げづらかったイメージがありますが、現代の優れたリールで使えばその弱点も何てことないのかもしれません。今日久々に一緒に入浴してみましたが、やっぱり今見てもスゲェ~ルアーであることはビンビンに伝わってきます。ただの懐古主義としてではなく、実戦での戦力として使ったみたくなりました♪
 

深度・アクションが変えられる独特な金属リップ。ほんとオリジナリティーの高い逸品ですね!


00:53 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/07 ティムコ ステルスペッパー90s
 釣れるプロップベイト、ティムコのステルスペッパーは最も好きなプロップベイトの一つですが、今回初めて90サイズのものを買ってみました。とても安く売っていたのでつい・・・σ(^_^;

 
チャートバックアワビ、めっさ素敵な色です♡この手のルアーは目視できることが釣果に大きく影響しますからね!

 セールで叩かれまくっていたステルスペッパー90s。55や70サイズは適正価格で売られているのに、90や110の大きいサイズはセールにされているのはやっぱり人気がないんでしょう。でもあれだけ釣れるステルスペッパー、大きくても釣れるはず!とポジティブに安いルアーを買う口実を作るtactbassですww

 もともと55・70サイズはよく使っていますが、特徴でもある弱アピールも荒天時、広い範囲を釣りたい時等にはデメリットにもなったりします。そこで以前からもう少し大きいものも使ってみたいとは思っていました。が、実物は70サイズの体高、幅しかないので全然大きくは感じません。それでいてトレブルフック×3本はかなりいいですね♪

 
ちょうど釣れ頃な、いいサイズですね。今シーズン大活躍するのは間違いないです!

 そもそも見せて追わせて食わせるこれらI字系のルアーに大きいものが有効かどうかは使ったことがないのでわかりませんが、見切られそうな気もするし、リアクション気味な効果が生まれそうな気もするし・・・ここらへんはやっぱり使ってみて判断デスネ(^.^)

 
70サイズと同じボリュームで、ただ長くなっただけなのでとてもスリムに感じます。こりゃいいっすわ!ペラも気持ちサイズアップされてます。
00:15 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/06 スミス ディプシードゥ3
 長い期間販売され続け、ずっと使われている所謂名品と呼ばれるルアーがあります。これらは言うに及ばず釣れるからリピート買いされるわけで、製造も続けられているわけです。そんな名クランクの一つにスミスのディプシードゥがあります。このクランクも販売から20年近く経ちますが未だに販売され続けている、ベテランアングラーにはおなじみの名クランクです。

 一世を風靡したこのディプシードゥ、相当数売れ、多くの人が使ったルアーだと思いますが、当然バス釣り歴35年の自分も愛用していま・・・いま・・・せんでした・・・。とにかく釣れると評判だったディプシードゥですが、優等生には劣等感のあるtactbass、『そんなよく釣れる、人気者のルアーなんてあえて使わねぇぜ!』と天邪鬼剥き出しで意地でも使いませんでした(~_~;)そんなディプシードゥを使ったことのない、ある意味とてもレアな親父バサーtactbassです(^^ゞ

 というわけで、とっくにブームが去った今だからこそ、あえて使ってみるのです!!(笑)そんなわけで今更ではありますが、ディプシードゥ3をGetしました。ディプシードゥは元祖システムクランクのスミス ハスティー(こいつはレンジによって大きさがが異なっていましたが各サイズ使ってました)よろしくシステムクランクを謳っていますが、ディプシードゥはボディーサイズは同じでレンジ別にいろいろなバリエーションがありました。レンジ以外にもバリエーションが多かったのは、それだけ売れたからここぞとばかりに目先を変えて販売しようとしたのでしょうww


カラーはカスミベイトというカラーを購入。でも昔のカラーのほうがバリエーション豊富で、いいカラーが多かった気が・・・

 中でも一番評価が高いのが3.2mダイバーのディプシードゥ3だそうなので、鵜呑みにしてこいつを入手した次第であります。あらためてそのボディーを見てみると、クランクではありながら細身のボディーと、今となってはあまりない!?肉厚なリップが特徴的です。


まさに昭和なクランクww今まじまじと見てみると逆に新鮮な感じがしますね(^_^)

 泳ぎ的には力強くブリブリと泳ぐというわけではなく、かといってハイピッチにピリピリと動く感じでもありません。やはり動きも昭和な香りのするウォブリングとロールがバランス良く含まれた感じです!?^_^;何と言うか、ヌルヌル魚っぽく泳ぐ生命感のあるナチュラルな動きに感じます。サウンドもコトコトとなんとも地味です。でもこの動きこそが長年バスを魅了し続ける秘密なんでしょうね。

 近年はシャッドシェイプでただ巻きでクランクのような動きをするものも多いですが、コイツはクランクシェイプでシャッドのような動きもだせるということでしょうか。そういったわけで、あまり強さが求められない、食わせの要素が必要と感じられた時にこのディプシードゥを投入してみたいと思います。


最近はあんまりこういったナチュラルに泳ぐクランクを使ってないなぁ。今期の投入が楽しみです!

 気になった点は飛距離やアキュラシー的には今時のクランクの方がいいような気がします。また、あの比較的スリムなボディーに大きめのリップを搭載しているのでスライスしてバランスを崩しやすかったり、ちょっとしたゴミなんかを拾っても動きが破綻しそうな気がしました。まぁ、お風呂場テストしかしていないので、実戦でのインプレはまた後日致します。さてさて、釣れますかねぇ~!(^^ゞ


ある意味完成されたボディフォルムなんでしょう。美しいシェイプしてます。
00:03 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/05 イマカツ スケアブローデケム
 今、一番自分が釣れると思っているクランクベイトがイマカツのスケアブロー7です。自分の行くフィールドにとても合っているように感じられ、実際こればかり使っているしとても多くの魚を釣っています。ただあまり話題にならないので自分の行くフィールドだけなんでしょうか?本当に良く釣れるんですが・・・


数は無数、50upも2桁は釣れ、こんなダブルヒットも3回体験したスケブロ7。現状自分的最強クランクです!

 で、後発でコイツの大きいバージョンが発売されているのは知っていました。でも、値段も高いし、大体オリジナルサイズに痺れて小さいサイズや大きいサイズ、その他のバリエーション違いを買うと大概ガッカリさせられることがほとんどなので、ずっと見送っていました。


あぁ~、ずっと悩んでいたけどついに買っちゃった・・・

 でも、ず~っと買うか悩んでいましたが、ヤフオクで安い新品が売っているのを見つけてついに買ってしまいました。わかっちゃいるけど、最近は安いからと言っては本当に必要かどうかもわからないルアーを買ってしまう悪い癖がついてしまったtactbassです(-_-;)


カラーは反射系とゴースト系。まずはこれで十分です。

 スケブロ7が48mm8.8gで2mダイバーなのに対し、デケムは57mm14gで2.5mレンジをカバーします。見た感じはだいぶ大きさの違いは感じますね。一緒にお風呂に入って仲良く戯れた感じだと、7がハイピッチで小さい振りの危ういバランスのウォブリングなのに対し、デケムは大き目のウォブリングで優等生のように普通に泳ぎます。あれ!?これって全く別のルアーじゃん(・。・;7の泳ぎに惚れてデケム買ったのに・・・

  
大きさのみならずシェイプもだいぶ違いますね。おまけにアクションまで。ってこれじゃ完全に別のクランクですYO!( ̄▽ ̄;)

 というわけで今まで7だと、もうちょっと潜って欲しいんだよなぁ~・・・という場面が結構ありましたが、そんな時こそデケムの出番だと思います!とはいえサイズ、アクションが全く異なるので当然7と同じ効果が望めるわけもございませんが、やっぱり同等の釣果を期待してしまうんですよねぇ~(^_^;)


上が7、下がデケム。正直現段階ではスケブロ7とは全く別物だと思っています。釣果も上回ることはないでしょう!!(て、使う前からネガティブ発言すな!ww)


06:38 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/04 River 2 Sea ワッパープロッパー90
 ルアーを買う時って、過度の期待と共にいろいろ妄想してワクワクしながら買いますよね?でもその期待ってほとんどの場合大きく裏切られますよね(T^T)でもまた少しするとそんな苦渋も忘れて同じ過ちを何度も繰り返す、みたいなσ(^_^;

 そんながっかりルアーの一つに、デプスのウェブ会員限定ルアーのユウドウがあります。もともと本家のRiver 2 Seaのワッパープロッパー130(これ自体が他のルアーのパクリ品と言われていますが)が欲しかったのですが、海外モノなので扱っているところも少なく入手できなかったので、ワッパープロッパー130を完璧にパクリオマージュしたユウドウに期待したわけです。


いやぁ~、期待が大きかっただけにそのがっかりようといったら、メーカーの信頼性さえ疑いましたね

 ところが外観は完全コピーなのに、なぜか肝心の釣れる要素を全くマネしなかった理解に苦しむルアーでした(・_・;)。(自分的にはですよ)数投しかしていないのでもしかしたらスンゲェ~ルアーだったのかもしれませんが、少なくとも自分にとってはウ○コルアーだったので速攻売り払いましたが(-_-;)

 
海外ルアーにしては結構格好いいパッケージ!気に入りましたww

 というわけでやっぱり本物が欲しくなってしまうわけで、結局ワッパープロッパーを購入してしまいました。ただメジャーな130サイズではなく、小振りな90サイズを入手しました。で、実物は想像をはるかに超える小ささでした(笑)海外の動画で小バスがガンガン釣れている映像がたくさんあったけど、このサイズなら納得です。国産の平均的なトップウォータールアーよりも小さい程です。

 
第一印象は、小っさ!!(笑)130サイズを見ていたのであまりの小ささにたまげた。90mmないしww

 これだと11gとかなり小さいので普通のタックルで普通のトップウォータープラグとしていつでもどこでもどんな状況でも使えそうです。ただもちろん本来のワッパープロッパーとしての効果は期待出来なそうですね。しかしながらプロペラの回転具合やサウンド、スプラッシュを見ると期待が高まります!ユウドウとは違ってねww(^.^)使ったらインプレしますね!

 
小さくてもテールの構造、アクションはさすがのモノホンです。



この動画の釣果はプライべートポンドだろうからさておき、こんなワッパープロッパーのアクション動画を何本も見てきたからこそ、ユウドウのアクションを見たときには1投で出来の酷さに怒りさえ覚えました(-"-;...

00:28 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/03 イマカツ チタンバイブ12g
 あぁ、もう春でメタルバイブなんて使う予定ないのに、安かったからってまたポチってしまいました・・・完全に浪費癖がついてしまい、自己嫌悪なtactbassです(T^T)


今回はこの3点セットです。ヤフオクなどで安く購入すると、もう定価で買うのが馬鹿らしくなりますね(^^;)

 先日は同じイマカツのメタルバイブ、ソルティーマッハソニックを買いましたが、今度はチタンバイブです。コイツも名前が示すようにマッハと同じくチタン製ボディーが採用されています。


シェルカラー2色とホロが1色。共にいいカラーです(^_^)

 チタンバイブはメタルバイブとしてはベーシックなギル型のシェイプゆえ、マッハよりもよりアピール力が欲しい時が出番でしょう。フォールもミノーシェイプのものと比較してヒラヒラとイレギュラーに落ちることで使い分けができそうです。


まぁ、形状的にはよくあるギル型タイプ。とりわけ特徴は見受けられません。

 って、今までのメタルバイブはほとんどのこの形なんで、問題は他のメタルバイブと比較してどうなの?ホントにチタンならではの効果があんの?って事ですよね。


チタン採用とのことですが、パッと見それ程薄くは感じません・・・

 で、実戦ではまだ使っていないので釣れるか釣れないのかの効果の程はわかりませんが、仲良く一緒にお風呂で戯れた感じだと、あれ!?・・・過剰な宣伝文句に対しかなり残念な感じ(-_-;)期待していた程のハイレスポンスさ、ハイピッチさは全く感じられず普通のメタルバイブと差異は見受けられず(・_・;)。(あくまでお風呂場での印象ね)さてさて、実戦での使用感はどんなものでしょね~。
00:39 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/02 HMKL K-Ⅰ mac ES
 先日HMKLのK-Ⅰmacについて書きましたが、最近ネットサーフィンをしていてK-ⅠmacにウェイトUPバージョンのESシリーズがあることを知りました。(だいぶ前から発売されていたようですがww)当然ウェイトを増したことにより飛距離UP、引けるレンジの幅広さ、多少リトリーブスピードを上げても浮き上がりにくいため効率よく広範囲を探れること等が期待できます。

 
本来プロップベイトってスローに使うことが多いですが、こいつはグリグリと巻いてやります!

 もともとブログでも書いたように、自分的にK-ⅠmacはどちらかというとI字系のルアーの中では比較的スピーディーに使っています。そのためK-Ⅰ mac ESはさらに他のI字系ルアーと差別化できることになりそうです。具体的には対スモールマウスバスでの活躍に期待しています。もともとスモールにも強いK-Ⅰ macですが、ESはさらにディスタンス、深めのレンジ、早めのリトリーブスピードと、どれをとってもスモールに効きそうな要素がいい感じです!

 
というわけでスモールマウスバスを意識したカラーチョイスです。ちょっと高いけど、やっぱりアワビはいいよね♪ 


00:06 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.