2017/06/14 ストーム マグナムウィグルワート マグワート
 ワート4兄弟の長男です。正直買うつもりは全くありませんでしたが、やっぱり長男だけいないのもちょっとね!?というわけでほぼコレクター的購入です^_^;

 
これでワート4兄弟がそろいました!本当はカラーもバチッと揃ったら恰好良かったんですけどね(^^)

 昔自分はマグワートと呼んでいたし、そのように紹介もされていたと記憶していますがリップの裏にはマグナムウィグルワートと記されていますね。なんでマグワートって呼んでたんだっけ!?サイズは4兄弟で全然違いますが、形もアクションも違うのはさすがにアメリカンです(^.^)

  
左からピーウィーワート、ウィーワート、ウィグルワートとの比較です。いかにマグナムがデカイかがわかりますww

 まだ実戦では使っていないので何ともですが、巻き抵抗が相当なもんらしいので覚悟して巻かないとならないルアーだそうです(笑)動きも音もダイナミックそうなので一発大物狙い的ルアーに近いんですかね。でも最近はマグナムクランクとかいうクソデカイクランクが一部で流行っているようなので、それに比べたら全然マグナムではないですが(^_^)ゞ

  
正直大きさは全然抵抗ないんですが、いかんせんラトル音が激しくうるさすぎ!!(◎_◎;)これはちょっと玉抜きをしなきゃ厳しいかも・・・
07:23 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/13 イマカツ ベビーステルス
 はい、完全にミーハー買いです(..;)ジャバギルとベビーバスロイドも売っていましたがスルーしましたがコイツには引っ掛かってしまいますた(+_+)


気になっていたこいつ。釣具屋さんで見てリアクションバイトしてしまいました(-_-;)

 一つ千円位と高いのか安いのかよく分かりませんが、壊れるものなのでやはり高いんでしょう。使いどころとしてはダムのクソいっぱい生えてる立ち木群を広範囲に探りたいと考えています。


軽いバージョンと重いバージョンがセットになっています。どちらも使いどころのイメージはできているのですが果たして!?

 いろいろな使い方、チューン方があるようでパッケージ裏面にいろいろと書いてありますが老眼でまともに読めず、面倒くさいのでそのままつるしの状態で使うことになりそうですσ(^_^;


面白そうなチューンが紹介されているのですが、字を読むのがめんどくさいのでそのまま使います(^^ゞ


08:37 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/05 スィンフィン ラトルトット
 言わずと知れた名品、ストームのホッテントット。自分の生涯初バスを釣らせてくれたメモリアルルアーでもあります。当時はあまり気付かなかったけど、今その動きを見るとあらためて唸るところがあります。

 で、このホッテントット、いろいろなバリエーションがあるわけですが、自分は一番標準的な?05サイズのものしか使ったことがありません。しかしここ最近のストームマニアな自分としては、当然他のモデルも使ってみたくなるわけです。そこでラトルのはいったラトルトットを入手してみました!


05サイレント以外初のトットちゃんシリーズです(^.^)

 家に着きポストを確認すると来てる来てる♪らしき封筒に手をかけると持った瞬間から結構な音量ででカラカラとラトルサウンドを奏でます(゜Д゜)思っていたよりも大きなラトル音にちょっとビックリですww


リップにラトルトットの名が刻み込まれていますが、この刻印リップの方が年代的に新しいモデルだと教えて貰いました

 で、ボディーを見渡してみると、IKE-Pさんに教えて頂いた通り05よりも大きく06よりも小さい中間サイズでした。う~ん、サイズ的にはイケてるサイズ感です(^.^)


下の05よりも5mm程サイズupしてます。06だと気持ち大きい感じですがこれは釣れ頃サイズですね(^_-)

 しかし、ただスケールアップしただけではなく、ライザップに行かせたいようなだらしない体型になってました!?(ToT)/~~~ラトルを追加するために浮力の確保のためか、構造上やむを得ないものなのか、はたまたよりベーシックなクランクベイトに近づけたかったのか、理由は分かりませんが結構なムッチリボディーです(..;)

 
スリムで可愛かったあの娘が、5年後に会ったら残念なことに・・・的な!?ww

 ま、まぁ見た目はともかく動きも多分あのピリピリとした動きではないんだろうな~^^;もちろん使い分けという意味では異なった性質の方がいいわけだし、結果釣れるルアーであれば全然問題ないわけですが、果たしてその実力やいかに!?







08:05 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/04 レッドヘッド
 今は昔、ソルト用のプラグと言えばレッドヘッド!と決まっていました(笑)最近はカラーの種類も増え、レッドヘッド全盛の時に比べれば使用される人や頻度も減ったのでしょうか?でも未だにメーカーもラインナップしていることが多いようなのでやはり需要があるのでしょう。

 そもそもレッドヘッドの何がそんなに釣れる要素があるんでしょうね?ちょっと聞いたことがあるのが赤は血のイメージで弱った魚を表現しているだとか、薄暗い状況では赤い部分が見えづらいので白の部分のみがよく見えるため小さなベイトに見えるとか何とか・・・まぁ真相は魚に聞いてみるしか分からないですよね(^.^)

 一方バス釣りではほとんどレッドヘッドをラインナップしているところはないと思います。いや、昔はトップ系のルアーやUSプラグなどではチラホラ見かけましたが、最近は売れないせいか淘汰されてしまったようです。まぁ、自分もあえてバスルアーではレッドヘッドなんて買わないし(^.^)

 でも先日ファッツオーのセットを落札した時に、レッドヘッドのものが含まれていました!う~ん・・・美しい~!正直実戦で使ったらイケないような気がするほどの逸品です!でもあらためてよく見てみるととても釣れそうなので、使うか観賞用にするか葛藤した結果・・・投げまくりです(笑)σ(^_^;


ただでさえレアなファッツオー中サイズの美品。この貴重なルアーにローリングマークを刻んでもいいものか、美しいまま後世に残すべきか・・・まぁ、使っちゃいましたがww(^.^)


あ~ぁ・・・使っちゃいますた・・・そして釣れますたww

07:48 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/03 ルアーの性能今昔
 最近よく昔のルアーを買っています。もちろん懐かしさから買っている部分も少しはありますが、基本的には現在のルアーにはない特性を求めていたり、当時の効果が今でも通用するのかを見てみたいのもあります。

 で、昔のルアーをあらためて泳がせてみると、やっぱり今時のルアーってよくできてるなと思います。一番は当たり外れが少ない。昔は今まで使ったことのない新しいルアーを買う時はちゃんとまともに泳ぐのか?という不安が当たり前につきまといました。今と違ってネットもないしルアーマン人口も少なかったので情報も本当に少なかったですから。だから買ってからまともに泳ぎもしないルアーに何度失望させられたことか・・・

 それどころか過去に使ったことのあるルアーでも個体差がかなりあり、以前買った物とは全く泳ぎの質が違ったり、どんなにトゥルーチューンしてもまともに泳がないものなんてザラでした。その点今時のルアーはそんなに粗悪なものは少ないですし、昔は必須であったトゥルーチューンすらほとんど必要のないものが多いです。

 あと昔のルアーは同じ重さのものでも今のルアーと違って投げづらいものが多かったですよね。これは今のルアーは内部構造や重心バランス、空力抵抗の少ないデザインなどにより、よく飛びより扱いやすいルアーに進化しているんでしょうね。


今から33年前に初めてバスを釣らせてくれたレッドスケールのホッテントット。生涯現役のようです(^.^)

 さらにはより深くまで潜ったり、よりトリッキーな動きを意図的に出せたり、意図せずともだせたりと、本当に今時のルアーは素晴らしい!もう昔のルアーなんて使えませんね♪・・・・なんでしょうか???

 確かに今時のルアーはよく飛びよく潜りよく泳ぎます。アクションも素晴らしく当たり外れも少なく、昔のルアーに比べ使いやすくなっているのは間違いないでしょう。でもそれは人からの視点であって、必ずしも魚が好むアクションであるとは限らないと思います。

 事実最近また懐かしの名品と呼ばれるルアー達を泳がせてみると、間違いなく今でも通用しそうな動きですし、最近のルアーでそんなアクションを出せるルアーはないと思うものもあります。


唯一無二のスーパーアクションなウィーワート。未だに色褪せることはないです(^_-)

 そして往年の名品を使わなくなってしまった大きな理由の1つに投げづらかったといことがあると思いますが、今時のタックルなら全く問題にならないはずです。昔だったら考えもつかないようなたった数グラムのルアーもベイトタックルで投げられる位タックルは進化してますからね(^_-)


約3cm・5gのピーウィーワートでも、今時のタックルを使えば楽勝でベイトタックルで扱えます♪

 というわけで今後は最新のルアーのみならず、昔よく釣れたルアーも実戦で使ってみたいと思う気持ちがますます強くなっているtactbassです。


昔から所有しているもの、ではなく最近また新たに集めたオールドルアー達です。もちろん実戦投入用です!
02:27 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/05/31 ゲーリーヤマモト 363 グリーンパンプキン/ブラック&スモールブルーフレーク
 あれっ!?いつの間にやらゲーリーからも霞ジンゴローム(No.363)がでてたんですね!(≧▽≦)情報に疎いもんで、だいぶ前からあったんでしょうか?


ゲーリーの好きなカラーのナンバーは暗記してるけど、#363も自分の永久欠番ですね(^▽^)

 確かにゲーリー素材は間違いなく世界一釣れるマテリアルだと思います。でも、今まで自分的にこれだ!っていう決定的なカラーがありませんでした。

 でもワームカラーで一番好き、というかこれだけあればいい!とすら思えるグリーンパンプキン/ブラック&スモールブルーフレークがあるのであれば、もうこれからはこれしか買わないかもしれませんね(^_-)

 
どんなシェイプのワームにもそつなくマッチするカラーです。いつでもどこでも無難に使えるカラーですね♪
01:00 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/05/30 グローカラー
 以前ブラックバス釣り専門店で働いていた時に、ずば抜けて売れないカラーがありました。それがグローカラーと言われる夜光のカラーです。メーカーとしては気を利かせてあえて『グロー』とか謳ったシールをパッケージに貼ると、てきめんに売れませんでした^_^;

 ソルトやトラウト系のルアーでは問題なく売れていたし、ナマズルアーにおいては圧倒的に売れていました。でもバスルアーはからきしでした。そういう自分もなぜだかバスルアーに関してはグロー系は敬遠してましたね~^_^;

 で、最近はナマズ釣りにはまり、やっぱり選ぶカラーは夜光塗料が使われたものを選ぶことが多いですが、ケミライトの光に反応して怪しくボワッと光る様は視認性も良く釣れそうです!今ではすっかりグローカラーの食わず嫌いがなくなったと言えます。(^.^)

 まぁ、それでもやっぱりバスルアーではあえてグローカラーを選ぶこともなかったですが、先日ストーム専用ボックスを鑑賞していて(笑)、寝ようとして電気を消したらなんかボワッと光ってる!?


あれ!?なんかボックス内が光ってる!?

 そうです、以前ヤフオクで買ったウィーワート、実はグローカラーなのを知らずに買っていますたwwもちろん今となっては全然違和感なく使えるので、むしろローライトコンディションの時に登場させてやるのが今から楽しみです!(^_-)

  
夕マズメ、雨天時に使いたいですね!(^_^)
00:51 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/05/29 ストーム ルアーのエラー品!?
 ストームのルアーって、結構エラー品というか工場で作りかけみたいなものをしばしば見かけます。これってメーカーがアウトレット品として販売していたものなんでしょうか!?

  
普通なら2~3千円はするファッツオー中サイズが1100円でした。もちろん機能的には問題なし!

 いろいろなコレクターアイテムの中にはこうしたものは珍品として普通のものよりも高値で取引される物も多いと思いますが、今まで見てきたストームルアーのエラー品は安いです(笑)

 なので別に自分は集めて眺めるために購入しているわけではないので、使いたいアイテムであれば購入しています。まぁ確かにストームルアー最大の魅力である立体的なお目々がペイントされていないだけで愛着心は大幅になくなりますけどね^_^;

 でも安価で、愛着心がなければより際どい使い方ができたりするわけで、むしろ釣れるルアーとも言えます(^.^)自分的には前のユーザーが使い込んで傷が刻み込まれているものよりは綺麗なエラー品の方が愛せますね(//∇//)


このファッツオー小も黒目がはいっておらず、全体的にやや綺麗さに欠けるものの、1500円なら全然ありですね!




08:07 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/05/28 懐古主義者!?
 何だかんだで小学校に入学する前には釣りを始めており、ルアー釣りも小学校低学年の頃には始めていました。ということは35年以上ルアー釣りをしているわけですが、現在までにどれだけ多くの釣り道具を使い、どれだけ莫大なお金を釣り具に費やしてきたんでしょう・・・恐ろしくて想像すらしたくない金額ですが、おそらく高級車位なら楽勝で買える位じゃないかと・・・。

 ですが現状釣り道具を置いている釣り専用の部屋を見回してもそれ程多くの昔の釣り具があるわけでもありません。ある時を境に大規模に処分していってしまったんですね。今思えばまた使いたいと思うものもあれば、売ったら結構なお宝価格だよなと思えるものもありちょっと残念です。

 でも基本的に道具は日々進化しているわけで、とにかく実戦的で魚がよく釣れる道具が使いたいと思っている自分には、少なくともロッドやリール、ラインなんかは昔の道具を使う気にはなりません。確かに昔の釣具の画像を見たりすると熱いものがよぎったりしますが(^.^)

 でも、ルアーの中には今でももう一度使ってみたいなと思えるものも少なからずあったりします。それらは当時間違いなく他のルアーよりも優れていてとてもよく釣れましたが、何がきっかけなのかいつの間にか使わなくなってしまったものが結構あります。

 まぁ使わなくなってしまったのには当然理由があるわけで、釣れなくなった、もしくはとても使いにくかったりしたからだと思うのですが現在はタックルの進化、また自分の経験値も上がったこともあり昔釣れたルアーって今となっては実際どうなのか!?っていうのも見てみたい気がするのです。

 そんなわけで、今年はちょっと古き良きルアーも少し織り交ぜて使ってみたいと思います。多分昔は魚も多く、人も少ないために良く釣れたという可能性が極めて高いような気はしますが、なぜかとてもワクワクする、そんな四十半ばのtactbassです(^_^)


新たに集めたオールドコレクション!数十年前の中古ですが、当時よりもお高い価格になってましたが^_^;
07:41 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/05/27 ザリガニ カラー
 春は赤!ザリガニカラーが効く!な~んてこと、よく言われていますよね。釣具屋に行けばそんなポップが描かれていたり、店員もさも当然のようにお客に語っていますよね(笑)・・・ってアタシもだよ!σ(^_^;

 釣具屋勤務時代はそんな赤いルアーコーナーを作り、接客してお客にそんなルアーを売りつけていました^^;で、実際自身の経験で春に赤いルアーだからこそ爆釣したことあったの?と聞かれれば、そんなことはございません。完全にセールストークですたm(_ _)m

 もちろん世の中ではまことしやかに言われていることなので、まぁそうなのかもしれませんね。バスがどこまで色の違いを認識できるか分からないし、そんなに入れ食いの状態があるわけでもないのでそこら辺の見極めも難しいですしね^_^;

 そもそもアメリカの何チャラって言う湖でザリガニカラーのウィグルワートが定番で強く、トーナメントでもよくウイニングルアーになったことから日本でも春はザリガニ説が定説になっているような気がしますが、当然日本の湖とは違うでしょうし。

 とは言えミーハーなんでやはりウィグルワートのザリガニカラーは欲しいわけで(笑)探してはいるんですが、やはりとても人気が高くプレミアム価格でおいそれとは手が出ません・・・

 がっ、ついに我慢できずウィーワートのザリガニカラーを入手してしまいました・・・オールド物のルアーを買う時も、自分のルールで2000円以上出さない!と決めているんですが、こいつはヤフオクで競り合ってオーバーしてしまいますた・・・(..;)


ボーン素材のザリガニカラー美品!これは貴重ですね~(^o^)


 実戦で使うことが基本の自分ですが、まぁ正直これに関しては実戦での効果を期待してと言うよりは、コレクター的要素が強い買い物となってしまいましたσ(^_^;果たしてこのプレミアムルアー、勇気を持って投げ続けることができるんでしょうか!?

 
本来シャローをボトムノックさせて使うべきルアーですが、引っ掛かりそうな場所では使いません!て、本末転倒ですな(^^;

00:35 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.