2018/04/10 ラパラ フローティング ジョインテッド J7
 さて、先日入手したニルズマスターのジョインテッドミノーですが、これはラパラのFJに思いを馳せて購入したものですが、やっぱりラパラとの違いを比べてみたい・・・というわけでだいぶ前に手放してしまったラパラのフローティング ジョインテッド J7を再び手に入れたくなってしまったのでしたσ(^_^;


同じフィンランドのバルサ製ミノーですが、全然異なる特性です。でもどちらもいい感じ(#^.^#)

 ニルズマスターと違いラパラのルアーは玉数も多く、しかも値段もこなれているのが嬉しいところです(^o^)このJ7も送料込みで300円とか、バルサ製ルアーとは思えない価格に嬉しいやらちょっと寂しいような複雑な感じです^_^;


昔から見慣れたJ7ですが、また久し振りに使ってみたくなりました(^^♪

 カラーはクラシカルでザ・ラパラなブルーバックシルバーですが、この色はナチュラルにも見えるけど水色を問わず意外と見やすいカラーでもあるんですよね(^.^)このルアーのように動きを見ながら操作するルアーではかなり重要な要素ですね(^_^)ゞ

 
やっぱりジョイントルアーと言えばラパラですね!子供の頃初めてあの泳ぎを見たときはマジで感動したなぁ~(#^.^#)

 久し振りにJ7を泳がせてみるとさすがのラパラクオリティー、文句のない素敵なアクションです♪他のルアーでは動かないようなスローで引いても生命感あふれるウネウネアクションをし、高速で巻けばキビキビと泳ぐ様は全然現役ルアーです!(^o^)

 ニルズマスターのジョイントと比べるとやはりラパラの方がセンターに近いところで分割している分大きくウネウネと動き、ニルズマスターの方は不規則で小気味良い泳ぎが魅力ですね(^o^)トップ~サブサーフェースをただ巻きでサーチするもよし、トゥイッチやストップ&ゴーで狭いスポットをネチネチやるもよし、絶対に釣れる漁具ですね(≧▽≦)

 
全然浮き姿勢が違いますねwwラパラは表層で大きくウネウネ、ニルズはサブサーフェイスを不規則にナチュラルに泳ぎます(^^♪

 確かにロングキャスト性では今時のルアーには劣るけど、食わせの能力は絶対に今でもラパラの方が優れていると思ってしまいますね(^.^)それに今はロッド・リールとも優れ、ラインも細糸PEを使えばそれ程ストレスなく使えると思うんですよね(^.^)

 というわけで、別に懐古主義というわけではなく、もっと釣りたい!という思いから今年は真剣にJ7を使ってみますよ!
00:04 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/04/06 ティムコ プロップペッパー
 ペラ物大好きtactbass。ティムコのステルスペッパーは絶対に外すことのできない超一軍ルアーとして、ボックスに常に5~6個は装備されています。ていうかこれ位ないと、魚を釣りまくってると極薄ペラがすぐに曲がってダメになっちゃうんですよね(>_< )もう消耗品扱いです(+_+)

 で、今回入手したのはステルスペッパーの先輩に当たるプロップペッパーです。ステルスペッパーがシンキングスイッシャーなのに対し、コイツは普通のトップウォーターなダブルスイッシャーです。一番のウリとしてはヒヨコブランドの特徴的なペラを使用して独特の効果を狙っていることでしょう。

 
ヒヨコブランドとのコラボ製品です!って、あまりよく知らないブランドなので特別な思い入れはないですが(^^;

 まぁ簡単にまとめると、ヒヨコブランドの穴が四角のペラを使うことにより、スローに引いてもランダムな水流と波動を生み出し、さらにカップワッシャーとヒートンに接触することで独自のクリック音をだすというローアピール&ハイノイズなスイッシャーとのことです。浮力も抑えめなのでフッキング率もいいようです。

  
重いペラと四角い穴でかなりのクリック音がしますΣ(・□・;)こりゃ絶対に釣れる奴だわ・・・

 ま、こんな感じでメーカーさんの謳い文句にすっかり釣られたわけですが、事実もう結構前に発売されたルアーですが未だに評判も良く、定番ルアーと言ってもいいんじゃないでしょうか。カラーも素敵なアワビカラーで釣れる気満点です(^.^)早くもトップシーズンが待ち遠しい気の早いtactbassです(^_^)ゞ

 
話題のロングPと比べて長さは15mm短いですが重さはほぼ同じ、テール部分は若干太いです。さてさて、この違いが釣果の差になって表れるのか!?
00:00 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/04/03 中古のルアーって・・・
 tactbassはごく最近まで中古のルアーを買うことはありませんでした。やっぱりルアーって使っていくうちに傷や魚の歯型がはいっていく過程が楽しいのであって、最初からそんな状態のものは愛せないと思っていたからです。が、最近では新商品や新品を買うことの方が全然少なくなっています。

 最初は中古ルアーって物凄く抵抗があったのですが、1度馴れてしまうと今ではあまり違和感はありません。でもやっぱり比較的程度の良い物しか買いませんが^_^;もともとtactbassの場合は安いから中古ルアーを買い始めたわけではなく、オールドや生産中止のもの等普通には手に入らないものが欲しくて買い始めたんですよね。


どんなに欲しくても新品では手に入らない数十年前のルアーでも、中古なら出会うことができるかもしれません!

 でもそんなルアーを手に入れられるのはもちろん、発売から少し経ったルアーはかなりお安く入手できるという当たり前のことに気が付いたんですよねσ(^_^;パッケージ入りの物を買うつもりなら、同じルアーを2色とか、どっちを買うか悩んでいた他の気になるルアーも買えたりするんですよね。これはいいことだ!\(^o^)/


新品で買えば高価なルアーも、中古なら半額以下で買えることもザラですよね♪

 ただ難点としては上述したように愛着のわきにくい程度の物も多かったり、欲しい物が欲しいタイミングであるわけではないこと、使ってみたら全く泳がなかったり浸水するリスクもあることですよね。まぁそれらのリスクもあるから安いんでしょうけどね^_^;


時にはリップに亀裂が入り曲がっていたなんて外れルアーもありましたが・・・(-_-;)

 いずれにしても出会いから使ってみるまでのドキドキを含めて中古ルアーの楽しみなのかもしれませんね。もし気に入らなければリサイクルして新しい持ち主の方に使って貰ってもいいですしね(^.^)というわけでこれからも有効に中古ルアーを使っていきたいと思います!(^o^)
07:35 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/04/02 デプス サーキットバイブ 3/8oz (メタルケタバス)
 先日1/4ozのサーキットバイブを購入しましたが、今回は3/8ozのものを入手しました。やはりこのサイズが1番使い勝手がいいせいか、他のサイズは売っていてもこのサイズは品切れのことが多かったです。本来消耗品のメタルバイブにこの金額を払うのもどうかと思いましたが、とても評判がいいので勉強の意味も含めての入手です^_^;

 
現在のメタルバイブの最高峰との呼び声も高いサーキットバイブ。tactbassもコレがメインのメタルバイブになりそうです(^.^)

 今回買ったのはメタルケタバスというカラーですが、こいつはフラッシングをしつつもややマットな感じが良さげです♪しかもボディーの一部が透けて透過しています。これもメタル素材にはできない、半透明なサーキットボードならではの特色ですよね。まぁ、それが釣果につながるかといえば???ですが・・・^_^;

 
サーキットボードならではの特性を活かせば強力な武器になりそうです(^o^)

 というわけでもうあっという間に春になってしまいましたが、ちっとも釣りの準備が整わないやること多過ぎなtactbassです(;´Д`)
00:20 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/04/01 エバーグリーン リトルマックス 3/8oz
 日本におけるメタルバイブの釣りを一般化させた立役者がリトルマックスであることは間違いないでしょう。tactbassもずっとメタルバイブといえばほぼリトルマックスを使ってきました。ここ数年は他のメタルバイブの台頭もめざましいですが、それでもなお基本性能の高さは他のものに引けを取りません。


もう相当前のルアーですが、トータルバランスの高さで未だに現役バリバリです!

 確かに冬場のメタルバイブの効果は高いのですが、根掛かりによるロスト率もとても高いです(>_< )とにかくルアーをなくすことが大嫌いなtactbassとしては非常に気にくわない部分ではあるのですが、こればっかりは仕方ないんですかね。今までに相当数のリトルマックスを湖に奉納してしまいました・・・(T^T)

 で、考えてみたらこういったルアーこそ安い中古品で買うべきで、中古屋さんに行ったときに気を付けて見てみたらやっぱり少しはありました♪新品で買えば800円以上しますがこれは400円。これなら多少強気に攻められますね(^.^)安いの見つけたらコツコツと貯めるようにしよっと!


今ではもっとレスポンスのいいものもありますが、コスパと入手のしやすさでやっぱりリトルマックスははずせませんね(^o^)
05:28 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/03/29 ロングA B14A ダブルスイッシャー仕様
 さて、先日ロングA B14Aをリアプロップ仕様にしましたが、今回はダブルスイッシャー仕様にチューニングです。リアプロップ仕様の時はベースがオールドのヒートンモデルだったのでただヒートンを長いものと交換してペラを組み込むだけなので一瞬で終わりました。でも今回はベースがエイト環モデルなので前後のアイをヒートンに交換しないといけないし、リップも削り取らないといけないので少し手間が掛かりますね^_^;


今回も娘のレジンキットが大活躍ww面倒な作業を助けてくれます(^O^)/

 まぁ以前ロングT作製時に経験してるので楽勝でしたがね(^o^)手順はその時と同じなんで記しませんが、ロングTとの違いは前後ともトレブルフックのまま使用することにしました。14Aのような小さなルアーを使わなくちゃいけないような渋い状況での使用を想定したからです。


スイッシャーに改造されるためだけに家に来た可愛そうな!?ロングA B14A(^^;バスカラーがいい感じですね♪

 で、問題はちゃんと浮くのか?ってこと^_^;リアプロップ仕様ですらかなり沈み込んでしまい、ペラは水中に没したままですからね^_^;まぁ最悪シンキングになったらプロップベイトとして余生を送らせますがね( ´艸`)

  
見た目はなかなかいかしてますねぇ!リアのフックはペラに干渉しないようにボールペンの芯をヒートンにかまして後ろにセットバックしました。

 で、恐る恐る水に入れると、リアのペラは完全に水中に没し、フロントのペラは少し水面に出てかろうじてヘッドをチョコンと浮かしています。狭い水槽内でちょっと引いたところ、リアペラは完全に水中で、フロントペラのみが水面を控えめに掻き回しています。

 う~ん、気持ち的にはもっとシャバシャバやりたいとこですが、ロングPの浮き姿勢やペラの動き具合もこんな感じだからこういう弱々しい波動が効くということでいいんでしょうか!?(?_?;というわけであとは実際のフィールドで微調整をしようと思います(^_^)ゞ


酸欠で鼻上げした小魚をイミテート!?wwこんな状態でもかろうじて水面にモヤモヤは残します(^^;スイッシャーというよりは水面で使うプロップベイトですね(#^.^#)

19:30 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/03/27 新製品なルアーは買いなのか!?
 最近は昔と違いメーカーさんもバンバンと新商品を発売!というわけにはいかなくなってきていますよね。一時のブーマーは去り、現在も釣りをやっている人はそこそこ本気で釣りをやり込んでいる人が多いと思われるためある程度ルアーは持っているだろうし、目先を変えただけのショボイルアーには騙されないしっかりとした目を持っている人が多いので何でもかんでもが売れる時代ではなくなってきたからなのでしょう。

 なのでメーカーさんは新製品の開発には勇気がいるだろうし、いざ発売となればあの手この手を使い必死の販促が必須となってくるのでしょう。いやはやメーカーさんも販売店さんも大変な時代ですよね^^;tactbassが釣り業界で働いていた時はすでにバスバブルは終わっていたものの、そこまでシビアな時代ではなかったですね。だから毎日いろいろな商品が入荷してきて楽しかったですよ(*^^)

 で、現在の自分はというと・・・やっぱりなかなか新商品には手を出しづらくなってきていますよね。昔と違い使えるお金に限りがあるし、上述したように今持っているルアーでなんとかなるという思いがあるからでしょう。その分中古でオールド物やお安いやつを多数買ってしまうので結局は浪費していますが・・・^^;

 特にtactbassの場合は雑誌や有名人のブログなどを見ないので余計新製品や人気商品に対する物欲が少ないんだと思います。てかどんな商品が今ホットなのかが全然わかってませんから^^;そんなわけでtactbassが買うのは中古が出回って、安くなってからの方が多いです。

 でも、発売から少ししてから買うのは何も安いからだけじゃありません。一番の理由は皆さんが使った後で、レビューを見てから本当にいいもの、自分に合ったものだけを買いたいんですよね^_^;どんなにメーカーさんが必死に販促しても、実際に一般のアングラーが使ったらたいしたことない・・・なんてことの方が多いですからね^_^;


セイラミノーを買ったのも発売から何年もしてからでした^_^;で、皆さんの評判通りよく釣れるルアーでした!(*^。^*)

 要は皆さんに人柱になってもらい、自分は美味しいところだけを頂いてるわけです(^.^)余計なお金は使いたくないですからねwwでも、たま~に革新的と思われるルアーが出たりしますよね?そんな時はやっぱり思わず買っちゃうんですけどね^_^;早く使ったもん勝ち的なルアーもありますから。って、そんなルアーは10年に数個レベルなんで大概ははめられちゃうわけですが・・・^_^;


こりゃいけるかも!と思い発売後すぐに購入したジャッカルのライザーベイトですが、なんかあまり釣れないとの嫌な噂がチラホラと聞こえてきてます・・・やられちゃったか!?(-_-;)
00:01 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/03/25 ニルズマスター インビンシブル J-8
 tactbassがまだ子供だった頃、ラパラのジョイントミノーのウネウネと大きく生命感たっぷりに泳ぐ姿を見たときは本当にたまげたなぁ~(;゚д゚)こりゃ絶対釣れるでしょ!って。で、事実よく釣れたし、ちょっと前にも友人がこれでボコスカ釣ってたなぁ~(^.^)というわけでノスタル爺tactbassとしてはいい出物があれば買おうと思ってました。

 そんなおり、突然のニルズマスターマイブーム^_^;どうやらニルズマスターでもジョイントミノーを出しているしかなり評判も良好なようです。そんなわけでちょうどいい機会があったので入手してみました(^o^)同じフィンランドのメーカーでバルサ製、どんな違いがあるんでしょうか!?(≧▽≦)

 
やっぱりラパラのFJとはシェイプも動きも全然違いますね(^.^)

 実際にものが届きラパラのFJと比べてみると、ラパラの断面が比較的丸っぽいのに対しJ-8は逆三角形、そしてジョイント部分がFJはセンターに近いところにありますが、J-8は比較的テール側にジョイント部があり、F-Jの方が大きくウネウネと動きそうな予感がします。まぁこればっかりは実際に使ってみなきゃですね。

 
横から見ると細いけど、上から見ると幅広なナマズの様なルアーです。色的にもまさに!ww(^.^)


リアのジョイント部にデカイ穴があいてますね・・・やっぱり目止めした方がいいですよね( ̄。 ̄;)コーティングはかなり厚めで丈夫そうです。

 あくまで小さな水槽で浮かべた感想としては、まずはその浮き姿勢にたまげました!かなりくの字に曲がって浮くんですね^_^;こんなんでちゃんと泳ぐのかしら!?でちょっと動かしてみるとやっぱりFJのような大きなウネウネというよりは不規則なウォブリングとロールをするルアーに思われました。FJとはまた違った艶めかしさです。こいつをトップで使ったら楽しいだろうなぁ~!(^o^)


ええ~っ!?まさかの浮き姿勢ですた(;゚д゚)

 
DR-8との比較です。リップの大きさが全然異なりますね!( ^^)
07:32 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/03/24 ニルズマスター インビンシブル DR-8
 最近はミノー=ジャークベイトなイメージしかないtactbassですが、皆さんはただ巻きでミノーを使ってらっしゃるでしょうか?昔はただ巻きやグリグリメソッドなどの巻き系の釣りで使うことの方が多かったですが、最近はほぼジャークかトゥイッチでしか使いませんね^_^;

 シャッドなんかは昔はただ巻きだったのがいつの頃からかトゥイッチやジャークがメインとなりましたが、近年はまたただ巻きで使うことが多くなってきましたよね。なんでミノーのただ巻きは復権しないんでしょ!?昨今のお利口な魚は釣れないんですかね?あっ、そういえば霞等のビッグミノーの釣りはただ巻きでしたっけ?

 って、近年発売されてるミノーって動かして使うことを前提に作られているものがほとんどで、巻いて使うことを主眼にして作られているものはほとんどないのかもしれませんね^_^;そういうtactbassだってジャーキングは自信のある得意な釣りですが、ミノーを巻いて釣る釣りなんて中学生以降やってないかもしれません^_^;

 そんな中にあって、これは巻いて使いたい!と思えるのがニルズマスターのインビンシブル DR-8です!って、これも何十年も前のルアーですがね^_^;この頃のミノーは巻いて使ってもよく釣れる名品が多かったですよね。というわけで今年はコレを巻いて使ってみたいのであります(^_^)ゞ

 
独特シェイプのインビンシブルですが、その効果も他のルアーにはないものです。釣れる名品として知る人ぞ知るミノーです!(^.^)

 でも何もない中層でバスに口を使わせるにはルアーにかなりの能力が問われると思うんですよね。だからクランクも中層で使うtactbassはそのルアーが持つ動き自体にとても拘っているのです。シャッドラップラパラのようにナチュラルな動きであったりウィグルワートのようにチドルとか。

 
この扁平ボディが千鳥誘発型ルアーであることを予感させますね(^.^)

 で、DR-8はラパラのフローティングミノーのようなタイトでナチュラルな動きではなく少し大きめのウォブルロールアクションなんですが、何と言ってもミノーのくせにただ巻きでイレギュラーにチドルんです!これは効きますよね!さらにストップ時はキックバックしながら浮かび上がります。

 
DR-5との比較です。DR-8はミノーっぽいけど、DR-5はスモールクランクっぽいですね(^.^)

 そんなわけでシャローフラットでのただ巻きやグリグリメソッドなどが猛烈に効きそうなルアーなんですよね♪なのでもしそんなシチュエーションにぶつかったらこいつを投げて巻きまくってやろうと思います!(^o^)ジャーキングのように疲れないのもオサーンバサーには嬉しいところですσ(^_^;

  
ロウナスとの比較です。だいぶ似てますがロウナスの方が太くてよりクランクっぽい感じですね。
09:15 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/03/20 ロングPとロングTの徹底比較!? その2
 さて、今回は前回の続き、実際に泳がせてみたロングPとロングTの徹底比較!?です。

 ☆浮き姿勢・・・ロングP、思ってたよりもかなり沈んでますね・・・(・。・;ほとんど鼻先がわずかに出てるくらいです^_^;これじゃ水面にペラが出ないんじゃないの!?と思いましたがリトリーブすると僅かに出るようです。対してオモリを付けないロングT Ver.1はやや尻下がりながら背中を出して浮かんでます。そしてオモリを付けてやや浮力を落としたロングT Ver.2はロングPとロングT Ver.1の中間的な浮力です。


ほとんど同じルアーなのにここまで浮き姿勢が違います!ロングPは弱ったオイカワが水面に浮かんでいるようですね(*^。^*)

 ☆泳がせてみて・・・そして実際に泳がせてみた感想ですが、キャストしてスローリトリーブして使ったものになります。まずロングPは水面上でのスイッシュサウンドはほとんど聞こえず、近くにきてチリチリとペラが回りカップワッシャーと擦れる金属音が聞こえてくる程度で、スイッシャーというよりは水面でプロップベイトを操っているようです。ペラの設定のせいかボディーは微振動してます。まるでグラビングバズのようなナチュラルさですね。

 対してロングTはというと、まずはオモリを付けないVer.1では浮力がある分ペラが水面を掻き回すスイッシュサウンドが少し聞こえます。そしてペラの回転はロングPよりも早く、同じ速度で回すのならよりスローリトリーブができます。やや沈み気味のスイッシャーといった感じですが、ペラが水面上に出てる分視認性も悪くないです。

 そしてケツに少しオモリを付け、ロングPとロングT Ver.1の中間位の浮力のロングT Ver.2は、やはりロングP同様スイッシュサウンドはほとんど聞こえず、かすかに擦れるような金属音が聞こえるレベルです。しかしラインに少しテンションを与えるだけでペラが高速に回り、相当なデッドスローリトリーブができます。水面にできるモワモワと相まって生命感満載の釣れそうなアクションです!


オモリを付けて姿勢を変更させました。基本尻下がりの方がペラの回転も良く、フッキングも良さげです(^O^)/

 といった感じで浮力とペラの違いで結構な違いがでましたねぇ(^.^)どれが1番!というわけではなく、それぞれシチュエーションによって使い分けたいというのが本音です。浮力が強ければアピール力アップ、ペラが薄ければよりスローリトリーブが可能だしハイピッチで回りナチュラルなサウンドなので、より渋い状況の時や水がクリアで魚がスレている時なんかに良さそうです。

 具体的には、まず基本的にはロングPがベースで様子見、活性が高かったり波風が強い時やローライトでルアーの存在が確認しづらい時なんかはアピール力の高いロングT Ver.1を、渋い状況でよりゆっくり引きたい場合や、スレていてロングPで見切られるような時はよりスローに巻けてペラの回転も速いロングT Ver.2の出番といった感じですかね。


わずかなウエイトの違いですが機能的にはかなりの違いがあります。やっぱり使い分けが大事ですよね!(^^)!

 でもロングPの製作者はロングPが最強と思って製作しているわけだし、実際他のとは別物だよ!と言われました^_^;で、素人のtactbass的には正直デッドスローに巻け、ハイピッチで回るペラのロングT Ver.2が一番釣れるんじゃないかと思っているわけです^_^;さてさて、実釣ではどんな結果になるんでしょうか!?(*^。^*)
09:52 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.