2017/04/02 振動子サイドマウントポール自作
もう、シーズンに突入しているのに、まだまごまごと魚探のセッティングに悩んでいます(+_+)もちろんファミレスのメニューを決めるのも一番最後まで悩む、迷惑極まりない優柔不断なtactbassです(~_~;)

 エリート7tiのトータルスキャントランデューサー、一つはトレーラーボートのトランザムに跳ね上げ式にして固定しましたが、問題はフロートボートやレンタルボート用のもう一つのトータルスキャンです。最初はトランデューサーポールに取り付けようと思っていましたが、悩んだ末にエレキ下に取り付けることに決めました。そして買ったらイチマンロクセンニヒャクエンもするエレキ取付金具を自作までしました。

 ところがいい出物があったこともあり、フロートボート専用に12V仕様の軽量・ローパワーなモーターガイドのFW-FB46を購入してしまいました。そうなるとまた話は変わってきます。FW46にトータルスキャンを取り付けてしまうと、もしTR82Vを使いたい時に魚探が使えなくなってしまいます。さらには中古で購入のため、メンテやシャフトカットなどやりたいことがあるのでまだエレキに直接取り付けない方がいいかなと。

 そんなわけでやっぱりとりあえずは無難なトランデューサーポール取付でいくことにしました(今のところですがwwまたすぐにエレキ取り付けに変更する可能性大です(^_^;))

 というわけでポールも買えばイチマンロクセンニヒャクエンもするので(なんでみんなこの値段なんでしょ!?)当然自作です。アイデアだけパクらせて頂き、作製は本当にあっという間に完成です(笑)いくらパーツ代がそこそこするからって、あの値段はやりすぎじゃないですか!?(・・;)


RAMマウントとアルミ角パイプ、その他ちょっとした材料で簡単にお安くできますた!

 ポールはRAM架台でバウデッキに固定してあるので簡単に任意の角度に調整できます。なので船のセッティングの時や障害物をかわす時も簡単に跳ね上げることができます。

 
やっぱり何かと便利なRAMマウント。自由なアングルで使えます!

 エレキではなくポールに取り付けるメリットとしては、いろいろな船、エレキに対応できるため自分のように複数台所有する人間には便利です。あとはエレキによるノイズの心配もなし、エンジン(フロートボートに2馬力程度なら大丈夫じゃね!?)走行時でも魚探が使える事などでしょう。


セッティングもそれ程面倒ではありませんが、それにしてもトータルスキャンでかいな・・・フロートボートにこんな贅沢なもの付けてもいいんでしょうか?船よりも魚探のが高いしww

 当然デメリットとしては荷物が増え、セッティングの手間が増えること、そしてエレキに取り付けてあれば障害物をかわすときもエレキだけで済みますが、ポールだと2回も上げ下げをしないといけません。

 と、そんなことを考えていたらやっぱりエレキに付けるか・・・と心が揺れてきたので一応どちらでも対応できる準備は着々と進めているトコトン優柔不断なtactbassですσ(^_^;
01:55 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/04/01 アンチキャビテーションプレート自作
 エレキにいわゆるアンチキャビテーションプレートを付けることは、もはや常識とも言える程一般化しています。もちろん所有しているエレキ4台とも全て付いています。ZPI社のパワードームです。

 でも、サイズや強度の問題で全然満足のいく商品ではありません。とにかくデカくかさばるので運搬・保管時にも邪魔でしょうがないし、薄いアルミなんでグチャグチャに曲がってしまっています。

 もちろん価格がイチマンエン以上もすることが最も不満なところです( ̄。 ̄;)というわけで自作です♪見た目にこだわらなければ今ある工具を使えば安価に、あっという間にできそうです。

 最近のアンチキャビテーションプレートの主流は必要最低限の大きさで、本当にこんなんで効果あるの!?と思える位小さいです(;゚д゚)なのでそれに習ったサイズ、シェイプで作製です。

 アルミ板3mm(オーバースペックかな?)、L型ステー、チャリンコ用のパイプ固定パーツの3点をリベット止めして組み合わせただけなんで数十分で完成、費用も千円前後でできました(^.^)


いやぁ~、上出来上出来(^.^)使い勝手は市販品よりも上!?

 今回はFW46用に作ったわけですが、正直このパワーでは全く意味がないとも言われているのであまり期待はしていませんが、やっぱり付いていないのも寂しいので付けた次第でありますww


かなりがっつり留まっているので問題無さそうです。パワードームよりも強度ありそうだしww

 効果や強度的には何ともなんで、使ってみて調子が良ければ他3台の82lbのエレキも小さいプレートに交換したいと思います(^.^)


しかし本当に小さいな!保管時や運搬時にコンパクトなことがこんなにも快適だったのか!これなら効果なくてもいいくらいです!?\(^o^)/
08:11 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/31 モーターガイド FW-FB 46-36"
 エレキのパワーとお○ぱいはデカければデカい程エライ!と信じているtactbassです。そのため今所有しているエレキは82lbのフットコン×2台に82lbのハンドコン1台と、全て24V仕様のものです。あとはほとんど使っていない壊れかけの55lbの12Vのフットコンも一応あります。

 そんなパワーこそ正義!な自分が何故かモーターガイドのFW-FB 46という12V仕様の46lbの5段変速のフットコンを購入致しました。もちろんFW-FB 46は廃盤になっているので中古品を格安で手に入れました。


今更12Vエレキ!?しかも46lbの5段変速wwなんか逆に新鮮味があっていい感じ♪写真を見てある部分に違和感を感じるアナタ!鋭いですね~ww

 今回あえて12V仕様のローパワーのものを追加購入したのには訳があります。用途的にはフロートボート専用になりますが、今まではTR82Vを使っていましたがやはりオーバースペックで、どっちみち全開にする前にフロントから水が入ってきてしまいます。(||゜Д゜)


久し振りにFWを触ったけど、こんなにしょぼかったっけ!?な質感ですwwやっぱりツアーシリーズは偉大ですね~

 そして今まではツイストブラケットと薄いバウデッキを使っていたのを今年から厚いバウデッキに01マウント仕様に変更、さらにモーターにはメッサでかくて重いトータルスキャントランデューサーを取り付ける必要がありました。

 ただでさえちょっと前に重心を掛けると水が浸水してくる程のフロントヘビーだった状態が、もう危険なレベルまでのフロントヘビーになってしまいました(;´A`)(一番の原因は己の体重が7kg以上増量したからなのはこの際しらばっくれておきますww )


やっぱり24V仕様に比べて軽いです。でもフロートボート以外の船には絶対にTR 82Vを使いたいです

 そのため少しでもフロント部分の軽量化を図るために、やむなくエレキを軽いものに変更せざるを得なかったのです。本当は55lb の無段階変速のものが欲しかったのですが、価格の面で断念···格安だったFW-FB 46で妥協しました。

 もちろんパワー不足、バッテリーの消耗の面等で不安もありますが、まぁ価格が安かったので仕方ないかなと思える部分もあるし、最悪これをまた売ればほとんど出費がペイできそうな位の価格で入手できたのでとりあえずはこいつを使ってみることにします。


5段変速は久し振りに使うのと、燃費の悪さに少し不安はあります・・・

 いじらなきゃならない部分もあるしまだまだやることはたくさんあるけど、使用したらまたインプレしたいと思います!

03:41 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/30 トランデューサーガード自作
 よく、デカチ〇のことを馬並みにデカイ!という表現方法がありますが、これからはトータルスキャン並みにデカイ!と改めようと思うくらいデカイトータルスキャントランデューサーです(^^;)もちろん自分のブツは、ホンデックスの水温センサー並みな残念tactbassです・・・

 さて、そんなデカブツトータルスキャンですが、デカイがゆえにだいぶはみチンしてしまいます(^.^)そんなわけで過保護にも程がありますが、ぶつけても痛くないようにガードを付けてあげました。ケッ、俺なんて昔から未だに皮でプロテクトされてるからそんなの必要ね~ぜ!ってトコトン自虐が過ぎるtactbassです・・・(T^T)

 
いろんな金物を組み合わせて作っただけですが、十分機能ははたしそうです

 まっ、冗談はさておき、マジで定価で買えばおひとつ5.6万円なトータルスキャン、絶対に死守しなきゃなりません!でもガードも買うと1.6万円とかするので当然自作です。一応トランデューサーポール用と、エレキ取り付け用の2種類をこしらえましたが、なかなかよくできました!これなら多少の衝突でも大丈夫そうです!


さすがにおいそれとは買えないものなので大切にね❤ 




03:09 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/29 フロートボート用バウデッキ再作製
 以前フロートボート用にバウデッキを作製しました。これはフロートボートがあまりにも狭くてタックルボックスを置くスペースすらなかったので、魚探とタックルボックスを置くために作製しました。特別強度は必要なかったので軽量化を重視して9mmのベニヤで作りました。

 
今まではツイストブラケットでエレキを使っていたのでこんな感じです。特別使い勝手に問題はありませんでしたが・・・

 ところが今までフロートボートで使っていたミンコタのツイストブラケット、とても軽いしセッティングも楽なので良いんですが、モーターの上げ降ろしがいまいち使いづらいところもあり普通のフットコン用のマウントを使いたくなってしまいました。

 でももちろん現状のバウデッキでは強度的に使えないのでもっと厚い板で新たに作製しました。ただ今までの薄い板とツイストブラケットですらフットコンペダルより一歩前に踏み込むと、フロントが沈み込んで水がドボドボと入り込んできます(||゜Д゜)

 そのため厚い板にフットコンマウントを付けたら確実に沈する恐れはありますが・・・で、いきなり実際の完成の図!wwこれらのものは何度も作っているのでサクッと完成です♪
 
そうです、この仕様のために以前買ったウルトラ軽量コンパクトな01マウント(超ショートカットバージョン)がどうしても必要だったんですね(^.^)

 この仕様になってどれだけの重量の増減があったのかはわかりませんが、ひとつ確実に言えること、それはもう自分が狭いフロートボートには適さない程の肥大化が進んでしまったであろうこと・・・(ToT)


これならエレキの上げ下ろしも楽そうです♪

 というわけで、ど~うしてもフロートボートに乗って釣りがしたければ、肉体改造をして己をブラッシュアップするか、それとも愛用しているTR82Vを諦め、軽いローパワーエレキでの屈辱的な釣りをするか、究極の選択を迫られているtactbassです・・・(+_+)(ネタバレすると、すでに肉体改造を諦め、46lbのショボいエレキを購入済みです。面倒なことは金で解決tactbassです(^.^))
08:33 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/23 オートビルジポンプ交換
 水も滴るいい男、なtactbassです。そんな雨男の自分にとっての必需品のひとつがビルジポンプです。ポインターには2つ設置してあるし、フロートボート釣行の時にも必ず積み込んでいきます。

 ポインターにはスイッチのオンオフで使う普通のものと、水が貯まると自然にスイッチが入って排水を行ってくれるオートビルジポンプが設置してあります。


デッキが張り詰められているボートは特にオートビルジが必須です。以前ライブウェルの水が漏れているのに気づかず、デッキを開けたらバッテリーのターミナルまで数センチのところまで水が溜まっていて死にかけたtactbassです(;゚Д゚)

 でもやっぱり釣りに夢中になっているとつい雨水が溜まっている事に気が付かなかったり、豪雨の時には何度もスイッチを入れる手間を考えたらオートビルジポンプの方が便利ですよね。

 ネックとしては価格が高いことですが、最近は安く買えるものもあるようです。というわけで昨年ビルジポンプが2機とも調子が悪く、焦りまくったので今のうちに交換しておきました。


安いものでしたがちゃんと最低限の機能はついているようです

 今回はヤフオクで送料込みで3000円しないものを2個購入しました。ポンプ類はかなり壊れやすいので本当はあまり安いやつは不安が残りますが試し買いという感じで購入してみました。取り敢えず作動は確認できたのであとは耐久性に期待ですね。


結構壊れる消耗品なので低価格なのは嬉しいですね♪

00:37 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/21 01マウント用スタビライザー塗装
 先日買ったデュカ·クラフトワーク社のモーターガイド 01マウント用スタビライザー。まぁどうでも良いんですが、やっぱりどうにもシルバーな色がいまいちです。そんなわけで塗り塗りしてみました。


こういった後付けチューンナップパーツと言えば、やっぱりかっちょいいカラーリングが基本ですよね!?これだとどうにも味気ない(-_-;)

 色はスバルインプレッサのメタリックなブルーに決めました。あまりスプレー缶での塗装が上手くいったことはありませんが、今度は上手くいくことを夢見てソフト99の各種スプレーを使いました。で、一応A型な自分、繊細で几帳面なところともあるんですが、今回は大雑把で適当な悪い部分がでました(笑)わかっちゃいるけど相当な手抜き作業です(;^_^A


数ある作業の中で、塗装って最も面倒で汚れるし臭いから嫌い・・・でも今回は重い腰を上げての施工です!

 仕上がりは、まぁあれですが、遠目、もしくは目を細めて見ればなかなか素敵な仕上がりで、一気にレーシー感が増しました!って付けるのは46lbのヘッポコエレキですがσ(^_^;何はともあれ自己満足、大事ですよね!(^_^)ゞ

  
なかなかいい感じのメタリックブルーです!まだスプレー余ってるので次は何を塗ろうかな?(^^)
01:33 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/02/23 トータルスキャン跳ね上げシステム
 サイドスキャン、ダウンスキャン、魚探、水温など全てのことを1つでこなしてしまう優れもののトータルスキャン振動子。でもとにかくデカい・・・。本来船体に取りつける場合トランザムにビスで固定するのが一般的です。でも、水に浸かる部分に穴を空けるのは抵抗があるし、あのデカいトータルスキャン振動子が常に出っ張っているのも嫌な感じです( ̄。 ̄;)

 特に気になるのが船のランチング・ランディング時の底や障害物へのヒット、エンジンで全開走行時に流木などのゴミ類の巻き込み、激浅な場所での走行、狭く込み入った場所での船の取り回し、昼寝などの停船中に岸辺にぶつける等々、何かにぶつけて破損や断線の危険があるシチュエーションは山ほどあります・・・。そんなことで超高級なトータルスキャン振動子をぶっ壊したくありません!そんなわけでちょっと一工夫して取り付けてみることにしました。

 そこで考えたのが、そんな危険な香りのプンプンする状況ではやっぱり水中から出してしまおうと。まぁ言ってもそれほど頻繁に出し入れすることもないと思いますが、そこらへんは念には念を押すビビリなtactbassですww


やっぱりデカいトータルスキャンwwすぐ何かにヒットしそうです(^^;

 そうしてできたのがアルミでできた跳ね上げ式のトランデューサーポールです。こいつは危険を察知すると自動に電動で跳ね上がり、危険を回避してくれます!!・・・・あっ、やっぱり人力ですた(^_^;)昔自作した跳ね上げ式のボートドーリーの要領で作りましたが、機能のわりに作るのが面倒でした。上げ下げも面倒だし(笑)でもやっぱりいざという時は安心感があります。


ピンを1本抜くだけで簡単に跳ね上げることができます!

 ネジを打つ場所もあまり水に没しない場所にしたので、常に水中にある場所よか安心です。とはいえやはり破損する可能性がわずかに減る位なもんなんで、注意して使うにこしたことはないですね。とにかくトータルスキャン振動子はおいそれとは手の出ない高級品ですからねwww


見た目はともかく機能的には良くできました!これで少しは不安が軽減しました。
19:22 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/02/17 デュカ・クラフトワーク モーターガイド 01マウント用スタビライザー
 先日購入したモーターガイド社の01マウント。とても軽量コンパクトなのが魅力ですが、その分強度的な部分では不安も残ります。そこでちょっとでもその弱点を軽減するためにデュカ·クラフトワーク社のモーターガイド 01マウント用スタビライザーというものを買ってみました。

 
まぁ、ただサイズがピッタリあったアルミチャンネルですね

 3mm厚のアルミで作られたシンプルなもので、正直かなり高っけ~&本当に効果あんの!?的なものです(笑)まぁないよりかはましかな程度に考えています。実際購入の決め手となったのはこの部分に魚探をセットできるようになるということの方が大きかったです。


アルミ色だけど、アルマイト加工でカラーリングされたらオサレですね。色、塗ったろかなww

 実際に取り付けてみると、う~ん・・・やっぱり違いはわからん・・・です(笑)もともとガタツキのほとんどないマウントなので効果はほぼ感じられないのでしょう。ともあれ魚探本体を置くスペースがバウデッキではなくここにセットできることで多少目線も上がり見やすくなったのと、省スペースにはなりました。


主な目的はここに魚探をセットすることでした

 ただロープ等を躱したりするために少しマウントを上げる分にはいいですが、エンジンで移動する時のようにガッツリとマウントを上げてしまうと魚探が干渉してしまうので、やっぱりバウデッキに魚探を設置しないといけませんね(^_^;)まぁ、やっぱり自己満足なドレスアップパーツみたいなもんですねww


目線も上がってGOOD!エレキ上げたら魚探ぶつけそうですがww
22:35 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/02/14 フロートボートのバージョンアップ構想
 今年はフロートボートの仕様を大きく変更しようと考えています。これは行くフィールドの拡大を図るためで、そのフィールドによりマッチしたセッティングにしたいからです。具体的には大きく3つの変更点を目論んでいます。

 まずはエレキマウントの変更。こんな痛いブログをマメに目を通しているヒマな貴男はもうお察しでしょう。そう、現状使っているミンコタのツイストブラケットというクランプで挟み込むマウントから、先日購入した普通のフットコン用のマウントであるモーターガイド 01マウントのショートカットバージョンに入れ替えるのです。


2㎏の超軽量マウント!今回の大プロジェクトのために購入したものです。ちなみにバウデッキはレンタルボート用なので新たに作り直します

 ツイストブラケットは軽量コンパクトで取り付けも簡単なのですが、ロープなどを躱したり、エンジン移動するためにエレキを引き上げる作業が実に面倒なのです。そんなわけで現在フロートボートに付いている薄っぺらいバウデッキから、82lbエレキのパワーにも耐えうるバウデッキに作り直して01マウントを取り付けます。


とっても素敵なツイストブラケットですが、エレキの上げ下げをするのはメンドイです・・・このバウデッキも強度的に使えません

 次に、今年からついに男のロマンである!?高性能魚探、LOWRANCE エリート7tiを導入致します♪そのための配線等の取り回しですが、金にモノを言わせて高価な専用のパーツを使って取り付ければ楽だし綺麗に付くんでしょうが、それらもあえて自作してより使いやすいものを目指します。いいえ、決してそれらのパーツが高すぎて買えなかったり、ケチったりしてるわけじゃないですよ!?本当ですよ!?・・・嘘じゃないってば~!?・・・・・金はないが根性だけはあるtactbassです(~_~;)


便利なようで意外といろいろと厄介なこいつwwでもちゃんと使いこなせれば強烈な破壊力のある兵器に化けるはず!

 最後に、エンジンも乗せたいのです!家には以前ゴムボートで使っていた2馬力のエンジンが眠っています。こいつに再び火を入れて、行くフィールドを増やしたいのです!というわけで今ついているエンジンマウントも薄っぺらな板でできているのでこいつもエンジンに耐えられる強度のものに作り直しです。


現在はこのデッキにごっついエンジンマウントが付いていますが、肝心の板がショボイので作り直しです。荷物入れもどうしよう・・・

 ただこれらのことをすると、狭いフロートボートなので実際はタックルや荷物を置くスペースを再構築しないといけないわけで、今あるデッキや収納アイテムなど、全て作り直さないといけないことを意味しています(-_-;)そのためのアイデアはまだ浮かんでおりません・・・


写真は一番最初のセッティング。現在はもっと進化していますが、今年はさらなるモンスターマシンに化けますよ!(ウソですww)

 といった具合にフロートボートだけでもやることがたくさんあります。そしてフォーカスポインターのほうも仕様変更することがあるので、この調子でいくと今シーズンは釣りに行く時間がなさそうです・・・ってわけにもいかないのでいまのうちに少しでも作業を進めておかなきゃです(^^ゞ
00:09 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.