2017/04/16 モーターガイド FW-FB46-36"のシャフトカット その2
 前回の続きで今回は実際の作業に移ります。

 先ずはヘッドやシャフトのネジ類を外し分解します。そして配線もバッサリカットで基本準備OK。でも、上手くいったのはここまで・・・あとは一つ一つの作業で苦しむことに(ToT)/~~~

 
既存の配線をバッサリいく作業はなんか気持ちいい(^.^)

 作業的には一見なんてことなさそうで、こんなのチョロイぜ♪と思っていましたが、第一ステップのピニオンギアを外すことができない( ̄。 ̄;)これが取れなきゃスタートすらできません・・・

 ネジを外そうにも全く回る気配がありません。というかピニオンギアがツルツル滑ってまともにつかむことすらできません。調べてみるとネジロック剤がかなり強固に付いているらしく、これのせいでピニオンギアを外すことを断念する方のブログも何件かあった程です(>_< )

 そこでロック剤を温めるためにヒートガンを、ピニオンギアを固定するために万力を、パイプをつかむためにパイプレンチを購入しました。この段階でちっとも安上がりじゃなくなりました(T^T)でもこれらを使っても結局外すことができませんでした・・・


こいつが取れんのよ・・・そんなにガッツリ止めなくてもいいじゃないですか~(>_< )

 ここでいつまでも突っかかっているわけにもいかないので、取り敢えず先にシャフトをカットします。これは何度かやっているし難なくクリアー。ちなみに今回は36″シャフトを27″にしました。拘ったのはアウターチューブをマウントで挟めるギリギリまで短くすること。アウターチューブは16cm、インナーチューブは23cmカットしました。

 見た目はアンバランスですが、今使っている32″シャフトだとアウターチューブとインナーチューブの間のベアリングが水中に没してることが多く、錆びそうだったのでなるべく水面から離したかったのです。もちろんこんだけアウターチューブをカットしたら全く高さの調整はできません。でも自分はこのエレキはフロートボート専用としているので高さは変えられなくてもいいのでこれでOKです。


これは完成図ですが、こんなにアウターチューブ短かっ!wwちょっとやり過ぎカモ^^;

 次もまた難解なピニオンギアの穴開けです。このピニオンギア、とにかく表面が硬く、さらには滑りやすいのでなんてことはないはずの穴開けすら全然できません・・・小さな穴が開いてもそれ以上全く掘り進んでいかないのです(T^T)

 ここにきてついに自分でやることを断念!友人に助け船を求めましたσ(^_^;いつもお世話になっているアニキ分、釣りに関しては相当な変質者なKさんに泣きつくと50㎞離れた家まで仕事の合間を縫って来てくれました!

 Kさんはもちろん艤装を生業にしているわけではありませんが、今まで他人様のものを含めて何十本ものエレキをいじっているし、自分のエンジンの修理もお願いしている頼れる方です♡自分と違い、普段から仕事で工具を使っているのでいい道具もあり、もちろん扱いもプロなわけです。

 早速作業に取りかかって貰いますが、先ずはピニオンギア外しから。やり方は万力でパイプを挟み、ピニオンギアをパイプレンチで回していきますが、パイレンも使い方にコツがあるようであっという間に外してしまいました。今までの俺の苦労って・・・( ̄。 ̄;)
 
 お次の穴開けはいいドリルもあり期待しましたが、手持ちの刃ではやはり開きません・・・そこで近くのホームセンターにステンレス用の高い刃と鉄鋼用の普通のを買ってきました。するとさすがにいい刃はよく切れます!今まで全く歯が立たなかったピニオンギアが気持ちよく削れていきます♪

 が、すぐにナマクラになり削れなくなります・・・鉄鋼用の刃だと新品にもかかわらず全然ダメです。そこでまたホームセンターに新しい刃を買いに走りました(+_+)で、帰ってくるともう一つのできなかった点、アウターチューブの一番下のカラーも外してくれていました。バリ取りも終了済みです(^.^)やはりこれもコツがあるようで自分は苦労しましたが・・・

 というわけで新しい刃を使い、無事穴を2箇所開けて貰いました\(^o^)/ここでKさんは次の現場に向かう時間になったので撤収ですが、難解だった部分は全てやって貰ったのであとは自分でなんとかなりそうです。Kさん、本当にありがとうございましたm(_ _)m

  その3に続く・・・

スポンサーサイト
00:10 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
テレビ東京『朝の!さんぽ道』出演! << Home >> 数十年前の中古品でも一応新調!?
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.