2017/04/11 GフォースならぬTフォース!?自作失敗・・・
 ポインターに搭載してあるエレキ、TR82Vのマウントのヒモが切れかかっていました・・・これが現場で切れると厄介なので定期的にチェックするようにしています。


昨シーズン、切れかかっているのは分かっちゃいましたが、今の今まで放置してましたσ(^_^;

 そのまま純正のヒモに交換してもいいのですが、ここはやはりワイヤーケーブルと握りやすそうな大きなグリップの付いた流行のGフォースハンドルに交換します!・・・って、ヒモごときに何千円も掛けられないので当然断念です・・・(+_+)

 でもグリップ部分は諦めるとして、ヒモの代わりに伸びないワイヤーを使うのはやはり気持ちよく上げられるみたいなので、ダメ元で普通に売っているビニールで被覆されているワイヤーを使ってみました。

 ただ近所のホームセンターに売っていたビニールで被覆されているステンレスワイヤーは1.5mmというものしかなく、どうみても細くて心もとない・・・モノホンのGフォースハンドルを見たことがないのでどれくらいの太さのワイヤーなのかわかりませんが、あまり太くても取り回しが悪そうだし(^_^;)


う~ん・・・どう見ても細そうだが・・・取り敢えずダメ元でお試しです

 どうみてもか弱そうなこのこのワイヤーですが、とりあえず耐荷が30㎏と書いてあるので妥協して試してみることに。でもまぁ安いし、そのうち良さげなワイヤーに出会ったら交換すればいいやと^_^




取り付けは難なく完了。ミンコタのこのタイプのマウントは超楽勝です

 実際に交換して使ってみると、う~ん・・・お話にならない強度ですた・・・すぐにワイヤーの被膜がズルリと剥けてきちゃいました(T^T)やっぱり細すぎたようです。あ~あ、こりゃまた普通のヒモに交換しなきゃです(>_< )


やっぱりダメですた・・・素直に普通のヒモにします。って、またいいワイヤーがあれば挑戦しますがww




スポンサーサイト
07:58 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
モーターガイド FW-FB46-36"のシャフトカット その1 << Home >> シマノ メタニウムMGL XG
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.