2017/01/17 メガバス ジャイアントドッグX
 というわけで昨日に続き今日もメガバスのペンシル、『ジャイアントドッグX』について触れてみたいと思います。この『ジャイアントドッグX』が発売されたのもまさにメガバスの絶頂時で、こいつの入手にも苦労しました・・・。って結局『いくら以上お買い上げ』って時に購入したわけですが(^_^;)それでも今もなお必ずボックスに鎮座し、活躍しているよく釣れるペンシルです。


同じ『DOG-X』ながら形も動きもオリジナルとは異なる『ジャイアントドッグX』。でもそれぞれが魅力的なんですよねぇ~(#^.^#)これもまた自分のリペイント済みカラーですいません(^_^;)

 初めて手に入れたこのルアーでもやっぱり興奮しましたよ!美しい造形、リアルなカラーリング、そして何よりなかなか入手できないものを手に入れられた優越感!wwwでもこいつも実際に泳がせてみてオリジナルの『DOG-X』とはまた違ういい感じのアクション、そして釣果に酔いしれました。

 約10cm・14gというサイズは手にした当時はちょっとデカイなという印象を持ちましたが、最近はビッグベイトに見慣れたせいかちっともジャイアントには感じません(笑)むしろこれが標準的な大きさに感じますね。そして『DOG-X』という名前ながらオリジナルの『DOG-X』は全く似ていない形状をしています。

 
ペンシルとしては特徴的な平面を持つシェイプで他のペンシルとは差別化が図れます。そして重量バランスがいいのかサイズの割にフッキング率もとてもいいです。

 オリジナルの『DOG-X』の断面が丸いイメージならば、『ジャイアントドッグX』は四角であり、その平面を活かしたヒラを打ちながらのドッグウォークはキレもあり水もしっかりと押しています。また、オリジナル『DOG-X』よりも芸達者で、スライド・ドッグウォーク・ダイブとも得意なオールラウンダーに思えます。ルアーを操る楽しみも感じられるペンシルですが、これもオリジナル同様誰がどんなタックルで適当に動かしてもそれなりに動いてしまうオートマチック性が自分には魅力です。

 使う場面としてはそれこそいつでもどんな時でも使いますが、オリジナルはどちらかというと時合いの時にサーチベイト的に使うことが多いのに対し、『ジャイアントドッグX』は広く探りたい時はもちろんある程度ポイントが絞れている時にも、その多様なアクションを性を活かして使っています。

 というわけでペンシルはオリジナル『ドッグX』・『ジャイアントドッグX』・『コアユ』の3種類だけあればほとんどの場面で対応できると思っているのでこれからもずっと使い続けるんだろうなぁ~!
スポンサーサイト
18:08 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
メガバス DOG-X Jr.COAYU << Home >> メガバス DOG-X
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.