2016/11/29 エラン PG 81Lのベアリングチューン
 まぁ、チューンなんて程のもんじゃありませんが、今更ながらスプール周りのベアリングに手を入れてみました。本来ベイトリールは買ったら使う前に真っ先にベアリングに手を入れるのですが、このエラン君はずっとノーマルのままで使われていました。大体スプールの立ち上がりの速さ、高回転を狙ってセラミックベアリングに交換することが多いのですが、手元の在庫を切らしていたので今回はオイルチューンのみにとどめました。

 と、スプールを抜いてスプールシャフトを見てびっくり!かなり水が付いていて、オイルと混ざり乳白色になっていました(・_・;)このリールを使っていて気になったのがパーミングしている手が結構濡れるな・・・と思っていましたが、構造的に水を拾いやすい構造なのか!?それともPEラインのせいでしょうか?同じラインを使っていてもダイワのSS SVの時はあまり気になりませんでしたが。

  
まずはサイドカバーとスプールに付いているベアリングを外します。
スプールベアリングはこれで外して下さい

 
小瓶にベアリングを入れて、ジッポーオイルをベアリングが浸かる位注ぎます


小瓶を音波洗浄器に入れて脱脂します
こちらを参考にして下さい


よく乾燥させてからワイズクラフト社のレボリューションBBで施工します
こちらを参考にして下さい


ついでにPEにシュッ!をラインに吹きかけてました。劇的に糸鳴りが軽減され、ラインの出し入れがスムーズになります
 
 結果、スプールの回転はかなり良好になりました♪あまりに回転が変わったのでブレーキ設定はやり直しですね。そしてノイズはオイルインよりも大きくなるのでそれが気になる人は粘度の低いオイルを挿したほうがほうがいいですね。自分はこの頑張ってる感じの音が大好きなのでオイルレスです。マメなメンテは欠かせませんが。こんな感じでメンテをしてみましたが、今年はもう使わないかもしれません(;^_^A



回転の悪かったベアリングもだいぶ使い物になりました♪


↓こちらからどうぞ!





















スポンサーサイト
00:35 | ロッド・リール | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スミス ナマジー << Home >> 2016年 ナマズ第53戦 馬っ鹿みたい!
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.