2016/11/21 ナマズ用リール買い替えにあたって
 先日、今季ナマズ用リールとして使っていたダイワのSS SVをバス用にして、新たに別のリールをナマズ用として導入すると書きましたが、SS SVを使ってみてよりナマズ釣りに適したリールの候補をいくつか挙げて真剣に考えてみました。

 まず第一は太いPEラインをきっちり巻ける深溝スプールであること。回収の早いハイギアであること。ロッドアクションを加えやすい軽量かつパーミング性にすぐれていること。ハンドルが長くノブも大きいこと。ギアがタフであること。などの特性を持ったリールが自分的ナマズリールとなります。

 おっと、一番肝心な要素を忘れてました。安いこと!これが最も重要な点ですwwwそんなことを頭に入れて考えた場合、候補は3台ありました。シマノのシティカ、ABUのビッグシューターコンパクト、そしてtailwalkのエランPGです。

 まず最重要課題の価格ですが(笑)、シティカ1万半ば→エラン1万後半→ビッグシューター2万前半の順になりますが、何とか2万前半のビッグシューターでもギリいける金額ですが、できればシティカかエランに収めたいところです。


全てにおいて一番無難に感じたシティカ。ハンドル周りが気掛かりです

 ラインキャパについてはどれも20lbが100mなので問題なしです。おそらく愛用しているVARIVASのナマズ プレミアムPE5号80m巻が全て巻ききれそうです。

 ギア比についてはエラン8.1→ビッグシューター8.0→シティカ7.2の順になります。なかでもやっぱりギア比8.1:1で1巻き89cmもできるエランはかなり魅力です。ちなみにビッグシューター83cm、シティカ77cmです。

 重さはエラン198g→シティカ210g→ビッグシューター239gの順になりますが、実際に握った感じでもエランの軽さには目を見張ります。そして単体で持つ分にはやはりビッグシューターは重く感じました。まぁでも竿とのバランスを考えれば及第点かも。


スペック的には一番魅力的。でも情報も少なく危険な香りが・・・

 ハンドルに関してはビッグシューター95mm&ビッグラウンドノブ→エラン95mm&やや大きめの円筒ノブ→シティカ84mm&普通のツマミノブとなりますが、正直ビッグシューターのノブではオーバーパワーで重く、シティカはハンドルもノブも交換しないと使い物にならない、エランのハンドルとノブがベストに感じました。

 巻き心地に関してはまぁ価格が価格だけに求めるもんではないのは百も承知ですが、負荷が掛からない状態で回した感じだとやはりシティカ→ビッグシューター→エランな感じでしょうか。

 タフさについては使ってみないと何とも言えませんが、レビューを読む限りだとビッグシューター→シティカ→エランな感じでしょうか。特にエランはギアの精度・タフさはかなり不安感があります。


長く使うならビッグシューターか。ちょっとオーバーパワーな気がしないでもありませんが

 と、こんな要素を考慮して自分が選んだリールは…tailwalkのエランPGでした!選んだ理由は上記をトータルで考えた結果ですが、正直上記以外の不安点もいくつかあります。

 まずはシマノやABUと比べてマイナーなメーカーゆえ、アフターやパーツ供給の問題。カタログスペック的には優れていても、実際に使っている人が少ないリールなので実際の使い勝手などもよくわからないこと、失敗した買い物だった場合、人気リールではないのでリセルバリューがほぼゼロなことなどです。

 特にギア系のタフさについてはかなり心配ですが、それでもまぁピニオンとドライブギア両方頼んでも3000円程なので、調子が悪くなったら交換しながら使っていけば何とかなるかなとは考えていますが果たして果たしてどうなることやら(^。^;)


結局一番冒険な買い物をしてしまいました。糞リールでないことを祈ります(;^_^A アセアセ・・・

スポンサーサイト
00:03 | ロッド・リール | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
tailwalk ELAN PG 81L (エラン パワーゲーム) 買ってみた << Home >> 2016年 ナマズ第50戦 背中寒っ・・・
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.