2016/11/10 ナマズ釣りにおけるランディングネットの必要性って
 今シーズンから始めたナマズ釣りですが、今までランディングネットは使ってきませんでした。それは確かにあれば便利かもしれませんが、それよりもデメリットの方が多くあると考えていたからに他なりません。しかしやっぱりなんでも試してみないとわからないので、来シーズンは試してみようかと思っています。

 まず今まで使ってこなかったデメリットについてですが、一番は当然ランガンスタイルのナマズ釣りにおいて、ネットの携帯が邪魔になるということでしょう。釣りをしている最中も藪漕ぎ時には引っ掛かるだろうし歩くのにも邪魔、車での移動時も付けたり外したりが面倒です。

 そして自分的に持ちたくない大きな理由の一つが、一度使ってナマズのヌルヌルと臭いが付いた網を再び背負いたくないな…という点です。まぁ実に女々しい理由ではありますが、やっぱりあまり気持ちのいいものではないことに違いはありません(^_^;)

 あと一番肝心なのは本当に出番があるのか!?という点。というのも自分が行く釣り場は足場が悪く、かつ高い所が多い。なので結構長めなシャフトじゃないと使えないし、かといって足元はブッシュで覆われているところがほとんどなんで足元まで寄せてからモタモタとネットを準備し、ブッシュに魚やネットが絡まることなく使えるもんだろうか?という懸念があります。そう考えるとそのまま抜き上げてしまった方がいいポイントの方が圧倒的に多いんじゃないかと思えたからです。

 ではやっぱり使ってみたいと思った理由は、当然抜き上げの時に身切れや針が伸びることにより途中でボチャンすることが多かったからです。特に春先のズッシリと重いナマズをゴボウ抜きするのは竿のことを考えてもやはりいいことではないですよね。


さすがにこの位のデブナマズになると抜き上げにちょっと躊躇してしまいます

 でも理由はそれだけじゃなくもっとあります。例えば橋の上からなどとても高い場所で釣れた場合、魚が小さければそのまま高い所まで一気に抜き上げることができますが、問題は逃がす時にそのまま高い位置からリリースするわけにはいかないのでわざわざ下まで降りていくのが面倒なことです。でも網があれば高い所からリリースができます。

 そして写真を撮るときにも便利です。地面に魚を直に置くわけにはいかないし、土や葉っぱのある所に魚を置くと暴れた際に泥や葉っぱまみれになってしまいますが、ネットの上に魚を置けばそれも軽減できます。


ナマズ釣りを始めた当初はナマズを草や土まみれにしてしまうこともありました・・・

 あと自分の中でかなり重要なこととして、根掛かり回収ができるということです。以前も書きましたがハイドアップのルアー回収器『cblm-s』はナマズ釣りでも必須であり、以前は常に背負っていた位です。最近は多少馴れてきてルアーを引っ掛けることは減ってきましたが、それでも最低でも車の中に積んでおかないととても恐くて際どいところにキャストなんてできません。

 
cblmを使うことを前提にシャフトを持ち歩くならまだ自分に納得がいきます。

 なので『cblm-s』単体をバッグに入れておき、もしルアーが引っ掛かったらネット部を『cblm-s』に交換してルアーを回収できれば、いちいち車までルアー回収器を取りに戻らなくて済むのでこれは精神的、肉体的にもかなりのメリットとなります。

 これらのようなメリット・デメリットが考えられるわけで、やっぱり一度試してみて自分なりのスタイルを構築した方がいいと思うので来期はランディングネットを導入してみることにします!もしやってみてウザイ方が勝れば止めればいいし、ポイントや時期によって使い分けてもいいと思っています。


↓こちらからどうぞ!







スポンサーサイト
01:11 | その他タックル | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
ダイトウブク ファインフレーム S << Home >> スミス PEシザースL
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.