2016/09/08 スミス ゲーリーヤマモト 『ファットイカ』の使い方 その2
 さて、今回は前回に続き『ファットイカ』の使い方、実戦編です。

 『ファットイカ』は実際の使用においてもノーシンカーで用いても容易にピッチング・キャストでき、飛距離や操作性も抜群です。またその自重ゆえノーシンカーで深場まで落とすことも可能で、自分もダムなどで5m以深まで沈めて使うことがよくあります。また水生植物や浮きゴミ、カバーに投げた際もその重さで勝手にジワジワと下に潜り込んでいってくれます。

 動き的にはフォール時はバックスライドフォールしていきますが、ラインのテンション具合によって予測不能なフォールをします。ただ単純で真っ直ぐなスライド幅の広いフォールではなく、イレギュラーな動きを見せるところが『ファットイカ』が他のバックスライド系ワームよりも釣れる秘訣かもしれません。この危うい動きはなかなか狙って出せるものではないですからね。

自分は基本的には写真のような『逆刺し』しかしません。たまにゴミ溜まりの上をフロッグ的に使う場合はヘッド側から刺します。

 ロッドをチョンチョン煽れば、フォール時は閉じていたフラスカートがパッと広がり魚にも気づかれやすくリアクション効果もあると思います。フラスカートは結構水の抵抗を受けるのでかなり水を動かすはず。濁った水中においてもしっかりと存在感を示してくれるはずです。また、バックスライドの特性を生かしてチョンチョンしてフォール、チョンチョンしてフォールを繰り返して一か所でモジモジさせれば魚をイラつかせる効果もあります。

 逆刺しの場合沈める時はすり抜けの良いヘッド側から沈んでいくのでスルスルとカバーを躱しながら自分で潜っていってくれますが、操作時はフラスカートがカバーに引っ掛かり決してすり抜け性能に優れているわけではありません。しかしノーシンカーゆえゆっくりほぐすように動かせばガッツリ根掛かることも少ないので逆に考えればカバーに絡めなが釣ることができ、バックスライド性能を生かしてじっくりと探ることもできます。

 なのでこのような特性を考えれば自ずと使い方はわかると思います。ちなみに自分はマッディーシャローレイクのカバー撃ちにおいてはフリッピングで使用することが多く、着水後ラインを張らず緩めずでバックスライドフォールさせ、着底後数回ホップさせた後再びバックスライドフォール。これを1~2回やったところでピックアップして次のキャストに移ります。かなり早い釣りと言えるでしょう。

もともとマッディーシャローレイクの使用で火が付いた『ファットイカ』ですが、もちろん川やナチュラルレイク、ダムだろうとどこでもその性能を発揮してくれます

 リザーバーで使う場合は立木・ブッシュ・ゴミ溜まり・岩盤・ロックエリアなど様々なポイントで使いますが、キモはきっちりと魚のいるレンジまで落としてあげることだと思います。ほとんどフォールさせている時に勝負がつくと思いますが、狙ったレンジまで落とした後はカバーに絡めながら上げてきます。そして超釣れそうなスポットであれば時折再度落とし込んだりしています。まぁあまり難しく考えなくても魚の方から勝手に食ってきますよ(笑)

自分的にはダムでは必ず『ファットイカ』を結んでおり、一年中まずスタメンから外れることはありません

 あと検索ワードから、どんな針をどのように刺しているのかが気になっている方がかなり多いようなので、自分的なタックルセッティングも記しておきます。まずロッドはカバー周りを中心に狙うこと、特にフリッピングで釣ることが多いしフッキングストロークを取りたいために6.8ft以上の長めの竿が好みです。硬さも上述したようなカバーを狙うこと、4/0以上と大きめのオフセットフックでがっちりとフッキングさせるためにもMH以上の強さが必要だと思います。

 ラインもカバー、強めのフッキング対策で14lb以上を使っています。大体16lbをメインに14lb・20lbを使い分けています。もちろん糸が細い方がいい動き、バックスライドさせるには有利に働きますが自分の場合はより複雑なカバーに入れ込んでいきたいし、モンスタークラスを狙っているのでどうしても太めのラインをチョイスしがちです。

 フックに関しては自分は『ファットイカ』をノーシンカーの逆刺しでしか使わないのでオフセットフックの4/0か5/0を使います。この時にあまりゲイプの狭いものはすっぽ抜けやすいので、ワームをセットした時にちゃんとふところに余裕のあるものを使いましょう。自分はキロフックの5/0を使っています。

もっといい針があるかもしれませんが自分は昔からキロフックの5/0を愛用しています

 また、チューンとしては食いが悪くすっぽ抜けが続く場合などにボディに切れ込みを入れることによってフッキング率は確実に上がります。ただその分若干根掛かりしやすくなりますし、ワームも壊れやすくなるので状況によって施していけばいいと思います。

メリット・デメリットありますが、フッキング率重視の時は試してみて下さい!

 とにかく使いやすくよく釣れる『ファットイカ』、もし使ったことがなければ是非使ってみて下さい!なぜ『ファットイカ』が定番ルアーとして売れ続け、バックスライド系ワームの王座に君臨し続けているのかがすぐにわかると思います。

『ベビーファットイカ』買ってみたはこちら!

『ベビーファットイカ』インプレはこちら!

『ファットイカ』の使い方その1はこちら!


↓こちらからどうぞ!





スポンサーサイト
00:31 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016年 ナマズ第25戦 ナマズでリハビリ << Home >> スミス ゲーリーヤマモト 『ファットイカ』の使い方 その1
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.