2016/05/01 ベルモント ネオリングオープナー(先曲り)MC-091
 自分はバス釣りにおいてはそれほどトレブルフックの交換をすることはありませんが、ソルトゲームやトラウトの釣りにおいてはかなりの頻度でフックの交換をします。もちろん釣り場においてもです。

 う~ん、でも本当はバス釣りこそ障害物を狙ったり、強引なやり取りや、根掛かりを外して針先が痛む機会が多いはずだからバス釣りこそ本当はマメにフック交換やメンテをしなくちゃいけないんだろうなぁ~・・・

 それはさておきマイブームのナマズ釣りもカバーを狙ったり、太っといPEラインでかなり強引に扱うので針先が痛むことが多い。自分的には1回使ったフックはあまり使いたくない位です。

 そんなわけでフック交換を頻繁にすることもありますが、ナマズ釣りではルアーのチューンでスプリットリングを開閉することが本当に多くなりました。

 そこで、今まではあまり欲しいとも思いませんでしたがスプリットリングオープナーが欲しくなってしまいました。今までは爪で開けたり、ペンチにリングを開く機構がついたものなのでそれを使用していました。

 しかしこれだけ頻度が高いと深爪好きな!?(笑)自分としては結構痛くなってしまうし、ペンチも15年以上愛用しているものなのでさすがに噛み合わせ的にリングを開くのが難しくなってきたので専用のベルモント ネオリングオープナー(先曲り)MC-091を購入したのです。

ただただリングを開くためだけの専用のツール!スプリットリングプライヤーのがいんじゃね!?って気も激しくしますが(笑)

 ところがいろんな方のレビューを参考に購入したのですが、♯0~4位のスプリットリングに対応、とかショアジギング用にいいとか書いてあったので当然自分が主に使うであろ♯1~3のものには最適と思っていたのですが、ある販売店の説明には♯00~1の小型スプリットリング専用で、♯1以上は普通のペンチタイプをご使用下さいとか書いてありますが・・・( ̄□||||!!

 確かに実物を見てみると華奢な感じで小さなスプリットリングには最適に思えました。逆に言えばメインに使う♯2、3にはちょっと心もとない気もします(^^;)

 でもこういったものは小は大を兼ねるので取り敢えずは使えそうです。さらに今まで使ったことのない特殊な形状をしているので馴れるまでは少しまごつきそうですが、コツが分かれば効率が良さそうな気もします。何回か使用して馴れるしかないですね(^.^)
 
先っぽが特殊な構造をしているので慣れるまでは違和感があります。


↓こちらからどうぞ!








スポンサーサイト
02:52 | 小物類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
YTフュージョン ハイパーロックDワッシャー#8 << Home >> ネックライト
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.