2016/02/29 自分にとっての理想の2機掛け用ハンドエレキを目指して!
 正直今自分の行くフィールドで、エレキの2機掛けが必須だな、と思えるフィールドはほとんどありません。確かに比べてしまえば1機よりは2機の方が早いのは当たり前ですが、荷物の運搬、セッティングの手間、それに対する効果を考えればぶっちゃけフロントに82lbのフットコンがあれば必要十分と思えるからです。でもせっかくハンドコンの82lbもあるのに活用しないのもなんか寂しい・・・というわけで今年はエレキのシステムを見直すことにしました。

まぁ必要ないっちゃないのですが、今期はちょっとハンドコンにも活躍してもらう予定です

 以前も書いたようにハンドコン用のリモコンを作成することにしましたが、まずは目指すところが何点かありました。もちろん一番最重要視したのはトラブルがないこと。そのため以前は自分も使っていた市販のフットスイッチ等を使用するような容量の低いものではなく、リレーを用いてハイパワーなエレキでも使用できること。

 そしてスピードコントロールができること。普通2機掛けと言えばハンドコンの方は向きを固定し、スロットルも全開に固定してON/OFFするのが一般的でしょう。しかし82lb×2機のパワーは相当なもの。特にスタートの時はスローからスタートして徐々にスピードアップしていけば少しでもリスクを減らすことができます。
 
 さらに自分にとっての2機掛けとはなにも一分一秒速く走るためではなく、一機で全開走行すると配線焼けなどのトラブルやバッテリーの消耗が激しくなるところを、スロットルを絞った2機で余裕をもって走ることにより上述したリスクを避けるのが主な理由なので、やはりスピードコントローラーは必須の条件なのです。

 そして最後はリモコンでも、直接ハンドルでも操作がてきることです。普通チューニングショップで作ってもらうものだとリモコン仕様にすると、通常のようにハンドルでの操作ができなくなると思います(詳しい仕様はわかりませんが)。それでももしバス釣りだけに使うのなら何の問題もありませんが、マイボートではなくレンタルボートでのワカサギ釣りに使う場合にはやはりハンドルでダイレクトに操作した方が扱いやすいので、その事もやはり譲れない点でした。

 そんなことを思いつつ、着々といろいろな試行錯誤が始まりました。

 続く・・・
スポンサーサイト
18:07 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
林圭一さんの逝去 << Home >> 船体識別番号の再打刻
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.