2015/06/24 ランディングネットを使ってみて
今年からランディングネットを本格的に使ってみての感想をば。

過去にもネットは使っていたがいつも常備するものではなく、行く場所や時期に応じて持っていったり持っていかなかったりした。だが今年はフロートボート、ポインター共に常に積んで行った。

 まず一番懸念していた置場所に困るという点も、エレキのヘッドに引っ掛けたり、エンジンで移動の際は魚探などに引っ掛けることにより意外と我慢できるレベルだった。それよりもメリットの方が遥かに勝っていた。

フロートボートでのハンドランディングはちょっと厄介だったがこれで解決!

 実際の使用においては最初慣れるまではかなりもたついてしまいそれが原因でバラしてしまったことがあった。やはり何度も掬って慣れることが必要だと思ったので、例え小さいサイズでも極力ネットを使ってランディングの練習をした。

 その結果いろいろなメリットが見えてきた。まずはボート際でのバラしが減ったのは言うまでもないだろう。しかしその他にも以下のメリットを感じた。

・足元でのジャンプが激減したために無駄にワームが千切れたり壊れたりすることが減り、ロストが目に見えて減った。
・ファイト時間の短縮により魚のダメージを減らすことができるし、釣りをする時間も少しながら増える。
・針を外したり写真を撮るために一時的にデッキに置く際も直に置くよりも下にラバーがあるほうがダメージが少ない。
・ハンドランディングだと親指がバスの歯でザクザクになるのを防げる。1日50~100回もランディングすると結構キツいよww

使ってみると意外と多くのメリットが発見できた!

 等々のメリットを自分は感じた。正直これからネットを使うなと言われたらやっぱりやだな!(^^;)一度その便利さを知ってしまったらもう戻れないといったところか!特に口が小さくて掴みづらく、足元まできても何度も抵抗するスモールマウスバスには是非とも使いたいところだ。

あっけないくらい簡単にランディングできてます!ww


↓こちらからどうぞ!



スポンサーサイト
00:32 | その他タックル | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
『モヤモヤさまぁ~ず2』出演!? << Home >> 桧原湖でのランチング風景動画
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.