2014/10/03 収縮チューブ
 ワームをワッキー掛けで使用する場合の必需品が収縮チューブであるが、これを使わないとかなりの確立でバスがヒットしたときにワームだけ飛んでいってしまう。仮に1本80円のワームが1日に50本飛んだとするとなんとそれだけで4000円!?年間の平均の1日の釣果が40~50本以上の自分的には全然ありえる数字でとても笑えない。

 しかし問題はそれだけではない。人気フィールド、特にスモールマウスバスがファイト中にブヨブヨにふやけたワームを吐き出すことが非常に多いのだ。これはファイト中にラインブレイクして口の中に残っているものが吐き出されることもあるかもしれないが、おそらくほとんどが千切れたワームが湖底に沈んだ後もバスを誘い続け、最近の匂い・味付きのワームなら尚更にバスがそのまま飲み込んでしまったものが吐き出されていると思われる。

ホームセンターで大体1m200円前後で買える。10m600円位のやつもあった!

 当然そんなワームが湖底にゴロゴロ転がっているだけでも大問題だろう。釣りをしている以上根掛かりによるライン・シンカー・フックやロストワーム等、いろんなものを湖に残してしまっているのは間違いのない事実であり、理想を言ってしまえば全て生分解のものを使ったりするのがいいんだろうけど実際にはなかなか難しい部分が多い。だから少しでも自分ができる範囲の中で、極力湖に釣具を残さないという意味でも収縮チューブは必需品なのである。

1mでこれだけの個数がとれる。

 そんなわけでワッキー掛けで使用する全てのワームに収縮チューブを取り付けているのだが、釣具屋さんで買うととても高い。しかしホームセンターなどで買えばかなり割安に買うことができる。面倒だが釣りに行く前に使用する長さにカットし、もうワームに取り付けておく。とても現場じゃやってられないからね。確かに収縮チューブを取り付けると動きが悪くなり食いも悪くなるだろう。フッキング率も下がるかもしれない。でも前述した理由から夜な夜なチューブを取り付けているのだ。

各サイズを揃え、いろんな太さのワームに対応できるようにしている!
スポンサーサイト
11:26 | 小物類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スミス 『ベビーファットイカ』買ってみた << Home >> 今更またカートップ!? フロートボートのために!?
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.