2014/06/14 I’ZE FACTORY 『STEEZ SV 105スプール』 インプレ!
 さて、1年程前に手にいれたI’ZE FACTORY『STEEZ SV 105スプール』だが、そろそろ自分なりの使用感が沸いてきたので少し触れてみよう。

 そもそも極軽量ルアーにはアルデバラン+アベイルマグ仕様が気に入って使用しているが、フルキャスト時のバックラッシュが少し気になっていたのだ。

 そこで、そこまで軽くない5~12g位のルアーをフルキャストできるリールを考えていたところ、軽量~重量級まで幅広く使えおまけにバックラッシュもほぼしない!と謳うI’ZE FACTORY『STEEZ SV 105スプール』を知り、購入したのだ。

かなり評判が良かったので期待していたのだが・・・

 実際キャストした感想は『う~ん・・・』といったものだった。ぶっちゃけ感動するほどのキャストフィール、驚きは感じられなかったし、正直期待していた分こんなもんなのか!?という思いの方が強かった。

 じゃあどんなところが自分の好みではなかったのかというと、まず第一はスプールの重さだ。先述したアベイルスプールはとても軽く、『SVスプール』の比ではない。なもんでアベイルスプールの鋭い立ち上がりに慣れてしまっているのでどうしても『SVスプール』の立ち上がりの鈍化が気になってしまうのだ。

やはり自重がネックになっているのか  

 そして、確かにバックラッシュがしにくいスプールと言えるがその分ブレーキ力の強さが少し気になってしまうのだ。気持ちのいい伸びがあまり感じられず実際の飛距離も特筆できるものではないのではないだろうか。その点ノーマルのスティーズのスプールは重さがある分慣性が働くことにより、少し気は使うことになるが自分好みのキャストフィールとなっている。

 ノーマルスプールでもラインを少なめに巻いていたせいかそれ程バックラッシュも気にならず、『SVスプール』ほど軽いものは無理にしろ、結構幅広いウェイトのルアーを使用できていたのでまぁ、『SVスプール』なくても良かったかな!?と思えてしまうのだったwww

 でも大方の意見は『SVスプールは素晴らしい』というものが多いので僕自身がセッティング、使い方が誤っている可能性が高いような気がかなりしていたりもするが(^_^;)

ともあれまだまだスティーズには現役で頑張ってもらいます(#^.^#)
スポンサーサイト
18:35 | ロッド・リール | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
ゴムボート復活!! << Home >> ソニー 『ユニバーサルヘッドマウントキットBLT-UHM1』
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.