2014/01/19 自作『トリプルチラシ仕掛け』インプレ!
 先日自作してみた『トリプルチラシ仕掛け』モドキな仕掛けを実戦使用してきたのでその感想をば。

不安と期待の両方があった『トリプルチラシ仕掛け』だが、その効果は想像以上のものがあった

 まず扱いやすさだが、針が4本も付いているので多少船上に仕掛けがある時に何かに引っかかったりすることがある程度で、全く普通の2本の仕掛けと比べて扱いにくいと感じることはなかった。鰯に針を刺すのも通常の仕掛けと同様親針を口に、真ん中の孫針を肛門付近に刺す2点掛けで、1番目と3番目の孫針はフリーにしているので手間も全く同じだ。

 そして懸念していた針の重さや抵抗による鰯の弱りも目に見えて分かる程ではなく、前回の釣行時とほとんど変わらない位元気に鰯も泳いでいた。また意外にも鰯に針が絡み泳がなくなることも1度もなく、海老状態にもならなかった。根掛りに関しては釣ったポイントがもともと根掛からない場所なのでそのデメリットについては不明だ。

 たださすがに釣れた後の後処理は多少面倒ではあった。玉網ですくってもらった魚を網から出す時も、何本かの針が網に掛かっていて外すのに手間取ったり、釣れた魚も何本かの針が魚に掛かっていることが多く、針はずしの手間が増えることが多かった。がっ、これは逆に言うと数本の針が掛かっていてまずばれにくいというメリットでもあろう。

 さて、肝心要の釣果は上がるの!?ってとこだが確実に上がる!!って思う(笑)一番心配していた「確かにバイトすれば針掛かり率は高いと思うが、食い自体が悪くなる可能性が高そうだ。」と考えていた部分だが、前回の釣行で10枚のヒラメを釣り上げ竿頭になったが他の人は2~5枚の釣果。しかも2時間程は普通に釣りしていたが、残りの時間は船酔いのためほぼ寝たきり状態での釣りにも関わらずだ(笑)周りの方も「俺は最高20枚位ヒラメ釣ったっことがあるぜ!」って言ってた人が3人いて、ベテラン連中の中での竿頭なので、この日に関しては『トリプルチラシ仕掛け』だから食いが悪いと思うことはなかった。

 そしてアタリがあればほぼ全てフッキングに持ち込めた。1度だけ気づかないうちに針のない背中をかじられて鰯が上がってきたことがあっただけで、あとはパーフェクトだ!合わせのタイミングも若干早めでも全然OKだった!掛けてからのバラシも1度だけあったが、あとは数本の針がヒラメに掛かることが多くバレる気がしないくらいだ。

もちろん今回の魚は良型で、『トリプルチラシ仕掛け』じゃなくても鰯を丸のみしていた可能性もあるし、自分自身の合わせの技術も確実に進化したので全て『トリプルチラシ仕掛け』のおかげと言い切ることはできないが・・・。ちなみに船長はこの日アタリに対して50%のキャッチ率だったそうだ。

 ただ1点、これは自分自身の問題なのだが針と糸との結びがきっちりとできていなかったようで、それが原因でばれる事はなかったものの針が外れかかっていたことが何度かあった。要針結びの練習である!

 そんなわけでやっぱり釣果第一主義の自分はヒラメとの食い込みでの駆け引きを楽しむよりも、アタリがあった魚は100%獲りたいからとにかく確実に釣り上げられる『トリプルチラシ仕掛け』を今後も使っていくだろうし、もう今更スタンダードな仕掛けは使う気になれないwww。
スポンサーサイト
08:50 | ヒラメ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
釣らない魚!?アクアリウム再び! << Home >> 第1戦 初釣りは『オウェ~ッ↓』な波崎港 『庄栄丸』ヒラメ
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.