2013/06/22 第15戦 青物かっ!
2013年6月20日(木) スモールレイク 4:00~19:20 

天気:曇り・晴れ 気温:18~26℃ 水温:23℃ 風:0~1m 水位:4m減水 水色:クリア~スティン 潮:中潮
状況:アフター回復フライパターン

 さて、今週もスモール。さすがにこう毎週スモールレイクへの遠征をしていると体力・金銭的にもかなり厳しいものがある。が、5月半ば~7月半ばまではスモールの最盛期ゆえ釣れるうちに行っておきたいのだ。お約束的には「いつ釣るの?今でしょ!!」ってことで(笑)

 今週は試したいことがたくさんある。だから今日はたくさん釣りまくるというよりは、お試しな日にしようと考えていた。まずはタックル面で『レボ LTZ AE74-レーシング』『STEEZ SV 105スプール』・『ブラックレーベル 691LFB』の使用感の確認、前回うまく対応できなかったボイル祭りへの対応、スモールでは使用したことのないルアーの効果の確認などだ。

 さぁ、今日もアドレナリン全開のボイル祭りからスタート!朝からコフーンする激しいボイルがそこかしこで起こっている!今回はない知恵しぼってチョイスしたルアーがシーバスルアー!?(笑)そう、最近シーバス釣りを再開してシーバスルアーのスモールマウスバスへの効果を感じていたのだ!

 よくスモールマウスはトラウトと似た性格も持つといわれているが、僕はそれにソルト系の魚の血も感じずにはいられないのだ。捕食のしかた、一度スイッチが入ってしまうと周りが見えなくなるところ、ファイト、機敏さや強い警戒心等々ソルトフィッシュと重なる部分が多い。

 ファーストルアーは「ワンダー」!ってこれはもともとバスルアーか!(笑)ボイルめがけてキャストするとヒット!やっぱり効くーっ!次は「ラパラCD5」!こいつもキタぜ!お次は「ドリフ70」バチ対応ルアーだがこれまたいい感じ!やっぱりシーバスルアーは飛距離も出るし動きもナチュラルなものが多いからスモール向きのものが多そうだ。がっ、ボイルしている数に対してのヒット率はかなり低い。かといってワーム類を使う気はないので今後もルアー、釣り方は要研究である。

シーバスでど定番のワンダーだが、今はあまりバス釣りで使う人がいないのでは?久々にバスで使ったけどやっぱり優秀なルアーだ!


このルアーはこないだシーバスのバチ抜け用に買ったけど結局使うことなくファーストヒットはスモール(笑)この動きはマジやばい!

 おっと、ここで今回初使用の『STEEZ SV 105スプール』だが、確かにそこそこ軽いルアーもそれなりには飛ぶのだが何か前評判や他の方のインプレのような使いやすさは感じない。キャスト後半の伸びがなく失速してしまいとても距離がでていると思えないし第一気持ちよさがない。こんなもんなのか?という思いである。確かにバックラッシュは皆無だけどブレーキが効きすぎな感じだ。

 一通りボイル祭りも落ち着いたので普通の釣りに切り替えていくがちっともぱっとしない。30~30半ば位のがポロポロとベイトフィネスで釣れてくるだけだ。先週よりも更に深くなっているのか?

 日は完全に昇ってしまったが、ふと沖を見ると時折まだボイルしている。朝とは違い激しいボイルではなくついばむようなおとなしめのボイルが散発的に起こる。一応小さめのペンシルを投げると一発でヒット!気をよくしてまた次のボイルに投げるとこれまた一発ででる!こりゃ効率いいんじゃないの!?ってわけで何にもない湖のど真ん中で待機して、ボイルが起こったら急いでかつ静かに接近してトップを投げる戦法にでた。これが大当り!朝はボイルしているところに投げてもヒットする確立はものすごく低かったが今はほぼ半分以上の確立ででる!サイズは30半ば位が多いがこれはこれで楽しいぞ(#^.^#)ルアーはペンシルよりもポッパーのほうがノリが良かったようだ。
    
怒涛の連続バイト!とにかく効率がいい!釣れるボイルとダメなボイルの違いもなんとなくわかってきた。

 これは完全なフライパターンだ。沖の何もない表層で稚魚を食う、今時期のリザーバーではよく経験したがスモールでこれをやるのは初めて。ラージでやっていたときはかなりルアーに対してセレクティブだったが今回は結構何でも食ってくる。スモールだからなのか、今の条件だからなのかはわからないがとにかく魚を見つければイージーに釣ることができた。

 しかしここで大きな問題にでくわした。朝一は巻物系のリールに『SV 105スプール』を入れて使っていたが、トップ用にもう一台『SV 105スプール』を入れたリールを使っていたのだがこいつが全く飛距離がでない!明らかにスプールの回転が悪く、立ち上がりも悪ければ後半なんてカクンて感じで失速してしまう。まさに『SVスプール』(ストレスバリバリスプール笑)だ!とにかく青物釣りのごとくボイルを発見したらすぐさま船で近づき、キャスト圏内ギリギリのところでロングキャスト、これが一番魚に気づかれにくいし効率も良いのだがこのスプール全然飛ばんぞヽ(`Д´)ノ

 自分では楽勝に届くと思った所から投げても全然狙ったところまで届かないばかりか、全身を使ってフルキャストしているのでアキュラシーも悪く左右にずれてしまう。なんだこの○ンコスプールめ!と思い、思い当たる節を考えた。ベアリングの脱脂してないから?スプールの初期不良?俺の腕が極端に悪い?マグブレーキのメモリも最弱の0になってるのになぜ?そこでやけくそになりマグダイヤルを最強にして投げたら!???今迄より飛びますが…。…間違いない、以前マグブレーキを分解したことがあり、その時に組み込みを間違えてしまったようだ。前述のリールもそうだ。○ンコ野郎はオイラですた(爆)

 今まではマグダイヤルはほとんど真ん中位でしか使用しなかったし、スプール自体が重かったので慣性で回り続けてしまうのであまり気付かなかったが、この『SV 105スプール』は軽いが故にマグブレーキの効きも顕著にでるため発覚したのだf^^*)なもんでインプレはまた後日調整後にでも。

 その後散発ボイルもなくなってきたので今度こそ普通にやると、やはり4~6mラインで40前後の良型が釣れだした。連発はないもののポロポロ拾える感じだ。そしてまた9時半だが恒例のお昼寝。12時まで寝てますた。ここまで29本。
    
レンジを落とすといいサイズが釣れるんだが…

 午後はやはりミドルレンジ中心に探るも今ひとつぱっとせず。
    
 なんかもっと面白い釣り方ないかな… 

本日デビューの『ブラックレーベル 691LFB』に『レボ LTZ AE74-レーシング』をセットしたタックルでそれらしきポイントでラージ狙いのルアーを投入して釣れた位か。『ブラックレーベル 691LFB』はスモール釣りでもラージ釣りでも絶対外せない最高の武器になったし『レボ LTZ AE74-レーシング』も高い安定感でキャストできかなりいい感じだ!が、このあとキャストさせてもらった『T3 AIR』は別格に凄かった!現時点で間違いなくベイトフィネスリールとしては数歩先を行っている。

本日デビューの『ブラックレーベル 691LFB』。スモールにブラックレーベルのベイトフィネスロッドは本当にあう!LTZとの相性もGOOD!

    
今日はちょっとラージも狙ってみた。やっぱりいるべきところにはいる感じだった。


スモール大好き人間な僕でもさすがにこれだけスモール釣ってるとなぜかラージが恋しくなってしまう(笑)ほんと人間てわがままだなぁ(笑)  

 と、ここでまた珍事件勃発!あるポイントでスプリットショットリグを投げて探っていると、前方でボイル発見!なんで取り敢えず今持っていた竿をボートにそのまま置いてそばにあった虫系のワームを投入!しかし無反応。がっ、置き竿にしていたスプリットの竿がグングン引っ張られて当たってる!すぐさま今度は虫系のワームの竿をボートに放置しファイト開始。が、ランディングまでもう少しのところで後方から『チュポッ』という音が…。恐る恐る後ろを振り返ると嫌な予感は的中、水面に浮いた虫系ワームをスモールがくわえていった(笑)一本を股に挟み交互にリールを徐々に巻いていき、見事に同時に2本の魚をGET!まぁ正直こんな一人ダブルヒット結構何回もやったことがあったりして(´∀`*)

相当な時間水面に放置されたワームを食った(笑)

 ってか以前ファイト中に追いかけてきた他の魚にワーム落としてヒット!両手でファイト中に今度は何とボートべりから垂れ下がっていたルアーにまた別の魚が食いつき(爆)まさかの一人トリプルヒット!!したこともあるので2本同時ファイトなど写真を撮る余裕もある位だ(笑)

両手に竿とカメラを持って撮影(笑)

 そんな感じで適度に釣れつつ夕方を迎えるとまたもや沖でボイルが出始めた!当然ポッパーを投入でまたトップ祭り開催!だんだん僕的には難しくなってきたなと思いつつ、例の虫系で釣った1本以外全てベイトタックルで66本。もう少し楽しめそうかな(#^.^#)
  
 サイズはともかくやっぱりトップは楽しいね!


 こんな感じにフライの他、虫類もかなり捕食していた。

 そうそう、今日で一応僕の中での毎年の最低ノルマの500本をクリア。どんなに忙しくともこれだけはやろうと思いつつ20年以上達成してきたが今年も無事クリア!なんで今後の釣行はただ釣るだけではなく内容をしっかり充実したものにしていきたい。


本日 スモール:40up×7本・40cm以下×55本 total 62本
      ラージ:45up×1本・40up×3本 total 4本

2013年累計(釣行数 8回)
ラージ :55up×1本・45up×3本・40up×19本・40cm以下×70本  total 93本
スモール:45up×2本・40up×66本・40cm以下×345本  total 413本
合計 :55up×1本・45up×5本・40up×85本・40cm以下×415本  total 506本


タックル
1. TF64CUL + アルデバランR(R) + 7lb = プロップベイト
2. 641MLRB + スティーズL(B) + 8lb = トップ
3. ライトニングⅡ + アルデバランL(O) + 7lb = ソフトジャークベイト
4. ブリッツ + スティーズR(P)+ 10lb = 巻物
5. GWT63CL + アルデバランL(B) + 6lb = ダウンショット
6. 691LFB + LTZ + 6lb = ジグヘッド
7. 6101ULRB + アルデバランL(P) + 6lb = スプリットショット
スポンサーサイト
23:45 | スモール | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
アクティブ 『リストサポーター』 << Home >> KTF 『スプールベアリングリムーバー』
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.