2013/06/17 ABU 『レボ LTZ AE74-レーシング』
 ABU『レボ LTZ AE74-レーシング』、逝ってしまった…。自身初となるABUのベイトリールだ。

スペアスプール付きなのも大きな魅力の一つ!

 現在ベイトフィネス用にアルデバラン(アベイルマグ仕様)4台とメタニウムMG(アベイルマグ仕様)、PX68を2台所有している。が、なぜABU『レボ LTZ AE74-レーシング』を入手したのか?前述したリールは極軽量のルアーをピッチングで使うにはとても気に入っているが、ことキャスティングに関してはいささかバックラッシュが気になっていたのだ。

 そこで、そこまで極軽量ではない4~7g位のルアーをストレスなくフルキャストできるリールが欲しかったのだ。候補に挙がったのは『T3 AIR』と『レボ LTZ AE74-レーシング』だが、おそらく絶対的性能は『T3 AIR』が間違いなく上だろう。が、いかんせん高い…。というわけで『レボ LTZ AE74-レーシング』が第一候補にあがったのだ。

 買うにあたり他の方のブログのインプレなどを見ると、「とてもブレーキ幅が広く使いやすい」というものもあれば「ピーキーで使い物にならない」などという意見もある。どっちやねん…。というわけで釣具屋勤務時代の、イマカツ大好きなお客さんに連絡を取ると当然持っているらしい(笑)早速使い心地を聞いてみると…。
  
見た目は僕は大好き!インプレでよく黄色いラインがイマカツ丸出しで嫌だ等の書き込みが多いが、僕は全然気にならない。(笑)

 どうやら要約すると、その方も使用しているアルデバラン(アベイルマグ仕様)と比べると、LTZの方がマイルドでブレーキ幅も広いらしい。アベイル仕様が極軽量のルアーに向いたブレーキ設定で、ちょっとウェイトのあるルアーにはブレーキが弱くラインが浮き気味になりやすいのに対し、LTZはそこまで極軽量のルアーを投げるのでなければブレーキ設定をきちんとやればほとんどバックラッシュもなくとても使いやすいリールだという。KTFのリールなども使用され、経験値もとても高い方の意見なのでとても信頼性が高い。がっ、唯一熱烈なイマカツファンであるという部分が少し気にはなるが…(イマカツの肩持ってないすよねぇ笑)

心臓部のスプールは市販リールの中で最軽量!これだけでこのリールの可能性を感じさせる!

 というわけでABU『レボ LTZ AE74-レーシング』が新たな相棒になったわけだが、また近々インプレしてみたい。
スポンサーサイト
19:53 | ロッド・リール | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
デコイ  『ラウンドスナップ』 << Home >> 第14戦 雨なのに…
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.