2013/06/10 第12戦 モンスターな外道!?
2013年6月5日(水) 4:00~19:00 

天気:晴れ 気温:14~25℃ 水温:22℃ 風:0~2m 水位:3m減水 水色:クリア~スティン 潮:中潮
状況:アフター回復

 さて、2週間振りのスモールレイク。前回はネスト&アフター直後ながらシャローでのハードベイトゲームを満喫した。今回は当然アフター~回復メインの状態であることが予測され、いやがおうにも期待してしまう。戦略としてはもう強気のストロングスタイルでいけると思っていたが果たして…。

 朝は当然トップから!ボイルもごく単発ながらある。早速スウィッシャーで沖のボイル撃ちをするとドカン!と出るが乗らず。次の一投にも派手にでるがフッキングしない。その後バンク沿いを流しながらポッパーをキャストすると5回程出るもいずれもフッキングせず。

 さすがにストレスが溜まりプロップベイトへ。するとチェイスのみや甘噛みバイトが多くなかなか掛からず。う~ん、やっぱり今回は前回のようにはいかないぞ、ってなわけで早くもソフトジャークベイトに。これにはなかなかいい反応が返ってきてバイトも深くなんとかキャッチできた。

朝からプラグの反応が悪い。

鉄板のソフトジャークベイトも魚からの反応は少ない。

 その後も何本かキャッチできたものの、やっぱり今日は反応が悪いというよりもシャローに魚が圧倒的に少ない。ネストは皆無だしウロつく魚もごく少量、代わりにスモールのフライがわんさかいる!しかしそれを守る親は既におらず、それを捕食する個体もいない。間違いない、今日は少しレンジを落とさなければだめだ!

湖中スモールのフライだらけ!スポーンがうまくいったのかな。今後も楽しみ!

 というわけで不本意ながらスプリットショットリグをブレイク沿いに投げるとやっぱりの反応!いい感じで食ってくる。バイトもほとんどが飲み込んでしまうくらい深い。がっ、どこでも食ってくるわけではなく、いいポイントに入るとこんなにいるの!?って位連発する感じだ。
    
それ程活性が低いとは思えない。シャローにいる個体が少ないんだろう。 

 そんな感じで釣れ続け、昼には丁度50本になったのでランチ&お昼寝タイムへ。
    
釣れるには釣れたがなんかしっくりこない。後半は作戦変更だ!

 ハッ!?気がついたらもう15時半ですた。

 さて、後半戦は同じような戦略でいくが、やっぱりここは僕らしく!?ベイトオンリーでやることにした。今までもトライしてきたがあまりの効率の悪さに結局スピニングタックルでやってきたスプリットショットリグをベイトタックルでやろうというのだ(笑)そこにアドバンテージなんてものはないのは解りきっているが、自分へのハンデの意味合いも込めて決意した。

 早速実践してみるとベイトタックルでのスプリットショットリグはデメリットだらけだが、魚は相変わらずいる所では連発する感じで釣れてくる。
        
う~ん…やっぱりベイトタックルで2gのスプリットショットリグはめっちゃ投げ辛いぞ!(笑)だけど魚が掛かってからはベイトのほうが楽しいし楽だ!

 そして事件は起こった!バンク沿いのブレイク、水深3m前後のスタンプを探っているとき「グン!」というバイトがあり、しっかりとフッキング!…が動かない!?一瞬根掛かりかとも思ったが、スモールと違いそいつはゆっくりと水面に浮上し、跳ねるぞ!と心構えしていながら目撃したそのファーストジャンプは想像もしていなかったサイズのモンスターラージだ!!全長の大きさはもちろん口、頭、身の厚み、体高などそのどれもがうっとりとする程の美しさだった。が、その余韻に浸っている場合ではない。冷静に、丁寧に、かつ攻めるときは攻めるガチンコファイトの開始だ!

 まずはタックルを確認する。ロッドは610ULのベイトロッドゆえ、クッション性があるので無理をしなければバレないしラインブレイクもないだろう。リールは当然ベイトリールなのでドラグ機能はないものと考え、基本クラッチを切りっぱなしの指ドラグで対応し、チャンスがあれば速攻で巻き取る。ラインは6lbなので歯に当たっていれば簡単に切れてしまうのであまり強いテンションは掛けられないがまぁなんとかなる太さであろう。一番の問題はフック!スモール向きのスーパーファインフックですぐに伸びてしまうものだ!だからこのフックをかばいつつやり取りし、かつ立ち木がたくさん魚探にも映っているのであまり悠長にファイトもできないなんとも緊迫したやり取りになった。

 言ってもラージなんできっちりプレッシャーをかけてやり取りしていればすぐにバテて浮いてくるだろうと思っていたが、想像以上に粘ってなかなか諦めてくれない。がっ何度か鋭い突っ込みに肝を冷やしたがついに大口を開けて浮いてきた!そしてラストは『オーシャングリップ OG2100』でがっちり掴んでGET!!
  
ド~ン!!55cmのカッコいいラージ!パターンを練りに練って、最高のテクニックを駆使して狙い通りに獲った1本!!…ではないがやっぱり嬉しいね!(笑)

 完全にスモールマウスを狙っていて釣れてしまった55cmのラージ!!(笑)これって外道か!?(笑)まぁ、正直釣れちゃった感ありありなのでそれ程の感動はないもののやっぱりBIGフィッシュは人を幸せな気持ちにさせてくれるな!!

ブラックレーベル6101ULRBに6lbラインでのファイトは緊張感がありとても楽しかった!

 そんなことがありちょっと満足な気持ちもないわけではないが(笑)気持ちをリセットして更なる魚を求める!今まで4mライン位までのファーストブレイクをメインに狙ってきたが今度は4~8mラインを探ることに。するとあるエリアでワカサギの映るミドルレンジを探ると連続ヒット!今までの連続ヒットとはペースが全然違うぞ!これかと思い他のポイントでもワカサギのいるミドルレンジを集中して探ると面白いようにヒットが止まらないww。どの魚も釣り上げるとワカサギを吐き出していた。今まで俺は何をしていたんだ、季節はもうアーリーサマーパターンなのか!このパターンでだいぶ数が稼げた。

釣れる魚はどれもワカサギを飽食していた。

      
釣れる~釣れる~、イレ~グ~イ~♪(爆風スランプrunner風 笑)


GOODサイズのラージまできたよ!♪  

 さて、いよいよ期待していた夕マヅメだ!ハードルアーでガンガンだ!ガンガン…、ガンガン?…。……。チーン…。つ、釣れん…。雰囲気はいい感じだがさっぱりダメ。結構な時間を費やしたが結局ノー感じなのでまたミドルレンジを釣るとラッシュ!やっぱりこれなのか、ってことでなんとなく状況がわかったところでDAY1終了!

やっぱり最後はこんなので軽快に釣っていきたかった。

  
ま~た真っ暗になるまでやってるよ(笑)
 
本日 スモール:40up×18本・40cm以下×66本 total 84本
      ラージ:55up×1本・40up×1本 total 2本

2013年累計(釣行数 5回)
ラージ :55up×1本・45up×1本・40up×12本・40cm以下×70本  total 84本
スモール:45up×2本・40up×39本・40cm以下×172本  total 213本
合計 :55up×1本・45up×3本・40up×51本・40cm以下×242本  total 297本


タックル
1. TF64CUL + アルデバランR(R) + 7lb = プロップベイト
2. ライトニング�鵺 + アルデバランL(O) + 7lb = ソフトジャークベイト
3. 641MLRB + PX68R(O) + 8lb = タイニープラグ
4. ブリッツ + スティーズL(R)+ 8lb = ジャークベイト   
5. 6101ULRB + アルデバランL(P) + 6lb = スプリットショット  
6. 691ULFS + イグジスト + 4lb = キャロ
スポンサーサイト
01:13 | スモール | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
第13戦 新戦略!?ベイトフィネスでのスモールマウスバス << Home >> ステップワゴン車検
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.