2013/05/29 第10戦 桃源郷 虎狩り祭り!
2013年5月23日(木) スモールレイク 4:30~19:00 

天気:晴れ 気温:13~22℃ 水温:20℃ 風:1~4m 水位:2m減水 水色:クリア~スティン 潮:大潮
状況:ネスト~回復直後

 ここに訪れるのは今回で3度目。去年初夏に2回訪れたが、人生観を変える程のしびれる釣果で、遠い場所にも係わらず2週連続日帰りで行ってしまった。今回は少し余裕を持って2日連続の釣行だが、当然この時期に来るのは初めてだし少し時期的には早く、釣果も安定しないためリスクも大きいがどうしても今時期のこのフィールドの様子を見てみたかったので突撃となった。果たして…。

 事前に他の方々のブログを見るとどうやら渋いようだ。DSを使って数本とかで、二桁なんてみんな釣ってないみたいでホントか?という内容のものばかりだ。まさかここまで来てワームで二桁いかない釣果だったらどうしようなどと不安を抱えてスタートした。が、その不安も数投でふっ飛んだ!この時期だったらジャークベイトメインの組み立てでいけると踏んでいたが狙いどうりすぐにヒット!というか岸際ぎりぎりに投げたルアーにそのまま落ちパク状態で食ったのだ。サイズは35cm位のやつだがとりあえずホットした。

今年1発目のスモールマウスバス。やっぱり僕はラージよりもスモールが好き~!(笑)

 しかし想像していた状況とは少し違うか?自分的には2~4mラインのプリの魚をジャーキングで釣っていく予定であったが今の魚は完全にバンクに着いていた魚であり、おまけにアフター回復か?水温も20度あるし。次のヒットもやっぱり自分の思っていたよりも遥かに浅いレンジでのヒットだ。その後もコンスタントにヒットしていくがやはりアフターであると判断。よく目を凝らしてみるとそこかしこにネストがあり魚もロックしている。サイズはジャークベイトで釣れてくる35~38cmクラスよりも大きい40cmちょいの魚が多いようだ。試しにヘビダンを入れると簡単に食ってくる。こんなことから今の状況がネストロック~アフター回復直後であると確信し、今日の攻め方がなんとなく決まった!
  

ごめんよ…。数本ネストの魚を釣り状態の確認をした

 もし本当に釣果優先でいくならネストサイトだろう。がっ、別に偽善者ぶるつもりもカッコつけるわけでもないが極力それはやりたくない。正直以前はネストサイトが楽しみであえてその時期を狙って釣行したこともあった。ところがもう20年近く前の話になるが、ネストの魚を抜いたとたんに10数匹の他魚種がスモールの卵めがけていっせいに群がりあっという間に卵を食べつくしてしまった。ほんの一瞬の出来事であった。まさかと思いつつも、もう一度別の魚を釣るがまた同じことに…。今度はそれを逆手に取った釣りを展開するといとも簡単に釣れてしまった。そんな経験をしてからはもう楽しんでネストを狙うなんてことはできなくなってしまったし、いまだにトラウマのようにその光景が脳裏に焼きついて離れない。だからやらないのではなくできないのだ。ただしそのときの状況を把握するために数匹を釣ることがある。やっぱり釣り人である以上魚は釣りたいし、あえて書かないがスモールマウスバスの特性を良く知る人間ならばスポーニング時期に釣りをすること自体ネストを狙うのと同じ位影響を与えてしまうことなど当然知っているだろう。
  
狙ったわけではないがおそらくこれらもベッドの魚

 そんなわけでドアフターおよび回復直後であまり効果的とはいえないかもしれないがジャークベイトと表層I字形ベイトでの戦略を実践した。その結果9時位迄はジャークベイトオンリーでの釣りが成立した。サイズは35~42cm位がメインだが飽きることなく釣れ続けた。

本日唯一のラージは41cmと小振り

  
まさにジャークベイト祭り!ミスバイトも多いが効果は十分!

 しかしさすがにそれ以降はアタリの間隔があくようになったのでちょっと試しにワームを入れてみた。がっ、こりゃイカン!無限バイトになってしまう!(笑)サイズは30cm位のやつも交じるものの40cm前後の個体が多い。でもこれじゃあつまらん、やっぱりベイトタックル&ハードベイトでガチンコフィッシングがしたい。などと考えていたら知恵熱が出ていつもの気絶状態昼寝へ(笑)ってかこの10:30の段階でジャスト50本!
  
  
ライトリグはマジで使ってはいけない位のボコボコ状態

 また1時位迄爆睡して午後の部スタート!午後はさらに釣り方とサイズにこだわった釣りを展開していった。まず手始めに伝家の宝刀のソフトジャークベイトでシャローを狙うがこれが実にヤバイ!(笑)真っ黒な40UPがガンガン出てくる!ソフトベイトではあるが超派手カラーなのでトリッキーに逃げ惑う様や魚のチェイス&バイトが全て丸見え!くぅ~!たまらん!!僕の1番好きな釣りでこれまた炸裂!しかもどれも40前後と痺れる展開だ!
        
こんなにエキサイティングな釣りが他にあるだろうか?がっ、肝心のワームが既に廃盤&代替がきかないものだ!どないしょ~…

 おっといかん、いくら楽しくてもちゃんとハードベイトで釣らんとね!ってことで各I字系プラグを入れるとこれまたよく出てくるがバイトが浅くちゃんとフッキングしないものが多い。そこで同じルアーの色違いを使うと断然フッキング率があがった!こういう釣れる条件の時はいろいろ試せていいね!
  
以前ブログに書いた『ゴーストチャートの効果』についてを今回検証!(笑)よく釣れたけど今回はナチュラルカラーに分があったようだ。

今回はチャート系だとミスバイトが多かったのに対しナチュラル系はバイトが深かった!

 そして夕マヅメを迎える5時位から更にヒートアップ!プロップベイトをメインに釣りをしたがこれが大当たり!大袈裟じゃなくアタリのないキャストの方が少ない位の連続バイト!どうにもとまらねぇ~!!

  
プロップベイト数あれど、こいつに勝るものはなし!と思い込んでるこのルアー。けど高いし壊れやすいんだよなぁ~。

 こうなりゃなんでもありだ!いろんなルアー使っちゃぇ~!(笑)
  

この日ルアーに対する魚の反応は異常で、完全に魚は壊れていた。がさらに崩壊していたのは間違いなくワタクシです(笑)

 そんな感じの1日が終わり、カウンターを見ると驚愕の130本!もちろんライトリグを使えばこの3倍の釣果は確実だと思うがベイトタックル&ハードベイトでのスモールマウスバス、今日は実に楽しい1日となった!


今夜は車中泊。高校生の時からの野宿の友、シングルバーナーでのささやかな夕食

本日 スモール:45up×2本・40up×21本・40cm以下×106本 total 129本
      ラージ:40up×1本 total 1本

2013年累計
ラージ :45up×1本・40up×11本・40cm以下×70本  total 82本
スモール:45up×2本・40up×21本・40cm以下×106本  total 129本
  合計 :45up×3本・40up×32本・40cm以下×176本  total 211本


タックル
1. TF64CUL + アルデバランR(R) + 7lb = プロップベイト
2. ライトニングⅡ + アルデバランL(O) + 7lb = ソフトジャークベイト
3. 641MLRB + PX68R(O) + 8lb = タイニープラグ
4. ブリッツ + スティーズL(R)+ 8lb = ジャークベイト   
5. 6101ULRB + アルデバランL(P) + 6lb = ヘビダン  
6. 691ULFS + イグジスト + 4lb = キャロ
スポンサーサイト
18:31 | スモール | コメント:1 | トラックバック : 0 | page top
第11戦 まさかのエレキオンリー!?桧原湖 << Home >> MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー ブラック iH-100-S
Trackback
バス釣りの神様
今度釣り方を教えくださいm(__)m
2013/05/30 10:17 | URL | 中新田 #- | 編集







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.