FC2ブログ
2018/05/23 千鳥ルアーって・・・
 何度か書いていますが、tactbassは千鳥ルアーが大好きで仕方ありません。もちろん吉岡里帆はもっと大好きですが(//∇//)で、なんでそんなに好きなのかというと、以前も書きましたがtactbassのように根掛かりをビビってカバーやストラクチャーに絡めて引いてこれないようなチキンアングラーでも、ただ巻くだけでルアー自体が勝手に魚のスイッチを入れてくれるようなアクションをしてくれ、何かにルアーをコンタクトさせなくてもバイトチャンスを生み出してくれるからです。


tactbass的理想の千鳥クランクのウィーワート。何十年も前のルアーですが、未だにこれを超える千鳥ルアーはありません!(キッパリ!)

 ただでさえリアクション効果の高いハードベイトですが、千鳥系ルアーはさらにリアクションバイトで食わせることができるルアーだと思います。だからどれだけワームで丁寧に攻めても反応がない時に、千鳥系やワイドウォブル系のルアーを入れるとバカ当りしたことは何回もあります。ナチュラルなものに反応が弱い時に、食性以外で口を使わせることができるってことですね。


なんやかんや言ってもウィグルワートは偉大です!あの動きは他のルアーには絶対にだせません!

 あとは意外とピンスポットにも強いです。例えば岸から1m位までがヒットゾーンだとした時に、普通のルアーは真っ直ぐ帰ってくるだけですが、千鳥系ルアーなら左右にブレながら泳ぐために同じ1mを引くのでもちょっとじっくり探れるし、ボディーを振る回数も多いですよね。竿でちょっとジャークやトゥィッチをすればさらにネチネチと探れます。ただ狙い通りのラインを引きづらいとのことで千鳥系が好きではない人もいます。

 本当に優秀な千鳥ルアーのアクションて、どんなに人間が操作して出そうとしても無理だと思います。というか使っている本人ですら予測不能な泳ぎをするわけですから!(^.^)ジャークベイトのように竿を動かして出す動きとも違うばかりか、ラインで水を切るような音や振動をだすわけでもないので魚にも変にプレッシャーを与えづらいのも千鳥が釣れる要素なんじゃないかと思います。


USルアーに詳しい前田さんプロデュースのテッケルのドランカーには期待しましたが、やはりウィグルワートには到底およんでいないと思います。

 でも本当にいい千鳥ルアーってそれ程多くはないような気がしますね。今なおオールドのウィグルワート兄弟がもてはやされているわけで、それ以外に定番として使われ続けている千鳥系ルアーって何かありますかね?自分の中ではイマカツのスケブロ7なんかが1番釣っていて1番好きな千鳥クランクなんですが、これは明確な千鳥アクションをしているようには見えず、単にアクションがいいような気がしています(^_^;)


一応カバー千鳥クランクとされていますが千鳥は微妙!?でもやたら釣れるスケブロ7です!  

 あとは以前大量に購入してしまった千鳥クランク ランチシリーズですが、これが今季実戦でどれだけの効果があるのかは楽しみの一つです。でも正直パッと見のアクションはかなり微妙なんで、tactbass的にはやっちまった系ルアーのような香りがプンプンしています^^;でもスケブロ7のようにそんなルアーがバカ当りすることもあるわけで、なんとか活躍してくれることを切望している昨今です。だって1万円分以上買っちゃいましたから・・・(^_^;)


やべぇなぁ~・・・超高額なルアーなのに5個も一気に買っちまったぜ・・・マジで釣れなかったら切腹もんだな・・・(-_-;)
スポンサーサイト
07:57 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
魚ってライトで逃げますよね!? << Home >> シマノ ストラディックCI4+ C2500HGS 買ってみた
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.