2018/04/10 ラパラ フローティング ジョインテッド J7
 さて、先日入手したニルズマスターのジョインテッドミノーですが、これはラパラのFJに思いを馳せて購入したものですが、やっぱりラパラとの違いを比べてみたい・・・というわけでだいぶ前に手放してしまったラパラのフローティング ジョインテッド J7を再び手に入れたくなってしまったのでしたσ(^_^;


同じフィンランドのバルサ製ミノーですが、全然異なる特性です。でもどちらもいい感じ(#^.^#)

 ニルズマスターと違いラパラのルアーは玉数も多く、しかも値段もこなれているのが嬉しいところです(^o^)このJ7も送料込みで300円とか、バルサ製ルアーとは思えない価格に嬉しいやらちょっと寂しいような複雑な感じです^_^;


昔から見慣れたJ7ですが、また久し振りに使ってみたくなりました(^^♪

 カラーはクラシカルでザ・ラパラなブルーバックシルバーですが、この色はナチュラルにも見えるけど水色を問わず意外と見やすいカラーでもあるんですよね(^.^)このルアーのように動きを見ながら操作するルアーではかなり重要な要素ですね(^_^)ゞ

 
やっぱりジョイントルアーと言えばラパラですね!子供の頃初めてあの泳ぎを見たときはマジで感動したなぁ~(#^.^#)

 久し振りにJ7を泳がせてみるとさすがのラパラクオリティー、文句のない素敵なアクションです♪他のルアーでは動かないようなスローで引いても生命感あふれるウネウネアクションをし、高速で巻けばキビキビと泳ぐ様は全然現役ルアーです!(^o^)

 ニルズマスターのジョイントと比べるとやはりラパラの方がセンターに近いところで分割している分大きくウネウネと動き、ニルズマスターの方は不規則で小気味良い泳ぎが魅力ですね(^o^)トップ~サブサーフェースをただ巻きでサーチするもよし、トゥイッチやストップ&ゴーで狭いスポットをネチネチやるもよし、絶対に釣れる漁具ですね(≧▽≦)

 
全然浮き姿勢が違いますねwwラパラは表層で大きくウネウネ、ニルズはサブサーフェイスを不規則にナチュラルに泳ぎます(^^♪

 確かにロングキャスト性では今時のルアーには劣るけど、食わせの能力は絶対に今でもラパラの方が優れていると思ってしまいますね(^.^)それに今はロッド・リールとも優れ、ラインも細糸PEを使えばそれ程ストレスなく使えると思うんですよね(^.^)

 というわけで、別に懐古主義というわけではなく、もっと釣りたい!という思いから今年は真剣にJ7を使ってみますよ!
スポンサーサイト
00:04 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
レジットデザイン ワイルドサイド WSS-ST63ML Solid Tip Model << Home >> 16リトルゲーターマウントのドアノブキット
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.