2018/03/21 フロートボート用のエレキ変更
 現状フロートボートにはモーターガイドFW46-27″を使っています。こいつはフロートボートで使うには十分なパワーがあるし軽くていいんですが、5段階変速のものなので燃費が悪いのが玉に瑕です。微調整が効かなかったりスピードダイヤルが足で変えにくいのもあります。

 
自分の行くフィールドだと、燃費の悪い5段階変速のものはバッテリーの残量が気になって仕方ありません(^^;

 そこで無段階のFW54V-22″を使ってみることにしました。これなら上述した問題をクリアできるだけでなく、22″と激ショートシャフトなのも魅力です( ^^)ただちょっと重くなってしまうので、もしフロントヘビーが気になるようならまたFW46-27″に戻しますが^_^;(TR82Vだとフロントから水がダボダボ入ってきます(||゜Д゜))


水が入ってこなきゃTR82でもいいんですが、これじゃ82lbのパワーも宝の持ち腐れですね(^^;

 ただ問題があって、FW46-27″でもそうなのですが、モーターを水面直下まで上げてセッティングするとモーターが船に当たってしまいます。なのでFW46-27″はモーターを船底よりも下げて使っているのですが、FW54V-22″だとシャフトが短いので船底よりも下に下ろすことができません。

 
こんな感じでモーターを上にあげると船体に当たってしまいます(-_-;)これはバウデッキを前方に延長して、マウントを前にせり出すしかないですね。

 というわけで今までは我慢して使っていたけど、バウデッキの前方をもっと長いものに作り変えてマウントを前にせり出せるようにしないといけないんですよね。まぁ、バウデッキを作り直しておけば、もしやっぱりFW46-27″を使うことになった場合驚愕の18″シャフトとかにするのもネタ的には面白いんですけどね(^.^)
スポンサーサイト
01:09 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
フロートボート用バウデッキ Ver.3 << Home >> ロングPとロングTの徹底比較!? その2
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.