2018/02/14 ロングPとロングTの違いって・・・
 さて、先日話題のロングPを模倣して作製したロングTですが、前回述べたようにどんなにグランパさんオリジナルのパーツを使ってそっくりに作ってもロングPには成り得ないわけですが、今回はその理由について触れてみたいと思います。


う~ん・・・見た目はほぼロングPそのものに仕上がったロングTですが、肝心なところが違うわけで全くの別物と言えるでしょう^_^;

 まずは今回tactbassが使用したベースのロングA B15Aがそもそもオールドヒートン物ではなく現行品であること(笑)詳しいことはわかりませんが、確かオールド物と現行物では大きさやシェイプ、浮力なんかが違ったと思います。そうなると当然浮き姿勢も異なってくると思います。


そもそもが現行品のエイト環モデルなわけで、根本から違っているわけです^_^;

 でもここら辺はパーツやオモリで浮力や浮き姿勢の調整はできそうです。もともとゆっくりとしたただ巻きで使うダブルスイッシャーなのでボディー自体の動きは関係ないわけで、ロングPに合わせてちゃんと適正にペラが動く姿勢と浮力が再現できれば問題ないように思われます。

 で、問題なのは心臓部であるペラ、これがロングPとは違うんですねぇ~^_^;形と大きさはロングPと同じと思われるグランパさんオリジナルのP-PERAを使っているんですが、ロングPのペラが0.6mm厚なのに対し今回使用したGP-LP001は0.4mmと少し薄いんですよね。


このペラさえあればロングPがお安く再現できる!と思いましたが、店長さんにあっけなく別物ですよ( ̄∇ ̄)と言われますた・・・(ToT)

 他にもGP-LP004というペラもあるんですが、これは0.8mm厚なんでロングPのペラはその中間の厚さなんです。そりゃ1番のキモとなるペラなんてほとんどのメーカーも発売してないですからねぇ^_^;だからどんなに見た目がそっくりでも、浮力を調整しても絶対にロングTはロングPには成り得ないんです(-_-;)

 でも、じゃあロングTは釣れないのかと言われればそんなことは決してないだろうし、状況によってはロングPに釣り勝てるなんてこともあるんじゃないかと思っております。ロングPはグランパの店長さんが10年以上かけて作り上げてきた、間違いなくよく釣れるルアーだと思うんです。


これがウワサのロングP!一見何てことなさそうなスイッシャーですが、やたら釣れると評判です!

 浮力・浮き姿勢・ペラ・ウエイト調整等々、様々な組み合わせを試してきて最も理想に近いものを形にしているわけですからね。でも、tactbassはベターなルアーはあってもベストなルアーはないと思っています。

 魚の状態により0.4mm厚のハイピッチで早く軽く回転するスイッシュ音に反応がいい時もあれば、逆に0.8mm厚の重々しく金属の擦れる音を発生させながらのサウンドに強く反応する時だってあると思うんですよ。

 で、ロングPはいつでもどこでも無難に安定してよく釣れるルアーなんじゃないかなと推測するわけです。だから手に入らない0.6mmペラを羨むよりも、その状況に合ったペラのルアーを選択したり、それぞれのペラの特性が生きるようなルアーの調整をすることが大事なんじゃないかなと思うのです。


やっぱりスイッシャーの命はペラ!だけど薄いペラはすぐ壊れるから本当は各メーカーさんにアフター対応して貰いたいですよね(;´Д`)

 まぁ、本音は0.6mmペラが欲しい負け惜しみですが^_^;(爆)でももっとぶっちゃけて言えばそもそも論として、本当に魚ってそこまである一定の音や波動、振動にしか反応しないなんてことがどれだけあるの!?って感じで、まぁ大体それらしきものが目の前に来れば食う奴は食うし食わない奴は食わないんじゃないの!?

 な~んてことを言ったらロマンもへったくれもないし、ルアー開発してる人に怒られそうですが、tactbassの釣りなんていつも大体そんな程度の釣りなんですけどね^_^;とは言ってもこのプロップベイトは別格に釣れる!なんてルアーもあるのでやっぱりプロペラルアーは奥が深いですね(^.^)

 ちなみに地味な方はリアのヒートンにチューニングシンカーを巻いて浮力を殺して比較的にナチュラルに、派手なラトル入りのやつはそのままなのでスイッシャーらしいシャラシャラ音がやや大きめです。状況によって使い分けするか、もしどちらかに反応がいいようならそちらに仕様変更ですね(^.^)

  
モノホンがどんなバランスかわらないので、とりあえずいろいろ試してみます(^.^)

スポンサーサイト
00:03 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
バルサプラグ爆買い!? << Home >> 2018エリート開幕戦 大森貴洋プロ優勝!
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.