2018/02/06 ラッキークラフト クラッチ DR(ボーンモデル)
 先日、ジャングルスピンを買うにあたりIさんに釣具屋に連れて行ってもらいました。知人がいるらしいのですがその店に行くのはIさん自身も初めてとのことで1時間近くもかけて連れて行ってもらい、感謝感謝なのです(^'^)

 で、今の時代では珍しいかなり規模の大きいお店でして、普段ほとんど釣具屋に行けないtactbassは貪るように商品を眺めていました。でもホント浦島太郎状態で知らないルアーばかりです。以前は仕事だったので知らない釣具なんてあまりなかったんですが^_^;

 で、そのうちlさんが、『コレ、絶対買った方がいいすよ!』とか言って無理やり人のカゴにルアーをねじ込んできます。(;゚д゚)ここに来る前に中古の400円のメタルバイブ買うのに数十分悩んだくらい低所得者のtactbassにとっては新品のルアー買うなんて1時間は悩まないと決断できないんですけどね^_^;まぁ、Iさんに3500円分のクーポン券も貰ったことだしそれで購入することにしましたが(T^T)

 で、そのルアーがラッキークラフトのクラッチXDだったのです。なんでもこいつはこんなに小粒なのにちゃんと潜り、真っ直ぐに泳いで帰ってくるので狙ったトレースラインを外さずとても使いやすく、H-1の大会でも何度もウィニングルアーにもなっており、さらには某超大人気バスプロ&ルアーメーカー社長であるT・ナ〇キ氏も自腹で買って使ってるとかなんとか!?(;゚д゚)

 
あらためてラッキークラフトのルアーを見てみると、本当にハイクオリティー&適正価格で実戦で使うには素晴らしいルアーが多いですね(^o^)

 で、天邪鬼なtactbassは勧められたXDではなく、絶対このクランクはこれだろ!と感じたDRの、それもボーン素材のものを購入しました。が、買って帰ってからクラッチについていろいろ調べてみると、やっぱりDRの評価が圧倒的に高いようです。Iさんお勧めのSRやXDなんてほとんど話題にもなっていません^_^;

 
クラッチもいろいろなバリエーションがありますが、tactbass的にはこのDRがビビッときました!(^o^)

 さらにMRはIさんの言う通り直進性が高いようですが、DRは小さなウィグルワートのように千鳥ると表現されており、まさにチドラーtactbassの大好物ルアーっぽいです。これらのことは利根川オヤジこと鈴木美津男氏が言っているので信頼性があります(^o^)対してさすがはテキトー男のIさん、これからも騙されないように注意が必要です!( ̄。 ̄;)

 というわけで久し振りに手にしたラッキークラフト製のルアーですが、タイニークランク大好き&千鳥ルアーには目のないtactbassですから、きっとこのクラッチも今年活躍してくれることでしょう(^_^)ゞ


昔はメガバス・エバグリーン・ラッキークラフトが3大入手困難メーカーでしたが、今やどこも普通に手に入る定番メーカーに落ち着きましたね(^.^)






スポンサーサイト
00:26 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
パワーフィネス用のリールを準備! << Home >> THマリン G フォースハンドル 取り付け!
Trackback







スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.