2017/06/25 スミス ビバーチェ
 激しく久し振りにスピナーベイトを入手しました。というか最近とんとスピナーベイト使ってないなぁ^_^;今回入手したのはスミスのビバーチェというコンパクトなスピナーベイトですが、自分の行くようなリザーバーや、スモールマウスバスに対して他のスピナーベイトにはない特性が気になったからです。で、実は通販で注文したのですが、メーカー在庫が切れており今年は入手できないとのことでしたが、なんとIさんが個人的に所有しているものを戴いてしまいました・・・いつも申し訳ありません、ありがとうございますm(__)m

 
重さは7gと9g、それぞれにシングルウィローとタンデムウィローがあります。毎年の生産数もそれ程多くないみたいなので見かけたら買いですね!価格もお手頃価格なので複数個いっちゃってください!ww

 こいつの特徴を一言で言うと小さいことですが、一口サイズだから釣れる、というよりはコンパクトサイズならではの特性があると思います。具体的にいうと、パーツがまとまって凝縮されているので空気抵抗が少なく飛ぶ。ヘッドが球型で重心が一点に集中しているのですっと沈み巻いても浮き上がりにくく、小さいブレードと相まって狙ったレンジをキープしやすい。小さいものがスピーディーに動くので見切られにくい、などなどでしょうか。

 
特徴的なヘッドとブレード。多くのスピナーベイトが浮き上がりやすいのに対し、ビバーチェはより低いレンジをスピーディーに探れます!

 自分的使いどころとしては立木の生える2~3mラインをただ巻きでスピーディーに探りたい、岩盤や縦ストを早めのカーブロールで使いたいなどですが、本音をいうと対スモールマウスバスでの活躍を期待しています。コンパクト、飛距離、浮き上がりにくいなどの特性はまさにスモールキラーとなりそうです!


想像していたよりもはるかにコンパクトでした^_^;これは正直、ズルイルアーですよ!ww

 製作者の方から外国産のとあるスピナーベイトをベースに作られたと教えてもらいましたが、確かに知る人ぞ知る釣れ釣れスピナーベイトでした。果たしてそのスピナーベイトを超えるものなのか!?早く巻き巻きしてみたいですね♪

 
ワイヤーもシングルウィローはストレート、タンデムはクランクされておりこだわりがうかがえます。自分の行くフィールドではSWが合いそうです!


先日ちょっと使ったらゴッツイのが釣れました!雷魚でしたが(^^;
スポンサーサイト
07:05 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/24 スミス ペブルSR
 もう廃盤になっているスミスのシャロークランク、ペブルSRのパッケージ入りの新品を2つも戴きました!(≧▽≦)発売当時も使ったことがありませんでしたが、非常に良く釣れるクランクとして未だに愛用されている方も多く、再販を望む声も多く血眼になって探しているトッププロもいるのだとか。そんな貴重なルアーを開発者でもあるIさんにプレゼントしていただきました!ありがとうございます!m(_ _)m

 
結構レア度の高いペブル。低価格でよく釣れるクランクとして人気を博しましたが現在は入手は難しいでしょう。

 で、実際に使ってみると大きさも大きすぎず小さすぎずでキャスト性、操作性もなかなかよろしくとても扱いやすいルアーに感じました。動きはウォブリング主体でボディーを大きく振って泳ぐ感じです。ただウィグルワートのようにハイピッチかつ不安定にフラつきながら泳ぐという感じではなく、強く水を動かしながら一回一回確実に振って泳ぐような優等生クランクに思えました。ボディーシェイプやリップ形状、変に千鳥らないアクションと相まって根掛かりも少ないクランクだと思います。個人的には結構デカバスにも効きそうなクランクに感じられました。まだ釣ってないけど^_^;

  
何てことないクランクに見えますが、いろいろな釣れる要素が詰め込まれている!ようですww使い込んだらまたインプレしますね(^^ゞ

 確かにこれは廃盤が惜しまれる声が多いのもうなずけますね。時代が時代だけにルアー自体が売れる数が減っているだけではなく、一個あたりに掛かる生産コスト等もとても上がっているようでなかなかプラグを作るのも大変なようです。大してテストもせず釣れもしない新製品を次々と出しているメーカーもありますが、やっぱり実力のあるこれらのルアーが廃盤になっていくのは寂しい限りですね。


おそらく少なからず意識はしてるであろうファッツオー。て、ファッツオーも古いけど、ぺブルも発売から15年程前のルアーになるんですね!Σ(・□・;)
06:48 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/23 AGEPOCH 8ブレード PEライン 300M インプレ
 先日購入し、ナマズ釣りに使用していた『AGEPOCH 8ブレード PEライン 300M』ですが、これはいいですね!全くもって自分ごときの釣り人には十分でした!これまではバリバスの『ナマズ プレミアムPE』を使ってきましたがやっぱりライントラブル等で消耗することも多く、できればもう少し安ければなぁとは思っていました。

 そこで一応お試しで300m巻きで1500円程度とナマズ プレミアムPEの1/3以下の価格のAGEPOCH 8ブレード PEライン 300Mを使ってみたわけですがライントラブル、飛距離、ノイズ、扱いやすい硬さ、滑り等々全然不満がなく、ラインブレイクも1度もありません。


正直ショボければ下巻き用に使えばいいや位に全然期待していなかった激安ラインでしたが、今後はこのラインで十分と思えるものでした!

 安くとも8ブレードが効いているのか使っていてストレスがありません。以前4ブレードのものを使った時には釣りをしている最中も結構ラインが気になることがありましたがこれはそんなことがありません。またどんなにラインが安くたって、切れやすいものであればプラグ1つなくせば2000~2500円位の損失になるわけで、全然高くついてしまいますがその点も特別問題はなさそうです。

 というわけで今後はずっとこのラインを使っていくことになりそうです。ナマズ プレミアムPEはライントラブルやケバ立ちによりカットすることも多く、結構消耗しましたがこれにしてからは1度も巻き替えたことがないので自分の場合300mもあれば数シーズン使えるかもしれませんね(^.^)まぁ細糸は厳しいと思いますが、それ程細くないものであればバス釣りへの導入も考えています。


想定以上の使いやすさでした!ナマズ釣りで使うには全くもって十分ですね。しかも長持ちしそうだしね(^.^)
00:07 | ライン・フック・シンカー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/22 2017年 第5戦 俺のが太いぜぇ~!?
2017年6月20日(火) 霞水系 4:00~12:00、15:00~19:00

天気:晴れ 気温:17~27℃ 水温:23℃ 風:2~5m 水位:雨により若干増水? 水色:マッディー 潮:若潮 状況:??????

 今は6月、スモールマウスバス最盛期にも関わらず大人の事情でスモール釣行できないのです・・・本当なら5~7月はラージなんて釣ってる暇ないはずなんですが・・・(~_~;)というわけで今回も霞水系でのラージ釣りです。しかも一緒に行くと絶対に釣れないIさんと一緒なので、釣り自体はとても楽しいんですが今回も釣果は期待できそうにありません^_^;Iさんはもう50近いオサーンなのに、30半ばの美人な奥さんがいます(-_-#)というわけで今回も絶対に釣らせるわけにはいかないのです!(^_-)

 さらに先月2人目の娘さんが生まれたのでその面倒をみるとのことで午前中のみの釣りになります。そこら辺は偉いですね(それが普通!?ってか釣りに行ってる段階でアウト!?ww)、自分なんて二人の子供が生まれた日ですら釣りに行っていたり、嫁が里帰りしていることをいいことに釣行していたなんて口が裂けても家族には言えませんil||li (OдO`) il||li

フィールドは短時間でも結果が見込める何度か行ってる霞水系の川にしました。どう考えてもこの時期に釣れないなんてことはない安パイなところですが、同行者がIさんなので油断は禁物です。週間予報でも曇り予報でどう考えても爆釣の予感しかしません♪・・・がっ、予報すらも覆すIさん!?一日ドピーカンの夏日に(>_< )これはシンドイ釣りになりそうです( ̄。 ̄;)


う~ん、素晴らしい日の出です!って本当はデコって魚の写真が撮れなかった時の保険に撮影しますたww

 朝のゴールデンタイムからスタートするも、なんと1時間近くノーバイト(||゜Д゜)去年の今頃70本近く釣れ、過去にも30本を下回ったのはIさんと行った時だけという程の釣れ釣れフィールドにもかかわらずです(汗)日も高く昇った頃にようやくのファーストフィッシュですが本当に渋いです。

 
このフィールドで最強のベビーファットイカをもってしてこのスローペース・・・相変わらず魚小さいし(~_~;)

 流石にこれはヤバイということで今まで使っていたベビーファットイカからテンタクローラーのダウンショットリグに変更しました。するとやっとポロポロと釣れだしました!今時期はテナガエビの最盛期なのでそれがはまったのかもしれません。事実釣れたバスの口の奥からテナガエビのヒゲや腕が見えているバスも数匹釣れましたからね。

   
サイズは相変わらずですが、とりあえず有効な釣り方が見えてきて一安心です!

 全然爆釣という感じではないものの釣れることがわかったのでクランクやスピナーベイトなども試しますが、クランクで2本釣れたもののやはりスローな釣りの方がマッチしている感じはしました。

 
いろいろなルアーを試しましたが今回はワイドウォブルのものよりもハイピッチで小刻みな動きのものが良好でした。

 エリアもザックリながら見て回りましたが、やはり当初に目星を付けた水通しのいいエリアの縦ストラクチャーが良さげに思えました。そしてテンタクローラーのDSをストラクチャーから少し離れたところまでズル引いていると、グ~ッとラインが走ります!合わせを入れると今までの魚とは違う重々しいファイトで楽しませてくれます♪そしてここでは貴重な41cmのグッドコンディションのバスを釣ることができました!

  
期待していなかった40upが釣れてちょっとビックリです!ww

 天気がピーカンなので時間の経過と共に厳しくなると思いきや、逆に活性が上がったのか、それともわかりやすいカバーに付き始めたからなのか、意外にもクソ暑い中いいエリアに入るとポロポロとヒットが続きます。

    
サイズはまぁ、あれですが・・・テンタクローラーのDSが活躍してくれました!

 そしていろいろと回り再び先程40upが釣れたポイントに戻ってきて同じスポットにキャストするとまたもや重々しいバイト!フッキングも決まりファイトを開始すると、ベイトフィネスタックルなのもあり50近くの魚に感じました。チラッと見えた魚体もぶっとくてデカそうです!慎重なやり取りの末ネットに収まったのはスーパーグッドコンディションなバスでした!て、メジャーに当てると44㎝しかありません。もっとデカいと思っちゃいました^^;

  
霞の魚ならではの格好いいプロポーションにご満悦です♪こんなのが何本も釣れたら最高なんだけどなぁ~(^^ゞ

 その後Iさんもこのポイントで良型を追加しましたが、あっという間にお昼になりもう戻る時間となってしまいました。またしても釣果的には微妙な結果となってしまいましたが、今回も楽しい釣りができましたしIさんもポロポロと釣っていたので何よりです(^_^)というわけでここでは2本の40UPを含む15本を釣りスロープへと戻りました。


毎度の貧果で吸いませんねぇ~!wwへぼガイドでやんす(;^_^A

 で、Iさんはそのまま帰宅しましたが、時間はまだ昼過ぎ。何となくパターンも見えていたしそのままここで釣りを続けた方が無難に思われましたが、やっぱり本湖のスーパービッグフィッシュを求めて釣り場の変更を決意しました。動かないで後悔するよりもチャレンジして失敗する方がすっきりしますからね。というわけで移動です!

 そして次のポイントに到着しましたが、昨日から一睡もしていないのでまずは昼寝です(笑)で、相変わらずの寝過ごしで結構な時間をロスしてしまい3時前に再スタートです!ここには何度か来ていますがまだ全然理解できていないし時間も短いので、効率よく本当に釣れそうだと感じる所をランガンで回っていきます。それにしても広大だし、どこも似たような風景であり絞り込んで釣っていくのはとても難しいです(;´Д`)


釣り場が広ければ広い程バス釣りは面白いと思います。魚を探し出すというバス釣り本来の魅力があるからです。でも、湖の大きさに比例して難易度も上がるんですけどね(^_^;)

 当然ピンスポットや沖のストラクチャーなんて知らないので目に見える所をメインに釣っていきますがやはりそう甘くはありません。本当にそのエリアに魚がいるのかどうか疑心暗鬼でどうしても自信を持って攻めることができません。丁寧に釣れば狭い範囲しか探れないし、ザックリとやればそこにいたとしても食わせられないかもしれないし・・・という葛藤が続きます。

 そんななか覚悟を決めて、船を走らせながら魚探で少しでも水深のあるハードボトムを探し、そこに生えるアシをBFシュリンプ3.4"の5gフリーリグで撃っていきます。すると大きくはありませんが連発でヒット!魚を探して釣ったと思える会心の魚たちです!

 
エビを意識してふわりとノーシンカー状態で落としたかったので新たにフリーリグを試してみました。BFシュリンプ3.4"は対応リグの広さも魅力です。

 一流ししましたが、まだいそうな感じがしたので再度テンタクローラーのDSで丁寧に探り直すとさらに2本追加することができました!やっぱり今回はテナガエビを意識したテンタクローラーがピンポンな気がしました。DSでゆっくりと動かすと6本のピンテールがエビの触覚や手足に見えているんじゃないかと思います。

 
スローな釣りにはなりますが、やっぱりテンタクローラーの食わせの能力には目を見張るものがあります。


 そして所々あるブッシュでは、キッチリとワームをボトムまで届けるためにBFシュリンプ3.4"の10gジカリグでカバーを貫通させます。とにかくワームが魚のいる所まで届けられなければお話になりませんが、BFシュリンプ3.4"の10gジカリグならスルスルとカバーを躱しながら魚の元まで到達してくれます。

 
今までの時期は食わせの要素を重視してビフテキリグ等をメインに使っていましたが、これからの時期はカバー貫通能力、リアクション効果が期待できる重めのジカリグが有効になってきます

 そしてドラマは突如訪れました。チョコレート護岸をビバーチェで手早くチェックしていると、もう少しでロッドティップまで戻ってくるというタイミングで巨大な魚が急浮上してきて、大口を開けてビバーチェを丸飲みにしました!(◎_◎;)一瞬何が起こったか理解できませんでしたが、スローモーションのように脳裏に焼き付いたその場面を再生すると巨大な雷魚であることを悟りました。

 しかし意外にもそれ程苦労することなくナナマルスッポリネットに収まりましたが、ネットを持ち上げようとすると凄い力で大暴れして水に戻ってしまいました(;゚Д゚)再度のファイトでしっかりとネットインしたそいつは極太でメチャ重い73㎝の迫力満点の雷魚でした!正直物凄い力で暴れる巨体は恐ぇ~!!(・。・;新品のビバーチェが死亡しなかったのは幸いでした(^^;

  
極太で貫録十分な雷魚でした!まっ、俺のマグナム砲程じゃないけどな! とかお約束の下ネタを一応言っておきますww

 しかしその後は夕マズメのゴールデンタイムにもかかわらず、雷魚様の祟りか2時間ノーバイトで終了となりました( ̄▽ ̄;)結果から言えば、移動せずに最初の場所で粘っていたほうが数もサイズも釣果的には上回っていたと思います。でもやっぱり移動してよかったなと思います。思い感じたことを行動に移せること、これがバス釣りで最も大切なことだと思いますから!

本日 ラージ:40up×2本・40cm以下×18本 total 20本
     
2017年累計(釣行数 5回)
ラージ :50up×1本・45up×2本・40up×16本・40cm以下×145本  total 164本
スモール:50up×0本・45up×0本・40up×0本・40cm以下×4本  total 4本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×2本・40up×16本・40cm以下×149本  total 168本

03:00 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/21 ストーム スティーリーワート
 本日のお仲間は、ストーム好きの自分のために知人がわざわざ買ってきてくれたストームのウィーワートです。でも戴く時に、これってフックが純正のものから変えてあるかもしれませんよ?と言って渡されたウィーワートを見ると確かに純正のフックではありません。


小さなボディーにデカすぎなフック!釣り初心者がバランスを考えず付けたのか!?(笑)

 まぁ、でもどうせ全てのオールドルアーはフックをビンビンな今時の針に変えてしまうので全然問題ないわけですが、ちょっと気になるところがありリップの裏を見てみるとやっぱり!ウィーワートと思っていましたが実はこれはサーモンやスチールヘッドを釣るための、スティーリーワートというルアーでした(;゚д゚)

見にくいですが、リップ裏にSTEELIEと印字されています!

 スティーリーとはもちろんスチールヘッドのことであり、地域によってはウィグルワートやウィーワートはそれらデカサーモン用として使われることが多く、バスも釣れる的なとらわれ方をしているそうです。なので付いていたデカイフックは変えられたものではなく純正のものだったんですね。でもこの小さなルアーがこんだけ大きなフックを背負っても大きく動くことには驚きです!(゜Д゜)


さすがはウィーワート!こんなにデカいフックでもあのアクションが健在ってことなんでしょう(・。・;

 でも子供の時にスティーリーワートなんて聞いたことがなく、最近ストームルアーを再び集め始めるようになってから知りました。当時は日本に輸入されていなかったんですかねぇ???で、ウィーワートとの違いは・・・よく分かりません!^_^;フックとリップの印字、カラーリングが違うだけであとはまるっきり一緒!という声が多いので多分そうなんじゃないかと思いますが(^.^)


ウィーワートのクロームブラックバックは口元の赤は塗られていなかったと思いますが、スティーリーワートならではのカラーリングでしょうか?フックは当然バス向き用に交換ですww
07:29 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/20 本日のお仲間 ストーム ホッテントット(クロームブルーバック)
 これこれ、これを探してたんですよ!なルアーがやっと入手できました♪ストームルアーで1番好きなカラーのクロームブルーバックのホッテントット!この色はクリアな水域はもちろんマッディーな所でも意外と目立ちよく釣れる色なのです!ホッテントットはノンラトルですが、ラトル入りのルアーでは音も甲高く、浮力も強くレスポンスも良さげに感じます。とある人はクローム系カラーが1番塗装が薄いとか何とか言ってました。


別にレアカラーでも人気カラーでもありませんが、自分的釣れる色なのです!

 実はこれもずっと探していたアイテムだったのですがなかなか価格的に納得のいくものがなくてヤキモキしていましたが、知人が意外な場所で探して買ってきてくれたものなのです(≧▽≦)なかなかの美品ですが450円という安さ!これなら多少は実戦での使用もプレッシャーは少な目ですね。2000円以上するルアーでは思い切った攻めなんて出来ませんからね^_^;とりあえずはこれでホッテントットも欲しいカラーが揃ったのでコンプリートと致します(^_^)ゞ

 
ブルーバックチャートしかり、ブルーって意外と目立つんですよね!
00:01 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/19 本日のお仲間 ストーム ウィーワート(クローフィッシュ系)
 本日のお仲間は、最も愛すべきクランクベイトのウィーワートです。なんとこのウィーワート、パッケージ入りの新品なのです(;゚д゚)まさかこんなのが入手できるとは・・・さらには最も人気で高価なザリガニ系カラーなのでテンションはマックスです!

 
うぉ~っ!数十年以上前のルアーがまだパッケージ入りで販売されていたとは!

 実は同じものを先日ヤフオクで落札しましたが、中古のパッケージなしで2500円程度でした。それでも正直よくこの値段で手に入ったなと思えた位なので、パッケージ入りの新品(多分)って一体いくらだよ!?ハイ、11000円ですた・・・il||li (OдO`) il||liな~んて金額出せるわけもなく、桁が違うよ桁が!な1100円ですた!?(;゚д゚)本来なら手が出るはずもない位高価なはずがなぜこんなに安いのか!?そしてパッケージから出すとさらなる衝撃が!!

 
人気のウィーワートのクローフィッシュカラーがパッケージ入りにもかかわらず信じられない価格でしたが???

 こっ、これは・・・デデンデンデン、デデンデンデンでお馴染みスーパーレア度の高いターミネーターザリガニカラーじゃないですか!?(笑)そう、なぜかパッケージは無事なのに、本体左側がターミネーターのように何かによって焼けただれているような状態でした。だから安かったんですね^_^;


何が原因でこんな状態になったんでしょ??素人目には新品に見えますが何か薬品のようなものにでも反応したのでしょうか?ワームバーンではなさそうですが・・

 実はこれ、自分がストームルアーの収集癖があるのを知って知人が某ショップで買ってきてくれたものなのです。もちろん受け取る前に画像で確認していたので納得済みなわけですが、なぜこのような状態で売られていたのかは謎です。もちろん実戦で使用するには全く問題ないので喜んで譲って頂きました!さてさて、バス達を震えあがらせるタミちゃん振りを発揮してくれるんでしょうか?(^.^)
01:53 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/18 デプス ロッドチューブカバー ワイドモデル
 基本、自身のナニにはカバーを被せない主義ですが、可愛いロッドには被せてやることにしました。とことん過保護なtactbassです(//∇//)


なんかとても評判がいいロッドソックス。今までも友人達に勧められていたのですがついに自分もデビューです(^.^)

 今までもロッドソックスと呼ばれるロッド1本1本に被せるロッドカバーの存在は知っていましたが、わざわざ購入する程ではないと思っていました。1本1本カバーするなんて面倒くさ!邪魔だし( ̄。 ̄;)と思っていました。


まぁ、全然デプスが好きなわけではありませんが、海外モノが売り切れていたのでたまたまです。価格もほとんど同じだし。

 でも複数本入れられることを知り急に魅力を感じ始めてしまいました。持っていきはしたものの、使わない竿がボートデッキ上にあると何かと邪魔です。特にラインがいろんなものに引っ掛かったりしてウザいです。


ちゃんと先端には液溜めも付いていて安心です!?(≧▽≦)

そんな時にもうこのタックルは使わないな・・・なんてやつをこれで束ねておけば多少は快適に釣りができるんじゃないかと考えたからです。まぁ、あとは実戦で使ってみて本当に必要なものかどうか見極めたいと思います(^_^)ゞ


ベイトロッド5本、スピニング1本もなんとか入ります。釣り場で使わない竿を束ねるには十分そうです




00:01 | 便利グッズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/17 本日のお仲間 ストーム ラトリンチャグバグ(グリーンスケール)
 本日加わったお仲間は、ストームのラトリンチャグバグです。先日ブルーバック/クロームのものを入手しましたが、あまりにもこのグリーンスケールのラトリンチャグバグが美しかったのでついσ(^_^;


ストームのスケールカラーは本当に美しいですね♪塗装が弱いのが玉に瑕ですが(^^;

 本当はノンラトルのものを探していたのですが完全に衝動買いですね^_^;というわけであともうひとつ、ノンラトルのチャグバグを入手したらストームのトップウォータールアーはコンプリートということに致します(^_^)ゞ


やっぱりチャグバグは可愛いのぉ~!萌えすぎです(^▽^)
07:39 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/16 2017年 ナマズ第12戦 フルコースだのに・・・
近くの川 2017年6月15日(木) 23:00~3:30
天気:曇り 気温:20℃ 水温:?℃ 風:3m 水位:増えた 水色:濁り

 というわけで今夜も深夜のパトロールです。結果から言うと自分のポイント全て巡回して異常なし!平和でなによりでした!(^.^)・・・・・なわきゃないでしょ!!(T^T)というわけで己の戒めのためにデータとして記しておきますが、多忙な諸兄様におかれましては時間の浪費ゆえこのまま読み進めるよりも、もっと有効な時間の使い方をお勧め致すところであります(~_~;)

 まずはメインポイント。ここは水位的にもちょうど良さげなんですがここの所全くの不発・・・今日ダメだったら暫くここはパスしよう・・・と思いながらブッシュの暗がりにキャストしたポンパドールjrをシェイクしながら引いていると『ボフッ』??バイト?再び『ボフッ』?バイトだよねぇ?再度『ボフッ!』からの重みが乗ったのを確認して合わせるとデカそうな重量感です!がっ、ドバドバドバ!と水面で激しく暴れたあと虚しくルアーが弾き飛ばされますた・・・

 ショックを引きずりながらも次の流れ込みポイントでは前回放置プレーで釣れてしまったコースをリトリーブしていると小さそうなやつがバシャ、再度バシャ!さらにも一度バシャ!でも掛かりませんですた・・・

 凹みながらも最近実績No1の複合ポイントに期待を掛けます。前回はやわらかプップで3回ミスしているので今回はがっつりと食わせるべくフィネスなキャタピーjrで仕留めに掛かります。そして狙い通り、対岸のブッシュに着水後しばしポーズさせてからの1アクションでガボッ!重みを感じてから合わせるとフッキング成功!からのすぐにポロリですた・・・なんで???

 半ばキレかかりながら水門ポイントへ。ここでは足下の水門の角にプップを垂らしてピチャピチャしてると子ナマズがビビビビビッとルアーを引っ張ります(笑)ですがこれも掛からず。お子ちゃまにも馬鹿にされてます(T^T)

 時間ももう1:30でしたがもう引き下がれません(-_-#)釣るまで帰らん!というわけで久し振りに田んぼの川へ。しかし水位も増え、土手の草は少し刈られていたものの撃つべき所がほとんどありません。しかし直径わずか30cmの流れ込みのピンスポットに賭けます。ここは今まで数十回出て未だにノーキャッチという因縁のスポットでもあります。

 今回も流れ込みの脇のヨレのピンにルアーを垂らしピチャピチャやってるとなかなかのサイズが身を翻して『ゴフッ!』とバイト!重みも乗ったので合わせますが一瞬針先に乗ったものの痛恨のフックオフです・・・(;´Д`)

 もうこうなりゃ明日の仕事なんて知るか!な勢いで剣道場の川に向かいます。しかしここも水位が増えて(;゚д゚)嫌な予感を抱えつつきっちりと攻めましたが結局ノーバイトに終わりました(+_+)

 と、今回は少ないながらチャンスがあったもののそれを生かすことができずまさかの完デコに終わりました・・・最近フックを大きめのものに変更して挑戦していますがそれが原因なのか?またまたフックシステムの迷宮に迷い込んでしまいました(?_?;



本日 ナマズ 0匹(5バイト、4バラシ)  2017年度 累計18匹

 ・ナマゾンC66M/G + エランPG81L + PE5号
07:06 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/15 ベリースプリットリングプライヤー
 フック交換専用の安いスプリットリングプライヤーが欲しかったので、千円位でタックルベリーブランドのベリースプリットリングプライヤーというものを買ってみました。


信頼していないタックルベリーオリジナル商品ですが、やっぱりこれも!?

まぁ、結果的には安かろう悪かろうな品でした。グリスを塗っても開閉が固く、グリップの部分もとても手が痛くなる素材です。形状的にも操作がし辛く残念な商品でした。

見た目は悪くないんですが、ツールとして考えるとちょっと使えませんね・・・


噛み合わせは悪くありませんが、バーブレスにもできません( ̄。 ̄;)千円でも高いな!
18:00 | 小物類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/14 ストーム マグナムウィグルワート マグワート
 ワート4兄弟の長男です。正直買うつもりは全くありませんでしたが、やっぱり長男だけいないのもちょっとね!?というわけでほぼコレクター的購入です^_^;

 
これでワート4兄弟がそろいました!本当はカラーもバチッと揃ったら恰好良かったんですけどね(^^)

 昔自分はマグワートと呼んでいたし、そのように紹介もされていたと記憶していますがリップの裏にはマグナムウィグルワートと記されていますね。なんでマグワートって呼んでたんだっけ!?サイズは4兄弟で全然違いますが、形もアクションも違うのはさすがにアメリカンです(^.^)

  
左からピーウィーワート、ウィーワート、ウィグルワートとの比較です。いかにマグナムがデカイかがわかりますww

 まだ実戦では使っていないので何ともですが、巻き抵抗が相当なもんらしいので覚悟して巻かないとならないルアーだそうです(笑)動きも音もダイナミックそうなので一発大物狙い的ルアーに近いんですかね。でも最近はマグナムクランクとかいうクソデカイクランクが一部で流行っているようなので、それに比べたら全然マグナムではないですが(^_^)ゞ

  
正直大きさは全然抵抗ないんですが、いかんせんラトル音が激しくうるさすぎ!!(◎_◎;)これはちょっと玉抜きをしなきゃ厳しいかも・・・
07:23 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/13 イマカツ ベビーステルス
 はい、完全にミーハー買いです(..;)ジャバギルとベビーバスロイドも売っていましたがスルーしましたがコイツには引っ掛かってしまいますた(+_+)


気になっていたこいつ。釣具屋さんで見てリアクションバイトしてしまいました(-_-;)

 一つ千円位と高いのか安いのかよく分かりませんが、壊れるものなのでやはり高いんでしょう。使いどころとしてはダムのクソいっぱい生えてる立ち木群を広範囲に探りたいと考えています。


軽いバージョンと重いバージョンがセットになっています。どちらも使いどころのイメージはできているのですが果たして!?

 いろいろな使い方、チューン方があるようでパッケージ裏面にいろいろと書いてありますが老眼でまともに読めず、面倒くさいのでそのままつるしの状態で使うことになりそうですσ(^_^;


面白そうなチューンが紹介されているのですが、字を読むのがめんどくさいのでそのまま使います(^^ゞ


08:37 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/12 2017年 ナマズ第11戦 チグハグナマジング
近くの川 2017年6月11日(日) 21:30~0:00
天気:曇り→雨 気温:19℃ 水温:?℃ 風:3m 水位:増えた 水色:ステイン~濁り

 同じ日付なんで昨日、というか今日の夜中?に行ったばかりなのに本日も行ってきました。しかも同じコース巡りで何の進歩もありません(;^_^A昨日は縛りフィッシングだったので今日は使いたいものを使います。まずはメインポイントはノーバイト。人が入った形跡があるので叩かれたばかりかも?・・・

 次の流れ込みポイント。見かけは最高なのでいつも来るんですが、いつも釣れませんwwでも今日は何となく釣れそうな予感がしたのでいつもはやらない側も撃ってみることにしました。するとなんといきなりの!?・・・バックラッシュです(~_~;)・・・しかし暗がりの中解いていると、いきなり竿が引っ張られます!?バックラッシュあるあるの放置ヒットです(* ´艸`)しかもボチボチサイズです!!

 

やっぱりナマズ釣りはトップですね!でもこんな釣れ方じゃ醍醐味もへったくれもありません^_^;

 しかし以前も何もしてない放置中に食ってきたことがあるけど、これはちょっと考え方をあらためないとイケない部分がありますね。それにしてもバイトも見れなきゃ捕食音も聞けず、ただ竿を引っ張られただけなので釣った感は低いですね^_^; 

 とりあえずデコはまのがれたので最近好調の複合ポイントに向かいます。先程の魚からあまり騒がしくないようなルアーを多少ステイさせた方がいいのかも?と思い護岸側から対岸のブッシュにやわらかプップを投げて少し放置していると、ボガッといいバイト!が思わず合わせてしまいすっぽ抜けです(>_< )

 続いて護岸と平行に投げてシェイクしながら引いているとドパンとこれまたいいバイト!がっ、これまた慌てて合わせてしまいすっぽ抜けてしまいました(+_+)合わせが早いのもあるけど前から思っていたけどやわらかプップってフッキングが悪いルアーなのかな!?今度こそ絶対に合わせん!!

 そして再度護岸と平行に引いているとこれまたドバッとデカそうなバイト!今度は合わせずにラインが持っていかれるのを待ってフッキング!すると乗ったもののすぐに外れてしまいました・・・なんで!????ルアーを見ると背中に貼り付けたケミホルダーがもぎ取られていました。背中から食ったのか?それとも丸飲みしたのかな!?(T^T)

 決定的なチャンスを3度も逃し、他を回るも完全ノーバイト。風雨も強くなってきたので意気消沈しつつ撤収です(..;)と、帰りしな最近全然やってなかったポイントが気になり車を止めてチョロッとだけ投げてみることに。やわらかプップのフッキングの悪さが気になったのでやわらかくないプップに交換です。
 
 護岸の前にブッシュが生えている所をゆっくりとリトリーブしているとパシャ!と小さそうなバイト!合わせると吹っ飛んできたのはよくもまぁフッキングしたな!?なロリロリナマズでした^_^;


やっと釣れたのはこのサイズ。これ釣る方が全然難しいと思うんですけど^^;

せっかく釣れてもバイトが見れず、デカそうなバイトはことごとく掛からず掛かったのはこんな子ナマズちゃんのみ。何だかちぐはぐな釣りとなってしまいました^_^;

本日 ナマズ 2匹(5バイト、1バラシ)  2017年度 累計18匹

 ・ナマゾンC66M/G + エランPG81L + PE5号
08:15 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/11 マーキュリー プレミアム 2ストローク エンジンオイル
 先日のスモール釣行前、急遽そのフィールドに行くことにしたため全然準備をしていませんでした^^;タックルはもとよりボートも何もかもwwそこで当日の夜に慌てて徹夜で準備をしたのですが、船のガソリンを給油しようと近所のスタンドに行くと今までセルフで携行缶に入れていても暗黙されていましたが、なんとデカデカと給油禁止のポスターが何枚も貼られていますた・・・なんでも事なかれ主義で禁止にするんじゃなく、資格を取ればよくするなど何とかしてくれよ!(~_~;)今後どうするかなぁ~・・・

 結局遠くのフルサービスのスタンドまでわざわざ入れに行き、家に帰り混合ガソリンを作るべくオイルを入れようとしたらオイルが見当たらんし(-_-;)そういえば先日棚から落下させてしまい1つダメにしてしまいましたがもう一つあったはず。でも見つからんので、まぁいいか!^^;って良くないですから!結局混合していないガソリンを少しだけ補充して使ってしまいましたが( ̄▽ ̄;)

 確かに燃費はいいし、混合ガソリンを作る手間も省ける4ストは魅力なんですが、重さが重いのでやっぱり2ストに魅力を感じてしまうんですよね。まぁ今のエンジンが壊れたら4ストにしますが、今後再びカートップ導入計画をもくろんでいますが、カートップ用エンジンはやっぱり軽量な2ストエンジンがいいかな。

 というわけで見当たらないものはしょうがないのでエンジンオイルを購入しました。今までは3.78Lの大きいボトルのものを購入していましたが、最近はエンジンを使うフィールドに行くことが減ったので使い切る前に絶対劣化していたと思います。さらになぜか購入したお店だと小ボトルのほうが割安というヘンテコな価格設定だったので今回は946mlのものを2つ買いましたwwこれでも今年中には使い切れないと思います。


めっちゃ久し振りにエンジンオイル買いました。おそらく今まで10年以上前のオイル使ってました。これじゃエンジンに悪影響ですね(;^_^A
18:11 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/10 2017年 ナマズ第10戦 新アイテムはどうよ!?
近くの川 2017年6月10日(土) 1:30~4:30
天気:晴れ 気温:22℃ 水温:?℃ 風:1m 水位:雨で増えた 水色:ステイン~濁り
 
 今回は、先日買ったヒゲプリマをどうしても使ってみたくて、夜中1:30からの無理矢理釣行ですσ(^_^;って、本当はもっと試したい極秘アイテムがあったのでとりあえず釣果はさておきキャスティングだけでもしてみたかったのです。

 まぁ時間も時間なので極近場の実績スポットだけを撃っていきます。しかし、メッチャ期待していたジャッカルのナマズ専用ウェイクベイトのヒゲプリマですが、あれ!?こんなんなの!?(||゜Д゜)という印象しかありません。

 フックをトレブルフックに、延長ワイヤーにラバーを巻くチューンをしたせいかもしれませんが、すぐに動きが破綻してしまうし動きの質もモッサリしているうえになんか綺麗に泳ぎません(?_?;

 この動きがナマズには効くんだよ!と言われてしまえばそれまでですが、どうにもジャッカルらしからぬ出来に今のところガッカリです。まぁ使い込むうちに開眼するかもしれませんが、ますますマグナムバニーLOVEになってしまいそうです。

 さらにはもうひとつの秘密兵器もなんかしっくりきません・・・謳い文句とはチト違うような( ̄。 ̄;)そう考えると今使っているものは本当によくできているなぁ!って、試しているアイテムはバス用のものだから当然かな!?ww

 で、釣りの方はというと最近好調の複合ポイントの橋の上からブッシュに投げようとすると何やら捕食音らしきが聞こえてきたので期待せずにそこに落としピチャピチャと提灯してると『ボフッ』と出やがった!(゜o゜;)

 フッキングも決まりますが場所が橋の上、お試しアイテムがバス用のため強度に不安があったので今日は大きい魚が釣れなきゃいいなぁ!?と思っていましたが、そこそこのサイズを抜き上げなくちゃならないことに(;゚д゚)

 意を決して抜き上げるとしくじりました(+_+)一度上の方まで持ち上がったものの再び下に落ちていきましたσ(^_^;もう一度抜くと意外と大丈夫でした!というわけで無事ランディング成功です\(^o^)/

 
何とかヒゲプリマで釣れましたが、別にヒゲプリマでなくても釣れた可能性高しですσ(^_^;

 初ヒゲプリマフィッシュとなったわけですが、ウェイクベイトとしての特性が全然生かされていない釣れ方なので何とも微妙です^^;そしてリリース後ヒットしたスポットの数m先にキャストしてシェイクしながら引いているとまたもや『ボフッ』とバイト!がっ、慌てて合わせてしまいすっぽ抜けです(ToT)/~~~


もう一つの試したかったアイテムがこの写真の中に(^.^)わかった方、先着5名様にルアーセットをプレゼント!して貰います(^.^)

 ちょっと上流に歩いて大きな木の下にチョイ投げし、動きを確認しながらゆっくりとリトリーブしていると『バシュ!』とバイト!大きくはありませんがバス用の〇〇の調子を見るために魚の引きを味わいながらファイトし、最後抜き上げたら空中で外れボチャンしてしまいますた(>_< )

 その後も何ヵ所か回りますがノーバイトで終了でした。今回はヒゲプリマを知るためにそれだけを投げましたが、正直今日の状況ではウェイクベイトを出すまでもないし、肝心のルアー自体がちょっと残念な感じでした。

 もうひとつの秘密兵器も何となく感じはつかめましたが正直こんなもんか?という印象を受けました(まぁバス釣りで使えばちゃんと手応えがあることを期待してますが^^;)

 ともあれなんとか1本釣れて良かったです。次回はちゃんと適材適所なタックル、ルアーを使いますよ!(^_^)ゞ

本日 ナマズ 1匹(3バイト、1バラシ)  2017年度 累計16匹

 ・????? + エランPG81L + PE5号
20:41 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/09 サーキットブレーカー
 エレキのトラブル防止には必須のサーキットブレーカーですが、意外となかなかいいものが売っていない困りものでもあります。でもやっとヤフオクで探していたタイプを見つけました(^.^)


これこれ、これを探していたんです!エレキのショートマウントを購入した時におまけでプレゼントしてもらいました♪

 今まではエレキに各1つずつ付けていましたが、最近エレキの数が増えてしまったのでバッテリーに取り付けることにしました。これで移動時の連続走行が少しは安心感が増します(^.^)

 
ちょっと効率は下がるものの、このセッティングなら複数のエレキで使えます!
23:09 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/08 2017年 第4戦 やっちまったなぁ~!
2017年6月7日(水) スモールフィールド 7:00~17:30

天気:曇り 気温:15~19℃ 水温:14℃ 風:2~5m 水位:ほぼ満水 水色:スティン 潮:大潮
状況:??????大きいのはアフター?

 というわけで今年初のスモールマウスバス釣りに行ってきました。今回は出れば50upだけど!?、デコが当たり前の難易度A級フィールドです。去年も2回行って50up4本ですが、正直ここだけはいつもデコるんじゃないかとヒヤヒヤなドMな場所です。でもここでしか釣れないドリームフィッシュを夢見て行ってしまうんだなぁ~^_^;

 まずはインターセクションからジャークベイトでスタートするも、ハヤだかトラウトだかのチェイスはあるもののスモールからの反応はありません。1時間程ジャークし続け、そろそろ腕が壊れかけてきたので違うエリアへ移動しようかなと考えているとガレ場の下からスモールが浮いてきてジャークベイトを引ったくりました!


とても美しいご機嫌なフィールドですが、かなりツンデレなフィールドなのです。って、ほぼツンですがww

 って、あれ!?小さいんですけど・・・体高・身の厚みも素晴らしく、ズッシリと重いドリームスモールながら長さは35位しかない( ̄。 ̄;)こんなはずじゃないんだけどなぁ~^_^;ともあれとりあえずデコは免れたのでちょっと一安心です(^_^)ゞ


う~む、小さい・・・ちょっと時期が遅かったか!?

 今度は大きくエリアを変え最上流に近いところまで移動です。おぉ!ここにはデカイスモールがチラホラと見受けられます!がっ、これはダメです・・・完全にエロエロモードになっているのでルアーなんざ全くのド無視です(>_< )そりゃ自分だってそんなモードになったらご飯どころじゃないですよ(笑)バスの気持ちが痛いほど分かるtactbassです(//∇//)

 でもこのエリアに魚が多いのも事実なんで一応ジャーキングを繰り返していると、まだエロくなる前の、やはり30半ば位のが2本釣れました。いずれも素晴らしい体型ですが、ここでは完全にベビーサイズなんでちっとも嬉しさがこみ上げてきません(..;)う~ん、ヒトとは違って若いヤツらの方が食欲で、熟年層がエロ優先なのか!?ww

 
1時間に1本ペースなので悪くないです。しかしサイズが・・・(~_~;)

 それからいろいろとエリアを見て回るもやはり先程のエリアが魚が濃そうだったのでワームで丁寧に釣り直すもノーバイト・・・もう完全に見失っている状態で全く釣れる気がしません(+_+)昼前から延々5時間ノーバイトです( ̄▽ ̄;)ラストは最初に釣れたエリアに入り直し、再びジャーキングです。

 実は1本目が釣れた時に同サイズが一緒にまとわりついてきたので、そいつが釣れないかなという魂胆ですwwで、大きな沈み岩にジャークベイトを送りこみ、ジャーク後のストップで茶色い影が走ります!スポーン季独特のグラマラスボディーゆえ走りもどんくさく、重すぎてジャンプもままならないファイトですが久し振りの魚の引きを堪能します。


おったねぇ~!wwいいエリアが毎回変わるからこの湖は難解なのです(^^;)

 はい、というわけで完敗ですた・・・全くいいところがなく、自分の至らなさがそのまま結果に出てしまいました(-_-;)何も閃かず、実行に移せず、動けずな自分に腹立たしい限りです・・・。暫くはここに近寄りたくもありませんが、また傷が癒えたら今度こそはドリーミーなスモールと出会いたいです!

本日 スモール:40cm以下×4本 total 4本
     
2017年累計(釣行数 4回)」
ラージ :50up×1本・45up×2本・40up×14本・40cm以下×127本  total 144本
スモール:50up×0本・45up×0本・40up×0本・40cm以下×4本  total 4本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×2本・40up×14本・40cm以下×131本  total 148本

21:25 | スモール | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/06 ジャッカル ヒゲプリマ
 待ってました!なナマズ専用ウェイクベイトがジャッカルから発売されました♪元々自分的究極の3大ナマズルアーは、バグカップ系のプップ、羽モノ系のポンパドールjr.鯰カスタム、そしてウェイクベイト系のマグナムバニーです。正直あれこれと細かくローテーションできるほどのスペックは持ち合わせていない自分なんで、この3つがあれば十分だと思えるほどのコンフィデンスベイトです。

  
バス用のタックルはスパルタンなイメージのものが多いですが、ナマズ用品は遊び心があるものが多く萌えます(//∇//)

 ですがウェイクベイト系のマグナムバニーはもうとっくに廃盤になっているので、いつでも気軽に入手できるわけではないので壊れたりロストしないように特に気を使う必要がありました。特にブレード周りが本当に壊れやすいので・・・(とはいえ今は5個あるのでもう一生!?大丈夫そうですがww)

 で、3大お気に入りナマズルアーのうち2つを輩出しているジャッカルがナマズ専用に作ったというヒゲプリマ、期待しか生まれてきません!マグナムバニーとの違いはジョイントボディーであること、ブレードではなくプロップを搭載していることが大きな違いです。


今回は『ブラックスワン』と『サイケデリックセブンスターズ』を購入!一番無難なカラー選択ですね!?

 一番の特徴であるジョイントボディーはよりスローに引いても滑らかに、かつ大きくボディーをくねらせてくれます。さらにただ巻きだけじゃなくトゥイッチで使ってもネチネチと一点で誘うことにも長けているでしょう。なんかジョイントの方がフッキング率も良いような気がするし。

 
まぁ形状的には特別変わった感じはしないですね。おとなしめの動きとメーカーは謳ってますがどうなんでしょ!?

 正直マグナムバニーのブレードに関してはそれ程信頼しておらず、別になくてもそんなには変わらないんじゃないかと思っていました。ってか実際に使っているうちにブレードが吹っ飛んでいつの間にかなくなっている・・・なんてことはバニーシリーズ共通のあるあるですが、そんな状態でも変わらずよく釣れてましたからww

 で、ヒゲプリマのリアプロップですが、こいつはかなり期待しています。ポンパドールjr.鯰カスタム、でんぐりガエル鯰SPにしろ、リアプロップの効果は絶対にあると信じています。例えばカップが水を噛まないようなスローリトリーブ時や、ピンポイントでのトゥィッチ、足場の高い場所での使用においてもプロップだけは最後まで回り続けてしっかりとアピールし続けていることが多いです。フィッシュイーターは総じてスゥィッシュサウンドに弱いというのも間違いないと思います。


リアプロップが搭載されたのは自分的にかなりポイントが高いです!

 あとフックはどうせトレブルフックに交換してしまうのでどうでもいいですが、ヒゲプリマには最初からライトホルダーが装備されているのもいいですね。マグナムバニーには後付のホルダーを付けていますがやはりホルダーもライトも脱落しやすいですからね(-_-;)立ち気味にセットできるホルダーもいい感じです。


最近のナマズルアーではほとんど装備されているライトホルダーですが、立てた状態でセットできるのがキモですね(^.^)

 といった感じでかなり優秀なルアーであることは間違いないんでしょうが、あとは実戦で使いこんでみて果たして3大ナマズルアーのウェイクベイト系部門が入れ替わるのか!?といったところがとても見ものです!

 
00:12 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/05 スィンフィン ラトルトット
 言わずと知れた名品、ストームのホッテントット。自分の生涯初バスを釣らせてくれたメモリアルルアーでもあります。当時はあまり気付かなかったけど、今その動きを見るとあらためて唸るところがあります。

 で、このホッテントット、いろいろなバリエーションがあるわけですが、自分は一番標準的な?05サイズのものしか使ったことがありません。しかしここ最近のストームマニアな自分としては、当然他のモデルも使ってみたくなるわけです。そこでラトルのはいったラトルトットを入手してみました!


05サイレント以外初のトットちゃんシリーズです(^.^)

 家に着きポストを確認すると来てる来てる♪らしき封筒に手をかけると持った瞬間から結構な音量ででカラカラとラトルサウンドを奏でます(゜Д゜)思っていたよりも大きなラトル音にちょっとビックリですww


リップにラトルトットの名が刻み込まれていますが、この刻印リップの方が年代的に新しいモデルだと教えて貰いました

 で、ボディーを見渡してみると、IKE-Pさんに教えて頂いた通り05よりも大きく06よりも小さい中間サイズでした。う~ん、サイズ的にはイケてるサイズ感です(^.^)


下の05よりも5mm程サイズupしてます。06だと気持ち大きい感じですがこれは釣れ頃サイズですね(^_-)

 しかし、ただスケールアップしただけではなく、ライザップに行かせたいようなだらしない体型になってました!?(ToT)/~~~ラトルを追加するために浮力の確保のためか、構造上やむを得ないものなのか、はたまたよりベーシックなクランクベイトに近づけたかったのか、理由は分かりませんが結構なムッチリボディーです(..;)

 
スリムで可愛かったあの娘が、5年後に会ったら残念なことに・・・的な!?ww

 ま、まぁ見た目はともかく動きも多分あのピリピリとした動きではないんだろうな~^^;もちろん使い分けという意味では異なった性質の方がいいわけだし、結果釣れるルアーであれば全然問題ないわけですが、果たしてその実力やいかに!?







08:05 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/04 レッドヘッド
 今は昔、ソルト用のプラグと言えばレッドヘッド!と決まっていました(笑)最近はカラーの種類も増え、レッドヘッド全盛の時に比べれば使用される人や頻度も減ったのでしょうか?でも未だにメーカーもラインナップしていることが多いようなのでやはり需要があるのでしょう。

 そもそもレッドヘッドの何がそんなに釣れる要素があるんでしょうね?ちょっと聞いたことがあるのが赤は血のイメージで弱った魚を表現しているだとか、薄暗い状況では赤い部分が見えづらいので白の部分のみがよく見えるため小さなベイトに見えるとか何とか・・・まぁ真相は魚に聞いてみるしか分からないですよね(^.^)

 一方バス釣りではほとんどレッドヘッドをラインナップしているところはないと思います。いや、昔はトップ系のルアーやUSプラグなどではチラホラ見かけましたが、最近は売れないせいか淘汰されてしまったようです。まぁ、自分もあえてバスルアーではレッドヘッドなんて買わないし(^.^)

 でも先日ファッツオーのセットを落札した時に、レッドヘッドのものが含まれていました!う~ん・・・美しい~!正直実戦で使ったらイケないような気がするほどの逸品です!でもあらためてよく見てみるととても釣れそうなので、使うか観賞用にするか葛藤した結果・・・投げまくりです(笑)σ(^_^;


ただでさえレアなファッツオー中サイズの美品。この貴重なルアーにローリングマークを刻んでもいいものか、美しいまま後世に残すべきか・・・まぁ、使っちゃいましたがww(^.^)


あ~ぁ・・・使っちゃいますた・・・そして釣れますたww

07:48 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/03 ルアーの性能今昔
 最近よく昔のルアーを買っています。もちろん懐かしさから買っている部分も少しはありますが、基本的には現在のルアーにはない特性を求めていたり、当時の効果が今でも通用するのかを見てみたいのもあります。

 で、昔のルアーをあらためて泳がせてみると、やっぱり今時のルアーってよくできてるなと思います。一番は当たり外れが少ない。昔は今まで使ったことのない新しいルアーを買う時はちゃんとまともに泳ぐのか?という不安が当たり前につきまといました。今と違ってネットもないしルアーマン人口も少なかったので情報も本当に少なかったですから。だから買ってからまともに泳ぎもしないルアーに何度失望させられたことか・・・

 それどころか過去に使ったことのあるルアーでも個体差がかなりあり、以前買った物とは全く泳ぎの質が違ったり、どんなにトゥルーチューンしてもまともに泳がないものなんてザラでした。その点今時のルアーはそんなに粗悪なものは少ないですし、昔は必須であったトゥルーチューンすらほとんど必要のないものが多いです。

 あと昔のルアーは同じ重さのものでも今のルアーと違って投げづらいものが多かったですよね。これは今のルアーは内部構造や重心バランス、空力抵抗の少ないデザインなどにより、よく飛びより扱いやすいルアーに進化しているんでしょうね。


今から33年前に初めてバスを釣らせてくれたレッドスケールのホッテントット。生涯現役のようです(^.^)

 さらにはより深くまで潜ったり、よりトリッキーな動きを意図的に出せたり、意図せずともだせたりと、本当に今時のルアーは素晴らしい!もう昔のルアーなんて使えませんね♪・・・・なんでしょうか???

 確かに今時のルアーはよく飛びよく潜りよく泳ぎます。アクションも素晴らしく当たり外れも少なく、昔のルアーに比べ使いやすくなっているのは間違いないでしょう。でもそれは人からの視点であって、必ずしも魚が好むアクションであるとは限らないと思います。

 事実最近また懐かしの名品と呼ばれるルアー達を泳がせてみると、間違いなく今でも通用しそうな動きですし、最近のルアーでそんなアクションを出せるルアーはないと思うものもあります。


唯一無二のスーパーアクションなウィーワート。未だに色褪せることはないです(^_-)

 そして往年の名品を使わなくなってしまった大きな理由の1つに投げづらかったといことがあると思いますが、今時のタックルなら全く問題にならないはずです。昔だったら考えもつかないようなたった数グラムのルアーもベイトタックルで投げられる位タックルは進化してますからね(^_-)


約3cm・5gのピーウィーワートでも、今時のタックルを使えば楽勝でベイトタックルで扱えます♪

 というわけで今後は最新のルアーのみならず、昔よく釣れたルアーも実戦で使ってみたいと思う気持ちがますます強くなっているtactbassです。


昔から所有しているもの、ではなく最近また新たに集めたオールドルアー達です。もちろん実戦投入用です!
02:27 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/02 2017年 第3戦 30年前の釣行記ぢゃないよ!?
2017年5月31日(水) ダム 5:00~18:30

天気:曇り 気温:18~28℃ 水温:22℃ 風:2~5m 水位:減水中 水色:スティン~マッディ 潮:中潮
状況:小・中サイズはネスト?大きいのはアフター

 前回の釣行から2週間経った本日、バス釣りに行って参りました。前回はまだ中・小型のネストも見られるような状況でしたが今回は大型の魚も全快ではないもののそろそろ回復してくる頃でしょうし、スポーンに関係のない魚の活性も上がっていると思われましたが果たしていかに!?

 まずはビッグベイトから様子見を始めるといきなりヒット!残念ながら外れてしまいましたが活性は悪くないのか?すぐさままたバイトがあるも掛からずで、他にチェイスもありました。

 さらには激シャローでボイルが頻発しており自分のテンションも上がりますが、セイラミノーでバイトはよくあるものの意外にもショートバイトばかりでフッキング率がメッサ悪いです( ̄。 ̄;)

 
ワームのようなコツコツといったバイトが頻発するものの、なかなかフッキングしません(-_-;)

 そこで前回のおさらいで『テンタクローラー』のネコリグで食わせにかかりますが、やはり前回のような破壊力はありませんがポツポツと拾っていけます。

  
前回のMVPの『テンタクローラー』ですが、今回はショートバイトに悩まされます・・・

 試しにリアクションの効果を知るために『ウィーワート』をキャストすると1投目でヒット!う~ん、エサっぽいルアーの反応はいまいちだけど、あばれる君なルアーには好反応!?その後すぐにまた別の魚もGETです!

 
今回もまたUSクランクが強いのか!?

 それでも何とかボイルを繰り返す魚を釣ろうと観察すると、ドシャローに2cm位の稚ギルやフライ(バスの稚魚)を追い詰めて捕食しています。一見ボイルしているので簡単に釣れそうなもんですが、セレクティブ&人に叩かれすぎで難易度は高いです(汗)

 ついには自分的最終兵器である2"センコーまで持ち出すも、キャストモーションやラインの出す音などにも逃げまどい、うまくアプローチできても見切られたり食ってもショートバイトでなかなか釣り上げることが難しいです(~_~;)

 そこでなるべくロングキャストができ、ラインを水に付けたくない、水面にルアーがある方が見切られにくいかな?という理由で『モッサ2.2"』を使ってみました。するとこれがはまりました!今まで沈んでいるルアーは見切っていた魚が口を使うようになったのです!

   
本物の餌はバクバク食う魚も、状況によっては簡単に偽物は見破ってしまいます。以前餌釣りをしたことで痛いほどよく理解できます。

 正直本来の虫パターンで釣れているという感覚ではなく、昨年の早い時期でのデカスモール連発の時もそうですが虫系ワームを虫としてだけではなく、例えば浮くスモラバ的な感覚に意識改革できればもっと虫系ワームの使えるシーズン、場面が広がり自ずと釣果も上がると思います。

  
虫系だけど虫じゃない!?ファジーなシルエットの『モッサ』ならではの武器でもあります。

 今回の場合はベイトが2cm前後の稚ギルでしたが、『22.スモーク/ゴールドフレーク』の『モッサ』は水面に横たわりピクピクしてる弱った稚ギルに見えなくもありません!?(笑)心なしかバイトも虫系独特のシュポッという静かなバイトではなく、バシャッといったバイトが多く感じました。

 
むしろベイトっぽく見えるワームよりも、『モッサ』のようなモジャモジャした得体のしれないモノの方が騙しやすいと感じています。スモラバと同様にね。

 ちなみに『モッサ』には1.6″と2.2″がありますが、自分的使い分けは基本ラージマウスバスには2.2″が良いと思います。ラージの釣りの場合、オーバーハングやブッシュの中を釣ることが多く、大きく重さがある2.2″の方がキャストや操作性、気付かれやすさで圧倒的に有利になります。

 
岸際のブッシュ周辺で稚ギルを岸に跳ね上げて捕食していました(・・;)そんなブッシュ周りで強いのはやはり2.2"!

 さらにそういった場所に居る魚はそれ程セレクティブではない場合が多いので2.2″で全く問題がありません。ただ、どうしても見切られる、いるはずの場所なのに浮いてこないという場合のみ、使いやすさを犠牲にしてでもより食わせ要素の強い、虫系ワームの中でも最もフィネスな『モッサ1.6″』の出番となります。昨年はだいぶ1.6″に助けられました。

  
これまで虫系のワームではチャート、白、グリパン系は必須でしたが、今後は『22.スモーク/ゴールドフレーク』も絶対に外せませんね!ww

 スモールマウスバスの場合にはカバー周りで釣ることも少ないので、よりフッキング率の高い1.6″を基本にします。ただし!実はスモールの釣りで一番のキモになることが多いロングキャストが必要な場合は当然2.2″を使うほうが結果的によく釣れます!その場合はよりフッキング率を上げるためにマス針での使用がお勧めです。

   
今回もかなりセレクティブだったのでマス針を使用しましたが、よりディスタンスが欲しい時やよりポッカリ浮かべたいときはフローティングヘッドとの併用がいいですね!

 そして何気ないポイントの何気ないカバーでしょぼいバイト(笑)しかしフッキングが決まった瞬間ギュンギュン走るこいつはデカそうです!アフター回復後の魚はスレンダーなこともありよく走ります。そして慎重なやり取りのあとネットに収まったのは、簡単に食える餌を待っていた、『モッサ』だからこそ釣れたと言いたい回復中のゴーマルでした!

   
三度の飯より虫系の釣り、『モッサ』大好きtactbassとしては最高の気分です♪まぁ、もちろん3度の虫系の釣りより綺麗なおねいさんの方がもっと大好きですが(//∇//)

 こんな状況もあろうかと、今回は虫専用のタックルを準備してきて大正解でした!ロッド:ザ・ストラテジーツアラーSTS-HM63SS/リール:2000番ハイギア/ライン:PE0.4号+ナイロンリーダー5lb1.5m/フック:マス針タイプ#3こんな感じのセッティングですが、もっとカバーに入れ込むときはロッドをMLクラス、ラインも0.8号に上げています。


PEは風に弱いので、一応スペアスプールにナイロン5lbを巻いたものも釣り場に持ち込んでいます

 『モッサ2.2″』で調子よく釣れていましたが、お昼に近づくにつれ虫系の釣りの天敵、風が強まってきました(>_< )というわけでたくさん釣れたし『モッサ2.2″』は封印です。魚の付く場所は大体分かったのでそんなところを『バンドゥクロー』の7gビフテキリグでダイレクトに撃ちこんでいきます。

  
小バスからモンスターまで本当によく釣れる『バンドゥクロー』。さらにいろいろなリグ、使い方にも対応するので是非とも使ってもらいたいワームですね(^^ゞ

 するとやっぱり、目星をつけたカバーから連発です!ただ今回はサイズUPははかれませんでした。あともう少しすればデカいやつが岩盤にサスペンドしだすと思うのでそうしたら『バンドゥクロー』の独断場になるのですが・・・あと数週間後ですかね!

  
カラーは58.イニシエノキャスティーク、57.ゴッドインパクト、19.Dr.Pブルーフレークを使いました。若干濁り気味のスティンな水色にもジャストマッチでした!

 こんな感じで1時には自分の最低ノルマとしている50本を越えたので、残りの時間はノスタル爺タイムです(≧▽≦)たっぷりと6時間オールドストームを巻きまくってやりました(笑)

 まずは鉄板のウィーワート。って、1投目から釣れますた!(^.^)調子に乗っていろんなカラーを試しますがどれもいいスポットに入ると食ってきます!


ザ・ストームカラーな!?シルバースケールでヒット!一見地味ですが、リップを大きく振って泳いでる様が遠くからも確認できます。

 やはり立木の絡んだエリアの周辺は熱いですね。しかしこれだけクランクで食ってくるとなると本当は活性高いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、確かにナチュラルなプラグやワームではショートバイトが多く本調子ではなかったと思います。


プレミアム価格で購入したザリガニ系カラーも投入!高価なものだったのでできるだけカバーを避けてビビリながらキャストしてしまいます(;^_^A

 これはやはりウィーワートのワイドウォブルにより強制的にスイッチを入れられているからこそのバイト連発だと思います。シャッドやナチュラルな動きのルアーではここまで食ってこないと思います。

  
今回最も活躍したのが金魚カラーのウィーワート!活躍の場はマッディーな釣り場だけではないようです♪

 内緒の話ですが、以前釣具屋勤務の時に水族館にあるようなデカイ水槽がある店舗があったのですが、そこのスタッフがその水槽でよく釣りをしていたらしいのですが!?他のクランクには全く反応すらしないバスが、ウィグルワートにだけは激しく反応してくるなんて話を聞きました。

  
大場所の岬の脇を通したらドン!とでました♪今回はクローム系が強いようです。

 なので動きの激しいルアーで釣れるから活性が高い、ではなく低い時でもそんなルアーだからこそスイッチを入れられるということが多々あると思っています。今回もまさにそんな日だと思います。


ストームで最も好きなカラーの一つ、ブルーバック/シルバー

 さらに今回どうしても釣りたかったルアーの1つ、スーパーシャイナーとシルバーシャッドですが、やはりこれらが活躍するのはちょっとだけ時期が早かったようで、チェイスやバイトは結構あるもののガッツリとくわえるまでは至りません(;´Д`)

 でも軽くてスピニングでも投げづらいとかよく言われてるこれらのルアーですが、実戦的距離位はベイトタックルで全然投げられるんですけど!?やはりベイトタックルの進化は素晴らしいってことですかね(^.^)

 そしてワンドの中のシャローでピラピラ、ストップ、ピラピラ、ストップと引いているとついにヒットぉ~!いやぁ~、食う瞬間丸見えの気持ちいいバイトでした~♪満足満足(^.^)


今時のルアーにあまりないピラピラアクションでバスを魅了します。いろいろな使い方ができる楽しいルアーです(>д<)ゝ!!

 そして自分の初バスgetルアーであるホッテントットを投入!ピリピリとした少しおとなしめな動きなのでどうかな?と思いましたが千鳥アクションが効いたのかこいつでもヒット!


プレミア価格になっているジャパンスペシャルのウグイカラーも惜しげもなく投入!(笑)

 沖の立木群に絡めながら引いているとドスンと重いバイト!あれっ!?これ良いやつじゃないの!?今までで1番重くトルクのあるヒキで、鋭いダッシュで何度もブッシュに突っ込まれそうになりヒヤヒヤしましたが、無事キャッチできたのはグッドコンディションのバスでした♪キモティ~イ!(笑)

  
さすがのホッテントット!ザリガニカラーで沖の立木の中層で普通に釣れますたww

 さらにさらに、うまくハマるんじゃないかと思って結構使ったファッツオー小ですが、今回はレンジが合わなかったようで不発・・・しかし、アニキがしっかりと仕留めてくれましたww使うか観賞用にするか悩んだレッドヘッドのファッツオー中ですが、結局使ってるし!( ^ω^)

 しかしこのファッツオー中、めちゃめちゃいいっす!キャストしやすく、あえて枝に絡めるように引いても『ブリン!』とかいって躱してくれて根掛からない!泳ぎは小サイズの方がハイピッチだけど、そのノタノタした動きがデカバスにめっちゃ効きそうな気がします!って、釣れたのは小バスでしたがww


約7cm13gと結構大きめですが、小バスも食ってきます。正直かなりイケてるこいつにはかなり期待してます!

 そして今更ながらストームの一番の顔、ウィグルワートの登場です!wwって開始5分程でバイト4発、2匹を釣り上げることができました!さすがキングオブ千鳥クランクです。名品はいつまでも色褪せることがありませんね(^_^)ゞ


基本プラグもワームも中層で使う自分には、ルアーそのものが持つ優れた機能が必須です。ウィグルワートのワイドで千鳥る泳ぎ、こいつは本物です!

 使ったのはオールドの初期モデルのレッドスケールと中期モデルのシルバークロームですが、確かに泳ぎは違いますが、それが年代によるものなのか個体差によるものなのかよくわかりません。ひとつ言えることはどちらも釣れるという事実!ww 


ラインアイの周りが凹んだ中期モデルですが、こいつもよく釣れますね!

 最後はどうしてもこれで釣りたくて、何度となくチャレンジしましたが結局釣れなかったラトリンチャグバグです。立木の絡むガレ場のシャローでポッポッポッと軽快なポップ音を奏でながらドッグウォークさせているとついに水面が割れました!いゃあ~、気持ちのいい一発でした♪さらに連続でバイトが続き満足な夕マヅメを過ごすことができました(^.^)

  
やっとチャグバグで釣れました!まぁコイツは6cmの小さいサイズの方ですが、かなりの手応えを感じています!あまり派手すぎないポップサウンドが妙にナチュラルに感じます♪

 ラスト1時間はブルシューターJr.を投げながら戻ります。すると沖の立木で水面をストップ&ゴーで引いてきて、水面にポッカリと浮かべていると、ドッパ~ン!!とビッグバイト!!くぅ~、しかし乗りませんでした・・・純正フックをナマズ仕様の乗り乗りセッティングにしましたがやはり元々の針が小さいよなぁ~?次のバイトは乗りましたがジャンプでバレちゃうし・・・

 クソ~、絶対にこれで釣ったる!と意地になってキャストしていると、ブッシュの脇に落ちた瞬間落ちパクヒット!ビッグベイトで1番つまらない釣れ方です^_^;手元まで寄せてくると50クラスが2匹一緒に付いてきていて、もう1個の針を食わせようとしましたが失敗でした。^^;

  
やっと獲れますた・・・何度ミスバイトがあったことか(~_~;)本当はもっと大きいのが欲しいところですが、やっぱり嬉しかったりします(^_^)

 前回釣ったときも落ちパクでの1本でしたが、これだけバイトしてくるのに掛からないのは本当にストレスが溜まります・・・再度フックシステムの研究が必要ですね(;´Д`)

 スロープまで戻るとボイルが頻繁に起こっているのでセイラミノーを投げますがショートバイトの連発で全然掛かりません。やっぱり今日はガップリと食ってくるリアクション系クランクでスイッチを入れて釣るのが正解だったんだなと確信致しました。


究極の食わせプラグのひとつであるセイラミノーですらショートバイトが連発してしまいました。やっぱり人為的プレッシャーもあるのかな?でも今回は稚ギルを食っていて、餌がかなり小さかったのでマッチザベイトから外れていたんだろうな・・・

 と、今回は前半は難しいながらも『モッサ2.2"』と『テンタクローラー』、『バンドゥクロー』でのくわせの釣り、後半はワイドな動きのルアーでリアクションを誘っての釣りと、またもや対局の釣りとなりましたが、同じ魚種でこんなにいろいろな釣りが楽しめるのはやはりバス釣りならではの楽しみだと思います(^_-)

 魚の写真だけを見たらオールドストームものが活躍しているので、30年前の釣行記か!?と思ってしまいますねww(^_^;)次回の釣行時にはおそらく回復系の魚が多く、楽しい釣りができるような気がしますが、果たしてどんな釣りが楽しめるのでしょうか!?(≧▽≦)

本日 ラージ:50up×1本・45up×1本・40up×5本・40cm以下×62本 total 69本
     
2017年累計(釣行数 3回)
ラージ :50up×1本・45up×2本・40up×14本・40cm以下×127本  total 144本
スモール:50up×0本・45up×0本・40up×0本・40cm以下×0本  total 0本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×2本・40up×14本・40cm以下×127本  total 144本

16:14 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/01 トレブルフックのサイズ
 バス用のプラグはいろいろな大きさがあるわけなので、当然替えのトレブルフックも各サイズのものが必要になってきます。さらに形状もプラグによって使い分けたりするとかなりな種類になってしまいます^_^;

 でもまぁよく使うレギュラーサイズのプラグのトレブルフックの大きさとなると、一般的に#8と#6が一番多いでしょうか?でも正直その間の大きさの針を使いたい場合が多くあります。そんな時のために#7と#5の存在が欠かせません。というか自分の場合#7の使用率が一番高いので、いつも大量にストックしています。


あまり種類が多すぎても悩んじゃうけど、やっぱり隙間を埋めるバリエーションは有難いですね

 ですがそれにしても#7や#5をラインナップしているメーカー、アイテムが少なすぎですね( ̄。 ̄;)せっかく気に入ったフックがあっても、サイズが合わなきゃしょうがない・・・メーカーさん、頼むから#7や#5など中間サイズのバリエーションをもっと増やして下さい!お願げぇしますだぁ~!m(_ _)m
06:31 | ライン・フック・シンカー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.