2017/03/31 モーターガイド FW-FB 46-36"
 エレキのパワーとお○ぱいはデカければデカい程エライ!と信じているtactbassです。そのため今所有しているエレキは82lbのフットコン×2台に82lbのハンドコン1台と、全て24V仕様のものです。あとはほとんど使っていない壊れかけの55lbの12Vのフットコンも一応あります。

 そんなパワーこそ正義!な自分が何故かモーターガイドのFW-FB 46という12V仕様の46lbの5段変速のフットコンを購入致しました。もちろんFW-FB 46は廃盤になっているので中古品を格安で手に入れました。


今更12Vエレキ!?しかも46lbの5段変速wwなんか逆に新鮮味があっていい感じ♪写真を見てある部分に違和感を感じるアナタ!鋭いですね~ww

 今回あえて12V仕様のローパワーのものを追加購入したのには訳があります。用途的にはフロートボート専用になりますが、今まではTR82Vを使っていましたがやはりオーバースペックで、どっちみち全開にする前にフロントから水が入ってきてしまいます。(||゜Д゜)


久し振りにFWを触ったけど、こんなにしょぼかったっけ!?な質感ですwwやっぱりツアーシリーズは偉大ですね~

 そして今まではツイストブラケットと薄いバウデッキを使っていたのを今年から厚いバウデッキに01マウント仕様に変更、さらにモーターにはメッサでかくて重いトータルスキャントランデューサーを取り付ける必要がありました。

 ただでさえちょっと前に重心を掛けると水が浸水してくる程のフロントヘビーだった状態が、もう危険なレベルまでのフロントヘビーになってしまいました(;´A`)(一番の原因は己の体重が7kg以上増量したからなのはこの際しらばっくれておきますww )


やっぱり24V仕様に比べて軽いです。でもフロートボート以外の船には絶対にTR 82Vを使いたいです

 そのため少しでもフロント部分の軽量化を図るために、やむなくエレキを軽いものに変更せざるを得なかったのです。本当は55lb の無段階変速のものが欲しかったのですが、価格の面で断念···格安だったFW-FB 46で妥協しました。

 もちろんパワー不足、バッテリーの消耗の面等で不安もありますが、まぁ価格が安かったので仕方ないかなと思える部分もあるし、最悪これをまた売ればほとんど出費がペイできそうな位の価格で入手できたのでとりあえずはこいつを使ってみることにします。


5段変速は久し振りに使うのと、燃費の悪さに少し不安はあります・・・

 いじらなきゃならない部分もあるしまだまだやることはたくさんあるけど、使用したらまたインプレしたいと思います!

スポンサーサイト
03:41 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/30 トランデューサーガード自作
 よく、デカチ〇のことを馬並みにデカイ!という表現方法がありますが、これからはトータルスキャン並みにデカイ!と改めようと思うくらいデカイトータルスキャントランデューサーです(^^;)もちろん自分のブツは、ホンデックスの水温センサー並みな残念tactbassです・・・

 さて、そんなデカブツトータルスキャンですが、デカイがゆえにだいぶはみチンしてしまいます(^.^)そんなわけで過保護にも程がありますが、ぶつけても痛くないようにガードを付けてあげました。ケッ、俺なんて昔から未だに皮でプロテクトされてるからそんなの必要ね~ぜ!ってトコトン自虐が過ぎるtactbassです・・・(T^T)

 
いろんな金物を組み合わせて作っただけですが、十分機能ははたしそうです

 まっ、冗談はさておき、マジで定価で買えばおひとつ5.6万円なトータルスキャン、絶対に死守しなきゃなりません!でもガードも買うと1.6万円とかするので当然自作です。一応トランデューサーポール用と、エレキ取り付け用の2種類をこしらえましたが、なかなかよくできました!これなら多少の衝突でも大丈夫そうです!


さすがにおいそれとは買えないものなので大切にね❤ 




03:09 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/29 フロートボート用バウデッキ再作製
 以前フロートボート用にバウデッキを作製しました。これはフロートボートがあまりにも狭くてタックルボックスを置くスペースすらなかったので、魚探とタックルボックスを置くために作製しました。特別強度は必要なかったので軽量化を重視して9mmのベニヤで作りました。

 
今まではツイストブラケットでエレキを使っていたのでこんな感じです。特別使い勝手に問題はありませんでしたが・・・

 ところが今までフロートボートで使っていたミンコタのツイストブラケット、とても軽いしセッティングも楽なので良いんですが、モーターの上げ降ろしがいまいち使いづらいところもあり普通のフットコン用のマウントを使いたくなってしまいました。

 でももちろん現状のバウデッキでは強度的に使えないのでもっと厚い板で新たに作製しました。ただ今までの薄い板とツイストブラケットですらフットコンペダルより一歩前に踏み込むと、フロントが沈み込んで水がドボドボと入り込んできます(||゜Д゜)

 そのため厚い板にフットコンマウントを付けたら確実に沈する恐れはありますが・・・で、いきなり実際の完成の図!wwこれらのものは何度も作っているのでサクッと完成です♪
 
そうです、この仕様のために以前買ったウルトラ軽量コンパクトな01マウント(超ショートカットバージョン)がどうしても必要だったんですね(^.^)

 この仕様になってどれだけの重量の増減があったのかはわかりませんが、ひとつ確実に言えること、それはもう自分が狭いフロートボートには適さない程の肥大化が進んでしまったであろうこと・・・(ToT)


これならエレキの上げ下ろしも楽そうです♪

 というわけで、ど~うしてもフロートボートに乗って釣りがしたければ、肉体改造をして己をブラッシュアップするか、それとも愛用しているTR82Vを諦め、軽いローパワーエレキでの屈辱的な釣りをするか、究極の選択を迫られているtactbassです・・・(+_+)(ネタバレすると、すでに肉体改造を諦め、46lbのショボいエレキを購入済みです。面倒なことは金で解決tactbassです(^.^))
08:33 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/28 お宝GET!? ストーム サイレントウィグルワート!?
 さて、最近はオールド物のルアーに目覚め始めたtactbassですが、おねいさんは絶対にピチピチな最新モデルの方が大好きなワガママtactbassです(//∇//)

 そんなわけで最近ずっとオールド物の、しかも初期モデルのストームのウィグルワートを探していましたが、コレクターにも人気のウィグルワートなのでとても実戦で使えるような金額では見つけられませんでした(..;)

 ところが某フリマサイトで当時の販売価格よりも安いモノを発見!初期モデルで程度もまずまず、カラーも探していた実戦的なものですが、さらにそこから値切り倒す鬼のtactbassです(笑)

 で、実際にブツが届きコフーンしながらビリビリと梱包を脱がせて眺めてみますがなかなか良い物件です( ^_^)でももちろん問題はこれら昔のアメモノはまともに泳がないものが多いので、スイムテストまでは油断できません。


ウィグルワートの中でも印字、スプリットリング、フックから推測するに初期モデルと思われます。その割にはなかなかの美品!どうせ実戦で使うからすぐボロになるけどww
 
 ドキドキしながらオールド物ならではの渋いサウンドを楽しもうとルアーを振ってみると♪・・・シ~ン・・・?????へっ!?ラトル音がしませんがっ!?せっかくオールド物の最大の特徴であるサウンドを期待して買ったのにまさかのサイレント仕様でした・・・!?


透明ボディーなのでもともとキレッキレの泳ぎと素敵なサウンドは期待していませんでしたが、まさかのサイレントとは!願ったりかなったりですww

 クッソ~!出品者のやつそんなこと一言も書いてなかったぜ、クレームで返品だな!p(`Д´)qな~んて思うわけないじゃないですか!こっ、これはまさに噂には聞いたことがあるレアなエラー品のサイレント仕様ぢゃないですか!?ww

 そうなんです、昔のウィグルワートはまれにラトルが固着してしまったり、最初からラトルを入れ忘れてしまいこんなサイレントモデルが意図せず出来上がってしまうことがあるようなのです。なんともメリケン野郎のずさんな仕事ぶりに思わずニヤけてしまいますが、職人の端くれとしては反面教師にさせて頂きます(^_^)ゞ

 肝心要のアクションですが、一緒に入浴した感じ多少のトゥルーチューンをしたところ痺れる微千鳥でメッサ釣れそうです!どこかの神のナンチャラアクションとかの人間だけが良く釣れるタコ踊り千鳥とはわけが違いますwwしかもサイレント仕様!(笑)こりゃ即一軍ボックス入り確定ですね♪


次はボーン素材のハイアピールタイプが欲しいです♡

※全然オールド物の知識がないのに適当に書いてしまいました。間違い等あればコメントで教えて下さい
08:00 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/27 福井県てドコ!?
 小さい頃から勉強大好きtactbassです。もちろん成績優秀エリート街道をひた走ってきました。なので分からないことなどほとんどないのですが、唯一社会科の日本地図の授業の時にたまたま休んでしまい、それだけがよく分かっていません。

 なので本当にたまったま苦手なのが日本地理だけで、あとは全て100点満点だったと子供にも言い聞かせています。もちろんそんな優良な成績表など人に自慢するものでもないので、誰も見られない実家の奥深くに封印してありますが・・・(T^T)

 そんなある日、福井県在住の方からこのブログにコメントを頂きました。って、フクイケンてドコ!?何が有名なの!?と、今までの人生の中で全く縁のなかった福井県について全然知りません・・・そこで子供達に大まかな場所や特産などを教えて貰う、四十半ばのオサーンtactbassですσ(^_^;

 なんでも全国に約5名程の精鋭しかいないと思われる我がブログの読者という極めてレアな方とのことですが、仕事の関係で東京に行くので、どんだけtactbassの変質性が高いのかわざわざお店まで見に行ってやる!とのことです(;゚д゚)もしかして特殊レンジャー部隊が素性を偵察しに来るのかもしらん・・・il||li (OдO`) il||li

 で、ついにその日、彼はやって来ました・・・手土産を持って(≧▽≦)その瞬間、『間違いない、この人は良い人だ!』と全てを悟った現金なtactbassです。\(^o^)/

   
本当に美味しかったです!ご馳走様でした(人''▽`)☆

 当然初対面だしPC上でのやりとりもありませんでしたが、そこは釣り人同士、すぐに意気投合致しました。彼は自分と同じく昨年からナマズ釣りを始めたようですが、釣りづらい時期からのスタート、スピニングタックルでの釣りにも関わらずかなりの数とサイズを上げています(゜Д゜)

 今シーズンからはベイトタックルやルアーも買い揃え気合い十分です。福井ではまだシーズン前のようですが、来るべきシーズンインを本当に心待ちにしている嬉しそうな彼の笑顔を見てこちらも元気を貰いました!彼の今シーズンの活躍が楽しみで仕方ありません。お互いで情報交換をして切磋琢磨していければ良いなぁと思います(^.^)

 福井県の釣り事情もいろいろと教えて貰ったのでいつの日かナマズ、バス、アオリなどなど釣りに行ってみたいですね♪ってか一応自分、バス釣りがメインなつもりなんですが、コメント頂いたりするのって鯰人やワカサギ、ソルトの人達ばっかりなんですが・・・釣りビジョンの出演依頼があった時も最初は自分は鯰人だと思われていたし・・・バスネタ少ないですか!?^^;
22:17 | その他釣り | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/26 モノタロウ 『オートセンターポンチ超硬チップ付』
 先日のオイルに続いて今まで全く知らなかった便利グッズです。これも知ってる人にとっては当たり前のツールなんでしょうね。

 今までドリルで穴を開ける時はそのままダイレクトに開けていましたが、始めに刃が対象物に食い込むまでがツルツル滑ったりしてうまく開けられなかったり、少しずれたところに穴を開けてしまいがちでした。

 それを防ぐためにポンチと呼ばれるツールをトンカチで叩き、小さなくぼみを作ることによって刃を狙ったピンポイントへ導く方法があるようですが、普通のポンチだと片手でポンチを対象物にあてがい、もう一方の手でトンカチを叩くために両手が塞がってしまうのと、場所や角度によっては素人には難しそうです。

 で、今回購入したのが毎度お世話になっているモノタロウの『オートセンターポンチ超硬チップ付』というものですが、こいつはこのツールの先端部分を対象物に押さえつけるだけでバチンと小さなくぼみを作ってくれます!片手で簡単にマーキングでき素人でも使いやすいです。ちょっとしたものですが、作業が効率よくこなせるのは嬉しいもんです♪

 
いやぁ~、いろいろな道具があるものです。これらの道具を使い分けて作業するのもDIYの楽しみの一つですね♪
06:52 | 買物 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/25 金子貴俊さんご来店!
 本日はオーシャンズ金子こと金子貴俊さんがいらっしゃってくれました!もともとお煎餅好きということで家のお煎餅もいたく気に入って頂き、たくさん買って頂きました!ありがとうございますm(_ _)m


テレビで見るより長身で、好感度の高いナイスガイでした♪
00:26 | 煎餅 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/24 モノタロウ タッピングスプレー ステン加工名人
 とにかくせこい自分は中高生の頃から市販品では価格の高いものや気に入らないもので自作できるものは、いろいろな工具類を使って自作してきました。

 もちろん電動ドリルで穴を開けるなんて、何百個開けてきたか分かりません。でも、無知ってオソロシイですね・・・これまでずっと金属類に穴を開けるときもそのまま開けてきましたが、本当はこんなものを使わなくちゃいけなかったんですね(^^;)

 最初から穴を開ける時に何もつけずに開けてきたのでそれが普通になっていましたが、どうやら本来は潤滑油的な?温度上昇を抑えるものを塗らないと効率が悪かったりドリルなどの刃を傷めるようです。そこで、それ用のスプレーを買って試してみると、実に効率的に作業ができるようになりました!


こいつを使えば楽に早く穴を開けることができます!もう手放せませんww

 いゃあ~、今までどれだけ無駄な時間と労力、ドリルの刃を使ってきたことでしょう。こんな当たり前のことを、40半ばのオッサンが初めて知る、まだまだ世の中知らないことばかりです。って一般常識すらまともに知らない残念なtactbassです(..;)
00:11 | 買物 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/23 オートビルジポンプ交換
 水も滴るいい男、なtactbassです。そんな雨男の自分にとっての必需品のひとつがビルジポンプです。ポインターには2つ設置してあるし、フロートボート釣行の時にも必ず積み込んでいきます。

 ポインターにはスイッチのオンオフで使う普通のものと、水が貯まると自然にスイッチが入って排水を行ってくれるオートビルジポンプが設置してあります。


デッキが張り詰められているボートは特にオートビルジが必須です。以前ライブウェルの水が漏れているのに気づかず、デッキを開けたらバッテリーのターミナルまで数センチのところまで水が溜まっていて死にかけたtactbassです(;゚Д゚)

 でもやっぱり釣りに夢中になっているとつい雨水が溜まっている事に気が付かなかったり、豪雨の時には何度もスイッチを入れる手間を考えたらオートビルジポンプの方が便利ですよね。

 ネックとしては価格が高いことですが、最近は安く買えるものもあるようです。というわけで昨年ビルジポンプが2機とも調子が悪く、焦りまくったので今のうちに交換しておきました。


安いものでしたがちゃんと最低限の機能はついているようです

 今回はヤフオクで送料込みで3000円しないものを2個購入しました。ポンプ類はかなり壊れやすいので本当はあまり安いやつは不安が残りますが試し買いという感じで購入してみました。取り敢えず作動は確認できたのであとは耐久性に期待ですね。


結構壊れる消耗品なので低価格なのは嬉しいですね♪

00:37 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/22 ストーム ピーウィーワート
 最も好きなクランクベイトの一つにストームのウィーワートがあります。最近のアングラーには分からないかもしれませんが、ストーム、いや、クランクベイトを代表する名品のウィグルワートの弟分です。ウィーワートの魅力は以前記したので興味ある人はそちらを見て頂くとして、今回の話題はピーウィーワートです。


ちっさいボディーにまん丸お目目!可愛い過ぎる♡

 ウィグルワートシリーズは大きい方からマグワート、ウィグルワート、ウィーワート、そして末っ子のピーウィーワートの4サイズがあります。自分の中ではお兄ちゃんのマグワートから末っ子のピーウィーワートへとサイズが小さくなるほどヤンチャ度が増すように思います。優等生のお兄ちゃん、一般的には千鳥クランクとして通っている次男ウィグルワート、そして次男を遥かに凌ぐハチャメチャアクションが魅力の3男坊、そしてワガママ放題のピーウィーワートといった感じでしょうかww

 でもピーウィーワートはサイズの小ささ、かなり破天荒ですぐにバランスを崩してしまうシビアなイメージもあり今まで使ったことがありませんでした。ですがやっぱり最も好きなルアーの弟ということでどうしても使ってみたくなり、遙か昔に廃盤となっているピーウィーワートを今更ながら探しだし、購入してみました!


数十年も前のルアーですが、美品を入手することができました♪

 ドキドキしながら一緒に入浴してみますが、やっぱり・・・あさっての方にスライスしながら泳いでいきます^_^;トゥルーチューンをするもちょっとやそっとアイを曲げた位じゃ真っ直ぐに泳いでくれません(*_*)これでもか!という程曲げてやっとバランスがとれました。


3㎝、5g程度の小さなボディーにこの大きなリップ!そりゃバランスとれてるほうが奇跡ですよww

 で、そのアクションは・・・。う~ん、こりゃ釣れちゃうでしょ!!こんなミニマムなサイズですがしっかりとワートシリーズのDNAを受け継いでいます(≧▽≦)シャカシャカと全力で危うげにふらつきながらの蛇行軌跡、トリッキーにバランスを崩すリアクション誘発アクションがこのサイズで繰り出されたら、そりゃスレた魚も思わず手が出てしまうでしょう。これはアタリですね!


小さいボディーに純正でこの大きな針を搭載していることからも本気度がうかがえます。サイレント仕様ながら泳ぎのダイナミックさはワートシリーズの中でNo.1!?

 でももちろんこのサイズ、はっきり言って飛ばないでしょうし広範囲の魚を引きつける力も強くはないでしょう。そしてなによりも少し巻く速度を上げると破綻してひっくり返ってしまったり横にスライスしてしまいます。なので出しどころとしては、ワームには反応しないような魚に対し、狙いすましたピンスポットでかなりスローに巻いてリアクションを狙う釣りに使いたいです。


上のウィーワートと比べてもこの小ささ!使いどころを間違うと小バスの嵐になりそうですが使って楽しいルアーであることは間違いありません

 最近はこのルアーをはじめ、やたらストームのルアーに興味津々です。確かに子供のころから使っていて懐かしいからというのもありますが、当時は使いづらかったこのような軽量ルアーも今時のベイトフィネスタックルなら使うことができるでしょうから、改めてその効果を確認したいという思いがあるのです。今シーズンはこいつにも頑張ってもらいます!
01:23 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/21 01マウント用スタビライザー塗装
 先日買ったデュカ·クラフトワーク社のモーターガイド 01マウント用スタビライザー。まぁどうでも良いんですが、やっぱりどうにもシルバーな色がいまいちです。そんなわけで塗り塗りしてみました。


こういった後付けチューンナップパーツと言えば、やっぱりかっちょいいカラーリングが基本ですよね!?これだとどうにも味気ない(-_-;)

 色はスバルインプレッサのメタリックなブルーに決めました。あまりスプレー缶での塗装が上手くいったことはありませんが、今度は上手くいくことを夢見てソフト99の各種スプレーを使いました。で、一応A型な自分、繊細で几帳面なところともあるんですが、今回は大雑把で適当な悪い部分がでました(笑)わかっちゃいるけど相当な手抜き作業です(;^_^A


数ある作業の中で、塗装って最も面倒で汚れるし臭いから嫌い・・・でも今回は重い腰を上げての施工です!

 仕上がりは、まぁあれですが、遠目、もしくは目を細めて見ればなかなか素敵な仕上がりで、一気にレーシー感が増しました!って付けるのは46lbのヘッポコエレキですがσ(^_^;何はともあれ自己満足、大事ですよね!(^_^)ゞ

  
なかなかいい感じのメタリックブルーです!まだスプレー余ってるので次は何を塗ろうかな?(^^)
01:33 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/20 deps ブルシューターjr.用リペアパーツ
 先日デプスのウェブメンバー限定ルアーであるブルシューターjr.ブルドーズjr.を注文したわけですが、その時に一緒にリペアパーツであるスペアフィンとスペアテールも注文しました。

 上記ルアーは使ったことがないので果たしてリペアパーツが必要かどうかもよくわかりませんでしたが、とりあえずなくなったらまた注文するのも面倒なので一緒に注文した次第です。

 小さなパーツのくせに結構なお値段ではありますが、これらがなくなるときっとバランス的に支障がでると思われるので仕方ないですね(^_^;)


胸ビレは柔らかく、尾ビレは硬めです。変なクセがつかないように気を付けて使いたいところです。
00:08 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/19 deps ブルドーズjr.
 デプスのウェブメンバー限定で販売されたブルドーズjr.が届きました!時期的にはちょうどこれらのルアーが活躍するジャストなタイミングです。何を隠そうこのブルドーズjr.とブルシューターjr.が購入したいがためだけにウェブメンバーになったわけなのでσ(^_^;

 相変わらず1色はまともなカラーで、もう1色はショボイ色での販売とムカつくことはありますが何はともあれ入手できて嬉しかったりします(^o^)入手したのはアズライトというギルチックなカラーのみで、もう1色のビジブルブラックというカラーは見送りました(もっと魅力的なカラーを販売してくれ!)


上がブルシューターJr.、下がブルドーズJr.です。見た目的にはリップ以外ほとんど同じに見えますが、コンセプトはだいぶ異なるようです。

 形的には人気のブルシューターJr.のリップ付きといった感じで、ラトルが加わった他ウェイトバランスも調整されているようです。大きさ的には関東のフィールドでもとても使いやすいサイズですが、逆に言うとビッグベイトとしての効果は薄そうとも言えます。


ビジュアル的にはかなり良い感じですね♪待った甲斐がありましたww

 実験場(お風呂場とも言う)で泳がせてみた感じだと、結構浮力が強く、ラトル音もかなり響いています。泳ぎもバタバタとアピーリーに動くというよりはフラつきながら比較的スルスルと艶めかしく泳いでくれかなり釣れそうな動きです!あまり人気のないブルドーズですが、自分のフィールドでは活躍してくれそうです(^.^)

 コンセプトがギル型クランクということで、ギルシューターとの使い分けとしてはシャローフラットを効率良くただ巻きで使ったり、リップ付きのカバー回避性能を活かして、いかにもな障害物に絡めながら引いてくる、ボトムやカバーにガツガツぶつけながら威嚇しながら引いてくる等々でしょうか。


このリップのおかげでリップレスが主流になったビッグベイトの中でも使い分けができそうです

 ともあれこのブルドーズJr.とブルシューターJr.があれば自分的フィールドでは大体事足りるはずで、より高活性だったり大きい魚が釣りたければジャッカルのガンタレルオリジナルサイズを使えばもう自分的にはギル型ビッグベイトはこれでOKです(本当はもっといろんなギル型ルアー欲しいけど、高っかいしこれで見切りつけないとねww)

 昔はビッグベイトと言えばリップ付きのものをただ巻きでブリブリと泳がせて使うのが主流でしたが、いつの間にか動きがナチュラルかつトリッキーな動きが出せるリップレスタイプへと変わっていきました。でもまたリップ付きが見直されて最近はチラホラ発売されていますが、ビッグベイト=リップ付きな時代にビッグベイトを使っていた自分的にはコイツは親近感があります(笑)今年の活躍を期待しています!


ただ巻きで使えるブルドーズJr.は自分のスタイルにマッチしてそうです。
00:04 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/18 deps ブルシューターjr.
 待ちに待ったデプスのウェブメンバー限定ルアーであるブルシューターjr.が届きました!以前にも書きましたが、このルアーが買いたいがためだけにデプスのウェブメンバーになったわけですから(^.^)

 今回販売されたのがアズライトというギルチックなカラーと、スターダストブラックという黒系のちょっと手抜きなカラーの2色ですが、せっかくなので一応2色とも購入しました。


ブラックは買うかどうか悩みましたが、最近某人気ブロガーの方のギルパターンはブラックが圧倒的に強い!的な記事を読んで一安心なミーハーtactbassですww

 まぁ今でこそ各社から色々なギル型ルアーが販売されていますが、その火付け役の一つがブルシューターであることは間違いないでしょう。流行に疎い自分はブルシューターの存在を知ったのは発売からかなり経ってからですが、友人が使っているその動きにやられ、自分も欲しくなってしまいました。


第一印象は結構小さいな・・でしたが、以前ギルを餌に使った釣りで学んだことが生かせそうです。

 特にブルシューターJr.はサイズ的にいつでもどこでも無難に使えそうでいい感じです。こいつを入手するまではジャッカルのガンタレルオリジナルサイズを使っていましたが、やっぱりビッグベイト本来の威力を体験できるのはガンタレルの方だと思いますが、やはりオールラウンド性はブルシューターJr.に軍配が上がりそうです。


重さも軽いので普通のタックルでいけそうですが、せっかくtailwalkのビッグベイト竿も買ったことだしそれでやってみます(^.^)

 使い方としてはシャローフラットやカバー周りでのただ巻きやストップ&ゴー、ジャークやステイなど様々な使い方ができそうですが、特にスポーン絡みの時期は有効そうです。動き的には動かしてからのストップ後に自発的に惰性で動く様がなんとも堪りません!


フェザーフックにしたいですが、やっぱり標準で搭載されていないのはJr.サイズだと動きが悪くなるから!?

 ただやはりサイズ的な弱さはあるのであくまでガンタレルが先発で、ガンタレルだと強すぎると感じた時や見切られる時に登板させたいと思います。やっぱりガンタレルは素晴らしいルアーですからね。
07:54 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/17 スミス ディプシードゥ 後期モノ!?
 『モノ』ってだんだん改良されて良くなっていくものが多いですよね。実際に使った人の意見を聞いて使いづらかった点を直したり、さらに便利な機能を追加するなどです。パソコンや電気製品、リールなんかもね。でもルアーに関しては初期型の方が良かった、なんて声もよく聞かれたりします。まぁないものねだりのわがままだったりすることもあるんでしょうが、そういったことは名品と言われるものほど多いように感じてしまいます。

 有名なところだとストームのウィグルワートなんかがそうですよね。オールドと呼ばれるものの評価が高く、まぁ途中のラパラのものは論外として、現行のものもかなりオールドものに近づけたようですがやはりオールドを求める人が多いです。さらにはそのオールドのなかでも初期・中期・後期なんて分けられたりして、やはり一番初期のものが評価が高いようです(レアだからということではなくて実釣面で優れているという点で)

 他の多くの『モノ』は時代を踏むごとに進化しているのに、ルアーの世界では必ずしもそれが当てはまらないのは、生産効率を求めてクオリティーが下がるからなのか、ルアーというものが偶然に良いものが生まれることが多く、狙って釣れるルアーを作るのが困難だからかもしれませんね。

 で、先日初めて購入したスミスのディプシードゥですが、自分が買ったのは現行品です。でも実はこれにも初期・後期・現行品がありアクションも違うらしい!?スミスの方のブログにはこんな感じで書いてありました。初期型はレスポンスの良いウォッブンロールアクションで、後期型はロールは抑えられウォッブリング寄りのアクションとなっているようです。そして現行品は初期型のアクションを踏襲したものとのことです。ブログ主様はどちらが良いとは言い切れないとしつつも初期型の方が好きと言っておりました(笑)


前回買ったディプシードゥ3がなかなか素敵な泳ぎだったので、違う系統のカラーを追加買いです

 ちなみに外観上の見分け方としては、お腹の印字がロゴマークであるものは初期型、ゴシック体の文字で入っているものが後期型だそうです。なんでこんなことを書いたのかというと、最近追加で手に入れた格安の新古のディプシードゥー3のお腹にはゴシック体で名前が書いてあったのでコイツは後期型だなと。


初期・現行型とは動きが異なるとされる後期型。魚が好きなのはどっち!?

 早速我が試験場で動きを確認してみたところ、やっぱり結構違いますね・・・現行品がシャッドチックに小刻みに震えるような泳ぎで比較的ナチュラルで複雑に動き、結構危うい感じのふらつくような軌跡です。対して後期ものはクランクベイトらしい大振りな泳ぎで安定しているように感じます。とはいっても細身ゆえ丸っこいクランクのような水を押すというよりはスルスル泳ぐ感じです。当然現行物の方が全然釣れそうな泳ぎで全然好きですが、実際の効果は魚に聞いてみるしかありませんからね(^-^


この細身のボディーを生かした効果はいかに!?今期はちょっと使ってみたいですね!

 まぁだからといって実際の釣果に差が出るとか、使い分けられるかというとかなりそんなことはなさそうな気がしますが、それでも釣り人って夢見てそんな細かいことを追い求めてしまうんですよねwwというわけで目下ウィグルワートの初期のオールドものを血眼になって探しているミーハーtactbassです(^.^)
00:21 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/14 ポツポツと忙しいです・・・
 最近はやらなければならないことが山積みでとても釣りに行けるような状態じゃありません・・・魚探、エレキを買ったのでそのセッティングに追われているからです。ボート系の艤装だけでいっぱいいっぱいで、今年もタックルはノーメンテ、ラインも現場で巻くようなことになりそうです(+_+)

 もうナマズ釣りもシーズンインするというのにそれどころじゃない感じです。ましてや仕事なんてしてる暇はありませんよ!?と言いつつもおかげさまで仕事の方は卸先の方が忙しいおかげで休みもほとんど取れません・・・

 先週はジャニーズのV6の坂本さん、今日は、誰だっけ・・・・下の写真のお笑い芸人の方とアイドルの方がいらっしゃいました(名前覚えられずスイマテン・・・)σ(^_^;、来週は金子貴俊さんがご来店予定と、ますます休み辛くなるじゃないですか(T^T)というわけで夜中まで艤装に勤しみ、仕事中は昼寝に興じる多忙なtactbassです(^.^)


お名前は伺ったのですが、2秒で忘れました・・・最近は大好きなルアーの名前も出てこず末期症状なtactbassです(*_*)
22:30 | 煎餅 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/11 ストーム ショートワート
 昔から持っていて未だに所有しているルアーって意外と少ないです。あるときから使わないルアーは徐々に処分していってしまったからです。そんな中でもまだ手元にあるルアーの一つがストームのショートワートです。


ちなみにこいつは最近入手したやつです。昔からのやつは稚拙なリペイントされたり、酷いチューンされたものばかりなのでσ(^_^;

 もともとはスィンフィンのファッツオーと呼ばれていたものがストーム社扱いになりショートワートと名称が変わったのかな?て、ここらへんはオールドマニアではないのでよく分かりません。適当に言いました(^.^)

 多分形は同じで、素材だかラトルが違うだかで音が違うと言われていますが、カラーによってもだいぶ音が違うのでそこらへんの違いも自分にはよく分かりません。

 でも動き的にはファッツオーの方がレスポンスよくキビキビと泳ぐようなイメージがありますが、それも気のせいかもしれません。釣果的にはどちらもよく釣れましたね。


このリップとボディーバランスがあの絶妙アクションを生み出します。

 で、そんなショートワートをなぜ未だに手元に残しているのかというと、やっぱりこのルアーでしか出来ないことがあるからに他なりません。シャローレンジをフラつく軌道で大きくボディーを振りながらシャカシャカとせわしなく懸命に泳ぐ姿は子供ながらに釣れそうな気満載のアクションでした。

 このショートワート、ウィグルワート、ホッテントット、そして最も愛しているウィーワートをはじめ、昔のストームのルアーは激しく泳ぎ、今で言う千鳥アクションに優れている動きに特徴のあるものが多かったようです(確かウィグルワートはあの動きでパテントを取っていた気がします)

 そんなわけで、自分に釣れる千鳥アクションとはこういうものだといつの間にか教えてくれたのがショートワートを含むストームのルアー達で、無数のルアーがある現在でも他に類を見ない強烈にリアクションを生む動きで何十年もタックルボックスに収まっている凄いルアーなのです!


ファットボディーで高浮力、シャローレンジでは欠かせませんでした。ただ自分の行くフィールド的にウィーワートが一番好きでしたが、今年は久々に使ってみようと思います。
00:08 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/10 スィンフィン ホッテントット
 自分のルアー釣りでのファーストバスは、中学1年生の時に友人と一緒に電車とバスを乗り継いで行った奥多摩湖でスィンフィンのホッテントットで釣りました。同じ東京都でありながら奥多摩湖は遠く、たどり着いたのは10時位で、15時位には納竿しないとなりませんでした。今も昔も難易度の高い奥多摩湖でしたが、その日は35㎝程のバスが赤のホッテントットで3匹も釣れ、その時の様子は今もくっきりと脳裏に焼き付いています。


今見ても個性的なルアーですね。でもそのアクションはホンモノです!

 その時は岩が崩れたガレ場を赤のホッテントットでボトムノックをさせているとグンと竿が引き込まれ、ベロベロに柔らかいベイトロッドを絞り込みナイスなファイトを見せて上がってきたのが自分の人生初バスとなりました。その後も同じ釣り方で2匹のバスを手にすることができ、すっかりホッテントットの虜になってしまいました。

 その次の日からそのホッテントットはキーホルダーとして一緒に登校し、バイク、車のキーホルダーとしてお守り代わりとして活躍してくれました(笑)最終的にはまだ結婚前の嫁に看護師試験のお守りとして、マジックペンでとても恥ずかしいメッセージを激しく汚い字で書いてプレゼントしましたwwそれから20年近くそのホッテントットと対面することはありませんでしたが、先日釣りビジョンの五畳半の狼に出演したときに、その恥ずかしいメッセージとともに紹介されたとてもメモリアルなルアーなのです。


ちなみにこれは、例の恥ずかしいルアーではありませんww冷やかされそうなので封印しておきます(^^;

 と、気を取り直してホッテントットの実力はというと、逆立ちした状態で浮き、急潜行すると言われていましたが実際にはそれほどでもなかったようですが、当時としては相当優秀なルアーでありました。泳ぎも大きく激しくボディーを振りながらしゃかりきに泳ぐ様は驚愕に値する釣れそうなアクションでした。軌道も今でいう千鳥アクションで実に危うげに泳ぎます。しかもサイレント仕様で、今でも間違いなく通用するであろうリアクションベイトに思われます。


この時代は今と違いルアーの種類も多くなく、皆が同じルアーを使っていたので同世代の人とはつい話が盛り上がってしまいます(^^)

 ただ空気抵抗のせいか投げづらかったイメージがありますが、現代の優れたリールで使えばその弱点も何てことないのかもしれません。今日久々に一緒に入浴してみましたが、やっぱり今見てもスゲェ~ルアーであることはビンビンに伝わってきます。ただの懐古主義としてではなく、実戦での戦力として使ったみたくなりました♪
 

深度・アクションが変えられる独特な金属リップ。ほんとオリジナリティーの高い逸品ですね!


00:53 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/09 MOHOO 高速鋼ドリルビット
 普段の生活や船の艤装など、電動ドリルを使って穴を開けることはよくあります。通常穴を開ける場合、先ずは細いドリルの刃を使い小さな穴を開けてから、徐々に太い刃を使い目的の大きさの穴を開けています。でも困った問題が・・・。

 自分はドリルの刃を買う時は、安いのでいろいろな太さの刃がセットになったものを購入しています。でも、必ず使う細いドリルの刃って折れたり使ってるうちにナマクラになって切れなくなり使えなくなることも多いです。大体太い刃だけが余ってしまいます。そこでバラで細い刃を補充購入するのですがこれが結構高い・・・。

 そんなある日、Amazonで細い刃だけのセットを発見!MOHOO 高速鋼ドリルビットは1.0・1.5・2.0・2.5・3mmの刃がそれぞれ10本ずつ入ったセットになっています。まさに出番が多く、折れやすいところです(笑)価格も1本28円程なので切れ味が悪くなったら躊躇なく交換できていいですね!


安価ですが切れ味もそこそこで、ホビーレベルの使用の自分には十分です!
01:01 | 買物 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/08 RAMマウント タブレットバインダー L
 最近は自宅にデスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット、スマホと充実したネット生活を送っているます。まぁそれぞれを使い分けているというよりは、なんとなく気分によって使い分けているだけの、ハイテク機器は猫に小判なtactbassです。

 ちょっと高いけど、いろいろなものを自由な形でがっちりと固定してくれるRAMマウントの各種アタッチメント。ちょっと思うことがあり、先日買ったHUAWEIの『MediaPad T2 10.0 Pro Wi-Fiモデル』という10″タブレットを固定できるタブレットバインダーLというものを買ってみました。

 
価格が高かったのでずっと購入をためらっていましたが、ありえん位の低価格で販売しているところがあったので思わずポチッ!

 構造、素材的に強度は大丈夫!?と思えるようなものでしたがまぁ大事に使えば大丈夫なんでしょう。仕組みは極簡単なもので、バネが入っており、タブレットの大きさに合わせて伸縮させることができます。


縦・横共に収まりますが、さすがに美しくピッタリ!というわけにはいきませんね(^_^;)

 実際に装着してみると、『MediaPad T2 10.0 Pro Wi-Fiモデル』の専用というわけではないので、伸縮しない方の横幅が少し大きいですが仕方ないですね。まあもし不都合を感じたら切ってやろうと思います。このホルダーにRAMマウントの他のアタッチメントを組み合わせて取り付けてみましたが、ちゃんとガッチリと固定され、脱落等はなさそうです。


何かと使えるRAMマウント。結構なお値段しますが、使いまわしができる点を考えれば結果そんなに高くない!?

07:27 | 買物 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/07 ティムコ ステルスペッパー90s
 釣れるプロップベイト、ティムコのステルスペッパーは最も好きなプロップベイトの一つですが、今回初めて90サイズのものを買ってみました。とても安く売っていたのでつい・・・σ(^_^;

 
チャートバックアワビ、めっさ素敵な色です♡この手のルアーは目視できることが釣果に大きく影響しますからね!

 セールで叩かれまくっていたステルスペッパー90s。55や70サイズは適正価格で売られているのに、90や110の大きいサイズはセールにされているのはやっぱり人気がないんでしょう。でもあれだけ釣れるステルスペッパー、大きくても釣れるはず!とポジティブに安いルアーを買う口実を作るtactbassですww

 もともと55・70サイズはよく使っていますが、特徴でもある弱アピールも荒天時、広い範囲を釣りたい時等にはデメリットにもなったりします。そこで以前からもう少し大きいものも使ってみたいとは思っていました。が、実物は70サイズの体高、幅しかないので全然大きくは感じません。それでいてトレブルフック×3本はかなりいいですね♪

 
ちょうど釣れ頃な、いいサイズですね。今シーズン大活躍するのは間違いないです!

 そもそも見せて追わせて食わせるこれらI字系のルアーに大きいものが有効かどうかは使ったことがないのでわかりませんが、見切られそうな気もするし、リアクション気味な効果が生まれそうな気もするし・・・ここらへんはやっぱり使ってみて判断デスネ(^.^)

 
70サイズと同じボリュームで、ただ長くなっただけなのでとてもスリムに感じます。こりゃいいっすわ!ペラも気持ちサイズアップされてます。
00:15 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/06 スミス ディプシードゥ3
 長い期間販売され続け、ずっと使われている所謂名品と呼ばれるルアーがあります。これらは言うに及ばず釣れるからリピート買いされるわけで、製造も続けられているわけです。そんな名クランクの一つにスミスのディプシードゥがあります。このクランクも販売から20年近く経ちますが未だに販売され続けている、ベテランアングラーにはおなじみの名クランクです。

 一世を風靡したこのディプシードゥ、相当数売れ、多くの人が使ったルアーだと思いますが、当然バス釣り歴35年の自分も愛用していま・・・いま・・・せんでした・・・。とにかく釣れると評判だったディプシードゥですが、優等生には劣等感のあるtactbass、『そんなよく釣れる、人気者のルアーなんてあえて使わねぇぜ!』と天邪鬼剥き出しで意地でも使いませんでした(~_~;)そんなディプシードゥを使ったことのない、ある意味とてもレアな親父バサーtactbassです(^^ゞ

 というわけで、とっくにブームが去った今だからこそ、あえて使ってみるのです!!(笑)そんなわけで今更ではありますが、ディプシードゥ3をGetしました。ディプシードゥは元祖システムクランクのスミス ハスティー(こいつはレンジによって大きさがが異なっていましたが各サイズ使ってました)よろしくシステムクランクを謳っていますが、ディプシードゥはボディーサイズは同じでレンジ別にいろいろなバリエーションがありました。レンジ以外にもバリエーションが多かったのは、それだけ売れたからここぞとばかりに目先を変えて販売しようとしたのでしょうww


カラーはカスミベイトというカラーを購入。でも昔のカラーのほうがバリエーション豊富で、いいカラーが多かった気が・・・

 中でも一番評価が高いのが3.2mダイバーのディプシードゥ3だそうなので、鵜呑みにしてこいつを入手した次第であります。あらためてそのボディーを見てみると、クランクではありながら細身のボディーと、今となってはあまりない!?肉厚なリップが特徴的です。


まさに昭和なクランクww今まじまじと見てみると逆に新鮮な感じがしますね(^_^)

 泳ぎ的には力強くブリブリと泳ぐというわけではなく、かといってハイピッチにピリピリと動く感じでもありません。やはり動きも昭和な香りのするウォブリングとロールがバランス良く含まれた感じです!?^_^;何と言うか、ヌルヌル魚っぽく泳ぐ生命感のあるナチュラルな動きに感じます。サウンドもコトコトとなんとも地味です。でもこの動きこそが長年バスを魅了し続ける秘密なんでしょうね。

 近年はシャッドシェイプでただ巻きでクランクのような動きをするものも多いですが、コイツはクランクシェイプでシャッドのような動きもだせるということでしょうか。そういったわけで、あまり強さが求められない、食わせの要素が必要と感じられた時にこのディプシードゥを投入してみたいと思います。


最近はあんまりこういったナチュラルに泳ぐクランクを使ってないなぁ。今期の投入が楽しみです!

 気になった点は飛距離やアキュラシー的には今時のクランクの方がいいような気がします。また、あの比較的スリムなボディーに大きめのリップを搭載しているのでスライスしてバランスを崩しやすかったり、ちょっとしたゴミなんかを拾っても動きが破綻しそうな気がしました。まぁ、お風呂場テストしかしていないので、実戦でのインプレはまた後日致します。さてさて、釣れますかねぇ~!(^^ゞ


ある意味完成されたボディフォルムなんでしょう。美しいシェイプしてます。
00:03 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/05 イマカツ スケアブローデケム
 今、一番自分が釣れると思っているクランクベイトがイマカツのスケアブロー7です。自分の行くフィールドにとても合っているように感じられ、実際こればかり使っているしとても多くの魚を釣っています。ただあまり話題にならないので自分の行くフィールドだけなんでしょうか?本当に良く釣れるんですが・・・


数は無数、50upも2桁は釣れ、こんなダブルヒットも3回体験したスケブロ7。現状自分的最強クランクです!

 で、後発でコイツの大きいバージョンが発売されているのは知っていました。でも、値段も高いし、大体オリジナルサイズに痺れて小さいサイズや大きいサイズ、その他のバリエーション違いを買うと大概ガッカリさせられることがほとんどなので、ずっと見送っていました。


あぁ~、ずっと悩んでいたけどついに買っちゃった・・・

 でも、ず~っと買うか悩んでいましたが、ヤフオクで安い新品が売っているのを見つけてついに買ってしまいました。わかっちゃいるけど、最近は安いからと言っては本当に必要かどうかもわからないルアーを買ってしまう悪い癖がついてしまったtactbassです(-_-;)


カラーは反射系とゴースト系。まずはこれで十分です。

 スケブロ7が48mm8.8gで2mダイバーなのに対し、デケムは57mm14gで2.5mレンジをカバーします。見た感じはだいぶ大きさの違いは感じますね。一緒にお風呂に入って仲良く戯れた感じだと、7がハイピッチで小さい振りの危ういバランスのウォブリングなのに対し、デケムは大き目のウォブリングで優等生のように普通に泳ぎます。あれ!?これって全く別のルアーじゃん(・。・;7の泳ぎに惚れてデケム買ったのに・・・

  
大きさのみならずシェイプもだいぶ違いますね。おまけにアクションまで。ってこれじゃ完全に別のクランクですYO!( ̄▽ ̄;)

 というわけで今まで7だと、もうちょっと潜って欲しいんだよなぁ~・・・という場面が結構ありましたが、そんな時こそデケムの出番だと思います!とはいえサイズ、アクションが全く異なるので当然7と同じ効果が望めるわけもございませんが、やっぱり同等の釣果を期待してしまうんですよねぇ~(^_^;)


上が7、下がデケム。正直現段階ではスケブロ7とは全く別物だと思っています。釣果も上回ることはないでしょう!!(て、使う前からネガティブ発言すな!ww)


06:38 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/04 River 2 Sea ワッパープロッパー90
 ルアーを買う時って、過度の期待と共にいろいろ妄想してワクワクしながら買いますよね?でもその期待ってほとんどの場合大きく裏切られますよね(T^T)でもまた少しするとそんな苦渋も忘れて同じ過ちを何度も繰り返す、みたいなσ(^_^;

 そんながっかりルアーの一つに、デプスのウェブ会員限定ルアーのユウドウがあります。もともと本家のRiver 2 Seaのワッパープロッパー130(これ自体が他のルアーのパクリ品と言われていますが)が欲しかったのですが、海外モノなので扱っているところも少なく入手できなかったので、ワッパープロッパー130を完璧にパクリオマージュしたユウドウに期待したわけです。


いやぁ~、期待が大きかっただけにそのがっかりようといったら、メーカーの信頼性さえ疑いましたね

 ところが外観は完全コピーなのに、なぜか肝心の釣れる要素を全くマネしなかった理解に苦しむルアーでした(・_・;)。(自分的にはですよ)数投しかしていないのでもしかしたらスンゲェ~ルアーだったのかもしれませんが、少なくとも自分にとってはウ○コルアーだったので速攻売り払いましたが(-_-;)

 
海外ルアーにしては結構格好いいパッケージ!気に入りましたww

 というわけでやっぱり本物が欲しくなってしまうわけで、結局ワッパープロッパーを購入してしまいました。ただメジャーな130サイズではなく、小振りな90サイズを入手しました。で、実物は想像をはるかに超える小ささでした(笑)海外の動画で小バスがガンガン釣れている映像がたくさんあったけど、このサイズなら納得です。国産の平均的なトップウォータールアーよりも小さい程です。

 
第一印象は、小っさ!!(笑)130サイズを見ていたのであまりの小ささにたまげた。90mmないしww

 これだと11gとかなり小さいので普通のタックルで普通のトップウォータープラグとしていつでもどこでもどんな状況でも使えそうです。ただもちろん本来のワッパープロッパーとしての効果は期待出来なそうですね。しかしながらプロペラの回転具合やサウンド、スプラッシュを見ると期待が高まります!ユウドウとは違ってねww(^.^)使ったらインプレしますね!

 
小さくてもテールの構造、アクションはさすがのモノホンです。



この動画の釣果はプライべートポンドだろうからさておき、こんなワッパープロッパーのアクション動画を何本も見てきたからこそ、ユウドウのアクションを見たときには1投で出来の酷さに怒りさえ覚えました(-"-;...

00:28 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/03 イマカツ チタンバイブ12g
 あぁ、もう春でメタルバイブなんて使う予定ないのに、安かったからってまたポチってしまいました・・・完全に浪費癖がついてしまい、自己嫌悪なtactbassです(T^T)


今回はこの3点セットです。ヤフオクなどで安く購入すると、もう定価で買うのが馬鹿らしくなりますね(^^;)

 先日は同じイマカツのメタルバイブ、ソルティーマッハソニックを買いましたが、今度はチタンバイブです。コイツも名前が示すようにマッハと同じくチタン製ボディーが採用されています。


シェルカラー2色とホロが1色。共にいいカラーです(^_^)

 チタンバイブはメタルバイブとしてはベーシックなギル型のシェイプゆえ、マッハよりもよりアピール力が欲しい時が出番でしょう。フォールもミノーシェイプのものと比較してヒラヒラとイレギュラーに落ちることで使い分けができそうです。


まぁ、形状的にはよくあるギル型タイプ。とりわけ特徴は見受けられません。

 って、今までのメタルバイブはほとんどのこの形なんで、問題は他のメタルバイブと比較してどうなの?ホントにチタンならではの効果があんの?って事ですよね。


チタン採用とのことですが、パッと見それ程薄くは感じません・・・

 で、実戦ではまだ使っていないので釣れるか釣れないのかの効果の程はわかりませんが、仲良く一緒にお風呂で戯れた感じだと、あれ!?・・・過剰な宣伝文句に対しかなり残念な感じ(-_-;)期待していた程のハイレスポンスさ、ハイピッチさは全く感じられず普通のメタルバイブと差異は見受けられず(・_・;)。(あくまでお風呂場での印象ね)さてさて、実戦での使用感はどんなものでしょね~。
00:39 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/02 HMKL K-Ⅰ mac ES
 先日HMKLのK-Ⅰmacについて書きましたが、最近ネットサーフィンをしていてK-ⅠmacにウェイトUPバージョンのESシリーズがあることを知りました。(だいぶ前から発売されていたようですがww)当然ウェイトを増したことにより飛距離UP、引けるレンジの幅広さ、多少リトリーブスピードを上げても浮き上がりにくいため効率よく広範囲を探れること等が期待できます。

 
本来プロップベイトってスローに使うことが多いですが、こいつはグリグリと巻いてやります!

 もともとブログでも書いたように、自分的にK-ⅠmacはどちらかというとI字系のルアーの中では比較的スピーディーに使っています。そのためK-Ⅰ mac ESはさらに他のI字系ルアーと差別化できることになりそうです。具体的には対スモールマウスバスでの活躍に期待しています。もともとスモールにも強いK-Ⅰ macですが、ESはさらにディスタンス、深めのレンジ、早めのリトリーブスピードと、どれをとってもスモールに効きそうな要素がいい感じです!

 
というわけでスモールマウスバスを意識したカラーチョイスです。ちょっと高いけど、やっぱりアワビはいいよね♪ 


00:06 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/03/01 スミス アイアンフォース
 自分のバズベイトでのファーストフィッシュは、中学生の時にダムでフローターに乗って、立木の脇を通した時に釣れました。その日は何匹か同じパターンで釣れ、未だによく覚えている程の衝撃を受けました。もちろん昨日の夕飯はよく覚えていないtactbassです。

 その時はスタンレーのバイブラバズでしたが、その後も各社いろいろなものを使い釣りまくってきました。何度か本当に手が付けられない程のバズならではの大爆釣も体験しました。そんなバズ大好き人間だった自分が、一番釣ったバズベイト、それが・・・・何だったっけ!?σ(^_^;

 そう、あれだけ強烈な破壊力で釣りまくってくれたバズを覚えていないのです(汗)いや、二つのうちのどちらかなんですが、多分ブルドッグ社のブルドッグバズだと思うのですが、もしかしたらスミスのアイアンフォースかもしれない・・・どっちだったけかなぁ~(^_^)ゞ

 
デッドストックもの!!パッケージとスカートは劣化してボロボロですが、中身はまだ使えますww

 どちらにしても1/8ozと軽量で4枚ウイングをもつもので、浮き上がりの早さとサウンドの良さ、フッキング率がずば抜けて優れていました。同じバズの1/4ozタイプも試しましたが、やはり1/8ozの比ではありませんでした。

 
この4枚ウイングが浮き上がりの速さと、独特のカショカショサウンドを奏でます!

 当時あまりに釣りすぎて壊れてしまい、それ以降廃盤になってしまったそのバズに近いものを探し続けてきましたが結局そのバズを越えるものには出会っていない感じです。

 
最近では珍しいロングシャンク、ナローゲイプが時代を感じさせますww1/8ozのバズも今はほとんどないですよね!?

 ところが最近なんと、もしかしたらこっちだったかも!?なスミスのアイアンフォースの新品が2個で400円(税・送料込みww)で売られているのを見て、懐かしさもあり思わず買ってしまいました(^.^)

 パッケージもボロボロだし、スカートもとろけていて使えませんが1つ200円なら全然許せますwwもしあの時のバズじゃなかったとしても、400円で昔の思い出が彷彿できれば安いもんです(^_-)

 
スカートを巻き替えて、いつでも実戦投入可能です!
00:02 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.