2017/07/03 2017年 第6戦 想定外!?
2017年6月29日(木) ダム 4:00~19:00

天気:曇り・晴れ 気温:23~27℃ 水温:25℃ 風:0~2m 水位:減水 水色:スティン 潮:中潮 状況:小バスはイージー、デカバスはどこ? 60

 1番好きな季節は?『梅雨です』今日は雲一つない快晴で気持ちが良いよね?『どんよりした小雨が大好きでテンション上がります』と、普段の生活でも常に気持ちはバスと一緒のtactbassです。今年は空梅雨でしたがやっと最近梅雨らしい天気になってきてテンションが上がってきました。

 そんなわけで曇り・雨の予報の日に休みを合わせて出撃です!って、スーパー雨男の自分にしては珍しく予報が外れほぼ晴れになってしまいました( ̄。 ̄;)今回はなんと、事前に情報を聞こうと友人に連絡を入れると、同じフィールドに向かっているという(≧▽≦)同船はおろか同じ日に釣りをするのも数回しかないというのになんたる偶然、これはいろいろな意味で楽しみです♪

 前回来てからだいぶ経つので全然状況が変わっているでしょうが、もうアフターから回復しているだろうし時期も時期なので正直チョロいぜ!と思っていました。案の定開始後すぐにギル型ビッグベイトのストップ&ゴーでヒット!ガップリと食い込んでいます(^.^)しかしそれ以降ビッグベイトでもクランクでもヒットはなし。これは少し展開を考えないといけません。


前日に施したフッキング優先チューンが効いたかな!?ww

 そこでプロップベイトとl字系のルアーにチェンジすると怒濤の連続ヒット!この頃からボイルがしばしば起こるようになったので、激しい動きのルアーではなくナチュラルな動きのプラグが正解のようでした。しかし日も登り始めるとパタリとバイトが止まってしまいました。一応確認のためにアピール系のプラグやスピナーベイトを入れるもやはりノーバイトでした。

      
まさにどはまり状態のイレグイです!(^_^)ナチュラルな動きには反応するんだよなぁ~

 湖は減水中で岸辺のカバーはほとんどなくなってしまっているのでカバーと言えば沖の立木か岸から続く大規模な障害物がメインとなります。今回はハードベイトでボコボコだぜ!と意気込んでいたので、本望ではありませんが早い時間から虫系の『モッサ』を投入です。すると、今がまさに虫シーズン真っ盛り、そりゃ釣れちゃいますよ!(^.^)アベレージは小さいながらもガンガン食ってきます♪

     
いつ虫系のルアーで釣るの?今でしょ!!というわけで今が旬の『モッサ』1.6"&2.2"で釣りまくりです♪

 しかし岸辺がプアであまりにも投げるべきスポットが絞れないので『テンタクローラー』の2.5gダウンショットリグを入れズル引くとヤバイです。バイトが止まりません。ただ、サイズが選べずマメさんがたくさん混じってしまいます(>_< )出来るだけ小さいのを避けようとするのですがそういうヤツほど元気が良くすぐに食らいついてきてしまいます( ̄。 ̄;)

     
朝、暗いうちにスロープでライトを照らすとキラキラと無数の光る目が・・・よく見るとエビ類がたくさんうごめいていました。なので『テンタクローラー』なのです!

 そんなわけで移動しながらバンク沿いを『テンタクローラー』のDSで撃ちつつ、本命はオーバーハング下で落下する虫を待ち構えているバスを『モッサ』で狙い撃つことです。そちらの方がアベレージサイズもいいようです。

  

  

 
でもやっぱり数少ないカバーに『モッサ』を浮かべると40UPも混じるんですよねぇ~!本当に今時期の『モッサ』は無敵です♪

 これだけバイトが多いのでマキモノではめるべくいろいろと取っ替えひっかえ投げまくりますがなぜかどれもチェイスすらありません。正直今日はハードベイトだけで何とかなるかなと甘い考えで来ていたのでちょっと想定外の塩対応でした(+_+)

 それじゃあとなんとかデカバスパターンを探していろいろ試すもこれまたバイトすらなくなってしまいます。もはや全く自分では打開策が見つからず途方に暮れてしまいました(;´Д`)釣れども釣れども30cm前後の可愛いサイズが多く、たま~にマグレで40位のが混じる感じです。

 
伝家の宝刀『バンドゥクロー』の7gジカリグ、シャローの破壊王『ベビーファットイカ』でカバーを撃つもサイズは変わりません(~_~;)

 観察していても大きいヤツは見える範囲にはいないので多分ちょっと深いところにいるのかもしれませんが釣り方が分かりません・・・そこで仕方なく今日の中では良型の、ドシャローに見える30後半の魚を狙いますがコイツがなかなか賢ちゃんで、何をしても速攻で逃げ惑ってしまいます^_^;

 
スーパードシャローな沈みブッシュの中に魚が見え隠れしていますがなかなか一筋縄ではいきません。基本カバーなのでスピニングは使えないし・・・

 そこで何となく気になった『イモ50』を、浮きゴミやブッシュまみれのワンド奥のドシャローにロングキャスト!すると自分的シャローカバーのファイナルウェポンである『ベビーファットイカ』はじめ様々なルアーで散々攻めまくったピンスポットからなんと良型ばかりが5連発!アンビリーバボーです(;゚д゚)

   
こいつら食う気あんじゃん!この状況では『イモ50』がマッチしていたようで、明確にルアーの差がでました。

 16lbラインを巻いたヘビータックルでシャローカバーに投げ込み、フッキングとともにカバーに絡まれないようにエクストラハイギアのリールで一気にゴリ巻き!一瞬たりとも魚に潜らせることなく一気にボートに引き寄せ抜き上げます!くぅ~、パワーゲームはやっぱり爽快ですね!(≧▽≦)

 今までイモなんて・・・と、馬鹿にしてタックルボックスの肥やしになっていましたが、恐るべき破壊力に完全にゴメンナサイでしたm(_ _)mおそらくファットイカだとそのバックスライドアクションを発揮するには数十cmの水深では浅すぎたんでしょうね。

  
本日では貴重な40UPも捕獲です♪

 対してイモは以前アクション動画を撮影した時にも感じていましたが、着水と同時にプルプルと震えながらイレギュラーにフォールしていました。やっぱりみんな大好きイモ、凄ぇ~ルアーだったんですね!初めて気付きました(^.^)(気付くの遅ぇ~よ!ww)

   
カバーを見つけたらもう釣ったも同然!な位『イモ50』が炸裂でした!



 という感じでオープンウォーターでは『テンタクローラー』のDSを、オーバーハングでは『モッサ』を、ドシャローカバーには『イモ50』で壊れたマシーンのように釣りまくりましたσ(^_^;そして今回も昼過ぎには50本を超えたので残りの時間はハードベイト縛りです!


今回も早い段階でノルマ達成!午後からハードベイト縛りでいくつもりでしたが・・・

 というわけで昼寝の後、あらゆるタイプのハードベイトを投げ倒しましたがなぜか全く反応が返ってきません(-_-;)トップも、ミノーも、クランクも、I字系も、ビッグベイトも・・・天気がいいとは言えアフター回復(多分)の6月ですよ!?なんてこったい!!

 そこで、実は今回の釣りで一番のメインに考えていたコンパクトスピナーベイトの『ビバーチェ』を投入です。前回の霞戦でも投入しましたが、水が濁っているので正直どんなルアーかよく分かりませんでした。がっ、今回はスティンウォーターなのでルアーの動きがよく分かります。・・・これ、マジ凄ぇ~よ!9gとは思えない位ミドルレンジのキープ力に優れています。それでいて巻いていても明確にブレードの回転が伝わってきます。

 今まで5/8ozのスピナーベイトでやっていたことが、より快適に9gの『ビバーチェ』でこなせるのです!実はブレードもコロラドブレードに換えて使っていましたが、独特な形状の純正ブレードは非常に秀逸で、結局純正に戻して使っていた程です。これはもうミドルレンジをスピーディーに攻めたい人には絶対に試して欲しいスピナーベイトですね。自信を持ってオススメできます!

 で、さぞや釣れたんだろ?ええ釣れましたよ!!マメ一匹ですが・・・^_^;釣果が少ないので説得力ありませんが・・・本日最大の収穫ではありましたσ(^_^;(もっと長時間使った他のクランクやシャッド、トップなどのマキモノではこの日結局1本も釣れなかったので日が悪かったんでしょうねぇ)


う~ん、絶対に釣れるルアーだと思うんだけどな~・・・本当に今日は朝のI字系ルアー以降ハードベイトで全く釣れません・・・

  
本日もおサルは高活性でフィーディングしまくってますww一見自由に見える彼らでも、厳しい掟の社会で生きているんだろうなぁ^_^;

 それにしても数時間キャストしましたがまるで釣れる気がしません(汗)もうここまでハードベイトに食ってこないとさすがに心がオレマスタ・・・ハードベイト縛りのはずが痺れを切らし思わず『モッサ』を投げてしまいますた^_^;するとすぐに40UPが・・・(・・;)やっぱハードベイト縛り止~めた!(爆)釣れない釣りほどつまらない遊びはないと考えているtactbassらしい適当な判断ですww

  
この1本により、完全に緩い決意は崩れ去りましたww

 そして再びダウンショットリグを投入ですσ(^_^;『スパイニーアックス』の2.5gDSで1~3mのシャローを早めにズル引くと、やはり連発!ルアーがはまったのか、時合いなのか、先程よりもぐっとサイズが上がり30後半の魚ばかりでなかなか楽しめます♪(^.^)

 最近マイブームの『テンタクローラー』などストレート系ワームのDSですが、やはりフィーディングにはいっている魚にはめっぽう強いようです。特に何もアクションを加えなくてもズル引くだけで勝手にピリピリと震えてくれる様がナチュラルフィーダーな魚のスイッチを入れるんでしょうかね!

    
なんかあまり釣れそうなアクションには見えないんですが、ピリピリと微細に震えるストレートワームのDSは餌を求めている魚には強いですね。

 がっ、ここにきて6月のハイシーズンにも関わらず『今日のストーム』が出来ていないことに気付き、意地でも釣りにいきます。すると!!・・・・バックラッシュ・・・・からのブレーキ調整中に竿にアタリがあります(;゚д゚)tactbass十八番のファイナルハイテクニック、あえてバックラッシュしたと見せかけて魚に油断させてバイトに持ち込むウィーワートの放置プレーテクが炸裂です!・・・って、これが唯一のクランクフィッシュですた・・・(T^T)


一応ストームルアーで釣れたけど・・・水面に放置されたクランクで、知らぬ間に勝手に掛かっててもねぇ・・・

 と、今回はこんなハードベイトが最高な時期にまさかのワームメインの釣りをしてしまいますた。数は釣れてもほとんど記憶に残らないただの消化フィッシングになってしまいました。何やってんだ、俺・・・(-_-#)次回は身のある釣りを心掛けたいです。

本日 ラージ:40up×5本・40cm以下×78本 total 83本
     
2017年累計(釣行数 6回)
ラージ :50up×1本・45up×2本・40up×21本・40cm以下×223本  total 247本
スモール:50up×0本・45up×0本・40up×0本・40cm以下×4本  total 4本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×2本・40up×21本・40cm以下×227本  total 251本


 
 
スポンサーサイト
12:19 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/22 2017年 第5戦 俺のが太いぜぇ~!?
2017年6月20日(火) 霞水系 4:00~12:00、15:00~19:00

天気:晴れ 気温:17~27℃ 水温:23℃ 風:2~5m 水位:雨により若干増水? 水色:マッディー 潮:若潮 状況:??????

 今は6月、スモールマウスバス最盛期にも関わらず大人の事情でスモール釣行できないのです・・・本当なら5~7月はラージなんて釣ってる暇ないはずなんですが・・・(~_~;)というわけで今回も霞水系でのラージ釣りです。しかも一緒に行くと絶対に釣れないIさんと一緒なので、釣り自体はとても楽しいんですが今回も釣果は期待できそうにありません^_^;Iさんはもう50近いオサーンなのに、30半ばの美人な奥さんがいます(-_-#)というわけで今回も絶対に釣らせるわけにはいかないのです!(^_-)

 さらに先月2人目の娘さんが生まれたのでその面倒をみるとのことで午前中のみの釣りになります。そこら辺は偉いですね(それが普通!?ってか釣りに行ってる段階でアウト!?ww)、自分なんて二人の子供が生まれた日ですら釣りに行っていたり、嫁が里帰りしていることをいいことに釣行していたなんて口が裂けても家族には言えませんil||li (OдO`) il||li

フィールドは短時間でも結果が見込める何度か行ってる霞水系の川にしました。どう考えてもこの時期に釣れないなんてことはない安パイなところですが、同行者がIさんなので油断は禁物です。週間予報でも曇り予報でどう考えても爆釣の予感しかしません♪・・・がっ、予報すらも覆すIさん!?一日ドピーカンの夏日に(>_< )これはシンドイ釣りになりそうです( ̄。 ̄;)


う~ん、素晴らしい日の出です!って本当はデコって魚の写真が撮れなかった時の保険に撮影しますたww

 朝のゴールデンタイムからスタートするも、なんと1時間近くノーバイト(||゜Д゜)去年の今頃70本近く釣れ、過去にも30本を下回ったのはIさんと行った時だけという程の釣れ釣れフィールドにもかかわらずです(汗)日も高く昇った頃にようやくのファーストフィッシュですが本当に渋いです。

 
このフィールドで最強のベビーファットイカをもってしてこのスローペース・・・相変わらず魚小さいし(~_~;)

 流石にこれはヤバイということで今まで使っていたベビーファットイカからテンタクローラーのダウンショットリグに変更しました。するとやっとポロポロと釣れだしました!今時期はテナガエビの最盛期なのでそれがはまったのかもしれません。事実釣れたバスの口の奥からテナガエビのヒゲや腕が見えているバスも数匹釣れましたからね。

   
サイズは相変わらずですが、とりあえず有効な釣り方が見えてきて一安心です!

 全然爆釣という感じではないものの釣れることがわかったのでクランクやスピナーベイトなども試しますが、クランクで2本釣れたもののやはりスローな釣りの方がマッチしている感じはしました。

 
いろいろなルアーを試しましたが今回はワイドウォブルのものよりもハイピッチで小刻みな動きのものが良好でした。

 エリアもザックリながら見て回りましたが、やはり当初に目星を付けた水通しのいいエリアの縦ストラクチャーが良さげに思えました。そしてテンタクローラーのDSをストラクチャーから少し離れたところまでズル引いていると、グ~ッとラインが走ります!合わせを入れると今までの魚とは違う重々しいファイトで楽しませてくれます♪そしてここでは貴重な41cmのグッドコンディションのバスを釣ることができました!

  
期待していなかった40upが釣れてちょっとビックリです!ww

 天気がピーカンなので時間の経過と共に厳しくなると思いきや、逆に活性が上がったのか、それともわかりやすいカバーに付き始めたからなのか、意外にもクソ暑い中いいエリアに入るとポロポロとヒットが続きます。

    
サイズはまぁ、あれですが・・・テンタクローラーのDSが活躍してくれました!

 そしていろいろと回り再び先程40upが釣れたポイントに戻ってきて同じスポットにキャストするとまたもや重々しいバイト!フッキングも決まりファイトを開始すると、ベイトフィネスタックルなのもあり50近くの魚に感じました。チラッと見えた魚体もぶっとくてデカそうです!慎重なやり取りの末ネットに収まったのはスーパーグッドコンディションなバスでした!て、メジャーに当てると44㎝しかありません。もっとデカいと思っちゃいました^^;

  
霞の魚ならではの格好いいプロポーションにご満悦です♪こんなのが何本も釣れたら最高なんだけどなぁ~(^^ゞ

 その後Iさんもこのポイントで良型を追加しましたが、あっという間にお昼になりもう戻る時間となってしまいました。またしても釣果的には微妙な結果となってしまいましたが、今回も楽しい釣りができましたしIさんもポロポロと釣っていたので何よりです(^_^)というわけでここでは2本の40UPを含む15本を釣りスロープへと戻りました。


毎度の貧果で吸いませんねぇ~!wwへぼガイドでやんす(;^_^A

 で、Iさんはそのまま帰宅しましたが、時間はまだ昼過ぎ。何となくパターンも見えていたしそのままここで釣りを続けた方が無難に思われましたが、やっぱり本湖のスーパービッグフィッシュを求めて釣り場の変更を決意しました。動かないで後悔するよりもチャレンジして失敗する方がすっきりしますからね。というわけで移動です!

 そして次のポイントに到着しましたが、昨日から一睡もしていないのでまずは昼寝です(笑)で、相変わらずの寝過ごしで結構な時間をロスしてしまい3時前に再スタートです!ここには何度か来ていますがまだ全然理解できていないし時間も短いので、効率よく本当に釣れそうだと感じる所をランガンで回っていきます。それにしても広大だし、どこも似たような風景であり絞り込んで釣っていくのはとても難しいです(;´Д`)


釣り場が広ければ広い程バス釣りは面白いと思います。魚を探し出すというバス釣り本来の魅力があるからです。でも、湖の大きさに比例して難易度も上がるんですけどね(^_^;)

 当然ピンスポットや沖のストラクチャーなんて知らないので目に見える所をメインに釣っていきますがやはりそう甘くはありません。本当にそのエリアに魚がいるのかどうか疑心暗鬼でどうしても自信を持って攻めることができません。丁寧に釣れば狭い範囲しか探れないし、ザックリとやればそこにいたとしても食わせられないかもしれないし・・・という葛藤が続きます。

 そんななか覚悟を決めて、船を走らせながら魚探で少しでも水深のあるハードボトムを探し、そこに生えるアシをBFシュリンプ3.4"の5gフリーリグで撃っていきます。すると大きくはありませんが連発でヒット!魚を探して釣ったと思える会心の魚たちです!

 
エビを意識してふわりとノーシンカー状態で落としたかったので新たにフリーリグを試してみました。BFシュリンプ3.4"は対応リグの広さも魅力です。

 一流ししましたが、まだいそうな感じがしたので再度テンタクローラーのDSで丁寧に探り直すとさらに2本追加することができました!やっぱり今回はテナガエビを意識したテンタクローラーがピンポンな気がしました。DSでゆっくりと動かすと6本のピンテールがエビの触覚や手足に見えているんじゃないかと思います。

 
スローな釣りにはなりますが、やっぱりテンタクローラーの食わせの能力には目を見張るものがあります。


 そして所々あるブッシュでは、キッチリとワームをボトムまで届けるためにBFシュリンプ3.4"の10gジカリグでカバーを貫通させます。とにかくワームが魚のいる所まで届けられなければお話になりませんが、BFシュリンプ3.4"の10gジカリグならスルスルとカバーを躱しながら魚の元まで到達してくれます。

 
今までの時期は食わせの要素を重視してビフテキリグ等をメインに使っていましたが、これからの時期はカバー貫通能力、リアクション効果が期待できる重めのジカリグが有効になってきます

 そしてドラマは突如訪れました。チョコレート護岸をビバーチェで手早くチェックしていると、もう少しでロッドティップまで戻ってくるというタイミングで巨大な魚が急浮上してきて、大口を開けてビバーチェを丸飲みにしました!(◎_◎;)一瞬何が起こったか理解できませんでしたが、スローモーションのように脳裏に焼き付いたその場面を再生すると巨大な雷魚であることを悟りました。

 しかし意外にもそれ程苦労することなくナナマルスッポリネットに収まりましたが、ネットを持ち上げようとすると凄い力で大暴れして水に戻ってしまいました(;゚Д゚)再度のファイトでしっかりとネットインしたそいつは極太でメチャ重い73㎝の迫力満点の雷魚でした!正直物凄い力で暴れる巨体は恐ぇ~!!(・。・;新品のビバーチェが死亡しなかったのは幸いでした(^^;

  
極太で貫録十分な雷魚でした!まっ、俺のマグナム砲程じゃないけどな! とかお約束の下ネタを一応言っておきますww

 しかしその後は夕マズメのゴールデンタイムにもかかわらず、雷魚様の祟りか2時間ノーバイトで終了となりました( ̄▽ ̄;)結果から言えば、移動せずに最初の場所で粘っていたほうが数もサイズも釣果的には上回っていたと思います。でもやっぱり移動してよかったなと思います。思い感じたことを行動に移せること、これがバス釣りで最も大切なことだと思いますから!

本日 ラージ:40up×2本・40cm以下×18本 total 20本
     
2017年累計(釣行数 5回)
ラージ :50up×1本・45up×2本・40up×16本・40cm以下×145本  total 164本
スモール:50up×0本・45up×0本・40up×0本・40cm以下×4本  total 4本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×2本・40up×16本・40cm以下×149本  total 168本

03:00 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/02 2017年 第3戦 30年前の釣行記ぢゃないよ!?
2017年5月31日(水) ダム 5:00~18:30

天気:曇り 気温:18~28℃ 水温:22℃ 風:2~5m 水位:減水中 水色:スティン~マッディ 潮:中潮
状況:小・中サイズはネスト?大きいのはアフター

 前回の釣行から2週間経った本日、バス釣りに行って参りました。前回はまだ中・小型のネストも見られるような状況でしたが今回は大型の魚も全快ではないもののそろそろ回復してくる頃でしょうし、スポーンに関係のない魚の活性も上がっていると思われましたが果たしていかに!?

 まずはビッグベイトから様子見を始めるといきなりヒット!残念ながら外れてしまいましたが活性は悪くないのか?すぐさままたバイトがあるも掛からずで、他にチェイスもありました。

 さらには激シャローでボイルが頻発しており自分のテンションも上がりますが、セイラミノーでバイトはよくあるものの意外にもショートバイトばかりでフッキング率がメッサ悪いです( ̄。 ̄;)

 
ワームのようなコツコツといったバイトが頻発するものの、なかなかフッキングしません(-_-;)

 そこで前回のおさらいで『テンタクローラー』のネコリグで食わせにかかりますが、やはり前回のような破壊力はありませんがポツポツと拾っていけます。

  
前回のMVPの『テンタクローラー』ですが、今回はショートバイトに悩まされます・・・

 試しにリアクションの効果を知るために『ウィーワート』をキャストすると1投目でヒット!う~ん、エサっぽいルアーの反応はいまいちだけど、あばれる君なルアーには好反応!?その後すぐにまた別の魚もGETです!

 
今回もまたUSクランクが強いのか!?

 それでも何とかボイルを繰り返す魚を釣ろうと観察すると、ドシャローに2cm位の稚ギルやフライ(バスの稚魚)を追い詰めて捕食しています。一見ボイルしているので簡単に釣れそうなもんですが、セレクティブ&人に叩かれすぎで難易度は高いです(汗)

 ついには自分的最終兵器である2"センコーまで持ち出すも、キャストモーションやラインの出す音などにも逃げまどい、うまくアプローチできても見切られたり食ってもショートバイトでなかなか釣り上げることが難しいです(~_~;)

 そこでなるべくロングキャストができ、ラインを水に付けたくない、水面にルアーがある方が見切られにくいかな?という理由で『モッサ2.2"』を使ってみました。するとこれがはまりました!今まで沈んでいるルアーは見切っていた魚が口を使うようになったのです!

   
本物の餌はバクバク食う魚も、状況によっては簡単に偽物は見破ってしまいます。以前餌釣りをしたことで痛いほどよく理解できます。

 正直本来の虫パターンで釣れているという感覚ではなく、昨年の早い時期でのデカスモール連発の時もそうですが虫系ワームを虫としてだけではなく、例えば浮くスモラバ的な感覚に意識改革できればもっと虫系ワームの使えるシーズン、場面が広がり自ずと釣果も上がると思います。

  
虫系だけど虫じゃない!?ファジーなシルエットの『モッサ』ならではの武器でもあります。

 今回の場合はベイトが2cm前後の稚ギルでしたが、『22.スモーク/ゴールドフレーク』の『モッサ』は水面に横たわりピクピクしてる弱った稚ギルに見えなくもありません!?(笑)心なしかバイトも虫系独特のシュポッという静かなバイトではなく、バシャッといったバイトが多く感じました。

 
むしろベイトっぽく見えるワームよりも、『モッサ』のようなモジャモジャした得体のしれないモノの方が騙しやすいと感じています。スモラバと同様にね。

 ちなみに『モッサ』には1.6″と2.2″がありますが、自分的使い分けは基本ラージマウスバスには2.2″が良いと思います。ラージの釣りの場合、オーバーハングやブッシュの中を釣ることが多く、大きく重さがある2.2″の方がキャストや操作性、気付かれやすさで圧倒的に有利になります。

 
岸際のブッシュ周辺で稚ギルを岸に跳ね上げて捕食していました(・・;)そんなブッシュ周りで強いのはやはり2.2"!

 さらにそういった場所に居る魚はそれ程セレクティブではない場合が多いので2.2″で全く問題がありません。ただ、どうしても見切られる、いるはずの場所なのに浮いてこないという場合のみ、使いやすさを犠牲にしてでもより食わせ要素の強い、虫系ワームの中でも最もフィネスな『モッサ1.6″』の出番となります。昨年はだいぶ1.6″に助けられました。

  
これまで虫系のワームではチャート、白、グリパン系は必須でしたが、今後は『22.スモーク/ゴールドフレーク』も絶対に外せませんね!ww

 スモールマウスバスの場合にはカバー周りで釣ることも少ないので、よりフッキング率の高い1.6″を基本にします。ただし!実はスモールの釣りで一番のキモになることが多いロングキャストが必要な場合は当然2.2″を使うほうが結果的によく釣れます!その場合はよりフッキング率を上げるためにマス針での使用がお勧めです。

   
今回もかなりセレクティブだったのでマス針を使用しましたが、よりディスタンスが欲しい時やよりポッカリ浮かべたいときはフローティングヘッドとの併用がいいですね!

 そして何気ないポイントの何気ないカバーでしょぼいバイト(笑)しかしフッキングが決まった瞬間ギュンギュン走るこいつはデカそうです!アフター回復後の魚はスレンダーなこともありよく走ります。そして慎重なやり取りのあとネットに収まったのは、簡単に食える餌を待っていた、『モッサ』だからこそ釣れたと言いたい回復中のゴーマルでした!

   
三度の飯より虫系の釣り、『モッサ』大好きtactbassとしては最高の気分です♪まぁ、もちろん3度の虫系の釣りより綺麗なおねいさんの方がもっと大好きですが(//∇//)

 こんな状況もあろうかと、今回は虫専用のタックルを準備してきて大正解でした!ロッド:ザ・ストラテジーツアラーSTS-HM63SS/リール:2000番ハイギア/ライン:PE0.4号+ナイロンリーダー5lb1.5m/フック:マス針タイプ#3こんな感じのセッティングですが、もっとカバーに入れ込むときはロッドをMLクラス、ラインも0.8号に上げています。


PEは風に弱いので、一応スペアスプールにナイロン5lbを巻いたものも釣り場に持ち込んでいます

 『モッサ2.2″』で調子よく釣れていましたが、お昼に近づくにつれ虫系の釣りの天敵、風が強まってきました(>_< )というわけでたくさん釣れたし『モッサ2.2″』は封印です。魚の付く場所は大体分かったのでそんなところを『バンドゥクロー』の7gビフテキリグでダイレクトに撃ちこんでいきます。

  
小バスからモンスターまで本当によく釣れる『バンドゥクロー』。さらにいろいろなリグ、使い方にも対応するので是非とも使ってもらいたいワームですね(^^ゞ

 するとやっぱり、目星をつけたカバーから連発です!ただ今回はサイズUPははかれませんでした。あともう少しすればデカいやつが岩盤にサスペンドしだすと思うのでそうしたら『バンドゥクロー』の独断場になるのですが・・・あと数週間後ですかね!

  
カラーは58.イニシエノキャスティーク、57.ゴッドインパクト、19.Dr.Pブルーフレークを使いました。若干濁り気味のスティンな水色にもジャストマッチでした!

 こんな感じで1時には自分の最低ノルマとしている50本を越えたので、残りの時間はノスタル爺タイムです(≧▽≦)たっぷりと6時間オールドストームを巻きまくってやりました(笑)

 まずは鉄板のウィーワート。って、1投目から釣れますた!(^.^)調子に乗っていろんなカラーを試しますがどれもいいスポットに入ると食ってきます!


ザ・ストームカラーな!?シルバースケールでヒット!一見地味ですが、リップを大きく振って泳いでる様が遠くからも確認できます。

 やはり立木の絡んだエリアの周辺は熱いですね。しかしこれだけクランクで食ってくるとなると本当は活性高いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、確かにナチュラルなプラグやワームではショートバイトが多く本調子ではなかったと思います。


プレミアム価格で購入したザリガニ系カラーも投入!高価なものだったのでできるだけカバーを避けてビビリながらキャストしてしまいます(;^_^A

 これはやはりウィーワートのワイドウォブルにより強制的にスイッチを入れられているからこそのバイト連発だと思います。シャッドやナチュラルな動きのルアーではここまで食ってこないと思います。

  
今回最も活躍したのが金魚カラーのウィーワート!活躍の場はマッディーな釣り場だけではないようです♪

 内緒の話ですが、以前釣具屋勤務の時に水族館にあるようなデカイ水槽がある店舗があったのですが、そこのスタッフがその水槽でよく釣りをしていたらしいのですが!?他のクランクには全く反応すらしないバスが、ウィグルワートにだけは激しく反応してくるなんて話を聞きました。

  
大場所の岬の脇を通したらドン!とでました♪今回はクローム系が強いようです。

 なので動きの激しいルアーで釣れるから活性が高い、ではなく低い時でもそんなルアーだからこそスイッチを入れられるということが多々あると思っています。今回もまさにそんな日だと思います。


ストームで最も好きなカラーの一つ、ブルーバック/シルバー

 さらに今回どうしても釣りたかったルアーの1つ、スーパーシャイナーとシルバーシャッドですが、やはりこれらが活躍するのはちょっとだけ時期が早かったようで、チェイスやバイトは結構あるもののガッツリとくわえるまでは至りません(;´Д`)

 でも軽くてスピニングでも投げづらいとかよく言われてるこれらのルアーですが、実戦的距離位はベイトタックルで全然投げられるんですけど!?やはりベイトタックルの進化は素晴らしいってことですかね(^.^)

 そしてワンドの中のシャローでピラピラ、ストップ、ピラピラ、ストップと引いているとついにヒットぉ~!いやぁ~、食う瞬間丸見えの気持ちいいバイトでした~♪満足満足(^.^)


今時のルアーにあまりないピラピラアクションでバスを魅了します。いろいろな使い方ができる楽しいルアーです(>д<)ゝ!!

 そして自分の初バスgetルアーであるホッテントットを投入!ピリピリとした少しおとなしめな動きなのでどうかな?と思いましたが千鳥アクションが効いたのかこいつでもヒット!


プレミア価格になっているジャパンスペシャルのウグイカラーも惜しげもなく投入!(笑)

 沖の立木群に絡めながら引いているとドスンと重いバイト!あれっ!?これ良いやつじゃないの!?今までで1番重くトルクのあるヒキで、鋭いダッシュで何度もブッシュに突っ込まれそうになりヒヤヒヤしましたが、無事キャッチできたのはグッドコンディションのバスでした♪キモティ~イ!(笑)

  
さすがのホッテントット!ザリガニカラーで沖の立木の中層で普通に釣れますたww

 さらにさらに、うまくハマるんじゃないかと思って結構使ったファッツオー小ですが、今回はレンジが合わなかったようで不発・・・しかし、アニキがしっかりと仕留めてくれましたww使うか観賞用にするか悩んだレッドヘッドのファッツオー中ですが、結局使ってるし!( ^ω^)

 しかしこのファッツオー中、めちゃめちゃいいっす!キャストしやすく、あえて枝に絡めるように引いても『ブリン!』とかいって躱してくれて根掛からない!泳ぎは小サイズの方がハイピッチだけど、そのノタノタした動きがデカバスにめっちゃ効きそうな気がします!って、釣れたのは小バスでしたがww


約7cm13gと結構大きめですが、小バスも食ってきます。正直かなりイケてるこいつにはかなり期待してます!

 そして今更ながらストームの一番の顔、ウィグルワートの登場です!wwって開始5分程でバイト4発、2匹を釣り上げることができました!さすがキングオブ千鳥クランクです。名品はいつまでも色褪せることがありませんね(^_^)ゞ


基本プラグもワームも中層で使う自分には、ルアーそのものが持つ優れた機能が必須です。ウィグルワートのワイドで千鳥る泳ぎ、こいつは本物です!

 使ったのはオールドの初期モデルのレッドスケールと中期モデルのシルバークロームですが、確かに泳ぎは違いますが、それが年代によるものなのか個体差によるものなのかよくわかりません。ひとつ言えることはどちらも釣れるという事実!ww 


ラインアイの周りが凹んだ中期モデルですが、こいつもよく釣れますね!

 最後はどうしてもこれで釣りたくて、何度となくチャレンジしましたが結局釣れなかったラトリンチャグバグです。立木の絡むガレ場のシャローでポッポッポッと軽快なポップ音を奏でながらドッグウォークさせているとついに水面が割れました!いゃあ~、気持ちのいい一発でした♪さらに連続でバイトが続き満足な夕マヅメを過ごすことができました(^.^)

  
やっとチャグバグで釣れました!まぁコイツは6cmの小さいサイズの方ですが、かなりの手応えを感じています!あまり派手すぎないポップサウンドが妙にナチュラルに感じます♪

 ラスト1時間はブルシューターJr.を投げながら戻ります。すると沖の立木で水面をストップ&ゴーで引いてきて、水面にポッカリと浮かべていると、ドッパ~ン!!とビッグバイト!!くぅ~、しかし乗りませんでした・・・純正フックをナマズ仕様の乗り乗りセッティングにしましたがやはり元々の針が小さいよなぁ~?次のバイトは乗りましたがジャンプでバレちゃうし・・・

 クソ~、絶対にこれで釣ったる!と意地になってキャストしていると、ブッシュの脇に落ちた瞬間落ちパクヒット!ビッグベイトで1番つまらない釣れ方です^_^;手元まで寄せてくると50クラスが2匹一緒に付いてきていて、もう1個の針を食わせようとしましたが失敗でした。^^;

  
やっと獲れますた・・・何度ミスバイトがあったことか(~_~;)本当はもっと大きいのが欲しいところですが、やっぱり嬉しかったりします(^_^)

 前回釣ったときも落ちパクでの1本でしたが、これだけバイトしてくるのに掛からないのは本当にストレスが溜まります・・・再度フックシステムの研究が必要ですね(;´Д`)

 スロープまで戻るとボイルが頻繁に起こっているのでセイラミノーを投げますがショートバイトの連発で全然掛かりません。やっぱり今日はガップリと食ってくるリアクション系クランクでスイッチを入れて釣るのが正解だったんだなと確信致しました。


究極の食わせプラグのひとつであるセイラミノーですらショートバイトが連発してしまいました。やっぱり人為的プレッシャーもあるのかな?でも今回は稚ギルを食っていて、餌がかなり小さかったのでマッチザベイトから外れていたんだろうな・・・

 と、今回は前半は難しいながらも『モッサ2.2"』と『テンタクローラー』、『バンドゥクロー』でのくわせの釣り、後半はワイドな動きのルアーでリアクションを誘っての釣りと、またもや対局の釣りとなりましたが、同じ魚種でこんなにいろいろな釣りが楽しめるのはやはりバス釣りならではの楽しみだと思います(^_-)

 魚の写真だけを見たらオールドストームものが活躍しているので、30年前の釣行記か!?と思ってしまいますねww(^_^;)次回の釣行時にはおそらく回復系の魚が多く、楽しい釣りができるような気がしますが、果たしてどんな釣りが楽しめるのでしょうか!?(≧▽≦)

本日 ラージ:50up×1本・45up×1本・40up×5本・40cm以下×62本 total 69本
     
2017年累計(釣行数 3回)
ラージ :50up×1本・45up×2本・40up×14本・40cm以下×127本  total 144本
スモール:50up×0本・45up×0本・40up×0本・40cm以下×0本  total 0本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×2本・40up×14本・40cm以下×127本  total 144本

16:14 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/05/23 2017年 第2戦 ゲリラ豪雨で一変!
2017年5月18日(木) ダム 5:00~18:30

天気:晴れ→曇り→豪雨 気温:14~19℃ 水温:17~21℃ 風:1~3m 水位:減水? 水色:スティン 潮:小潮
状況:小・中サイズはネスト?大きいのはアフター

 というわけで休みの少ないtactbass、昨日は貴重な休日でしたがいろいろと用事があり出勤日よりも忙しい日でした(+_+)そんなこともあり本日はバス釣りだというのにタックルも前回の霞戦のまま放置状態ですが、取り敢えず車に放り込んで寝ずに出撃です。さすがにもう年なんでこんなことはしんどくなってきました・・・


新たに01マウント、エリート7tiも導入しました!

 それでも現地に着き真っ暗なうちから準備をし、一番に出船です。ここには春に来たことがないうえにまだ今年2回目のバス釣りとあって全く状況が掴めず戦略すら思い浮かびませんでしたが、多分デカイやつはアフターだと思われたのでそれなりにスローな釣りになることを予測し、自分的にはかなりあり得ない9タックルのうち3本もスピニングをいれるという弱気ぶりです。


こんな強い釣りを意識していましたが、現実は・・・

 スタートするも案の定ハードベイトへの反応がすこぶる悪く、1度バラしたのみでした。それではとワームでカバーを撃つも全く反応がなく朝の3時間を費やしてノーシンカーで2本のみと焦りが出てきました(;´Д`)

ここでさすがに心が折れて、なりふり構わず魚を獲りにいくことを決意、スピニングで本気の釣りにはいります。ルアーはスミス パフォーマンスベイト 『テンタクローラー』に0.3gのシンカーを打ったネコリグ、こいつで中層をフワフワとミドストで釣っていきます。

      
ほぼ無限バイト状態ですwww今までのストレスを発散するべく容赦なく釣りまくります!ww

 すると今まで何だったの!?と思える程のバイトラッシュが始まりました♪さらに日が差してくるとどんどん激シャローに魚が差してきました!


こんな何気ないシャローに大集結!

 小~中型のスポーン絡みの魚も多いと思いますが、ボイルも結構起こるためフィーディングに来ている魚も多いと思われました。そのためスポーン絡みの魚が極力釣れないようにボトム周辺にルアーがいかないよう、止めずに動かし続けるように心掛けました。

  
やっと釣り方がわかりました!って本当は時間の経過とともに魚の活性が上がっただけ!?

 他のワームも試しましたが、やはり『テンタクローラー』が圧倒的に食いがよかったです。食欲のあまりない魚にもスリムで食べやすいだけでなく、腕をブンブン振り回すアクションでイラつかせて食わせる効果もあるんじゃないかと思っています。しかしこれだけガンガン食ってくるものの、やはり横にはほとんど追いかけないようでハードベイトには全く見向きもしませんでした。

 
今回はスローな時の救世主、『スパイニーアックス』よりも『テンタクローラー』の方が上手でした。

 あまりにもシャローで釣れるので一応虫系の『モッサ2.2"』も試しますが、小さなバスが突きにくるだけでまともなサイズはあまり浮いてきませんでした。それでも2本釣れましたが特別に効いている感じでもなくやはりまだ少しだけ時期が早いようです。でも今回初導入の新色、『22.スモーク/ゴールドフレーク』は蜘蛛イミテートっぽくてなかなかいい感じです♪クリアレイクや対スモールマウスバスでは強力な武器になりそうです!

 
楽しい虫パターン炸裂の季節までもう少し!

 魚はよく釣れますがサイズは27~35cm位がほとんどで、たまにもうちょいましなサイズが混じる感じでデカバスパターンではないようです。とは言え暫くバスのヒキを楽しんでいなかったので容赦なく釣りまくります( ^^)しかしさすがに寝不足がたたり2時間の爆睡。狭いフロートボートで体育座りをしながら寝ている姿はまるで昔の死者の埋葬のようです(^_^;)

 
今まで極力スピニングは船にも積まなかったけど、最近はまた使うようになりました。それだけピンチが増えたってこと!?ww

 午前中で20本以上釣れて余裕がでてきたので午後からは少し違う展開も試していきます。3~5mラインにある数少ないカバーを『バンドゥクロー』の7gビフテキリグでダイレクトに撃ちアフターのデカバスを狙っていきます。


こんな感じのカバーがたくさんあればいいのになぁ~!

   
ここ近年No.1のコンフィデンスベイトである『バンドゥクロー』。いつでもどこでもどんな状況でもGoodサイズを引っ張り出します!

 するとやはりバイト数は減るものの、アベレージサイズはぐっと上がり、アフター回復中の40upもポロポロと混じってきます!今回は追加となったカラー、『58.イニシエノキャスティーク』・『 57.ゴッドインパクト』・『BBテナガ』を使用しましたが、スモールブルーフレークフェチの自分にはどれも堪らないカラーです(^.^)

   

   
今まではジカリグで使うことが多かったですが、今後はビフテキとDSがメインになりそうです。『BFシュリンプ3.4"』はすり抜け重視でジカリグですね。

 とは言えあまり撃つ場所もないので次のカバーにたどり着くまではシャローに『テンタクローラー』を入れていきますがほとんど入れ食いです(汗)良さげなストレッチでは必ず釣れてくる感じです。なので他のルアーも試しますがやはり横に動くルアーにはほとんど反応を示しません。

  

   
相変わらずサイズも数も狙える『バンドゥクロー』ですが、今回も回復中の魚を見事魅了してくれました! 

 時刻が3時半になった頃には数も50本に達したので、さすがにもうハードベイトで釣りたくなったのでトップ・ミノー・クランク・シャッド・ビッグベイト等いろいろと試しますがやはり全く釣れません・・・。意地になってキャストしていると、予報通り雷を伴う豪雨に・・・それも帰るに帰れない大雨です(~_~;)が、正直少しはこの雨に期待してました。何かが変わるかも・・・と。


正直雨足が弱くなったタイミングで帰ろうと思ってましたが、誰も帰らず釣りを続けていたので自分も負けん気を出して釣りを続行しましたが果たして・・・

 30分程木の下で避難をし、少し小降りになってきたところで再出撃!ルアーは今年初めてその存在を知り入手した、最も好きなクランクの一つであるウィーワートの弟分であるピーウィーワートです。なぜこれをチョイスしたのかというと、午前中の様子から極ゆっくり巻いてもしっかりとアクションしできるだけ横移動を抑えられ、リアクション効果が高い小さいものが有効に思えたからです。

 
ウ~ム、思っていた以上にピーウィーワートいいぞ・・・サイズといい動きといい釣れる要素満載ですね(^^;

 そして狙いは的中!チェイスやバイトがポツポツと起こるようになり、やっとハードベイトでのキャッチとなりました!何度もタイミングをはかり、結構な時間ハードルアーを投入してきましたが無反応だったのについに捕えました!本当に価値ある1本です!さらにヒットは続き5本ほどキャッチすることができました。

 
凄くゆっくり引けて千鳥もヤバいです(・。・;シビアなトゥルーチューンとバランスのとれたベイトフィネスタックルで無敵な強さを誇ります!

 すると今度はひらめきで、ギル型ビッグベイトのやや小さい版であるブルシューターjr.を入れてみます。水面でS時にスラロームさせてのストップ&ゴーで幾度も水面が割れました!しかし第一印象で思った通り純正のフックはミスマッチのようでバラシが連発・・・結局キャッチできたのは1本だけでしたが、さらに自分のモチベーションはアゲアゲです!ww次回までに、ナマズ釣りの経験を生かして無敵のフックシステムを組んでやろうと思います(-_-;)


ノーマルのままだとフックセッティングはいまいち!?バラシやミスバイトが連発し、獲れたのはこの小さい1本のみ・・・

 豪雨+夕マズメを迎えさらに魚もテンションが上がってきたようです。今度はウィーワートにチェンジしこれまた連発です!くぅ~、堪りませんなぁ~♪だんだんと横に移動するものにも反応を示すようになってきました。

 
やっぱりウィーワート最高!今時のルアーにはない自然なチドリアクションが唯一無二です!

 お次はホッテントット!狙いとしてはピーウィーワート→ウィーワート→ホッテントットと、徐々にスピードを上げていったのと、動きもハイアピールから少しずつ弱めていきました。リアクションだけでなく食性でもいけると思ったからです。

 そして狙い通りのヒット!今から33年前、初めてブラックバスを釣ったレッドスケールのホッテントットでのヒット、このルアーはあの当時のモノではありませんが、33年振りのホッテントットフィッシュはやはり感慨深いものがあります(^_^)v


こいつも今改めて使ってみると本当に良くできたルアーですね♪危ういフラつきアクションでリアクションと食性に訴えかけます!

このヒットでさらにナチュラルなクランクに変更。言わずと知れたクランクとシャッドのあいのこ!?のディプシードゥ3にチェンジです。するとこれまた狙い通り連続ヒットです!気持ち良すぎる~!(≧∇≦)b


実は今更ながらの初使用となるディプシードゥ(笑)名品たる所以がわかる気がしました!

 それにしても本当に現行のディプシードゥはメッサいいですよ!泳ぎが本当に小魚が泳いでいるようなナチュラルな動きです。関係者曰く、中期モノは商売的理由でモールド変更したそうです。確かに泳がせてみると、悪くはないんだけど普通のクランクっぽいです。ナチュラルにヌルヌル泳ぐというよりはウォブリングも結構はいる動きなので、別にこれならあえてディプシードゥじゃなくてもいいかな・・という感じ。

  
本日の最大魚!(とは言え大したことないですがww)完全にフィーディング状態の魚が増えてきたようです。

 けど現行品は初期モデルのモールドを使っているのであの唯一無二なナチュラルアクションなわけです。リトリーブしてもほぼ泳いでいる感じが伝わってこないくらい軽い巻き心地なのはルアーとしての力が弱い証拠。だからその分シーバスなんかのナチュラルフィーダーな魚にも抜群に効くんでしょうね。それでいてシャッドとは違いクランクならではの扱いやすさがあるから釣れる=20年以上も売れ続けているってことなんでしょうね(^.^)


万能ルアー、というよりはフィーディングしている魚を広く早く探っていく時などにディプシードゥを投入したいですね♪

 と、今回はレギュラーサイズながらスローな釣りで入れ食い、からの豪雨+夕マズメパワーでのハードベイトラッシュと、両極端な釣りとなりましたがなかなか楽しむことができました♪本当に一雨で全く別の湖かのごとく変貌するということを実感致しました。いやぁ~、釣りって本当に面白いですね!(^.^)しかしデカイ魚は全く見つけられなかったのが次の課題ですね・・・


セイラミノーのボイル撃ちでも連発!キモティ~イ!ww

本日 ラージ:40up×7本・40cm以下×60本 total 67本
     
2017年累計(釣行数 2回)
ラージ :45up×1本・40up×9本・40cm以下×65本  total 75本
スモール:50up×0本・45up×0本・40up×0本・40cm以下×0本  total 0本
合計 :55up×0本・50up×0本・45up×1本・40up×9本・40cm以下×65本  total 75本

03:22 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/04/26 2017年 第1戦 8ヵ月のご無沙汰!!
2017年4月25日(火) 霞ヶ浦 5:00~8:00、9:00~17:30

天気:晴れ 気温:8~22℃ 水温:14.5~21℃ 風:1~6m 水位:普通? 水色:マッディー 潮:大潮
状況:中サイズはプリ?大きいのはアフター?

 待ちに待ったこの日が遂に来ました!病気で緊急手術をしてから8ヵ月、本日やっとバス釣りに行くことができました!ただ何かと忙しく、全然準備もできなかったので出発日の0時にボートのセッティングが完了、0~2時の間にとりあえず竿とタックル類一式を車に放り込んで寝ずに出発となりました。もちろんライン交換はおろか、付いているルアーも去年最後に使ったものがそのまま結ばれている酷い有様です(^_^;)

 本日はよく一緒に行くけれど、今まで一度もよく釣れたことのないIさんとの釣行なのではっきり言って全く期待していません!^^;とりあえず天気が良く、初バスの1本でも釣れれば良しといったところでしょう。ただ今回は苦手意識の高い霞での釣り、ちょうど去年の今頃もショボイ釣果だっただけに不安感しかありません・・・。


復帰第1戦は自分にとっての鬼門な霞水系です!

 今回のフィールドは小規模な河川ですが、ポイントまでエンジンで向かう途中に水の悪さが気になります。単に雨の濁りといった感じではない泡ブクブク状態です。そして、ポイントに到着後、愕然としました・・・先日買った高級魚探、使い方はおろか、画面の見かたさえ全然わかりません(・_・;)水深と水温がかろうじてわかるくらいであとはただの役立たずな箱ですwwこりゃまじで1日魚探のセッティングで費やさないと完全に猫に小判状態です・・・(-_-;)

 ちょっとブルーになりながらも今年のファーストキャスト!言ってもここは小バスが多いながら数が釣れるフィールドなので、そのうち釣れるっしょ♪と気楽にキャストを続けますがまさかの全くの無・・・。そのうちに友人が一見何もない川のど真ん中でスピナーベイトで小さくてコンディションの悪い真っ白なバスを釣り上げました。こんな釣り方、状況なの!?

 あまりの厳しそうな状況に使っているルアーをサイズダウン、釣り方もアシ撃ちから少し離れたブレイク狙いにチェンジ。するとやっぱり!テンタクローラーのジグヘッドワッキーをシェイクしながらブレイクまで落としていくと、ラインが横に走ります!合わせも決まり、無事今年の初バスをGETすることができました!!


遅くなりましたが今年の初バス!35前後の魚ながらテンション上がっちゃいました(^_^)

 同じ釣り方で今度はかなりベイビーな子も1匹釣れました!でも、こんなんじゃダメだろ・・・もともと小型が多いフィールドですが、こんな釣り方で数もサイズも釣れない。よ~し、じゃあ俺の持ちうる最高のテクニックを駆使してガンガン釣っていくぜ!・・・なんてテクもないので、こりゃフィールド自体を変えた方がいいかも!?というわけで傷口が広がらないうちに早めに見切り、別のエントリーポイントに向かうため、また船を揚げて撤収です。


う~ん、小さい・・・。どうせ同じ釣れないのなら、もっとサイズの狙える所へ移動しよう!と、決意させてくれた偉大な小バスちゃんですww

 船を揚げて地元の人に聞くと、やはりもうこの場所は田んぼの代掻きが入っているそうです。それであの水、あの釣果だったんだなぁ~(~_~;)というわけでたった3時間で見切り、わざわざ船の揚げ降ろしをしてまで別のポイントに移動する作戦は成功するのか!?

 というわけで同じ霞ではありますが、車で別のエントリーポイントまで移動してきました。ここは釣れればそこそこのサイズが釣れるものの、数はそれほど釣れないポイントです。過去2回来ましたが、いずれも貧果で全然釣れる気のしない苦手フィールドです(-_-;)ただここはまだ代掻きの影響がないのか先程のフィールドよりも全然ましな水です。

 とりあえずエンジンで一番釣りたいポイントまで移動して、徐々に釣り下ってくるプランを立てました。しかし期待したスポットではノーバイトだったので、エンジンで戻りつつ、気になる所で船を止めて釣ることを繰り返しますがやはりなかなか釣れません。やはりここも厳しいようです・・・

 しかし水深、カバー等の条件が良い倒れたアシの下にBFシュリンプ3.4"の7gビフテキリグを滑り込ませると、ラインが重々しく横にスライドしていきます!フッキングするもまさかのすっぽ抜け・・・こりゃ貴重なバイトを逃したなと凹んでいると、ちょっと離れた場所で友人もバイトがあったと騒いでいます。そこでさらに集中すると、またしてもラインが横に走っています!

 しっかりとフッキングを決めるとなかなかの重量感!こりゃグッドバスに違いない!楽しみつつ慎重にやり取りをして無事ガタイのいい46㎝を釣ることができました!これこれ、これが釣りたくって霞に来たんだよ!な見事なバスでした(^^ゞ

 
久し振りのアシ撃ち、やっぱり独特の醍醐味がありますね♪

 暫く同じようにいいアシをランガンしながら釣っていくと、さらに2本追加することができました(^O^)いずれもアシ際にBFシュリンプ3.4"の7gビフテキリグを落としてすぐにラインが走るような当たりなので活性は低くはないようです。

 
サイズは落ちましたが気持ちいい釣り方なんで許す!ww

 その後は友人にエレキを踏んでもらうもノーバイト。夕方に近づき風も吹いてきたので釣り方をクランクにチェンジします。ちなみに今回から、毎釣行ごとに極力1匹はオールドストームプラグで釣る!ということを掲げることにしました。そんなわけで風の当たるアシ+チョコレート護岸にマシンガンキャスト!

 レンジも浅いのでファッツオーを選択。カラーは自分のフェイバリットカラーのクロームブルーバックボーン。暫く流していると小さいながらもヒット!(笑)しかし友人が捨てアミに引っ掛けてロストしているのを機に、ビビッて即タックルボックスに戻しましたww


『今日のストーム』はファッツオー小のクロームブルーバックボーンでした!って、果たして次回以降も存続するのか!?ww

 と、これまで暫く友人が操船していましたが、残りの時間は再びtactbassタイムですww今回で3回目のフィールドなのでほとんど場所はわかりませんが、前回1匹しか釣れなかったもののかなり可能性を感じたエリアにエンジンでロングドライブです。やっぱり霞水系は広大なエリアをエンジンで走って釣りをするのが大きな魅力の1つですね♪

 そして、狙いの人工の壁にガレ場が絡むスポットに着いて、逆刺しベビーファットイカを壁に落として数度バックスライドアクションを繰り返していると、コンッ!というバイトの後にラインが走ります!ナイスファイトをいなしネットに収まったのはグッドコンディションの40㎝でした!いやぁ~、このスポットを目指しボートを走らせ、すぐに狙い通りの1発!堪りませんねぇ~!(^_^)

  
移動、キャスト、バイト、フッキング、ファイトと全てが完璧な気持ちいい1本でした♪

 そしてリリース後同じスポットに投げるとまたもやコンッ!といいバイト!がっ、これは乗らず・・・しかしすぐさま友人のロッドも弧を描きます!!って、チッ、こんな一級ポイントで根掛かりしやがった(~_~;)『あともう一投したら外しに行くのでそのままちょっと待ってて下さい』と笑顔で言い、根掛かりしている脇にキャストすると本当にヒット!ww根掛かりで身動き取れない友人をしり目に連発でグッドサイズを抜いてやりましたww

 
ほんの小さなスポットでまさかのバイト連発!くぅ~、堪りませんなぁ~(^^ゞ

 って、いつも一緒に行くとお互い釣れないIさんとtactbassですが、今回はIさんも奮闘!ラストは数十センチのドシャローからグッドサイズを釣ったり、ドッグ周りのクランキングで仕留めたりと、結構釣ってました。よかったよかった(^_^;)

 このように今回は最初のポイントではどうなることかと思いましたが、素早い判断で別のエリアに移動。そこでも幅広いエリアを探り、結果的にはそこそこいけてるエリアにたどり着けたと思います。しかしながらポイントもわからない、初戦ゆえ魚の季節の進行による動きも掴めていないので本当はもっと素早くエリアや釣り方をサーチする力があればもっと釣れたと思います。事実通っている方や上手い方なら今回は結構釣っているであろうコンディションだったと思われます。

 というわけで次戦も頑張っていきたいところですが、繁忙期のGW、トレーラー車検、車の車検、病院の再検査と、5月も半ば過ぎまで忙しかったりするんですよねぇ~・・・屋根もチャリンコも直さなきゃいけないし・・・(-_-;)

本日 ラージ:45up×1本・40up×2本・40cm以下×5本 total 8本
     
2017年累計(釣行数 1回)
ラージ :45up×1本・40up×2本・40cm以下×5本  total 8本
スモール:50up×0本・45up×0本・40up×0本・40cm以下×0本  total 0本
合計 :55up×0本・50up×0本・45up×1本・40up×2本・40cm以下×5本  total 8本





14:25 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016/08/01 2016年 第15戦 やっぱり生が好き♡
2016年7月28日(木) ダム 4:30~19:00

天気:晴れ・曇り 気温:25~30℃ 水温:25.5~28.5℃ 風:0~2m 水位:やや減水 水色:スティン 潮:長潮
状況:アフター回復でどこにでもいる感じ

 そんなわけで昨日はなかなか楽しい釣りができましたが、今日は晴れで気温も上がるため昨日のようにはいかないはずです。でもとりあえずは昨日のおさらいからスタートです。

 朝一はビッグベイトからスタートするもやはりチェイスがほとんどなく、たまに追いかけてきてもやる気なくただルアーの遥か下をゆっくりついてくるだけ。そこでクランクにチェンジするとポロポロと釣れました。

クランクだと反応はあるものの、サイズは小さいのが多かったです

 ただこれも反応が今一なんで早くも『モッサ2.2"』を投入です。しかしこれにも反応が悪く、たまに出てきても見切って帰ってしまいます。というかシャローに魚がほとんどいない!日付けが変わったとは言え、たった何時間かでここまで状況が変わってしまうとは・・・
  
昨日あれほどよく釣れた『モッサ2.2"』でしたが今朝は反応がまるで変わりました。そこで『1.6"』にサイズダウンすると・・・

 ただ『モッサ2.2"』には一応反応するので『モッサ1.6"』にサイズダウンするといいのがきました!わずかなサイズの違いに思えますが、やはりシビアな状況の時には食わせの『モッサ1.6"』が強いようです。
  
44cm!バイト数は少ないながらも『モッサ1.6"』は良型を浮かせてくれました!

 その後も渋いながらも『モッサ1.6"』でポロポロと拾っていくことができました。そしてやはりサイズはそこそこいいサイズが揃います。
 
朝の段階で今日は厳しい釣りが予測されましたが果たしてどうか!?

 しかしさらに時間が経つと全く反応がなくなってしまい完全に見失ってしまいました(;´д`)時折岸沿いでボイルは起こるものの、いろいろな釣りを試すもことごとく空振りで嫌な雰囲気が漂います…

 そんな中時間もお昼前になった頃、ある条件を備えた岩盤の4~5mラインでやっと魚を見つけました。カバーのあるところでは『テンタクローラー』2.2gネコリグのミドストで、カバーがなければ『スパイニーシャッド』のDSで面白いように食ってきました!
  
昨日に続き『テンタクローラー』が活躍しましたが、レンジが落ちた分オモリも重くしました。

 お昼前にも関わらずそんなスポットでは3~5匹の連チャンが続きます♪やはり天候の回復により少しレンジが下がり、水通しがよく餌がいる場所に固まっているようです。
 
深いレンジでもしっかりと引き感があるのでノー感じになりづらくとても扱いやすいです

 あとは同じようなポイントを回るとやはり同じように連発してくれました!サイズは30~30半ばの魚が多いですが、これだけ釣れれば楽しいです(^.^)
  
カタログ落ちしてしまった『スパイニーシャッド』で連発!よく釣れるのに残念です・・・

 調子良く釣れていましたが、ちょうどスロープに戻ってきたし、今回はゆとりの釣行ってことでお昼はいったん車に戻り優雅にランチタイムです(まぁいつものカップヌードルですが笑)
  
数はでるものの、なかなか40upがでませんでしたがやっと42cmが釣れました!

 そして食べ終わり船に戻るとスロープのシャロー回りに何百匹のギルがいて、その回りにはたくさんのバスがいました。そして人生初のバスの餌釣りをしたのですが、あまりの衝撃のデカさにここではとても語り尽くせないのでまた後日記したいと思います。やっぱり生餌には敵いませんね…
 

 
ルアーに全く反応を示さなかった魚がわずか数十分の餌釣りで48・44・42をGET。バスとは?ルアーとは?短い時間で10年分以上の大きな収穫を得ることができました。

 さて、そんな興奮冷め止まぬ中、朝方の不調が嘘のように引き続き岩盤での『テンタクローラー』のネコリグが火を噴きました!いいスポットではほぼ間違いなく複数匹のバイトがあり、気持ちいい釣りが続きます。
  
時間の経過とともにどんどん活性が上がってくる感じでした。雨で水温が下がっていたからかな?

 強いて言えばたまにいいのが混ざるものの、アベレージは30半ば位までが多いのが気に入らないところですが、このイレグイに対して我儘にも程がありますね(笑)
 
まるで釣りゲームのようにここぞというところで連発しますwwたまにはこういう釣りがなくっちゃね(笑)

 そしてそれまでにも要所要所では『モッサ1.6"』を入れていましたが反応はありませんでしたが、3時位になると急に『モッサを投げなきゃダメだ!』と第六感が働いたのでモッサを投げるとグッドサイズが連発です!
    
47・45と連続でヒット!感じたことをすぐ行動に移し、結果に繋がった痺れる魚達でした!

 さらに続けると明らかにアベレージサイズが上がりました!30後半が多く痺れる釣りとなりました。これは時間によるものなのか、モッサの力なのかは断言できませんが、やっぱりワームを沈めるとサイズが落ちてしまうことから釣り方はマッチしているようです。
   
トップでこれほど釣れるルアーはあまりないんじゃないでしょうか?やっぱり今が旬の虫系の釣りを満喫しとかないとね!

  
何度見ても水面にゆっくり浮上してきて、ゆっくりと『モッサ』を引きずり込んでいくバスの姿は飽きませんね~(笑)

 一応自分的な1日のノルマは50本に設定していますが、残り時間を考えると確実にクリアできるペースだったので、41cmを追加したところで『モッサ』で釣りたい気持ちを押し殺して残りの時間はトップで遊ぶことにしました。
 
本当はもっと『モッサ』で釣りまくってやりたいところですが、今日のところはこれ位で勘弁してやろう!(笑)

 ただ問題はトップ用のタックルに巻いてあるラインが糞なため、昨日もラインブレイクが2回も起こってしまったこと。一応だいぶカットしたのでキズによるブレイクはないはずですが、あとは劣化が問題です…。

 多分今日の感じからすると『モッサ』によく反応することから間違いなくポッパーが有効でしょう。でも、ペンシルで釣りたい気分なんで投げ続けますがノーバイト・・・痺れを切らしポッパーを投げるとやっぱりバコバコでます(^.^)
  
POP-X、昔はもったいなくて使えなかった時代が懐かしい(笑)

 う~ん、でもやっぱりペンシルで釣りたいんだよなぁ~。というわけで虫食いの魚にも効く小型ペンシルを投げるとやっぱりこれには好反応♡ポロポロ釣れ至福の時が流れます。

ここ何年もペンシルで釣っていなかったけど、最近YouTubeでZEAL柏木さんの動画見てたらやたら使いたくなった。テラーは家に置いてきちゃったけど(笑)

 よ~し、今度はバズで釣りたい!バズ、バズ、バ・・・バズケース忘れてますた…(-_-;)しかたないのでまたポッパーに戻すと立ち木の横からでかいバスが浮上!からのフッキング成功!がっ…またしても切れやがった!(怒)ルアーも戻らずガックリです。バス君すまん…うまく吐き出してくれてることを祈ります(;´д`)

 後味が悪くなりましたが、リールをフロロの14lbが巻いてあるリールに交換しました。明らかにトップには不向きなラインですがこれで釣り続行です。しかしこんなタックルでも優しいバスはきちんと答えてくれて、残りの夕マズメも楽しい釣りができました♪

リアフックが錆びていたのでフェザーなしのフックに交換になっちゃったけど、一気に釣れる気がしなくなりました。まぁ、釣れたけど(笑)

 いやぁ~、今回も実に楽しかったぁ~!!昨日とは少し釣れ方が変わりましたが、連チャンでの釣行だとその状況の変化がよくわかりとても面白いです。逆に1週間も空いてしまうと魚を追いかけきれませんからね。

コイツもたくさん釣れますた・・・バスと違い派手にバッコ~ンと出ます。でもこれがいるところにバスも多いわけで

 いよいよ梅雨も明け、これからは厳しい釣りになると思われますが体に気を付けつつ楽しんでいきたいと思います!

本日 ラージ:45up×3本・40up×2本・40cm以下×52本 total 57本
     
2016年累計(釣行数 15回)
ラージ :45up×10本・40up×8本・40cm以下×185本  total 203本
スモール:50up×1本・45up×5本・40up×74本・40cm以下×367本  total 447本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×15本・40up×82本・40cm以下×552本  total 650本

14:40 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016/07/31 2016年 第14戦 楽しい夏休み♪
2016年7月27日(水) ダム 4:30~19:00

天気:雨・曇り 気温:24~27℃ 水温:25.5~26.5℃ 風:0~2m 水位:やや減水 水色:スティン 潮:小潮
状況:アフター回復でどこにでもいる感じ

 今回はちょっと早めの夏休みを4日間とったので琵琶湖かハチローも考えたけど、やること山積みだし、半月休みなしだったので普通な釣り場に泊まりで2日間やることにしました。この2日間とも夏日前のそれほど厳しい暑さではなかったので楽しい釣りをすることができました。

 朝は雨スタート。いいねぇ~♪というわけで強気にいきます。自分のビッグベイトの釣りといえばモンスタージャックやティンバーフラッシュ、フナベイトなどのリップ付きのものが主流の時代にやって以来ほとんどやっておらず、女医黒すら使ったことありませんでしたが先日入手したガンタレルでやってみます。

 使い方がよくわからず苦戦しましたが、それでも雨パワーもありチェイスやバイトも結構あり49・45・43・41と連発で釣ることができました♪このルアーのために買ったロッドも早速役に立ち上々の滑り出しです。
 

 
やっぱり雨は魚を狂わせますね!この湖にこんなにたくさんいい魚がいたの!?と思うくらい出てきます!

 それにしてもやっぱりでかい魚って絵に描いたようないいスポットにちゃんといるってことを再認識しました。きっとモンスター程条件や釣り方が合うと、こんな誰もが攻めるようないかにもなポイントで釣れるんでしょうね。ってか自分は釣ってます。
 

 
教科書に出てきそうな立ち木から、お手本のようにバイトしてきたグッドサイズ!

 雨が止み時間の経過とともに反応が薄くなったのでクランクをいれるとポロポロと釣れます。朝からクランク投げたらどのくらい釣れたでしょうか・・・でもやっぱり釣れるサイズと喜びはビッグベイトのほうがデカいですね( ´艸`)

たくさん釣りたいならやっぱりクランクだけど、今年もすでに年間500本以上釣るというノルマを達成しているのでこれでいいんです!

 そしてさらにバイトが遠くなってきたので今回のメインルアーに考えていた『モッサ2.2"』を投入です。夏・リザーバー・オーバーハングとくればやっぱり虫系は圧倒的に強いです。今回も見事炸裂です!いいハングにカバーが絡むとほぼバイトを得ることができました。
   
まさに今が旬の虫系ワーム!中でも『モッサ』は繊細なパーツでスレた魚にも強いです!

 『モッサ2.2"』をセレクトしたのは、雨後で多少濁りが入り、かつローライトなので魚がピンスポットについているというよりはちょっと広い範囲を泳いでいるイメージだったので、『モッサ1.6"』よりは少しでもアピール力がある『モッサ2.2"』をチョイスしました。結果は高い操作性も相まってかなりいい感じで釣れました♪
   
『モッサ』は2サイズあるので状況に合わせて使い分けられるのがいいですね!

 カラーに関してはそれほどセレクティブではなかったので、視認性と操作性を重視して16.シルクチャートと17.ホワイトを主に使いましたが、目の悪い自分にもバイトの瞬間がよくわかり楽しいです♪
   
本当にチャートはよく釣れますね!黄色い虫なんてあまりいないと思うんだけど、何だと思って食ってるんでしょう!?

 おまけにサイズも35㎝以上が多く、小バスがほとんど入らないのでなかなか気分よく釣りができます。特に今の時期は大きい魚にも虫系は有効ですね。午前中はずっとモッサで楽しい釣りができました♪
  
47cm!これくらいの魚が浮上してくるともう心臓バクバクです(笑)

 昼食後は違う展開を求めて他の釣りを試したところ、ブッシュ周りで『テンタクローラー』の0.3gネコリグが効きました。フワフワとミドスト気味に引いてくると下から魚が涌いてきて『テンタクローラー』をひったくっていきました!
   
今日はローライトだったこともありカバーの中というよりは周辺をうろついている感じだったのでベイトフィネスタックルで十分戦えました。

 計6本のピンテールにより結構抵抗があるためスローなミドストもとてもやりやすいですし、動きもとてもライブリーかつ複雑で、ある程度魚のポジションが分かっているのであれば強力な食わせワームとなります!まぁまぁサイズがガンガン食ってきます!
  
サイズは選べませんがとにかくそこにいる魚をたくさん釣りたければ『テンタクローラー』は外せませんね!

 途中いいオーバーハングがあるとモッサを投入していきましたが、48㎝のグッドサイズが釣れました!やっぱり今日はワームを沈めるよりも水面で虫系をモジモジやるのが正解のようです。
  
こんなグッドコンディションなバスも弱々しい虫がお好きなようでww

 夕マズメはトップに好反応♪いい感じで食ってきますが、なんのラインか忘れましたが劣化しているのか不良品なのかプツプツと2回も切れてしまいました(汗)・・・2回ともルアーが浮いてきて回収できたのは救いでしたが。

結構バイト数はありましたが結局獲れたのはこの1本だけ・・・でも楽しめました♪

 替えのラインも持ってきていなかったので仕方なくクランクで釣りを続けポツポツと釣って終了としました。
 
本来今日はクランクがとてもいい日に感じましたが、やっぱり水面で釣る釣りのほうが楽しいからね~ww

 こんな感じで今日は朝の『ガンタレル』に始まり『モッサ2.2"』でのグッドサイズ連発、午後の『テンタクローラー』ミドストに夕マズメのトップ&クランクと、色々な釣り方で楽しむことができました!明日は晴れ予報なんで厳しい釣りが予測されますが今日一日でだいぶ癒されました♪明日はいかに!?

本日 ラージ:45up×4本・・40up×2本・40cm以下×37本 total 43本
     
2016年累計(釣行数 14回)
ラージ :45up×7本・40up×6本・40cm以下×133本  total 146本
スモール:50up×1本・45up×5本・40up×74本・40cm以下×367本  total 447本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×12本・40up×80本・40cm以下×500本  total 593本

23:10 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016/07/13 2016年 第13戦 クオリティーフィッシュ降臨!?
2016年7月12日(火) レンタルボートでダム 5:00~17:30

天気:曇り 気温:24~30℃ 水温:28℃ 風:0~2m 水位:満水 水色:スティン~マッディー 潮:小潮
状況:魚はどこにでもいる感じ?

 恒例のIさんとのレクリエーションに行ってきました。いつも残念な結果になるのであえて釣りとは言いません(笑)今回もリアシートでのお任せスタイルで、釣果は望んでいないので何のトラブルもなく一日が終わることを祈るのみです(笑)

 今回は自身初チャレンジとなる人気メジャーダムですが、本来初めての釣り場は何の先入観もなく一人で釣ってみて、自分の力がどれだけあるのかを試すいいチャンスなのですが今回はそれができないのは残念ではあります。

何年も前から存在は知っていましたが実際に訪れるのは初めて。やっぱり実際に行くとイメージとは異なるところが多いです。

 まずは朝到着とともに人の多さにビビります( ゚Д゚)平日なのにこの人の数って…湖上に出るとさらに人の多さと人気の高さに驚かされました。有名なプロの方もTV撮影していましたし。いつもはマイボートでの釣りのためこんなに密集した釣り場で釣りをすることがないのでかなり不安なスタートとなりました。

 でも湖のタイプ的には自分の一番得意なフィールドに近いので、人のプレッシャーと魚のサイズ、濃さなどを考慮してアジャストしてあげればなんとかなりそうな感じです。

ダムなんでポイントを知らなくてもパッと見である程度の予測は立てやすい

 まずは『モッサ1.6”』でサクッと1本!やっぱり時期的に虫系の釣りがキーになるのは間違いないようです。時間が経過すればもっと効果的になると思われたのでとりあえず他の釣りを試します。

時期的には表層系で勝負できそうだったので大好きな『モッサ』からスタートしたがやはり釣れますね♪

 基本Iさんとの釣行はデカバス狙いです。なのでこの時期のリザーバーで少しでもでかいのが釣れる可能性が高いルアーは自分的には『ファットイカ』です。オーバーハングやカバーのポケットにねじ込んでいくとヒット!コンディションは悪いながら40cmが釣れました!
 
釣行前から『ファットイカ』が効くと思っていましたが、やはり今回も活躍してくれました!

 その後はなかなかバイトがありませんでしたがIさんの巻くスピナーベイトにデカバスがヒット!しかし惜しくもフックオフしてしまいました。沖まで続く立木に付いていたようで表層で食うのが見えました。

 それからはバイトもほとんどなくなってしまいましたが回りでは小バスながらポロポロと釣れています。Iさんはこのフィールドにはかなり通っていたとのことですがよく聞けば13年以上前の話であり、複雑な形状のダムゆえ今現在どこで釣りをしているのかさえわからずほとんど迷子状態だったみたいです。 Iさんガイドへの不信感が募ります!?(笑)

 『モッサ』やノーシンカーで小バスがポロポロ拾える位でどんよりとした雰囲気の中釣りをしていましたが、ついにその時はきました( ゚ε゚;)今までの人生の中でも出会ったことがないくらいのクオリティーフィッシュとの出会いです!!
 
こんな魚ならノーシンカーで無限に釣れそうな感じですが・・・


ど~~~ん!!

エンゲル係数の低い我が家では数年に一度巡り逢えるかどうかというナイスフィッシュです!www


 !?料理を生業にしているIさんが極上のウナギ弁当を用意してくれていました。・゚・(ノ∀`)・゚・。Iさんガイド史上最大級にいいパフォーマンスを見せてくれました(^^)dウナギもご飯も大変美味しゅうございました!ありがとうございます!
 
今回もまたいろいろとお世話になりました!あ~ざっす!!

 そしてそんなウナギパワーが効いたのか、午後からはやっとエンジンが掛かってきました。虫系の『モッサ2.2”』とノーシンカーが炸裂!いい感じで釣れるようになりました。平均サイズも多分他の方が釣っているよりもいいはずです。
  
『モッサ2.2”』が活躍!ちなみに爪楊枝チューン済みですWW

 これは今まで曇天で魚が散っていたのが時間の経過とともにオーバーハングやカバーに魚が入りだしたようで、魚のポジションがつかみやすくなったのがいい方に働いたからだと思われます。
  
オーバーハングやライトカバーではやはり『モッサ1.6"』よりも『モッサ2.2"』のほうが扱いやすいです!

 『モッサ2.2”』で40upも2本追加することができていい感じです♪今までIさんは僕に釣らせるためにあえて自分はあまり釣らないようにビッグベイトやハードベイトで釣りをしていましたが、さすがに我慢の限界とみえてライトリグを投げ始めました。(笑)するとやはりお互い釣れて楽しい釣りが続きます!
 

 
『モッサ』で釣る40UPは本当に堪りません♪ノーシンカーワームを落とすよりもグッドサイズが釣れました!

 ただ残念ながらタックルの準備をする時間がなく、前回スモールで使ったタックルをそのまま車にぶち込んだので当然ラインも細いうえに巻替えていないので切れやすいのがたたり、ビッグバスに2回もラインブレイクされてしまいました…

 さらには投げたワームにギルが掛かり、それに猛然とデカバスが食いつきましたがすっぽ抜け、フォローで入れた『ファットイカ』にバイトしたもののテンションが上がりすぎていたために16lbラインを合わせ切れしてしまいかなり凹んでしまいました(;´д`)

 それでも魚のいるエリアやスポットもだんだん見えてきて、夕マズメに向けてなんとか頑張るも良型は釣れるもののデカバスは釣れません。
  
夕方になって活性が上がったのもあると思いますが、狙ったスポットでのヒットが続きます。

 しかしボート屋の終了時間10分前に『モッサ2.2”』で45cmを仕留めることができなんとか気持ち良く釣りを終えることができました。
  
終了間際にきたまさにドラマ魚!(笑)この魚はIさんチョイスのポイントで、完全に釣らせてもらった魚です。

 今回初めて訪れたフィールドですが、まずはその人の多さに驚きました。平日にも関わらず周りには5~6艇程浮いているのが当たり前であり、もう何人もの人が撃ったスポットや、ほんのちょっと前を流している人のすぐ後ろで撃たなくてはならないことにストレスを感じました。土日なんてどんな状態なんだろう・・・

 しかしながら魚は結構釣れておりさらに驚きました。これだけの人が毎日釣りをしているのにこれだけ釣れるのは凄いことだと思います。当日は50UPもでていましたし、数も数十本釣っている方もいらっしゃいました。とてもいいフィールドであることは間違いありません。

 自分の釣果的には45cm含む40upが4本と、最もいい結果ではあったようです。ただデカバスを複数逃がした点、一人乗船で釣りをすれば倍以上は釣れたよ!?という思いはあり満足のいく釣行とは言えませんでしたが、やはりIさんとする釣りはとても楽しく、また次回一緒に行くのが楽しみです!普段お目に掛かれないようなクオリティーフィッシュも頂けたし(笑)

本日 ラージ:45up×1本・・40up×3本・40cm以下×16本 total 20本
     
2016年累計(釣行数 13回)
ラージ :45up×3本・40up×4本・40cm以下×96本  total 103本
スモール:50up×1本・45up×5本・40up×74本・40cm以下×367本  total 447本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×8本・40up×78本・40cm以下×463本  total 550本


22:48 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016/07/11 2016年 第12戦 おもひで巡り
2016年7月8日(金) 霞ヶ浦河川・本湖 5:00~19:00

天気:晴れ・曇り 気温:24~32℃ 水温:24~30℃ 風:0~2m 水位: 水色:マッディー 潮:中潮
状況:?

 そんなわけで霞釣行2日目です。霞で釣りするのに泊まりでするなんて今までありませんでしたが、ガス代の節約と時間と体力の面からいったらやっぱり泊まりで釣りした方が効率いいし、昨日が小バス乱獲というけしからん釣りであったために居残りです(笑)

朝食は4時に船上で緑の狸大盛ww朝からこんなの食えるってまだまだ若い!?(^.^)

 先日買ったベッドはもはや万年床状態。買ってからずっとこんな状態で、畳まれたことがありません(笑)これのおかげで車中泊もそれほど苦ではありません。でもまぁ一番はこんな生活を許してくれるお嫁様に激感謝ですね(^.^)

これがあればいつ家を追い出されても安心です!?ww

 本日は昨日の川ではなく別の川に移動し、川と霞本湖両方攻めるプランです。昨日は小さいのがたくさん釣れたので今日は一発がぜひとも欲しいなと。あっ、そうそう昨日で20年以上達成している年間500本以上キャッチも達成したしね(^.^)

 で、スタートは一番期待していた最上流を目指し時間を掛けて遡上します。そして狙い通り一等地でバイト!いきなりこうくるか!なグッドコンディションの45cmをキャッチすることができました。ルアーはフェイバリットの『BFシュリンプ3.4"』ですが、今回初使用のビフテキリグで釣ることができました。まぁ、ビフテキリグのメリットはよくわかりませんでしたが(笑)
  
いきなりのグッドフィッシュで期待したのですが、大体そんな日って・・・(笑)

 しかし期待のエリアではその1本だけで、その後は下りながらいろいろやるも全然バイトがありません(;´д`)事故的に『ファットイカ』と『テンタクローラー』のネコリグで1本ずつ釣れたものの、キーも分からず再現性がありませんでした。

あれ、なんか昨日と同じようなルアーで同じようなサイズ釣ってるみたいですがf(^^;

 そして釣れなければお決まりのお昼寝タイムww暑さも手伝い今日は合計4時間以上も寝てしまいました。でもこれからの暑い時は無理せずきっちりと休憩をとらないとね。もうオサーンなので無理は禁物です。

 そしてこれから迷走の旅の始まりです(笑)まずは行ったことのない川の下流域、枝分かれした側の川、そして久し振りに本湖にも出て20年以上前の若い頃に釣りをしたエリアを思い出巡り的にどんどん回っていきます。

なんだか似たような景色ばっかりでどこを攻めたらいいのやら・・・結構飽きてくるし(^_^;)

 当時はあまり感じなかったけど、霞ってこんなに浅かったっけ!?と思うようなところが多く、岸近くにすら近寄れないところがほとんどです。景色もだいぶ昔と変わり、新しいストラクチャーもできていたりしてただ走り回っているだけでなんかとても楽しいです♪
 
緊張感のあるドライブがなんともいい感じです(^.^)

 で、昔と決定的に違うところ、それは圧倒的に魚が少ない…(;>_<;)それなりには釣れそうなところを釣っているのですが全くバイトがありません( ゚Д゚)まぐれで『ベビーファットイカ』で一本小さいのが釣れただけ。全盛期に比べてこれほど魚が減ってしまったことはかなりショックでした。

やたら太いけど短っ!ww

 こんな感じで朝の一発以降何もつかめないまま迷走してただ走り回っていただけの釣りになってしまいましたが、なんかこれはこれで面白かったりするのがまたバス釣りの深いところであったりするわけです(* ̄∇ ̄*)

今回も洋モノ登場・・・今年霞水系に来た時のキャッチ率は実に100%(;´・ω・)

 しかし釣ってる人は結構釣ってるわけで、ちゃんといい場所を知り、情報をつかみ、正しい判断のもと動ける人にこそ霞は微笑んでくれるのかなと感じました。なんの下準備もしないでぽっと行って釣れるほど今の霞は甘くないと思い知らされました。いつの日かリベンジしよう!もっと魚が増えて僕にも釣れる位になったらww

本日 ラージ:45up×1本・40cm以下×3本 total 4本
     
2016年累計(釣行数 12回)
ラージ :45up×2本・40up×1本・40cm以下×80本  total 83本
スモール:50up×1本・45up×5本・40up×74本・40cm以下×367本  total 447本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×7本・40up×75本・40cm以下×447本  total 530本


20:24 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016/07/10 2016年 第11戦 ラージでも!?続・マメマメマ~メ~・・・
2016年7月7日(木) 霞ヶ浦河川 5:00~19:00

天気:晴れ 気温:24~30℃ 水温:22~26℃ 風:0~2m 水位: 水色:マッディー 潮:中潮
状況:?

 最近はスモール釣行がメインでしたが今回は霞ヶ浦です。ハイランドのクリアウォーターでライトリグを使う釣りから一転、マッディーシャローでのカバーゲームのまさに対局にあたる釣りとなるためタックル・ルアーとも総入れ替えで釣りに臨みます。

自分のバス釣りは印旛沼や牛久沼などのアシの釣りから始まりました。でも最近は行かなくなったなぁ~

 なかなか準備が終わらず少し遅くフィールドに到着すると、人気の釣り場だけに平日にも関わらずすでに多くの船が浮いています(汗)ちょっと不安になりながらも目指すエリアに一目散に船を走らせます。

 そしてここでの実績ルアーである『ベビーファットイカ』でアシ際をフリッピングで攻めると連発です!サイズは豆サイズ多いですがここぞというスポットでは必ずバイトがあります!
   
実は自分のブログで一番多く検索されているワードが『ベビーファットイカ』・『ファットイカ』ですww論より証拠、ご覧のようによ~釣れます!( ´艸`)

 ここのように浅く、アベレージサイズの小さいフィールドでは『ファットイカ』よりも『ベビーファットイカ』のほうがフォールスピードが合っていることもあり好適です。ただ、サイズ問わず根こそぎ釣れてしまいますが( ´艸`)
   
カラーは視認性の高いチャートテールのものが好みです。水深やバイトがわかりやすいです。

 しかし小バス続きですっかり油断していました・・・50クラスもヒットしましたが、ランディング直前でネットがロッドに絡み外せなくなり、そちらに気を取られモタついている間にジャンプでフックオフしてしまいました(涙)ハンドランディングしとけばよかった・・・

 それにしてもバイトが止まらず快調に釣れ続く中、やたら岸からちょっと離れた所でボイルしています。よく見てみると小バスが小さい魚を追い回しています。そこでなぜか虫ルアーの『モッサ2.2"』を投入(笑)本当に見えバスも高確率でバイトに持ち込んでくれます。
 
食わせの『モッサ1.6"』もいいけど、やっぱりラージにはベイトフィネスでも使える『モッサ2.2"』が自分の好みです!

 そこで普通にアシ際にもアプローチしてみると次々に出てきてくれます!霞水系ではあまり効くイメージのない虫系ワームですが全然釣れますね。叩かれまくってスレたスポットや、トップやフロッグでは少し強いかなと思う時に虫系ワームはありかもしれませんね♪
 
カラーはシルエットがはっきりでるブラックでのバイトが多かったです。

 釣りをしていると時期的なのもあり、手長エビが口に入ったバスを何匹も釣り上げることができました。そこでピンアーム・ピンテールが手長エビをイメージさせる『テンタクロラー』の0.5gネコリグを試すとこれが当たりました!サイズアップとはなりませんでしたが次々と魚が釣れます!
 
いろいろなリグで使える『テンタクロラー』ですが、ナチュラルに誘うなら軽めのネコリグがおススメです!

 最近はクロー系のワームを使うことが多かったですが、やはりサイズ問わずそこにいる魚を全部釣りたければ『テンタクローラー』は強いですね。本体の大きなウネリとピンテールの微細な動きはホント秀逸です!って乱獲し過ぎですね、スイマセン・・・f(^^;
 
今回はマメばかりでしたが当然デカイ魚も釣ってますよ!ww

 そんな中、少しだけサイズアップできたのが『BFシュリンプ3.4"』の10gジカリグです。これでアシの奥をウエッピングしたり、アシが倒れてアシの天井ができているところをこのリグで貫通させてやると良型がでました。ただあまりそういったスポット自体がないのでパターンとしては成立しづらかったです。
 

 
すり抜けのいい『BFシュリンプ3.4"』の10gジカリグならばそこそこのカバーなら滑り込んでくれます!

 『BFシュリンプ3.4"』は本当にいろいろなリグに対応できるワームで重宝します。スモラバ、フットボールジグなどのトレーラーをはじめほとんどのリグに対応してくれます!
 
よく動くアーム、力強くはためくチャンクテール、繊細に震えるピンテールのバランスがホント絶妙です!

 そんな感じで今日は小バスの乱獲で終了してしまうな…さっきのデカバスが獲れてればなぁ~という思いが脳裏を横切りましたが、最後の最後で第六感が働きました。今までほとんどいい思いをしたことがありませんでしたがあるスポットが気になりそこだけを撃つために移動しました。

 もちろんルアーは今日の当たりルアーである『ベビーファットイカ』。そしてその数投目に答えはでました!本日最大の44cmです!先程バラした魚とは比較にならないサイズですが、感じたことをすぐに行動できて、それが結果を生んだ本当に価値ある1本でした(^-^)v
  
もう帰らないと真っ暗になる寸前での1発!いわゆるドラマ魚ってやつですww

 というわけでまぁ最後気持ち良く釣れたし周りも暗くなってきたのでエンジン全開でスロープに戻りました。

霞水系は機動力が生かせる数少ない釣り場の一つ。もっとエンジン船が活躍できるフィールドが近くにあればなぁ~

 今回は霞水系でもこんなことあるの!?というくらい67本も釣れました(ほぼマメですが…)。本来なら少しでもサイズアップするべくいろいろと試すのが上手い人なんでしょうが、正直小バスながら少し楽しんでしまった自分がいていい魚のパターンには辿り着けませんでした。もっと自分に厳しくですな!ってぬるま湯大好きな自分には無理っぽいですが(* ̄∇ ̄*)

たまにはマッディシャローレイクも楽しいですね♪また来よう!ってまさか明日も!?www

本日 ラージ:40up×1本・40cm以下×66本 total 67本
     
2016年累計(釣行数 11回)
ラージ :45up×1本・40up×1本・40cm以下×77本  total 79本
スモール:50up×1本・45up×5本・40up×74本・40cm以下×367本  total 447本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×6本・40up×75本・40cm以下×444本  total 526本


21:49 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.