2018/07/13 ランディングって・・・
 何年か前までバス釣りではネットを使うことはなく、一時ロクマルを狙って琵琶湖に通っていた時に持っていく位でした。ですが1度使うようになったら楽ちんで手放せなくなりました。


バス釣りにおいても、もはやランディングネットは絶対に欠かすことができないアイテムになりました。

 そして楽で確実にランディングができるだけじゃなく、最も大きな理由の1つがスピーディーに魚が取り込めるため魚への負担が確実に少ないと思うからです。だってハンドランディングって、手づかみできるくらい魚が精も根も尽き果てて弱ってる状態ですからね。

 リリースする時の元気具合がネット使用時とハンドランディング時では全然違います。よくハンドランディングがカッコイイからネットを使わないという人がいますが、1度試してみてもいいかもしれませんね(^o^)(自分がネットを使っていなかったのは持っていくのが面倒だったからなので^^;)

 同じ理由で必要以上にドラグをユルユルにして釣るのも無駄に魚を弱らせてしまうので嫌いです。よく釣り場でもなんでそのサイズの魚にドラグをジャージャーいわせて長時間ファイトしてるの!?と思う時があります。まぁバスプロもよく極細い糸でドラグジャージャーいわせて釣ってるんでその影響も大きいんでしょうね^_^;

 tactbassはそんな釣りがちっとも格好いいとは思わないので、できるだけ太い糸で切れない程度にドラグを締めてのガチンコファイトが好きです。その方が魚を短時間で取り込めるし、魚もよくジャンプし力強くファイトしてくれるので楽しいと思うんですけどね。

 って、偉そうなことを言ってますがtactbassも釣れた魚の写真を撮るために数十秒リリースが遅れることもあるわけで、己のエゴで魚に負担を掛けている張本人だったりするんですけどね^_^;でもだからこそなるべく負担を掛けない状態で早めに釣り上げて、写真撮影の時間ちょっとだけ我慢してねっていう思いが強いんですよね^_^;


こんな感じですぐに写真が撮れるようにボートにカメラをセッティングしています。それでもやっぱり普通に逃がすよりも大きなダメージを与えてしまっているんでしょうね・・・

 って、今回言おうとしていたことから大幅に脱線してしまいましたが、何が言いたかったのかというとオカッパリをほぼ全くしないtactbassが今更ながらに気づいたこと、オカッパリのランディング事情って大変なんだろうなってこと。最近ナマズ釣りを始めて(もちろんオカッパリ)とにかく最後のランディングがうまくできないんです^_^;

 今までいろんな魚を相当数釣ってきたのでランディングには自信がありました。でもそれってボートでの足場のいい状況での話なんですよね。オカッパリだとキャストや食わせまではできても、取り込みが難しい場面ていうのもかなりあるんだろうなと。

 ライトリグじゃないと食わせられない魚をなんとか食わせたけど、細いラインなんでネットがないから取り込めないとか、太い糸を使っていたとしても足元のブッシュに引っ掛かってしまい抜きあげられないとか、ボート釣りよりもはるかに難しい状況が当たり前なんでしょうね。ネットがあっても使えない状況も多いでしょうし^_^;

 で、そんなオカッパラーにとっては当たり前にできることがtactbassにはできないことに衝撃を受けてるわけですよ。こんなシチュエーションの時にはこんなタックルでこんな風に取り込む!なんて経験値がないので今更ながらにやり方がわからずオカッパリのナマズ釣りで苦心してるのです^_^;

 せっかくヒットさせて足元まで寄せてきても、抜き上げの時に手前のブッシュに入られたり絡んだりしてポロリしてしまうことが本当に多いんですよ・・・やり方がいけないのか、そんなもんなのかもよくわかりません(´Д`;)ロッドを長くて硬いものに変えてだいぶ改善はしたものの、今後も試行錯誤が続きそうです・・・(^^;


ロッドを今までの6.6ftのグラスから、7.5ftのMH&Hのカーボンロッドに変えただけでもだいぶキャッチ率は上がりましたが、まだまだ解決策はありそうです・・・
スポンサーサイト
00:11 | タクティクス | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/25 パワーフィネス半端ないって~ 言っといてや、そんなに釣れるんやったら~(ToT) 
 下馬評を覆して西野ジャパンがコロンビアをやぶったこともあり、サッカーワールドカップが盛り上がってますね(^.^)このブログを書いている今からセネガル戦が始まりますが果たして!?

 ところで、先日サッカー少年だった頃からの謎が解けました!アニメのキャプテン翼のテーマソングの歌詞で『あいつのうわさでチャンバもは~し~る~♪』って歌詞があるんですが、チャンバって何だよ!!って長年思ってました。諸説囁かれてましたが、正解はまさかのギロッポン的な「婆ちゃん」の業界用語風だそうです!(@_@;)あいつの噂でお婆さんすらも元気になって走る、ってことらしいです・・・^^;(作詞家が語ってたマジ話です)なんかすっきりしました!?(*^。^*)

 さてっと・・・今年の大きな目標の1つに掲げていた、ベイトフィネスの釣りを多用していたスタイルからスピニングタックルを解禁してスピニング王になる!というのがありました。

 特にパワーフィネスの釣りを完全マスターするべく専用のタックル2セットと、たくさんのジグも購入してしまいました。が、現段階ではマスターどころか全く釣れる気すらしていません(;´Д`)

 
スモラバ用とネコリグ用の2本を準備しましたが・・・(^^;


 それらしきスタイルで何匹かは釣ってはいるものの、別にパワーフィネスじゃなくても釣れたと思われる魚だったりして、キモが全く掴めておらず自信を持って投げ続けることができない状態です。多分ちょっとしたきっかけで開眼できるんじゃないかとは思うのですが・・・


スナッグレスネコでは結構釣っているものの、う~ん、これじゃなくても釣れた魚のような気が・・・(^^;


 対してtactbassにパワーフィネスの釣りが再燃していることを教えてくれたドンファンIさんは確実にものにしたようで、前回一緒に行った戸面原ダムでもその日ぶっちぎりの釣果を叩き出したり、相模湖でもデカバスを釣りまくっております(;゚д゚)

 ホームの相模湖でも今までにこんなスゲイ反応をする釣り方やルアーを見たことがなく、もうどこに行っても釣れる気しかしないそうです・・・パワーフィネス半端ないって!俺もマスターしたい~!\(^o^)/

 というわけで、今度一緒に船に乗った時に教えてやるよ!とのことで、次回の釣りはレクチャーフィッシングになりそうです(≧▽≦)手取り足取りやらしく教えてね♡(//∇//)問題は、修理するよう勧告されていたものの騙し騙し使っていた車が遂に本格的に故障、修理代金もなくIさん家にたどり着くことができないってことですねσ(^_^;

 
買っとけ!ってことでまたジグは補充しちゃいましたが^_^;
00:08 | タクティクス | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/05/24 魚ってライトで逃げますよね!?
 夜釣りが大嫌いなtactbassです。ポイントやルアーの様子、魚も見えないし、危険度もかなり高まります。さらにお化けやヤンキー、不審者や変質者との遭遇も極めて高く恐いです!?^_^;でも魚種によっては夜釣りの方が釣れる釣りもあるわけで、仕方なくやる場合が多いです。

 って、夜中に人気のない川原の背丈以上に生えた茂みの中から突然現れたり、川の橋の上で身を乗り出しているtactbassを見かけた人が1番恐いでしょうσ(^_^;不審者以外の何者でもありませんよね。そりゃ職質されて当然です^_^;

 そして乱視・近視・老眼のフルコースで目の悪いtactbassは夜だとさらに見えなくなるので、ラインを結んだり針を外したりなどの細かい作業が本当に苦痛です。だからスーパー明るいライトとワイドビームのライトの2つを必ず身に付けています。


万が一のトラブルに備えて、ライトは必ず2つ身に付けています(^.^)

 で、夜は恐いし周りの様子もわからないので本当だったらライトは点けっぱなしにしたいのですが、釣り場では極力点けません。もし仕掛けが絡んだりしてどうしてもライトを点けないといけない場合には、1度ポイントから離れて、かつ水面とは逆を向いて点けるという気の使いようです。

 もちろんそれは魚に警戒心を与えないため。今まで何度もライトを点けた瞬間に逃げ惑う魚を目撃してきましたから。水槽の魚だって、夜急にライトを点けたらパニックになりますから間違いないでしょう。

 で、問題はケミライトってどうなの!?ってことです。今、ナマズ釣りで普段使ってる25mmサイズのものを切らしてしまったため、37mmというかなりデカめなものを使っています。これはかなり明るく、ルアーの周辺すらも明るく照らしてしまう程です。


シャアザクのアンテナ?よりも遥かにデカいです(^o^)これがルアーのウォブリングによってブンブン振り回されるわけで、普通だったら魚を散らしそうなもんですが・・・

 しかもこれを立ててルアーに装着して使っているため、ルアーのウォブリングとともにライトを振り回しながらチカチカとフラッシュ状態なので、魚にはかなり警戒心を与えてしまうんじゃないかと思っているのです。

 でも、釣れないと思いきや全然釣れるんですよね^_^;むしろ37mmに変えてからバイトの様子や合わせのタイミングもわかって、多分キャッチ率はアップしています。確かに人からだけじゃなく魚からも見やすいため、魚もルアーを見つけやすいし食い損ねも減るからなんでしょうか?

 
でも不思議と釣果が落ちません。いや、ここのところの好調はこのライトのおかげもあるのか!?

 目がほとんど見えないと言われているナマズですが、デイとナイトではデイの方がミスバイトも少なく感じるので、やっぱり波動だけではなく結構視覚にも頼ってバイトしていると感じます。カラーによる差もある場合があるみたいだしね。

 以前太刀魚の夜釣りの乗合船に乗った時、全然釣果が違うから集魚灯と呼ばれる赤・青・緑などにフラッシュするかなり派手なLEDライトを仕掛けに付けろ!と言われたことがありますし、適度な光はプラスになることもあるんですかね(?_?;(その集魚灯はtactbassがひく位明るかったですが釣れましたね^_^;)

 というわけで、デカいケミライトはまだ信用しているわけではありませんが、予想に反し高釣果をもたらしてくれているのでもう少し使い込んでみたいと思います。でもそう考えると、バス釣りでもたまに夜明け前や日没後もルアーを投げることがありますが、トップルアーにケミライトを付けるのは相当効果的に思えてきました!(^o^)
07:33 | タクティクス | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/04/19 ダウンショットリグにスイベルって・・・
 雑誌や有名人ブログ等を見ていないtactbassが最新の情報を得るのは、もっぱら友人のIさんに教えてもらうことが多いです。趣味が話題になっているルアーや最新のルアーでバスを釣ること!というだけあって最新情報にはかなり敏感です。というわけでまた最近教えてもらったことが、ダウンショットリグを使う時にスイベルを使え!ということです。

 詳しく内容を聞いてみると、ダウンショットリグを使う時に針の上のリーダーの途中にスイベルを入れると糸ヨレがかなり軽減できるということで、もうだいぶ前から多くの人がやってるよ!とのことでした。え、そうなの!?う~ん、全然知らんかった・・・確かにダウンショットリグは糸がヨレるよね。

 でも、それって結び目が増えるってことだよね?普通のDSリグなら針とシンカーの2か所結べばいいのが、スイベルを追加すると最大4か所も必要です・・・(-_-;)基本高性能でややこしい仕掛けよりもシンプルでリグるのが簡単な方を好むtactbassは、状況が許す限りは高性能ながら結び目が多いキャロライナリグよりもシンプルなスプリットショットリグを愛するような男です。

 だからDSにスイベルを追加するのも、確かに優れているのはわかるんですが物凄く抵抗があるわけです。人一倍ラインチェック&結び替えをしてますからね^_^;じゃあ面倒だからやんない!と思いましたが、それでもまぁ一度くらいは試してみようかなと思いました。

 で、リグる手間よりも快適性が勝るようなら今後も定番リグとして続けていくし、もしトラブルがあった後に面倒に感じたりラインを結び替えた方がいいと感じてもリグるくらいならもうちょっとこのまま使っちゃおう^_^;となるくらいなら廃止ですね。


一日に何度もラインを結び変えるtactbass。こんな複雑なシステムを維持できるのか!?
11:10 | タクティクス | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/04/18 ダウンショットリグって・・・
 さて、昨日は今年初のラージ釣りに行ってきました。が、あまりの貧果にへこみ気味でブログを書くのもしんどいのと、さらにはこれから雨の中トレーラーに乗っているボートを分解して降ろし、整備をしてトレーラー車検に持って行ってきます(;´Д`)というわけで今回は書き溜めておいたこの記事でごまかします(^^;

 みんな大好きダウンショットリグ♡本当に良く釣れますよね!(^o^)tactbassも村上晴彦氏が常吉リグとして紹介し始めた頃から試していました。でも、ちょっとかじったりはしたものの自分の中での定番リグにはなり得ませんでした。絶対に外せないリグとして必ずリグるようになったのはここ4~5年位なもんでしょうか・・・どんだけものにするのに時間掛かってるんだよσ(^_^;で、なぜあまり好きになれなかったのか考えてみたら・・・


最も釣れるリグ代表のDSリグ。でも昔は大嫌いでしたが、今は大好きです(*^。^*)

・一点でネチネチやるのが耐えられなかった

・ボトムでの釣りが嫌い

・キャスト時や回収時、操作時にリーダー部が枝などの障害物に巻き付きやすい

・魚が釣れた時やボート上でリーダー部が絡まりやすい

・リグるのが面倒臭い

 等々でしょうか・・・でも今となっては上述したような嫌いな部分も馴れちゃったせいかさほど気にならなくなっていました(^.^)それよりは単純によく釣れるということの方がデメリットを大きく上回っていると感じるようになったからかもしれません。

 中でも1番大きかったのがボトムで一点をじっくりとスローに誘う釣りに特化した釣り方だと思っていたのが、意外にもボトムや中層をスイミングさせたり、フォーリング等でもよく釣れることがわかったことでした。そんな釣りならtactbassでもなんとか使えます(^o^)

 じゃあ最近までライトリグってなにやってたの!?と言われれば、以前熱弁したようにほぼスプリットショットリグだけでこなしてました。オモリは0.5~7g、リーダーの長さは1cm~1m位で使い分けていろいろな状況やポイントに合わせてアジャストさせていました。


今でもtactbassの基本のライトリグと言えばスプリットショットリグ!でも友人に死語だよ!と言われた時はショックでした^_^;

 でもやっぱり障害物にタイトに攻めたい場合や、一か所でネチネチやりたい場合にはスプリットショットリグではやりづらく、ダウンショットリグに分があるんですよねぇ~。

 そんなわけでスプリットショットリグでは攻めづらいシチュエーションでダウンショットリグを併用することによって、ほとんどの状況を打破できるようになりました(*^。^*)

 でもダウンショットリグマスターの小森プロが気になることを言ってたんですよ。彼の言うダウンショットリグの最大の欠点とは・・・タフな状況やフィッシングプレッシャーに弱いのだそうです!(@_@;)?????て思った人が多いんじゃないでしょうか?渋い時こそダウンショットじゃないの?って思いますよね?

 もちろん彼のように極限の状況で試合をしている人にしか当てはまらないのかもしれませんが、tactbassは昔からなんとなくそんな気がしてましたよ!(本当かよ!?(^_^;))じゃあ何がダメなのかというと、ラインの水切り音が大きい、ラインが視界に入りやすい、ダイレクトに動かせる分大きく動きすぎる、的なことを言ってました。

 そしてそんな時はナチュラルに浮遊させられるスプリットショットリグが強いと!やっぱりtactbassが思っていたことと同じでした。なかなかやるな、小森プロ!(って、だから本当か!?(ー_ー)!!)

 そんなわけでなんとなくダウンショットリグの出しどころがわかってきた昨今、あとはさらに嫌いなネコリグをものにできればもっと釣果は上がるんだろうなぁ~(^_^;)というわけで今更ながらにネコリグを勉強中の、時代遅れにも程があるtactbassです^_^;


07:54 | タクティクス | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/04/15 フィールドの新規開拓、今と昔
 フィールドの新規開拓って、今と昔じゃだいぶ違っているような気がします。昔はtactbassも新規開拓をよくしていましたが、そこにバスがいるのか?ということが一番の問題でした。でも今じゃ密度はともかくバスのいない所を探す方が難しいでしょう。それこそ都内の公園の水深30cmもないような池にだってバスがいることが多いですからね(って本当はいちゃいけないんでしょうが^^;)

 昔なら実際現場に出向いて魚の有無を確認しないといけなかったのが、今ならネットでちょっと検索すればそんなことをしなくてもわかることが多いですしね。まぁそれがフィールドの急速な荒廃の原因の一つであるのは間違いないんで、tactbass的には残念に思うことですけどね・・・

 そんなわけでどこにでもいるとは思うんですが、昔と違い未開拓のフィールドなんていうのも多分ないんでしょうね。昔は誰も入ったことのないようなフィールドで爆釣!なんていう夢もありましたが、今やどのフィールドも人が多く入っていてなかなか厳しい状況だと思います^^;

 さらに、昔はそんな未開のフィールドにマイボートを持ち込めばパラダイスなんてこともよくありましたが今は逆、マイボート釣りができるフィールド自体がほとんどないうえそんなフィールドに人が集中し、フローターやゴムボート、ジョンボートなどであふれかえりむしろ厳しい状況です(-_-;)よっぽど浮きものができない狭い水路や浅い川、小さな池なんかのが釣れると思います。


関東は本当にマイボートを生かせるフィールドが少ないです。マイボートの釣りにこだわるtactbass的には悩ましいところです・・・(ー_ー)

 あと最近は航空写真が誰にでも簡単に見られる時代になったので、よりフィールド探索が楽になりましたよね。フィールドの有無や規模、水深や水の色、ストラクチャーの様子、車を停める場所や水辺までのエントリーポイントまでわかることが多く、本当に便利になったものです。まぁこれもやはりフィールドの荒廃の大きな原因にもなっているんですがね(^_^;)


普通の地図ではわからないことも、航空写真なら情報量は神レベルです!(@_@;)

 なので昔と違いただ闇雲に突撃しなくても、事前に下調べをしておけばある程度効率よく回れるのがいいですよね♪もちろん魚の濃さやプレッシャー、細かいシチュエーションなどは実際に現場で釣りをしないとわかりませんが、行く場所を限定できたり、駐車スペースやエントリーポイントがわかるのは相当なアドバンテージとなります(*^。^*)

 そんなわけで最近はグーグルアースを睨みながら、いいフィールドがないか模索中のtactbassです!


もはや釣り人にもグーグルアースの活用は必須の時代ですね(^_^;)
07:08 | タクティクス | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/04/12 冒険してますか?
 今年は久し振りに今までのぬるま湯釣行から脱していろいろなことに挑戦するテストイヤーにするつもりです。釣りのスタイル、フィールド、釣り方なんかを今までやっていなかったこともやってみようと考えています。でもそれって本当はごくごく当たり前のことですよね^^;

 ただやっぱり人間楽なことを覚えるとなかなかそこから抜け出せない。勝手知ったるフィールド、使い慣れたタックル、自信のある良く釣れるルアー。そんなのがあってそれなりに魚が釣れていると、どうしても同じ釣りの繰り返しになってしまい進歩がなくなってしまう場合がありますよね。

 近年のtactbassはまさにそれ、安定した釣果で満足してしまい切り開くことをやめ、楽なぬるま湯温泉に浸かっていました。そうなるとやっぱりマンネリ化して強い刺激、ワクワクが得られないんですよね・・・昔は道なき道を突き進んでいくような釣りをしていたつもりでしたが・・・

 でもそんな人って結構多いんじゃないかと思います。いつも同じ釣り場の同じポイントで、いつも同じルアー投げてる・・・的な。上述したようなことが変われば本当に全然違う目線でバス釣りが見られるんですが、不安や面倒、貧果を恐れてつい目先の安定した釣果に逃げてしまうんですよね^^;

 例えばオカッパリの人がボートに乗る、野池メインの人がダムに行ってみる、近場フィールドばかりの人が遠征してみる、ワームメインの人がハードベイト縛りでやってみる等々・・・これだけの違いで全く違う魚を釣るかのような楽しみが得られると思います(*^。^*)

 というわけで今シーズンは全く初めてのフィールドにも行ってみるというのが大きな課題なわけですが、今までは結構遠くの釣り場が多かったのでできれば近いフィールドも探しておきたいところです。釣りのスタイルも今までのように丸一日できることも減ってきそうなので(~_~;) 


ワクワク感がなくなったら、釣りなんてやってる意味がないですからね(^_^;)tactbassは原点回帰します!
00:02 | タクティクス | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/02/21 結局、フォーミュラって付けると釣れるの!?
 ルアーに味や匂いを付けるとよく釣れるんだよ!!な~んて名人達に言われたらそりゃなるほど!俺も付けなきゃ!ってなりますよね^_^;そんなのまだtactbassのアソコの毛が生えそろう前からずっと言われてきて、tactbassもいろいろなものを試してきました。

 イチゴやバニラの匂いのするボトルタイプのもの、ラメラメのスプレー式や水に浸けるとパチパチするもの、パウダー状で付けるとヌメリや血をイミテートした赤いもの、そしてガルプ汁などなど試しはしたものの、正直その効果は明確にはわかりませんでした^_^;

 さらに手間が掛ったり、ワームそのものの性能を落としてしまうものもあったりで結果的には今は何も使っていません。でもこの匂いブームってやつは何年かに1度くるみたいで、その都度気にはなっているんですが近年はスルーしています。

 まぁ間違いなくプラスにはなれどマイナスにはならないと思うのですが、問題はやっぱりその手間や管理の面倒臭さですよね。確かに使用直後は効果があると思いますが、すぐに効果はなくなってくると思います。で、とても何投に1回味を付けるなんてやってられません(>_< )

 そもそも最初から味や匂いが付いているワームがほとんどであり、それをさらに強烈にしたからといって、それによりどれだけの魚がプラスアルファーで釣れるのかってことですよ。確かにギルなんかはやたら反応する気がしますが^_^;

 でも最近流行っているパウダー状のものは興味ありますね。ただこれは匂いがうんぬんと言うよりはワームオイルのベタベタが軽減され、ワームのクセがつくのも軽減できるという意味でですけどね。がっ、買おうとしたら少量なのに高杉・・・(;゚д゚)

 
最近流行りのパウダー系。使ってみたいけど高いので止めました。それではと自分で作ろうとしましたが、だんだん面倒になってきて止めました(^^;

 というわけで他に代替を探しなかなか良さげなものもあったりしましたが、やっぱり手間や対費用効果等を考えたらバカらしくなってきてやっぱり今回も見送りました^_^;何か安くて手間が掛からず、効果が持続して明らかにメッチャ釣れるものがあれば使ってみたいんですけどねえ~^_^;

 そういえば実家にサナギ粉に漬け込んである大量のスライダーワームなどがタッパーで5~6個あるはず。巧漬けにして1年以上漬け込んだ年代物とか言ってますが、これなんかもう30年近く寝かせてありますよ!( ̄∇ ̄)って、恐くて今更開けられないビビリ~tactbassですσ(^_^;
00:09 | タクティクス | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/01/10 スピニングタックル解禁!?
 現状、ベイトフィネスの釣りをやり始めてからはライトリグもベイトでタックルで扱うようになり、それこそラージではベイトオンリー、スモールマウスバスですら半分以上がベイトタックルでやるのが当たり前になりました。4″カットテールのノーシンカーや虫系ルアーですらベイトタックルでやってましたから。

 
ちょっと前はスモールでもベイトオンリーな釣りを目指してましたが・・・(^_^;)

 でもそれってよく言われているベイトフィネスのアドバンテージを活かして、というよりはただ単にベイトで釣った方が面白いからとか、生意気なことを言えばあえて軽くて扱いにくいルアーもベイトタックルを使うことでバスにハンデをあげているといった意味合いが強かったです。やっぱり正直極軽量なルアーはスピニングの方が使いやすいですσ(^_^;

 
一般的にはスピニングで使うルアーも無理くりベイトで釣ってますた。やっぱりベイトで釣ると楽しいですからね♪


 ただここ数年はベイトオンリーのスタイルも緩和し、必要であればスピニングも積極的に導入していました。自分の中でベイトフィネスをやり切ったという思いと、本気で釣らなきゃヤバイ・・・という思いがでてきたからだと思います。

 ちょっと前までベイトオンリーの釣りに拘ってきましたが、以前述べたように今年はパワーフィネスを絶対にものにしたいのもあり、今年はスピニングタックルに拘ってみてもいいかなと思ったりしています。今までデッキに8~10本ベイトタックルが並んでいたのを、オールスピニングタックルで組んでみるとかね。あ、でもハードベイトがあるからそりゃ無理かσ(^_^;

 
やっぱりライトリグにはスピニングが使いやすいですよね。特に自分の行くフィールドではスピニングが有効な所が多いし(^_^;)

 でもちょっと今年は本気でスピニングタックルを使い込んでみようと思います(^o^)去年は屈辱の年間500本キャッチが途絶えてしまったことだし、今年は本気で獲りにいきますよ!って、それでアベレージサイズが下がったら意味なし番長なので、やっぱりその時々のベストタックルを考えながらの釣りをしなきゃですね(^_^)ゞ
00:07 | タクティクス | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/01/07 パワーフィネスとベイトフィネスの有効性の違いって・・・
さて、先日昔やっていたパワーフィネスについて語ってみましたが、今回は今時のパワーフィネスの有効性について考えてみたいと思います。

 で、今時のパワーフィネスはガチガチの7ft前後のMHクラス以上の竿に1.5~2号のPEラインを組み、4g前後のスモラバをピッチングでブッシュの最奥までねじ込み、強引に魚を引きずり出すのがトレンドでしょうか?これは今まで自分が思っていたパワーフィネスよりも遥かにパワフルなスタイルです。


今時のパワーフィネスはかなりマニアックで幅の狭い釣り方のように思われます。でもやる前からヤバイ釣果は目に見えてますね(^^)

 確かにこのスタイルなら今までベイトフィネスタックルで釣れなかった魚が釣れるのも頷けます。キモは複雑な枝等で構成されたブッシュでも臆することなくルアーを入れていけることでしょう。もちろんベイトフィネスタックルでも4g前後のスモラバをブッシュに投げ入れることは可能です。


tactbassの巻くスモラバは3g前後と比較的重いしシルエットもデカめです。でも、早急にパワーフィネス対応のしっかりとしたガードの付いたものを作らないとイカンですね(^_^;)

 でも、より奥深くまで狙おうとするとそれなりに力を入れて投げないといけないでしょうし、もしルアーがブッシュに当たってしまうとバックラッシュは避けられないでしょう。そうなるとついビビって手前のブッシュしか撃たなくなってしまう。まさにtactbassの現状ですσ(^_^;

 あとはライン。ベイトリールではPEラインを使うのは結構厄介ですし、PE2号程度の強度をもったフロロラインなんて太すぎてスモラバやライトリグのワームを繊細に扱うなんてできないでしょう。というわけでやっぱりこういった釣りにはパワーフィネスの釣りが向いているのかもしれませんね。

 じゃあベイトフィネスなんて必要ないじゃん!?ていうとそうでもなくて、いつでも魚がそんなヘビーブッシュの最奥にいるわけでもなくて、カバーの手前やライトカバー、アシや単調なストラクチャーを攻める時なんかはやっぱりベイトフィネスの手返しの良さやアキュラシー性、それ程太くないフロロラインでのルアーの操作性や食いも優れているわけで、やっぱり適材適所なんでしょうね(^.^)


やっぱりベイトフィネスはいらん!とはなりませんね(^_^)でも今年はできるだけ封印してあえてスピニング主体でやってみようかな(*^。^*)


 というわけで今まではカバーが濃くなればなるほどパワーフィネス→ベイトフィネス→ヘビーベイトタックルという図式で考えていましたが、そんなに単純なものでもなさそうですね。やっぱりカバーの種類や状態によって使い分けが必要なんでしょう。う~ん、こりゃどうしてもパワーフィネスタックルが欲しくなってきたぞ・・・σ(^_^;
 
00:11 | タクティクス | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.