2018/02/12 ロングT!? グランパ ロングP もどき自作!
 さて、前回の続きのロングPもどきの自作ですが、まぁ作業的にはリップをカットして、エイトカンを外して、ペラとカップワッシャーを仕込んだヒートンを埋め込む。ただこれだけのことなんですが、初めての作業だったのでビビリながらの作業となりましたσ(^_^;一応作業の流れをざっと書いておきますが、間違っていると思うので参考にしないでね^_^;


先日ロングPパクリ用に購入した現行ロングA B15A。ついにメスを入れる時がきました(*^。^*)

 まずはフックとスプリットリングを外します。そしてフロントとリアのアイをニッパーで半分に切り、熱した半田ごてをアイに当て熱がアイから本体プラスティックに伝わり軟らかくなったところでそのままペンチで引っこ抜きます。これがオールド物ならフロントだけの作業で済むので楽チンですね。そしてエイト環を抜いた後は、ヒートンをねじ込む時に楽なように極細なドリルで下穴を開けておきました。

 
思ったよりは綺麗に抜けました。これならなにもオールドにこだわらず、今回のように現行のものでも改造できそうですね♪

 そしてニッパーで大まかにリップを切り、リューターで形を整えます。マメな方は綺麗にトゥルトゥルに磨いたり塗装をしていますが、ちっちゃなことは気にしないtactbassは削りっぱなしですσ(^_^;

 
結構硬くて厄介、なんて声もありましたが普通に切れたし削れました。楽勝でしたね(^.^)

 さぁ、一番の問題のヒートンのねじ込みですが、このままただねじ込んだら確実に抜けてしまうので、穴にレジンを流し込んでそこにヒートンを差し込みました。まぁこれでも強度は大丈夫なんだろうか!?というとこですが、こればっかりは実際に使ってみて判断するしかありませんね。というわけでtactbassはこんなやり方でやりましたが、もっといい方法があれば教えてくださいm(__)m

 
一応ヒートンもかなりがっつり留まり抜ける気配はありませんが、何かにぶつけた後などチェックが必要そうですね。

 最後にグランパさんオリジナルでありロングPの純正フックでもあるダブルフックを取り付け、店長さん推奨のグランパオリジナルのオーバルソリッドリングも装着してロングT!?の完成!!う~ん・・・見た目はかなりくりそつになったぞ!(*^。^*)

 
フック&オーバルリングもロングPと全く同じ純正品で、とことんパクリます(^.^)

 でも実は・・・どんなにロングTがロングPを模倣してそっくりさんに作ったとしても、絶対にロングPにはなりえないのです・・・(-_-;)このブログをよく見ている人は気づいている人もいるかもしれませんが、次回以降その点に触れてみたいと思います。

 

 
普通によく釣れるダブルスイッシャーにはなったと思います!でも、これはロングPじゃない・・・

スポンサーサイト
08:26 | チューニング・自作系 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/02/10 ロングT!? グランパ ロングP もどきを自作したい!
 さて、先日話題のロングPを入手したと書きましたが、吸いません・・・やっぱり4000千円のルアーを使うことに対しビビってしまい結局パッケージも開けられないままお嫁に行かしたチキンなtactbassです(..;)でもやっぱりロングPの秘密を知りたい・・・というわけでパクらせてもらうことにしますた^_^;


はい、結局自分では使えず、どんなルアーかもわからないまま旅立っていきますた・・・(^_^;)

 そもそもロングPを買う前からパクる気満々だったので、事前にボーマーのロングA B15AとグランパオリジナルのP-PERAを購入していたのです(^^ゞがっ、本家本元ロングPを開発・販売しているグランパさんに乗り込み、『ロングPをパクリたいんですけど必要な材料を下さい!』と堂々とのたまったところ・・・


もう自作するつもりでロングA B15Aを準備してありました^_^;現行ものですが・・・

 『いや・・・グランパのペラもロングPに使われているものとは違うし、フック、カップワッシャー、ヒートンもこれから販売予定なので今はないですよ・・・』と言われますた(||゜Д゜)とある方はとても親切に見繕ってもらったと言ってましたが、やはりtactbassの素行に問題があったのか!?(..;)

 
このペラさえあればロングPがお安く再現できる!のか!?

 さらに、『ボディーもつるしではなくウェイトを加えたりしてバランスをとっているので、ただロングAにペラを付けただけじゃロングPにならないんですよねぇ・・・』ですと・・・(||゜Д゜)でも今ならロングPありますよ!と言わたので購入したといういきさつがあります^_^;

 でも、そんなことを言われても、もうロングP手放しちゃったし、ロングAもペラも買っちゃったからやっぱり自作するっきゃないっぺ!どうせ浮力と浮き角度を合わせりゃほぼ同じに作れんじゃね~の!?というナメた思想の元になんちゃってロングPを作る決意をしたtactbassなのですた(^_^)ゞ

 次回実作業編に続く!・・・のか!?
00:03 | チューニング・自作系 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/02/09 日本の部品屋
 『日本の部品屋』なるハイクオリティーなルアーメイキングパーツを販売しているメーカーがありますが、今まではちょっと高価だったこともありほとんど購入したことはなく、スミスやコーモランなどのもっとお手頃価格のパーツを購入していました。

 まぁでもよく考えたらペラやヒートンなどそんなに数使うもんじゃないし、一つ一つのルアーの仕上がりの満足感を考えたら多少高くても見た目も綺麗で仕上げも丁寧な『日本の部品屋』製のものを買ってもいいかなと思うようになってきました。釣具屋でも比較的入手しやすいですしね。


今まで手を出してきませんでしたが、ついに高級パーツに手を染めてしまいました・・・(ってそんなに高価なもんでもなかろう!ww)

 そんなわけで今回はロングT(ロングPのパクリ品)の作製用にヒートンとカップワッシャーを買ってみました。ピカピカして綺麗だし細かいところの仕上げもいい仕事してます(*^。^*)というわけでロンT製作のパーツが揃いました!


ネジ1本にしても普通の工業品からしたらクソみたいに割高な価格ですよね(~_~;)
00:09 | チューニング・自作系 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/01/16 コーモラン ウィローブレード #1
 ペラ、ブレード系が大好物のtactbassですが、今回は極小のウィローブレードを購入してみました。ブレードって、スピナーベイトで使うようなサイズは売ってても、なかなか小さいものって売ってないですよね。やっぱりあまり需要がないんでしょうか(>_< )

 
ブレードって不思議な魅力があります。簡単にアピール力がアップできて素敵です(^o^)

 そんな中、コーモランの#1のウィローブレードが売っていたので入手しました。このサイズならプラグ、ワーム、ジグと何に付けてもバッチリ合いそうです。でも昔はブレードって1袋にたくさん入ってたけど、これには3枚しか入っていませんでした。もっとたくさん欲しいんだけどなぁ~^_^;


サイズ感はウィグルワートと比較してこんな感じです。いろいろ使えそうなので数十枚は欲しいですがこんな小さなブレードなのに高杉・・・(>_< )
07:34 | チューニング・自作系 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/01/14 ファインケミカルジャパン スプレーブラッセン FC-142
 シンカーやジグヘッド等、素材剥き出しのピカピカなものが多いですが気になりませんか?ちっちゃな事は気にしないtactbassでもこれは気になります。そこで以前はマジック、塗料、粉末などで着色していましたが、仕上がりが悪かったり耐久性がなかったりといまいち・・・なので現在は最初から地味な色の物を選ぶことが多いです。

 でも気に入ったものが地味であるとは限らないし、コスト的に高くつく場合もあります(-_-;)そんなおり、とあるブロガーの方がこんなのを勧めていました。ファインケミカルジャパンのスプレーブラッセン FC-142というものですが、こいつは金属に黒染(着色)できるというものです。

 その方は簡単にムラなくマットブラックに塗れ、耐久性もある!とのことなので鵜呑みにしてtactbassも購入してみましたが、マイナスのインプレをしている方も結構いらっしゃるので実際に使用してみるまでは何とも言えませんね(^_^;)


確かに仕上がりは綺麗みたいです。問題は耐久性ですね!

 なかなか時間がとれず実際の作業はまだ先になりそうですが、使用してみたらまたインプレ致します!
00:00 | チューニング・自作系 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/01/11 アルテコ 瞬間接着剤用 硬化促進剤 スプレープライマー 420ml
 さて、釣り人にとっても出番の多い名脇役に瞬間接着剤がありますが、意外と瞬間接着とはいえなかなか固まらずやきもきしたり、白濁して見栄えが台無しになってがっかりなんて事も多いですよね(^_^;)

 そんなイライラを解消してくれるのがこいつ!アルテコの瞬間接着剤用 硬化促進剤 スプレープライマーです。瞬間接着剤の硬化を早め、白化防止等の効果もある優れものです!

 まだまだ先のシーズンインに向けて、あれこれととチューンしているアナタにはお勧めの一品ですよ♪


結構高価ですが、あの不快感が軽減できると思えばなかなかいい商品だと思います(*^。^*)
00:07 | チューニング・自作系 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/01/09 パワーフィネスに適したスモラバって・・・
 さて、昨日の記事で、tactbassが欲しいライトカバーを撃つためのパワーフィネスロッドとしてレジットデザインのWSS-ST65L Solid Tip Modelと記していましたが、コピペを間違いました。正しくはWSS-ST63ML Solid Tip Modelでしたσ(^_^;今スモールマウスバスのスプリットショットリグ用として使っている65lでカバーなんかやったら即折れですね^_^;鋭い貴方は、はっ!?その竿でパワーフィネスやんのかよ!?って突っ込みいれたかった人もいたかも!?訂正致しますm(_ _)m

 ところで最近のラバージグって凄く高いですよね・・・。普通の大きさのものどころかスモラバですらワンコインじゃ買えませんからね(;゚д゚)tactbassが市販品を買ってたのって遥か昔のスタンレージグ時代なんで1個300円以下でした。なので今は倍以上になってるんですよね。まぁ物も良くなってはいるんでしょうけど・・・

 そんな価格面もあるんですが、自分好みのラバージグが欲しいのもあり、もう30年程自作していてほとんど市販のラバージグは買ったことがありません。ラバーの量や広がり具合、カラーやカット、シルエット等々自分で巻いたやつじゃないと釣れる気がしないんですよね^_^;

 でもジグヘッドだけはなかなか自分の理想の物がなくていつも苦労しています。ヘッドの形・重さ・ガード、針の大きさ・形・太さ、価格等々、いつも好みの物を物色してはいるんですけどねぇ~(;´Д`)なのでジグヘッドも自作を考えてはいるんですが、やっぱりかなり大掛かりになってしまうのでいつも悩んでは断念しています^_^;

 そんなわけで最近はパワーフィネスに使えそうなジグヘッドを物色中です。キモとなるのは引っ掛かりにくいヘッド形状、重さ3.5~4.5g位、強いガード、強いフック、水平姿勢、スモラバらしいシルエットに仕上がることなどです。

 う~ん、そんなもん売ってませんが・・・(+_+)でも市販品のそれらしきジグを買うと6~7百円位するしなぁ~。も少し探してそれらしきジグヘッドがなければ不本意ながら市販のパワーフィネスに使えそうなスモラバ買うしかないのかな・・・(;´Д`)

  

こんなやつらを買わないといけないんでしょうか・・・ってか高っ!(@_@。
00:02 | チューニング・自作系 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/12/28 手芸コーナーで女子力全開!?
 ここ最近はずっと微熱、咳、鼻水と絶不調なtactbassです(+_+)普段35度位しかない体温がついに38度オーバーになったのでインフルかと思い検査しましたが、風邪とのことで少し安心です。まぁ、こんだけ無理な仕事やらされてりゃ完全に体壊しますよ・・・

 そんなわけで、休日はダイソーでお買い物してストレス発散です。以前から欲しかったものを物色しに行きました。お目当ては手芸コーナーと化粧品コーナーですが、いつもながら女子ばかりのコーナーに明らかに場違いなゴリゴリのオサーン・・・完全にキモオヤジなtactbassですσ(^_^;

まずはマニキュアの除光液をゲット。からの手芸コーナーでまさかのブツ発見!これを買うためにフライショップに行かなきゃなと思っていましたがまさかダイソーにあったとは!当然価格も量からいったら100倍以上安いしww

 
う~ん、色といい質感といい、こりゃ素敵なシークレットベイトが出来上がりそうです♪

 で、何に使うのかというと、秘密です( ´艸`)後日、対スモールマウスバス用の最強ベイトとして紹介します!?
22:55 | チューニング・自作系 | コメント:1 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/05 グランパ P-PERA
 かなりペラ物が大好物なtactbass。そんなわけでいろいろなペラ付きルアーはもちろんペラ単品も買ってきました。まだ在庫のペラもたくさんあるのにまたペラを買ってしまいました(;´Д`)今回のものはグランパというお店がだしているオリジナルのものです。

 グランパのペラと聞いて情報通の貴方ならもしかしてピンときてるかもしれませんね。そうです、あの釣れ釣れと評判のグランパオリジナルルアー、ロングPのプロペラなんです(^.^)


このペラさえあればロングPがお安く再現できる!のか!?

 ロングPとは、オールド物のロングA B15Aのリップを除去し、前後にペラを付けたダブルスイッシャーなのですが、なぜかなんてことなさそうなルアーなのにすこぶる評判がいいんです。価格も4000円以上するのに入手困難で、今の時代に行列をなしたり抽選販売でないと買えないみたいです(||゜Д゜)

 ヤフオク!などでも大体7千円~1万数千円もしますil||li (OдO`) il||liそんなもの当然買えるわけもないので作ってみようと思った次第です。今販売されているロングPはモールドからそれ専用に作って貰っているようですが、以前は手作りだったようなのでできなくはないのかなと^_^;

 そもそもスイッシャー、プロップベイトのキモはプロペラがかなりの割合を占めると思っているので今回ロングPでも採用されているP-PERAを入手してみたのです。特徴としてはステンレスバネ製で薄く軽量なのでスローリトリーブにも対応でき、レスポンスも良さげです。

 ・・・・・って思って通販で購入したP-PERAでしたが・・・・・実はこいつが到着前に本家本元グランパさんに行ってペラ以外の物を買おうと材料を見繕って下さいと言うと、なんとロングPに使われているペラはP-PERAぢゃないと仰る!?

 えっ!?違うの!?・・・(||゜Д゜)ってクソ高いペラを6パックも買っちゃったよ(;´Д`)まあよく考えればスイッシャーの命とも言えるプロペラを販売したりしないですよね^_^;他のメーカーでもキモとなるペラはアフターパーツとしても販売してないところがほとんどですもんね( ̄。 ̄;)

 でもまぁ形は似てるし、薄いペラ欲しかったし、他のルアーに付けるしいいんだいいんだもん(T^T)というわけでロングAに付けてもロングPにはならないようですが、改造用にロングAも買っちゃったしもちろん作りますけどね^_^;

 ロングPに採用されているのはGP-LP001という大きさのものが近そうですが、他のルアーにも付けてみたかったので、大きめのGP-LP003とベビーサイズのGP-LP002も合わせて購入しました。さてさて、他のペラと比べてどんなもんなんでしょ!比較が楽しみです(^o^)


負け惜しみじゃなく、本当に薄いペラをずっと探していたので全然OKです!軽量なペラを失ってタックルボックスの肥やしになってるルアーがたくさん眠ってるので(^.^)
08:07 | チューニング・自作系 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/04/30 玉抜き!?
 先日パイプカットしたお話をしましたが、今回はタマタマを抜きました♡これでついに完全体になったわ(//∇//)・・・はい、何のことかっていうと・・・

 先日、トチ狂ってファッツオーのプレミアム価格セットをヤフオクで落札してしまいました・・・結構お高い万円でしたが、理性が働かず指が勝手にポチッと(-_-;)


ファッツオーの中サイズ×4個、小サイズ×2個の神セット!

 で、いざルアーが届きコフーンしながらパッケージを破り、ルアーを握りしめて優しく振りながらファッツオー独特のコトコトサウンドを堪能していました(//∇//)

 ところがあるファッツオーを振った時、ジャラジャラと下品な音がします!?これは・・・はめられたか!?このミックスサウンドは・・・ショートワートが混ざっていやがる!!(-_-#)


何の変哲もないファッツオーだと思っていましたが、実はとんでもない爆弾を抱えていましたil||li (OдO`) il||li

 怒りに震えながらリップに書いてあるであろうショートワートの印字を確認すべくひっくり返してみると・・・・・もっと最悪な現実がそこにありました(;゚д゚)

 なんと、こともあろうかわざわざファッツオーのウリであるコトコトサウンドをぶち壊すべくお腹に穴を開け、小さなラトルボールが多数入れられていました(>_< )もちろんこれじゃあ音のみならず、浮力やバランス、アクションまで全く別物です。


痛々しい傷痕が・・・なぜこんなことをしたのか理解に苦しみます( ̄。 ̄;)

 もちろん出品時にこのことの説明は一切なく、10枚ほど掲載されている写真にもこの改造部分が映った写真が1枚もなかったことを指摘し、クレーム対応してもらうことにしました。

 すると出品者が個人ではなくストアだったため話が早く、自分の望み通りの待遇にしてくれました。どうしてくれんじゃボケ!!こんな不良品よこしやがって!いますぐ全額耳を揃えて持ってこんか!p(`Д´)q

 な~んて言うはずもなく、6個セットだったので支払い金額の1/6を返金して貰いました。でも、この6個の中ではこの改造されたルアーが価値としては1番低く安いはずなので正直得した気分です( ̄ー ̄)

 さらにはお手数をお掛けしますがそのルアーはそちらで処分して頂けないでしょうか?とのことなので、仕方なくこちらで処分することにしました。って、丸儲けですww(≧∇≦)b

 もちろんジャラジャラファッツオーをそのまま使っても全然いいんですが、やっぱりせっかくのファッツオーなので再手術することにしました。


哀れなファッツオーくんに再びメスが入ります^^;

 まぁ、作業としてはなんてことないんですが、先ずはルーターでパテで塞がれた箇所を再度穴を開けます。そしてルアーを傾けると案の定コロコロとたくさんのブラスボールが出てきました^_^;


無事摘出成功!これにて元の萌えるコトコトサウンドの復活です\(^o^)/

 あとは以前ブログにも書いたプラリペアを使い開いた穴を塞げばオペ完了です(^_^)ゞうん、やっぱりファッツオーはコトコトサウンドに限りますね!\(^o^)/


見た目は・・・ですが機能的には問題なし!

01:35 | チューニング・自作系 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.