2018/06/10 軽量ショートレインブーツ
 tactbassのお仕事は家業である煎餅屋です。そんなわけで当然通勤時は堅苦しいスーツなんてことはなく、普通に小汚いカジュアルな格好で通勤しています。別にオシャレさんではないので服なんてほぼオールGUかユニクロなtactbassですが、雨の日の靴だけは何かいいものがないか物色していました。長時間の往復でぐちょぐちょの靴じゃ気分もだだ下がりですからね^^;

 先日の大雨の時なんかは釣りで使っている黒の短い長靴で通勤したりしていましたが、やっぱりもうちょっとスマートな方がいいなと思ってこんな靴を買ってみました。全体がかなりやわらかいネオプレンゴムのようなものでできているので当然完全防水です。高さがないので深い水たまりや深雪では中に入ってきそうですが、普段使いとしては十分そうです。


ビジネスウエアにも、カジュアルウエアにも合いそうです。こんなやつを探していました!

 底のパターンも防滑性がありそうですし、長靴よりははるかにデザインがいいのでどんな服装にもマッチして違和感もありません。履いた感じも柔らかな素材でとても歩きやすく、脱ぎ履きも容易です。ただクロックスのような軽さではなくそこそこの重さがある。ヒールカップがないので長靴のように脱げそうな感じがする。通気性がないので蒸れる。などのデメリットもあります。


軟らかくて履きやすく、濡れた足元でもそこそこのグリップ感があります(^.^)

 もちろん雨の日専用に使うつもりですが、これなら雨の日のボート釣りにも快適に使えそうですね!現状は短い長靴で釣りをしていますが、これの方が足首の自由度が高く軽いのでフットペダルを楽に踏めるし防滑性も優れているので安全性も高そうです。というわけで雨が予測される日は通勤、釣り共にこいつが大活躍してくれそうです(*^。^*)



スポンサーサイト
07:40 | ウェア類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/05/21 レジットデザインの帽子貰ったけど・・・
 『あなたが私にくれたモノ~』って歌いたくなってしまうくらい、友人のIさんからはよくいろいろなものを貰ってしまいますm(_ _)m貧乏性の(ってか本当に貧乏ですが^_^;)tactbassはどんなものでもとりあえず遠慮なく貰ってしまうのです(^o^)

 そして今回貰った中のひとつがキャップいっぱいです(^o^)以前tactbassがあまりにヨレヨレに使い古したキャップをず~っと使っているのをブログで見て不憫に思いたくさんくれたのに、またたくさんくれました。仕事柄まとめて大量に購入するらしいです。

 で、その中にしっかりしたキャップが一つありました。被った感じもいい感じです♪これ、いいスねぇ~(≧▽≦)と言ったら、それ、レジットデザインのやつだよと言うではないですか。おっ!?と思い確認してみると確かにレジットのキャップでした!

 
なかなか被り心地の良いキャップです(^o^)見た目も無難に使えそうないい感じです♪

 tactbassもレジットの竿2本保有しているしちょうどいいや!でもせっかく買ったのにどうして?と思いましたが、即売会でロッドを買った時に貰ったそうですが、もうレジットの竿は全部売り払うから要らない!とのことでした^_^;

 被りやすいししっかりしてるからメインのキャップとして使わせてもらいます(≧▽≦)って、よく見たらツバの裏に鬼〇氏のサイン入りじゃないですか!(||゜Д゜)じゃあ要らない・・・と言いかけましたがやっぱり貰っておきました^_^;


サ、サイン入りかよ!?どうせなら紗倉まなのサインがよかった(//∇//)

 鬼〇氏のファンだと思われるとキツイ・・・というよりも、以前tactbassが釣具屋で店長してる時にフェンウィックの竿の即売会で鬼〇氏が来たのですが、あまりいい印象がないんですよね^_^;まぁ、ツバの表側に書いてあったら確実にお返ししてましたねσ(^_^;
08:17 | ウェア類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/12/25 ライフジャケットのルールが変わるって!?
 以前tactbassは何度も落水し、釣りにはいろいろと危険が付きまといますよという記事を書きましたが、今回は己の身を守る必需品のひとつライフジャケットについて書きたいと思います。tactbassは中学生からフローター、高校卒業後はアルミボートと、バス釣りといえばほぼ浮き物での釣りでした。そのためライジャケとも長い付き合いになります。

 昔は発泡素材のチョッキ型のものを使っていましたが、動き辛いし夏は暑いし冬は防寒着を着るとパツパツで苦しいはで大嫌いでした。だんだん改良されてきて動きやすくはなったものの、基本的にはウザい存在で状況によっては着用せずに脱いでしまうことも多々ありました。でも安全面からいったらやっぱりこのタイプが一番信頼度が高いですよね。


使用感悪すぎで、朝は着ていても途中から着ていないことも多々ありました(^_^;)

 手動の膨張式のように紐を引っ張らなくても落水すれば確実に浮くわけだし、当然ボンベの交換なんかも必要ありません。岩やなんかの尖ったものに当っても破裂しないばかりか衝撃から体を守ってくれることもあるでしょう。ただ正しい着用法で使用しないとかえって危険だったり、経年と共にだんだんと浮力が落ちてくるという注意点もあります。


だんだん改良されてきて腕周りや首回りが大きくえぐられだいぶ動きやすくはなったものの、やっぱり着用は嫌々でした(^_^;)

 そしてその後膨張式のライフジャケットが発売されるとすぐに飛びつきました!あの煩わしい使用感の悪さから解放されるのです!膨張式には水に浸かると自動で膨らむタイプと、紐を引っ張って膨らます手動タイプがあります。以前釣具屋で勤務していた時、価格が安いのもあり手動タイプを手にするお客さんが多かったです。


最近は膨張式が一般的になってきましたが、これなら全然快適に使えますね♪

 でもその都度落水時に気を失ったりパニックになるととっさに紐が引けないため危険であることを伝え、少しでも高額な自動膨張式を売りつけて店の売り上げUPを図っていたお客様の安全を何より願っていた心優しいtactbassです(#^.^#)

 さらに種類も肩掛けタイプ、腰巻きタイプがあり本当は肩掛けタイプの方が安全だと思うのですが、どうしてもtactbassの場合は肩掛けタイプだと肩がこるし付けている感じも気になるので腰巻タイプを愛用しています。これだと全然付けている感じがしないし着る服による制約もないので、tactbassの場合は自動膨張式のウエストタイプ、これで決まりです!


正直安全性は他のタイプよりも劣る気がしますが、これならストレスなく1日中付けていられます!

 このように確かに快適に使える自動膨張式のライフジャケットですが、注意点もいくつかあります。まずは正しい着用をしないと膨張しないことがある、雨や水に浸けてしまうことで暴発してしまうことがある、定期的にボンベのチェック・交換が必要である、膨らんだあと鋭利な物に触れられない等々です。

 
本体だけじゃなく、後々のボンベの入手のしやすさも忘れてはいけません!

 またボンベは膨らんだ後や、本来定期的に交換しなきゃいけないものなのでちゃんとボンベも入手しやすいライジャケを買うのも大事ですかね。いくら安くても後々ボンベの品番がわからなかったり廃盤、どこにも売ってなくて困ることはあるあるです。

 
パズデザインのこのボンベはなかなか扱っているところがなくなく、ちょっと厄介でした(^_^;)

 なんで今ライフジャケットの話題を出したのかというと、来年の30年2月1日から船に乗ったらライフジャケットは義務化になり、違反すれば罰則もあるようです。もちろん同船者がライジャケを持っていない場合も考えてtactbassは予備でも持っていて必ず着用させていました。

 がっ、注意点が1つあり、改正後は国が認めた『桜マーク』のついたライフジャケットしか使用できなくなる点です!NBCのものは問題なく使えるけど、ゲスト用のパズデザインの方は桜マーク付いていなかった気がしたなぁ~。後でよく調べてみよう(^_^;)
12:14 | ウェア類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/09/23 藤和 ストレッチタフパンツ ・ウルトラライトストレッチパンツ
 昨日は最高にブルーな一日でした・・・一昨日入手したエンジンの調子を見たいのもあり、相当気合を入れて釣行の準備をしていました。エンジンのチェック、今まで放置していたFW54Vのシャフトカット、その他細かい艤装も終わらせ、11本ものタックルにルアーを結び、全ての荷物を積み込み後は出発するだけ!の状態になったところで1時間の仮眠をとってから出ようとしましたが、目覚めたのは10時間後・・・お昼前だったので釣行を断念しました(ToT)試したいことがたくさんあったし、フィールドの状況も悪くなさそうだったので本当に自己嫌悪です・・・

 さて、オシャレ番長を自負しているtactbassは、ほぼ一年中シャツ、上着、スボン、パンツ、靴下から靴まで全て同一ブランドでバシッとコーディネートしています。もちろんGUか、ちょっと奮発してユニクロですが・・・(T^T)そんなわけで街を歩けば同じ様な服装をした人が溢れかえっているわけで、家族にもよく間違えられる次第ですσ(^_^;

 そんな洋服には1品2000円以上掛けないtactbassですが、不思議とフィッシングウェアにはやたら高価なものを買っています^_^;で、先日買ったトレッキングパンツ、モンベルのサニーサイドパンツがすこぶる履きやすくて気持ちいいわけですよ!超軽くて動きやすく、丈夫で撥水加工してあるのでオカッパリパンツとしては最高なんじゃないでしょうか。もう普段履きで使いたい位です(≧▽≦)


ちょっとナマズ釣りで使うには勿体ない程良好でした(^.^)そこで代替品を探してみたのですが・・・

 でもやっぱり難点は高いこと・・・7000円以上もしますからね(ToT)(って、安いですか!?)そんなわけでこれと同等なものがないか調べてみたのですが、サニーサイドパンツの約半分の値段で同じ様な機能を謳っているズボンを見つけました。まぁ安かろう悪かろうな可能性が大ですが、どうせ藪漕ぎや作業時に使うものなのでダメ元でお試し買いしてみました(それでも自分にとっては高級服ですが^_^;)

 それが作業服を作っている?藤和というメーカーのストレッチタフメンズパンツ 84614とウルトラライトストレッチメンズパンツ 8464です。ストレッチタフパンツは大きめのポケットが付いているのでナマズ釣りで、ウルトラライトストレッチパンツはシンプルな形状なのでボートフィッシングや作業時に履きたいと思い購入しました。


ウルトラライトストレッチパンツと謳ってるけど、サニーサイドパンツの方が軽快感がありますね。

 で、肝心の履き心地ですが、サニーサイドパンツと比べるとやっぱり断然釣りには不向きに思えました。サニーサイドパンツがどちらかというとウィンドブレーカーっぽい?履き心地なのに対し、ストレッチパンツはジャージっぽい?感じです。なので藪漕ぎなんかだと棘等でほつれそうなのと、撥水性はやはり劣っていますね。


素材からしてあまりヘビーな藪漕ぎは無理でしょう。あまり草のない時期に使いたいと思います。

 あとはサニーサイドパンツの方がなんかサラッとした履き心地なので暑くないし汗の不快感も少ないです。ここら辺はやっぱりトレッキングパンツと作業着の違いもあるんですかね?というわけで作業時に履くのには十分だけど、やっぱり釣りにはモンベルのパンツを履きたいと思います。

00:14 | ウェア類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016/12/02 Foxfire ハンドウォーマー
 世の中には不可解なものが結構ありますが、自分にとってこのFoxfire ハンドウォーマーも意味が分からないものの1つでした(笑)防寒用の手袋なのに指先はおろか掌の部分も剥き出し!手の甲から手首にかけてしか覆われていませんwwwこんなのが防寒用のグローブとは思えないし、「馬鹿にしてんの!?」と言いたくなってしまいます。知らない人が見たら寒いのになんでこいつわざわざ大きな穴の開いた手袋しとんの!?と奇異の目で見られること請け合いでしょう(爆)

 
初めて見た時からインパクト大だったこいつwwついに入手してみた

 かなり胡散臭そうなものではありますが、確かに寒い時期にグローブをつけると竿の操作性が悪くなってしまうのでそれを我慢してグローブをするか、寒いのを我慢して素手でやるかのどちらかでした。でも防寒の程度はわかりませんが、このFoxfire ハンドウォーマーなら掌の部分が大きく空いているのでほとんど素手感覚で操作できるのは間違いありません。そこでまぁ素手でやるよりかはましか・・・程度の思いで購入してみました。

 メーカーの謳い文句としては『風や水を通さないポリウレタン加工を施したストレッチ性のあるフリース素材を採用。親指部分の表側に起毛した吸汗速乾素材を当て、汗や鼻などを拭きやすくしました。また、手首部分には小型のカイロ用ポケットを配置し、ハンドウォーマーとカイロの相乗効果でより暖かく、手のひら・指の感覚を大切にするアングラーには手放せないギアになるでしょう。』とのことです。


内側にカイロを入れるスペース付き。それなら暖かそうかな!?

 また、ティムコの方のブログには『使ってみるとわかるのですが、嘘みたいにあったかいんです、コレ・・・。一見すると指先が寒そうですが、実は人間の体というのは手首と手の甲をあたためるといつまでも温かい血液が指先まで循環し続ける。結果、指先が冷たくならないのです。冬場、手がかじかむ原因としては、寒さからくる血行不良のせいです。気温の低い状況下に陥ると、人間の体は末端部分である手足の血液の流れを弱め、生命活動に重要な、内臓を守るという本能が働きます。脳がそういう指令を出す。その活動が【かじかむ】ということに繋がるのです。このグローブはその働きをあえて阻害するように作られているわけですね♪このグローブは、人間工学に基づいた、ティムコ史上最も画期的な商品なのです!』的なことが書いてあります。

 Mサイズを購入しましたがサイズはちょうど良さそうです。実際に装着してみると確かにほぼ素手感覚で操作できるのは間違いないようです。問題の暖かさですが、こればっかりは現場で使ってみないとわかりませんが、なんか大丈夫そうな気もしてきました(笑)また後日実戦で使ったらインプレしてみたいと思います。

 
装着した感じの違和感はありません。まだめちゃ寒い中で試していないのでなんともですが、ちょっと期待しています!


↓こちらからどうぞ!





00:01 | ウェア類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016/11/16 モンベル サニーサイドパンツ
 今までほとんどオカッパリをしてこなかった自分ですが、今年ナマズ釣りを始めてどうしても欲しくなってしまったものがあります。それがトレッキングパンツです。ナマズ釣りというとどうしても土手周辺をアップダウンして歩き結構運動量も多いうえに藪漕ぎが当たり前で、結構過酷な釣りです。

 で、自分は普通にジーパンで釣りをしてきたわけですが、動き辛いうえに露で草が濡れていることがあるのですぐにびしょびしょに濡れてしまう。さらに暑い時期に汗をかくとべたついてかなり不快です。そこでスパッツを試したところ濡れや虫刺されの問題があり、その上に薄手のカッパを履いてみたら濡れは回避できたものの動きにくさと蒸れ、藪漕ぎの際の破れや棘刺さりの問題がありもったいなくて使えなくなりました。

 そこで調べてみると山で使うようなトレッキングパンツなら使えるかも?と思い始めました。トレッキングパンツなら物によっては軽量で動きやすく耐久性に優れ、撥水性、ストレッチ性、通気性、速乾性、防風性などがありオカッパリで使うパンツとしてはかなり有効そうです。

 しかしトレッキングパンツと言っても用途によってたくさんの種類があり、どれを選んだらいいか全然わかりません・・・なのでまぁ上記した特性を備え、見栄えも奇抜ではなく普段着としても使えそうなこと、レビューの評価が高く価格も手頃なモンベルのサニーサイドパンツというものを購入してみました。身長170㎝・70㎏の自分はMサイズ、足の長さが標準のものよりも6㎝短いM-Sサイズを買いましたがこれが大失敗、ウエストはぴったりでしたが自分の足の長さを見くびっていました(笑)、少し長さが短かかったです。まぁでも使えないレベルではないので今回はこれでいきます。


ネット購入ではどうしてもサイズに関する問題がつきまといますが、今回はちょっと失敗ですかねww

 生地は思っていたよりもかなり薄く早春や晩秋では少し寒そうです。破れも大丈夫か!?といった感じです。実際に着用してみると、まぁこんなもんかな!?な感じでした。普段釣りでは結構いいレインウェアを着ているので、立体裁断、撥水性、ストレッチ性など他の方が大絶賛している程の感動は得られませんでした。歩くと結構シャカシャカするし。まぁハードに使って履き潰すにはちょうどよさそうな感じではあります。あとは期待している破れに弱くなければいいなというところですかね。

 
見た目、履き心地とも良くも悪くも全てにおいて普通な感じの印象を受けました。もちろん問題は実戦での使い勝手ですが果たしていかに!?


↓こちらからどうぞ!



00:13 | ウェア類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016/10/20 NIKWAX(ニクワックス) TX ダイレクトWASH-IN&LOFTテックウォッシュ
 さて、釣具屋勤務時代に自分はお客さんに対してタックルやルアーにではなく、カッパや偏光グラスなどのウェアー類にこそお金をかけて欲しいと言ってきたし、もちろん自分自身もフィッシングウェアーにはこだわってお金を使ってきました。

 もちろんそれは見た目を気にするってことではなくて、どんな状況でも快適に釣りに集中できるフィッシングウェアーが必要不可欠であるということです。事実大体4着以上はレインウェア・防寒ウェアを持っており、状況に合わせてより快適なものを使い分けています。

 確かに安いレインウェアだと少しすると水が染みてきたり、フードや袖口部分から水が入ってきたり、汗をたくさんかいて雨よりもぐっしょり濡れてしまったりしてとても釣りができたもんじゃない。これがしっかりとしたウェアを身に着けることによって大分軽減できるのです。

 しかし現状はというと・・・。最近はカッパも買う余裕がなく、もう10年近く経つものをストレスが溜まりながらも使っています。がっ、先日の釣行で洗ったばかりのウェアを着て釣りをしたところ、すぐに雨が全身に染みてしまい寒いし不快で釣りを断念せざるを得ない状況で、正直かなり危険な状態でした。


こんな状態ではもはやカッパではない。すぐに全身ずぶぬれになってしまいました。

 そんなわけで、さすがに何とかしなければ・・・ということで新品のカッパ購入は無理なので久々にNIKWAX(ニクワックス) の『TX ダイレクトWASH-IN』と『LOFTテックウォッシュ 』で処理をしました。まぁ、これは撥水剤ですがよくある防水スプレーとはまるで違い、効果てきめんな優れものです!以前から使っていて信頼度抜群なんですが、ちょっと施工が面倒なので放置していました。


まずはこの『LOFTテックウォッシュ 』で洗う。これだけでもだいぶ違うらしい。

 『TX ダイレクトWASH-IN』・『LOFTテックウォッシュ 』ともお徳用の1Lのものを使用していますが、さらにケチるために多くの液体を必要とする洗濯機での作業ではなく 面倒ですが手洗いによる作業を行っています。まずは『LOFTテックウォッシュ 』でカッパを洗い下準備。次に『TX ダイレクトWASH-IN』に漬け込み、すすいで乾燥。そしてキモになるのが乾燥後熱を加えること。これをしないとニクワックスの良さが生かされず効果が半減です。


『TX ダイレクトWASH-IN』をウェアに漬け込み乾燥後、熱を加えるのがキモ!

 今回はカッパと防寒着などまとめて5着分&小物類をやったのでかなり大作業になってしまいました(汗)量が多かったので洗いはバスタブで足踏み、漬け込みはデカいクーラーボックスに入れて作業をしました。

 そしてその結果は・・・新品同様!とまではいきませんがかなり撥水性能が回復し、今までは最初から水が付くとベタ~っとなってしまっていたところが気持ちよくパラパラと滑り落ちてくれるようになりました!


う~ん!気持ちいいようにポロポロと水を弾いてくれる!


ご覧のように水が付いたとたんすぐにベタ~っとしてしまったカッパも、ニクワックスの使用で以前の効果が復活!


↓こちらからどうぞ!













02:07 | ウェア類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016/10/19 ダイソー シューズハンガー
 ブーツを洗ったり、使用後汗をかいたものを単に乾燥させたり、落水して水が入ったものを乾かしたりと!?、ブーツを干したい時って結構あります。ただその時に普通に立てた状態だとなかなか乾かず生乾きになったり、風などで横倒しになったりしてより臭くなったりすることがあります。また、虫などの侵入も気になるところです。

 そんな時に逆さまにして干せば余計な水分が下に滴り落ちて乾かしやすいと思っていたし、そんなグッズがあるのも知っていました。だから以前からそんなのが欲しいと思っていましたが、3000円以上とかそこそこの値段するのでずっと躊躇して購入していませんでした。

 ところがダイソーでブーツを逆さまにして干せるグッズが売っているのを知り速攻で購入致しました!もちろん高価なやつに比べれば耐久性などで劣るとは思いますが、機能的には全く問題なし!これはいい買い物ができました♪ちなみにセリアで販売しているものは片方のブーツしか干すことができず1足分干すには2個購入しなくてはならず、1個で1足分干せるダイソー品のほうがお得です(笑)
 
 
シンプル&プラ製ながら機能的に問題なく、とにかく価格が魅力です!

 実際に使ってみても全く問題なし、こりゃいい!ただし物干し竿などに引っ掛ける場合、S字フックの幅が狭いため対象物が太いと掛けられないという欠陥があります。なんでこんな形状にしたのか理解に苦しみます。惜しいなぁ~( ̄▽ ̄;)自分の場合は干すものがいろいろとあるので、まとめてハンガーを掛けられるものを使っているのでそれに掛ければ問題なしですが。

   
こんな感じでぶら下げますが、風などで揺れてもちょっとやそっとじゃ脱落しなそうです
10:20 | ウェア類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016/09/12 ディックコーポレーション レインスパッツ N WD-1601
 ほとんどオカッパリをしない自分ですが、ナマズ釣りをしていて気になることがありました。基本ナマズ釣りは長靴を履いて釣りをしていますが、とても気に入っている長靴ですが泥除けカバーが付いていません。なので藪漕ぎをした時はもちろん普通に歩いている時でも泥や葉っぱが入って不快な思いをすることがあります。あとはボートのセッティングをしている時にも同様の思いをすることがあります。
 
意外といろいろな用途で使えそうです

 そこでディックコーポレーションのレインスパッツ N WD-1601というものを購入してみました。これなら異物が入り込むことがなく集中して釣りに臨めそうです。付けた感じ若干圧迫感を感じますが、これくらいじゃないとずり落ちてしまうんでしょう。

いずれにしろ足元は汚れやすかったり破れやすかったりするのでいい予防になりそうです


↓こちらからどうぞ!



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

レインスパッツ価格:861円(税込、送料別) (2016/9/8時点)

00:06 | ウェア類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2016/07/28 Datechip 12+WAY バンダナ 多機能チューブ
 以前購入して大活躍しているFoxfireのマルチマッフルですが、最近は泊まりがけの釣行が多いため1枚だとどうしても2日目も気持ち良く使えるというわけにはいきません。そこで同じものを購入しようと思ったのですが、調べていくうちに安価なものでも使えるんじゃないかと思い始めました。

 そうして辿り着いたのが『Datechip 12+WAY バンダナ 多機能チューブ型』という商品です。価格も1290円とマルチマッフルの半分程で安いな♪と思っていたら、なんとこれ6枚セットでの価格でした\(◎o◎)/てことは1枚あたり215円ですと!?インプレを見ても価格からしたら使えるとの意見が多かったのでダメもとで購入してみました。

6枚セットですが、3枚お嫁様にとられました(笑)

 実際使ってみると、マルチマッフルよりも素材の目が荒かったり生地が薄いのでUV対策大丈夫!?と思えてしまう点、若干緩くて使い方によってはずれてしまいそうな感じがしないではありませんが、この値段ですからねぇ~。多くは望めませんね。もし余裕があるならマルチマッフル買ったほうが無難ですが、自分的にはまぁこれで十分ですかね。

比較してしまえばそりゃ10倍以上マルチマッフルのが高いのでいいに決まってます。でも消耗品と割り切るならこれはこれでありかな


↓こちらからどうぞ!




00:55 | ウェア類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.