2018/06/18 2018年 ナマズ 20戦 安定の川、博打の水路なのか?
新規開拓水路、いつもの川、剣道場の川 2018年6月16日(土) 18:00~19:00・20:30~1:30
天気:曇り、小雨 気温:16℃ 水温:?℃ 風:2m 水位:前日に雨が降ったが田んぼの影響でポイントによりまちまち 水色:マッディー

 さて、今日も嫁が夜勤のため、娘の送迎のために休みを取りました。本当に丸一日フリーの休みがほとんどなくなってしまいましたね(;´Д`)というわけで恒例の1時間ナマジングです!

 しかしこの剣道場の川も水がだいぶ増えてしまいなんだかイマイチ感が満載です^_^;それに加えて鯰人道はさらにくっきりとできており、相当な鯰人が入っていると思われます。

 そこで道なき道を藪漕ぎすると・・・みぎゃ~あ!!il||li (OдO`) il||li全身中にカメムシがくっついてるじゃないですか!(||゜Д゜)その数何十匹レベルです。長靴の中もカメ野郎が何匹もはいってるし・・・(;´Д`)もう藪漕ぎなんてしないからね!(-_-#)

 そんなわけで足場のいい所のみをやってると、安定の土管前でチェイス!からのパフッ!!フッキングも決まりました!しかし泳ぐのがやたら早いナマズで、ハイギアのバンタムMGL XGでゴリ巻きしたのにブッシュに突っ込まれてしまいました(;´Д`)

 今までのグラスロッドだったら確実にここでバラしていましたが、ゾディアスで強引に引っ張り出します!すると見事出てきたものの、今度は足元の草に絡まれました(;゚д゚)しかしこれもガチンコで草ごとぶっこ抜いてやりました(^o^)やっぱりカーボンロッド最高です!(≧▽≦)

 
2度巻かれましたが無事キャッチ!いつもはこれでバレるパターンですが、カーボンロッドのおかげ!?(#^.^#)

 かろうじてデコは免れました!(^_^)ゞここでちょうど1時間経ったので娘をピックアップしに向かいました(^.^)で、これで収まるわけもなく、家でご飯を食べてから再出動です(^_^)ゞ

 メインポイントもだいぶ草が生えてしまい、tactbassのポイントで1番釣れる場所が撃てなくなってしまいました(;´Д`)

 仕方なくカーブ部分に入り、カーブして見えないバンク沿いに投げるとパスッ!!とバイト音!思いっきり合わせると目の前まで吹っ飛んできましたが外れてしまいますた(..;)

 すると、先程撃って無反応だった対岸ブッシュで鯰の捕食音!?一応投げると一撃でバイト!からの早合わせしてしまいすっぽ抜け・・・

 激流れポイントは不発で複合ポイントに入り、対岸のブッシュギリギリにやわらかプップがポフッと生々しい着水音をたてて落ちるといきなり落ちパクバイトです!フッキングも決まり嬉しい1本です!


最近全然釣れなかったポイントで久し振りに釣れました(^^♪近頃は足場がよくエントリーしやすいとこしかやりません(^^;

 サンドバーポイントも釣れそうでしたが不発。激浅本流ではチャラ瀬前の足元で素敵な炸裂音のバイトがありましたが空振りでした(>_< )

 最後に先日開拓した圧倒的に魚影が濃い水路に向かいました。ただ前回同様水草が絡むようならすぐ撤退、もし雨により水位が増えており水草が絡まないようならじっくりやってやろうと思いました。結果は・・・やはり水位が上がり水草は絡んできません!こりゃ爆釣だな( ̄∇ ̄)

 ・・・・・ウソだろ!?あれ程いたナマズや鯉が全然いなくなってるのか!?(;゚д゚)夜だし濁っているのでよくわかりませんが、全く生命感がなくなっていました・・・水位が増え、ちょっと流れも出てましたがここまで激変するものなのか!?

 土曜なんで既に撃たれてる可能性は非常に高いですが、それにしても前回来たときは着水音や足音で逃げ惑っていましたがそれもありません。結局1時間半以上掛けてかなりの距離撃ちまくりましたが1バイトしかありませんでした(>_< )

 tactbassの行く川のポイントは居付きのナマズが多いのかいつ行ってもいることが多いです。でもこういった田んぼの影響を受ける水路は当たり外れが大きいということなんでしょうね。う~ん、実に難解だ・・・(?_?;

本日 ナマズ 2匹(6バイト)  2018年度 累計65匹

 ・ゾディアス175MH + バンタムMGL XG + PE5号
 ・ゾディアス175H + エランPG81L + PE5号


スポンサーサイト
07:48 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/17 やわらかプップ シチュエーション別チューン
 さて、あまり頼ってはいけないと思いつつ、やっぱり投げてしまい今やすっかりtactbassのナマズ用エースルアーとなってしまったやわらかプップ。最近また追加して7匹に増量してしまったので、シチュエーション別に使いやすいようにチューンしてみました。

 なお、基本セッティングは前後ともがまかつのトレブルSP-MHの#5フックを使用、絡み止めワイヤーとラバースカート取付、フロントにスプリットリング2個とリアにはスイベルを入れています。

☆ナイト用

・ホワイトコーチドッグ・・・障害物の周りで使えるようにダブルフック仕様。フックは純正品ではなく、スプリットリングをフロントに1つ、リアには2つ入れてジャッカルの純正ダブルフックを付けました。この際フックが上を向くようにヒートンを回して調整しています。


・ニンジン・・・視認性がいいので昼夜兼用で、ブラック系程シルエットをくっきり出したくない時が出番。ただ巻きでの動きをスポイルして、前後ともラバースカートを装着した落ちパク仕様。カバーに投げて着水音で寄せて、シェイクでラバースカートに食いつかせるイメージ。
 

・キャンディーフレーク/ブラックベリー・・・上下はブラックできっちりと目立ち、側面はメタリック系にパロット模様。よってナイトゲームにおけるパイロットルアーです。オールラウンドに使える無難なベーシックセッティングです。


・ブラック・・・夜と濁り時のど定番カラーのマットブラックですが、さらにアピールを強めるためにブレードをプラス。絡み止めワイヤーを入れるとブレードに干渉してしまうので入れませんでしたが、当然前後のフックが絡んでウザいです(;´Д`)それでもブレードを入れた方がましな気がします。ブレードが回転してソフトボディーに当たり、プラスチックボディーに当たる音とはまた違うポクポクポク・・・といいサウンドがします(^o^)



☆デイ用

・グリーンヘッド/ホワイトベリー・・・スレたデイナマにも、一点でモジモジさせて見せて食わせるためのクリアー系カラー。これも落ちパク仕様です。


・カエル・・・背中の色が見やすいので、ちょっとしたカバーの中にも投げ入れられるようにダブルフック仕様です。


・セントウイン・・・濁っていてブラック系のくっきりシルエットを出したいけど、視認性が・・・という時に、ヘッドが白いので少しは目立ちます。ベーシックセッティングです。


 とまあこんな感じでいじってみましたが、本当にシチュエーションによって使い分けられるんでしょうか!?おそらく面倒臭くて1度結んだらポイントを変える毎に付け替える、なんてことはできないと思いますがねσ(^_^;
07:43 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/09 2018年 ナマズ 19戦 思わぬ苦戦・・・
新規開拓水路、いつもの川 2018年6月8日(金) 17:00~19:00・20:30~1:30
天気:晴れ、曇り、小雨 気温:25℃ 水温:?℃ 風:2m 水位:全体的にまた減った? 水色:マッディー

 バス釣りもハイシーズンを迎えているにもかかわらず、すっかり鯰人になってしまったtactbassです・・・^_^;実は来週頭にレンタルボートでの釣行を予定していますが、台風接近でどうなることやらです。本当はその準備をしなくちゃいけないのに、タックルやルアーはもちろん、エレキの延長やリギングすらも放置してナマズ釣りへと向かうどうしょうもないtactbassなのですσ(^_^;


ナマズタックルはもう1セット追加し、余念がないんですがねぇ^_^;

 さて、昨日のデイナマは渋かったですが、それでもこの新しい水路でナイトゲームを試したかったので、用事を済ませた夕方から出発です。でもまだ明るいのでこんな時は新規開拓です。最初に目星を付けたのは、有名な野池に絡む川と水路が三つ叉になる場所です。

 期待した水路は一本は激狭&ブッシュが多すぎてほとんどキャストする場所がなく、もう一本の水路は水深1m以上あるうえにプアなのでちょっとやって見切りました。メインの川は釣れそうですが車を停める場所がほぼなく、エントリーポイントも飛び飛びなうえ車の往来が激しい道なので微妙です^_^;

 それでもちょろっと橋の上から何回か投げたキャストに2匹バイトしてきたのでポテンシャルは高そうです。が、やっぱりキャストできる場所が少ないのですぐに移動です。

 お次は以前まだ田んぼに水が入る前に訪れた時には水がなかった水路にも行ってみます。おおっ!水が入り川幅といい足場といいストラクチャーといい、もう釣れたも同然な水路になっているじゃないですか!(^o^)

 事実すれ違った農家のおっちゃんがこの水路はナマズめちゃめちゃいるぞ!と教えてくれました。しかも2人が同じようなこと言ってたので間違いないでしょう!( ̄∇ ̄)期待をもってストラクチャーや多数ある流れ込みを撃つもまさかのノーバイト!?(||゜Д゜)

 一匹流れ込みで食ってきたのはまさかの過去最小サイズの?ロリナマですた・・・(;´Д`)う~ん、見た目はどう見ても釣れそうなんだけどなぁ~・・・でもおっちゃんらの話を聞くともっと早い時期や秋が良さげなこと言ってたからまたタイミングをみて来てみるかな( ^^)

 
やっと釣れたのはこのベビーサイズ よくフッキングしたな・・・^_^;

 で、もう1本先の水路は水が少ない時は鯉やナマズがうじゃうじゃ溜まってるけど、今だったらこの水路と平行に流れている隣の水路の方が釣れるぞ!と2人とも口裏を合わせたかのように教えてくれた水路も覗いてみることに。

 確かに先の水路は水深が深くてプアで釣れそうもありませんでしたが、ここだけは年中水があるため田んぼ以外の時期はここに魚が集結するとのことです。うん、メモメモ!(^.^)

 隣の水路は確かに先程の川よりももっと釣れそうです(^.^)あまり時間がないのでサクッと流すと、教えてもらった水路がカーブしている部分でビッグバイト!

 フッキングも決まりおりゃ!と抜き上げるとまた例の悪い癖で空中で針が外れます(||゜Д゜)頼む、岸に落ちてくれ!と願うも着地点はギリ川ですた・・・(;´Д`)というわけで釣果はでませんでしたがいい情報を得ることができました(^o^)

 うす暗くなり、満を持して本命の水路に移動です。しかし到着して車を降りたとたんに雨が・・・しかもいつも車に積んであるカッパは午前中に洗濯して家に干してあります(>_< )仕方なく1度家に戻りご飯を食べて、カッパを持って再出発です^_^;

 ここはtactbassの知る中で最も魚影が濃い場所ですが、その分人も多く激しくスレッカラシになっています。それが夜だと釣れるのか?ということを検証したかったのです。さらに雨も降っていて高活性になると思われるので尚更状況を確認しやすいです。

 って、せっかくカッパを取りに戻り、しっかり着込んだのに開始数分で止んでるし( ̄。 ̄;)暑くてやってられないけど、車に戻るのは面倒なんでバッグにしまって釣り続行です。デカイ水筒も入っているのでバッグ重すぎです・・・とことん雨に嫌われているtactbassです(;´Д`)

 で、期待の釣りのほうはというと、そんな気はしていましたが全く釣りにならない状況でした・・・ワンキャスト毎に藻が引っ掛かってくるので、その都度藻を取り除かなくてはいけないので超絶ウザイです(-_-#)昼間なら藻の隙間や切れ目を狙ってキャストするのですが、夜だとそれも見えずまともにルアーを引けません。というか着水した時点でほとんど藻が掛かってるし・・・(;´Д`)

 というわけで夜は活性が高い云々の前にまともに釣りができずかなり苦戦しますが、奇跡的に藻が絡まないと時々バイトが出ます!なんかここも日に日にサイズダウンしてきているようですが、やはり魚影は濃いようです。


可愛いやつが食ってきました(^.^)やはり昼よりは釣りやすいとは思うんですが、いかんせん釣りにならん・・・

 続いて橋の先のさらに魚影が濃いエリアに入ると4連発バイトがあるも全て掛からず・・・あまりの藻のウザさにダブルフックに変えたら藻の引っ掛かりも1/10位になりましたが、やはりフッキング率もいまいちのようです。バイトは全て落ちパクで、反射で食ってしまっているようです。やっぱりスレてるんでしょうね。

 そして激細の流れ込みに投げると一撃で落ちパクバイト!あまりの掛からなさに再度トレブルフックに戻していましたが、それも効いたのかも。


メチャメチャ水の悪い流れ込みにいたせいか、魚のコンディションも悪そうで痛々しい魚でした

 その後も時々バイトがありますが、思ったほどの高活性というわけではなさそうです。もう釣れない時期に突入した!とか書いてる鯰人ブログもちらほら見られますが、やっぱり大きいのは産卵後なんでしょうか?サイズもあまりよくありません。


ちょっと水深のあるプール状のところで追加しましたが、明らかに先週よりもサイズが落ちてますね。

 帰りしな、先ほど落ちパクバイトがあったところでリベンジすると見事成功!結局この水路では10バイト4フィッシュ、悪くはないと思うんですが、水位が落ち続けていてさらに藻だらけになってしまったので、ここは夜は厳しいポイントなのかもしれません。


想定はしていましたが、それを遥かに超える藻の脅威・・・まともにルアーが引ければもっと釣れると思うのですが(>_< )

 帰る途中大雑把にいつもの川を流しますが、激流れ込みで1バイト、激浅ポイントで1バイトのみで終了でした。去年も田んぼに水が入ってから苦戦した気がしますが、今年は水路の釣りを覚えたことで少しはましになりました。あとはもっと釣りやすい水路を探さないとですね!(^_^)ゞ

本日 ナマズ 5匹(15バイト以上)  2018年度 累計63匹

 ・ゾディアス175MH + バンタムMGL XG + PE5号
 ・ゾディアス175H + エランPG81L + PE5号





15:37 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/08 2018年 ナマズ 18戦 1週間も空けば変わるわなぁ~
新規開拓した水路 2018年6月7日(木) 9:00~14:00
天気:晴れ(前日降雨あり) 気温:24℃ 水温:?℃ 風:1m 水位:前回よりも減水 水色:田んぼの濁り水が入り流れ込みより上はステイン、下はマッディー

 さて、ちょうど1週間前、tactbass的にはかなり刺激的でお勉強になるデイナマゲームを楽しんだわけですが、あの時のナマズ達が1週間経ってどのようになっているのか非常に興味深かったのです。果たしてあれだけいたナマズ達はまだあの水路にいるのか?あれだけスプーキーだった奴らの活性は変わっているのか?等々知りたいことが山積みです(^.^)

 tactbassにとって、ナマズ釣り上達のキモはとにもかくにもナマズのシーズナブルな動きを知ること、これに集約されます。そしてもちろんそれにリンクするポイントを多く知ることです。今の時期、水位がこれくらいだとあそことあそこの水路にも入り込んでいるな、とか、現地に着いて水を見ただけで見切れる的な・・・こればっかりは実際に足を運んで経験を積んで学んでいくしかないんでしょうね。

 そして前回の釣行では大きなヒントが得られました。さらには1週間経っての今回の釣りは、釣れても釣れなくても物凄く大きな経験を積めるのです。今回の反応如何によってシーズナブルな動きがグッと掴めますからね!というわけで今回はかなりドキドキ感のある釣行となりましたが、果たしてどう変化しているのか!?


ドキドキの理由はこいつらにもあります。リールがシルバーに!?Σ(゚д゚lll)そして竿も見かけは先日買ったゾディアスですが、なんか気持ち硬いような・・・( ̄ー ̄)

 そんなわけで今回も先日開拓した水路です。まずは激細水路からスタートすると今回もいきなりのヒット!本当にこんな狭い水路でこんな魚が釣れるのは驚きです!(^O^)

  
体高もありお腹もパンパンの非常に綺麗な個体でした。川から入ってきたばかりなのでしょうか?

 続いて機場に向かうもまたも先行者が(´Д`;)ってか、多分先週いた同じやつだな。曜日も時間も同じだから通勤途中なのか、この日が休みの日なのか(^_^;)

 仕方なく狙いの水路に入り、前回の復習で対岸の岸ベタベタに攻めるとすぐに反応があります!しかし数度チュパチュパするも持ち込まず(´Д`;)でも今回も先週と同じパターンでいけそうです♪・・・・・って、その後ほとんど反応がありませんが・・・

 前回たくさんの見えナマズがいたスパンにたどり着くと、昨日の雨のせいかクリアだったのがマッディーになっており期待が持てます( ̄ー ̄)が、濁っていてもやはり前回と同じ、着水と同時にロケット逃亡です゚゚゚゚(゚´Д`゚)゚それでも時折バイトしてくるやつもいますが全然掛かりません・・・ヽ(´Д`;)ノ

 前回はカバーの奥の奥が熱かったですが、今回はなぜか手前のオープンウォーターの方が反応があります。5~6バイトミスの後、やっと橋の手前のブッシュで落ちパクバイトで乗りました!゚\(^o^)/今回は敢えてダブルフックにこだわってやってみましたが、やはりゴミも拾いにくいですがフッキングもよくないようです(^_^;)

 
やっと掛かりました(^_^;)ダブルフックだとゴミを拾わずリズムよく撃っていけますが、掛かりも悪く結果的に+ーゼロ!?むしろマイナス!?(^_^;)

 その後も時々反応がありますが、なかなかフッキングせずイライラが募ります゚(# ゚Д゚)それでもやっぱり前回に比べれば圧倒的に魚が少なく、反応も悪いです。でも前回一番反応の良かったストレッチに期待していると、なんと想定外の減水&クリアアップ(・・;)雨降ったのになんで!?下流は逆にクリアからマッディーになったのに???

 これは途中にある細い水路からの流れ込みからドロドロの田んぼの水が入り込んでおり、これの影響かな?で、案の定水位が低い上にクリアなのでほとんど反応がありません・・・やっぱり釣りは現場に立ってみないとわからないことだらけですね(^^;それでも貴重なバイトをものにしてなんとか1本追加です。


前回良かったカバーが干上がってますた(^^;ナマズフィールドは自然環境だけじゃなく、人為的な操作で状況が変わるからなかなか難解です(^^;

 帰りも撃ちながら戻っているとまたもや鯰人と遭遇( ̄◇ ̄;)ってかこの人も先週ここで会った人だわ(^^;で、いろいろと情報収集させてもらうとやっぱり先週はよく釣れたけど今日は渋いらしい。普段なら人が撃ったあとはやらないけど、試験的に敢えてやってみると、4回出ました。掛からなかったけど。でも攻めようによっては出ることを学びました( ̄ー ̄)

 というわけで結果的には残念でしたが、今回も学ぶものが多かったです。あとはやっぱり夜にやってみたいですね。雨後の濁りでも食わなかったやつも、夜なら食うんでしょうか!?あっ、おNewタックルは最高でした( ̄ー ̄)


本日 ナマズ 3匹(14バイト)  2018年度 累計58匹

 ・ゾディアス175H + バンタムMGL XG + PE5号
00:03 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/03 2018年 ナマズ 17戦 ナマズ水族館!?
新規開拓水路 2018年6月1日(金) 8:30~15:30
天気:晴れ 気温:22℃ 水温:?℃ 風:5m 水位:田んぼに水が入り水路も水多い 水色:マッディー~クリア

 さて、14連続出勤からのやっと2連休ですが、本日もやることがあるためバス釣りにはいけません・・・(~_~;)実は数日前、あまりにもバス釣りに行かないもんで、スミスのIKE-Pさんが業を煮やし激怒しながらお店にやってきた!?(||゜Д゜)

 それともナマズルアーといえばスミス!!なのにロデオクラフトのプップばかり使っているからか!?il||li (OдO`) il||liと思ったら毎年恒例の東日本大震災の現場巡りのお土産に、お煎餅を買いに来てくれただけでした^^;

 というわけで本日も嫁の居ぬ間にナマズ釣りです(*^。^*)今回は多分初めてとなる完全真昼間なヌルヌルデイナマです(*^。^*)プランとしては昨日の水路の復習と、先行者がいて撃てなかったエリアの探索です。

 まずは昨日バイトが多発しながらも、結局獲れなかった激狭水路からスタートです。って本日もいい感じでバイトがでます!が、尻尾でルアーはたかれたりとなかなかフックアップしません^^;4バイト目にようやっと1本釣れましたが、なんと抜きあげた勢いで後ろの田んぼに落っこちてしまいますた(・・;)


こんな細い水路にもナマズがいて、ちゃんとルアーに反応してくれるのは驚きです!

 その後広い水路でも1バイトありましたが空振り、続いて機場に着くとなんとまた先行者が・・・今年は本当に毎回鯰人との遭遇があります(~_~;)そんなわけでそそくさとお目当ての水路に入ります。ところがさすがに昨日自分で叩きすぎたせいか全然出ません・・・

 1度ルアーを見に来たものの、バイトには至らず。そこで何となく今まで使ってたブラック系じゃ強い?と思いオレンジ系に変えてバンク際を引くと一撃でした!もちろんその後も爆釣!!・・・なんてことはなく、ルアーを変えた一投目に釣れるあるあるでした^_^;

 
よく引いて楽しませてくれたナマズ君です!水路は障害物もないので純粋にファイトを楽しめます!(^o^)

 その後バイトはなく、前回鯰人がいたストレッチに突入です。所々に水草が生えているのでそんな所を狙うも出ません。そこで護岸沿いにチョロチョロっと生えてる草を撃つと3バイト1フィッシュでした。


全体的にプアなのでちょっとした草などにもついているようです。

 暫くはノーバイトでしたが、あるところを境に水深も20cm程の激浅になり、水もクリアアップしてきました。もう限界かな・・・と思い引き返そうとしたところ、ヒョロヒョロとナマズが泳いでいて岸辺の草に隠れました。

 おおっ、こんなに浅くて丸見えの所にもいるのか!!と思ったと同時に、草に入った瞬間これほど浅くてクリアなのにもかかわらず、全くナマズの存在が感じられないことに気が付きました。これはもしかすると・・・というわけで今までよりもさらにタイトに、というかカバーにダイレクトに撃ち込むと・・・

 ガビ~ン!!・・・今まで感じたことの無いほどの衝撃を受けました・・・なんと、撃つカバー毎に、デカいナマズが数匹ロケットダッシュで逃げ惑うのです(;゚д゚)しかも撃つカバーのほとんど全てで同じ事が起こります。つまり、数十匹なんてもんじゃなく、何十匹というレベルです(;゚д゚)

 正直tactbassがホームとしているエリアはナマズの魚影は薄いと思っていましたが、いやいやいや、メッチャおるやん!!(||゜Д゜)もちろん今までいいポイントにたどり着けなかったというのもあるかもしれませんが、ここは田んぼの時期以外は干からびているところ。今の時期だけ産卵のために河川から大集結しているのでしょう。

 ですがこれだけ魚がいるにもかかわらず、ルアーには全く見向きもしません。というか、どんなに低弾道のサイレントピッチングを決めても激逃げだし、仮にキャストが決まってもルアーをちょっとでも動かすとロケット逃亡です・・・(>_< )これが激戦区、埼玉ナマズの姿なのか!?(;´Д`)

 結局これだけのナマズを見ながら反応するやつは1匹もいませんでした。これはスレまくってスプーキーなのか、産卵のためにナーバスなのか、デイだから食わないのか、理由はわかりませんが手に負えないやつらだということは間違いありません。というわけで泣く泣くスルーです(T^T)

 さらに進むと今度は堰があり、水は濁ってきたものの水深が80cm以上あるのでこれはこれで厳しそうです^_^;ですが草や水草も結構あるためダメ元でカバーにダイレクトに撃ち込むと、草の上でシェイクされているルアーを目がけて何者かが草を掻き分けながらルアーに突進していきます!

 そしてそのままバイト!合わせると草に絡まれつつも強引に引きずり出します!なんてエキサイティングな釣りなんでしょう!まんまバス釣りのフロッグゲームじゃないですか!!(≧▽≦)


くう~っ!!アドレナリンでまくりのパワーゲームです!ナイトでは体験したことのない最高に楽しい釣りです!\(^o^)/

 
釣れるのはエッジやポケットじゃないですよ。完全に岸ギリギリかブッシュの奥の奥です!

 パターンを見つければこっちのもの!もう、ここはいるだろうというポイントではほぼ100発100中バイトがあります\(^o^)/・・・あるんですが、なかなか掛かりません^_^;

 草を掻き分けルアーに近づき、ブッシュの上に身を乗り出してバイトする様は非常にエキサイティングなんですが、ただでさえ掛かりにくいナマズゆえ、障害物が邪魔するせいかなかなかガッツリとくわえ込んでくれません(;´Д`)

 基本ブッシュの中なんでフッキング率重視のルアーにすると一発で引っ掛かって場を荒らしてしまうし、フロッグやシングルフックだと掛からないし・・・非常に歯痒いですYo!(T^T)

 
結局10発以上でて獲れたのはこの1本のみ(..;)今後の課題ですねσ(^_^;

 ある程度進むと岸際のブッシュもなくなり、だんだんと反応もなくなってきたので、大きな通りまで来たところで引き返します。普通だったらそのまま帰るのですが、今回はカバーの釣りだったのでまだフレッシュなやつもいるかもと思い、反応の良かった場所は撃ちつつ戻ります。

 するとやっぱり要所要所ではでてきますが、これまた掛かりませんでした(;´Д`)そして浅くてクリアなナマズ水族館スパンまでくると、やはり先程と同じ、ロケット逃亡で全く食うそぶりもありません(..;)

 しかし、ゴージャスなカバーに無理やりねじ込んだキャストについに出ました!スレッからしなやつが多い中、こんなカバーでは油断してたのか、元々食い気があるやつだったのかはわかりませんが、なんとか食わせる事に成功しました\(^o^)/

 
ブッシュに絡まれながらも強引に引きずり出します!こういった釣りはグラスロッドじゃストレスフルですね。やっぱカーボン最高!(^_^)v

 ちょっと小振りですが、同じように難易度高めのピンスポットにサイレントキャストが決まると、中には食ってくれるやつもいるようです。


こういうスレたやつらもナイトや雨後の濁った状況では食うんでしょうかねぇ?これは検証しないといけませんね(^.^)

 ちなみに昨日、今日と手放すつもりのゾディアス175MHを再度持ち出しましたが、こういった足元にブッシュがないところでは最高のパフォーマンスを見せてくれました!(^o^)

 キャストや操作性はもちろん、カバーに巻かれたやつを引きずり出したりロクマル超えでも難なく抜き上げできました。こりゃナマゾンを手放して175MHを水路用、もっと硬いやつを川用に買う選択肢もありだな^_^;

 最後は昨日車を停めた、1番熱かったスポットを撃ってからあがります。と、やっぱりおったねぇ~!対岸のブッシュが生えているところに撃ち込むと、ヌ~ッと出てきてバッコリとくわえ込みました!

 よく走る魚で竿を何度も絞り込んで楽しませてくれました(^o^)別に大きさにはこだわらないので特別な喜びはないですが、一応tactbassの最大魚でした\(^o^)/

   
ウエイト的にはもっと重いの釣ってると思うけど、長さ的には1番長いかな?まぁ釣りはサイズよりも数を求めるtactbassなのでどうでもいいですが、1度位はナナマルも釣ってみたいですね(^.^)

 帰ろうと思ったけど最初にやった狭い水路をサクッと撃つと、1度出ましたが空振りに終わり今回の釣りを終了としました。

 いやぁ~、今日は2年ちょいのナマズ釣りの中で1番楽しく、刺激的で、勉強になった1日でした。本当に得るものが多く、確実に段飛びでステップアップできたと思います。これで多分一般的な鯰人レベルまで上達したはずです。って、だからバス釣りは!?σ(^_^;

本日 ナマズ 8匹(25バイト以上)  2018年度 累計55匹

 ・ゾディアス175MH + エランPG81L + PE5号
11:07 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/02 2018年 ナマズ 第16戦 丸見え♡(//∇//)
新規開拓水路 2018年5月31日(木) 16:00~19:30
天気:曇り 気温:21℃ 水温:?℃ 風:1m 水位:田んぼに水が入り水路も水多い 水色:マッディー

 本日はお休み。嫁は夜勤なので、出勤を見届けた後にオイラも出勤です( ´艸`)やっぱり嫁が仕事に行ってるのに釣りに行きづらいですからねσ(^_^;昨日は雨、今日も曇りの絶好の釣り日和に思われました。

 まずは先日開拓した水路に行こうとしましたが、なんとなくハンドルを切ってナビに表示されている水路に向かっていました。せっかく明るいので今回は新規開拓します。まずは一昨年来た時はまだ水が無かった狭い水路。今回は50cm位の深さで釣れそうです。


狭い水路ですが、コンクリート護岸なので藪漕ぎ要らずで釣りがしやすそうなのがいい感じです(^.^)

 で、開始早々いきなりバイト!焦って合わせてしまいすっぽ抜けてしまいましたが、すぐに他の魚がバイト!こいつは無事キャッチで幸先のいいスタートです!水が入る前は全く水がないただのコンクリートの溝でしたが、やっぱり春はこんなとこにもさしてくるようです!(^.^)

 
もしかしてここはパラダイスか!?俺だけのポイント発見に心躍ります(^o^)

 ちょっと先の冠水草、橋の下のシェードでもバイトしましたがミスってしまいました(>_< )でもわずか何分かでこのバイト数、ここは間違いなくパラダイスのようです\(^o^)/気合いを入れてさらに釣り続けようとしたら、なんと鯰人が・・・(;゚д゚)やっぱりどこも人は入っているようです^_^;

 仕方なく逆方向に進んでいきますがなかなかバイトがありません。どんどん水が悪くなってくるし、たまたまスタート地点が熱かっただけか?と疑念を持ち始めた頃、アシが生えるバンク際を通していると再びバイト!やっぱりこの水路は熱いようです(^_^)v

  
まずまずサイズもいますねぇ~!やっぱり丸見えなデイナマは最高です(^o^)

 
一見プアで水も超悪いんですが、タイミングが合えばそんなの関係ないようです。

 さらに釣り進んでいくと機場までたどり着きました。ここはガンガン水が動き超釣れそうです!・・・からのノーバイトですが、コンクリで囲まれた軽自動車位のスペースの所にルアーを落とすと勢いよくナマズが飛び出してきました(;゚д゚)

 
こんなとこにもおるんか・・・やっぱり今がベストシーズンなんでしょうね(^o^)

 リリース後、どんな構造になっているのか確認するためもう一度その穴を覗き込みがてらルアーを落とすと、またまた飛び出してきました!(||゜Д゜)

 
2匹とも同じようなサイズでしたが、十分刺激的な魚達でした!本当に驚きです(^o^)

 続いて機場のプール状に開けた部分の角っこにやわらかプップを落とすと、ヌ~ッとまぁまぁサイズが浮いてきました(;゚д゚)その場でシェイクしていると再び浮いてきてバフッと吸い込みます!ランディングも成功して、絵に描いたような気持ちのいいヒットにご満悦です(^o^)

  
結構水深はありそうですが、やっぱり角っこはお好きなようです( ´艸`)

 さらに機場から続く水路を釣り進みますが、この水路は結構川幅があるのでどうかなぁ~・・・なんて思っていると橋の下のシェードでバイト!なんかどこでも釣れるようです^_^;

  
ちょっと効率が悪いですが、大場所でもちゃんとスポットを絞れれば釣れるようです。

 そしてこの水路でも3~4バイトもらいますがなぜかすっぽ抜けや空振りばかりです(>_< )そろそろ薄暗くなってきたので、魚も視覚に頼ることができずミスバイトが多いんでしょうか?

 最後は今までやったことがないような川幅5~60cm程の超狭い水路。田んぼに水を入れるためのこんな水路でも釣れると言うけど・・・半信半疑でキャストするといきなりバイト!が、乗らず(>_< )しかしその後も僅かなスパンで3バイトもあり、こんな水路でも釣れると確信しました(^_^)v


釣れませんでしたが、今後の釣りにおいて重要なヒントを与えてくれました!

 と、こんな感じで時間の割にかなりのバイト数がとれました!そしてタイミングが合えばこんな水路でもよく釣れるという確信がもて、自分の中で確実に一皮剥けました。

 さらにデイナマは魚が出てきて食う瞬間が丸見えで刺激的なだけじゃなく、物凄く勉強になることが多かったです。今まで夜の暗がりの中で想像していたことが、実際目の前で繰りひろげられていましたから。いやぁ~、実に楽しくためになる1日でした!(≧▽≦)

本日 ナマズ 6匹(17バイト以上)  2018年度 累計47匹

 ・ゾディアス175MH + エランPG81L + PE5号
13:19 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/05/25 第15戦 好調維持!
剣道場の川・近くの川 2018年5月23日(水) 19:40~19:20・21:00~0:00
天気:雨 気温:21℃ 水温:?℃ 風:4m 水位:増水 水色:マッディー

 さて、本日は娘の剣道送迎のために早退しました。当然待ちの間ナマズ釣りして時間潰しをしようと思ってましたが今日は雨降り・・・どうするか悩みましたが結局カッパを着て40分ナマジングです^_^;

 って、そろそろ名前をtactbassからtactcatに改名しなくちゃいけないですかね・・・今後も丸一日の休みが取れる目星がつかず、ベストシーズンにもかかわらずバス釣りに行く予定がつきません・・・(;´Д`)

 というわけで暗闇の雨降りの中、キチガイオヤジのナマズ釣りスタートです(^.^)場所はもちろんいつもの剣道場の川。いつもやりたいストレッチまでたどり着けないので、今回はザックリと攻めていきます。

 と、今まで絶対に釣れると思いながら、1度もバイトのなかった水門の上流にキャストするといきなりバイト!物凄い勢いでケミライトが水中を泳いでいます(;゚д゚)バッチリとフッキングも決まりさい先のいいスタートです。やっぱり雨で高活性なんでしょうか!(≧▽≦)

 
今回は竿をまたバスロッドのフルレンジ70XHに戻しました。こないだ買ったばかりの竿はもうリストラか!?(||゜Д゜)

 期待して釣り進むもその後はまさかのノーバイト・・・草が伸びてしまいやれる場所が少ないです。それにしても鯰人道はさらにくっきりとできていて、かなりの人が入っていることが伺えます(>_< )

 結局最後の橋まで来てしまい、いつも絶対に釣れそうと思いつつ釣れなかった流れ込みが、今回は増水によりさらに釣れそうです。そして橋の上から提灯してるとやっぱりバイト!からの抜き上げポロリです・・・泣きながら撤収しますた(T^T)

 というわけで娘を家で降ろしたら、当然近所の川で延長戦に突入ですσ(^_^;いつものコースを回るだけの能なしフィッシングですが、最初のメインの川の落ち込みバンクで安定のバイト!しかしこれは空振り・・・。

 そしてカーブ部分で怒濤のバイトラッシュ!が、なぜかしっかりと持ち込まず、合わせられなかったりすっぽ抜けたり・・・6バイト以上ももらいながら獲れたのは1本のみですた(-_-#)また早合わせの悪いクセもでてるし・・・


結局釣れたのは草越しに投げて、ブラインド状態で竿が引っ張られて釣れたもの。だから早合わせは禁物なの頭じゃわかっちゃいるんですけどね(..;)

 橋の下でも1バイトありましたがこれも空振り・・・活性が高いんだかなんだかよくわかりませんねぇ~。まぁ多分魚の大きさが小振りだから乗りにくいのはあると思いますが( ̄。 ̄;)

 次の複合ポイントでは、橋の上からの流れ込みの提灯でget!

 
安定の橋の上(笑)暗がりの中、橋の上から身を乗り出すオサーン。きっと通行する車の人達はかなりギョッとしてるでしょうσ(^_^;

 さらに対岸の護岸際でも2バイトあり、1本を釣ることができました\(^o^)/

 
今まで不調だった護岸際でのバイト!やはり雨パワーで大胆にはなっているようです。

 そして今一番熱いサンドバーポイントに向かうと、水門を閉じて水位が一気に上がってました・・・こりゃ田んぼの時期が終わるまでもうこのポイントはお預けですね。でも一応逆ワンドにキャストするとバイトがあり、スポットを絞りこめば可能性はあるようです。

 最後は本流の激浅ポイント。ここも最近は安定していましたがやっぱりいました!沈み岩の脇をスローに通すと2度追い食いしてくれました!パワフルに合わせたら足元近くまですっ飛んできたのでそのまま抜き上げ、秒殺ランディングでちょっと物足りなかったです^_^;

 
ここの魚もバイトがあるのに掛からないことが多いけど、これくらいのサイズが多いからかな^_^;

 やっぱり今年は当たり年のようです。去年、一昨年と同じポイント、釣り方なのに明らかにバイトが多いですからね(*^。^*)釣り方も以前より雑になってるんですが^_^;でもライバルの鯰人も増えているみたいなので、さらに技術は磨かないとですね!

本日 ナマズ 5匹(15バイト)  2018年度 累計41匹

 ・フルレンジ70XH + エランPG81L + PE5号
00:08 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/05/19 2018年 ナマズ第14戦 子供か!!
近くの川 2018年5月17日(木) 1:00~3:30
天気:曇り 気温:21℃ 水温:?℃ 風:2m 水位:減水 水色:マッディー

 さて、今日はとある長いブツを佐川急便の営業所まで取りに行きました。家族には見られてはいけないブツなのであえて営業所止めにしてもらったのですσ(^_^;無事商品を受け取りましたが、家にたどり着くまで我慢できずに開封、からの帰り道でお試しまでしてしまいました。子供か!( ´艸`)

 というわけでもう夜中なので、サクッと撃ってブツの調子をみます。まずは新規開拓した水路と合流点をやってみますが、5月25日に水が増えるとおっちゃんに教えてもらいましたがもうかなり増えてました。もっと増えるのかな?しかし自信が持てないこともありノーバイトですぐに移動です。

 次に本流の激浅ポイントもダメ、次に今1番熱いサンドバーエリアに入ります。すると、1度も釣ったことないけど絶対に超1級スポットであろう流れ込みでバイト!初めてのブツでちょっと戸惑いましたが無事キャッチです\(^o^)/って、針が尻尾に掛かってますた(||゜Д゜)まぁ、食おうとして引っ掛かったんだろうけど、初めての経験です^_^;

 
ドヤ顔で魚持ってますが、スレですσ(^_^;でも1匹は1匹ですとも!(セコイ・・・)

 ちょっと下流の橋の上からルアーを引いていて、足元のブッシュが溜まる所まできた時にいきなりバイト!不意を打たれましたが抜き上げも成功です(^_^)v

 しかしこの新しいブツ、先程の魚ならまだしも、これぐらいのサイズでも抜き上げに苦労するとは・・・ぶっちゃけ買うアイテム間違えました(||゜Д゜)最低でも1~2ランク硬いやつにするべきでした・・・早くも売り払うか、バス用として使うか、今後の処遇に頭を抱えるtactbassです(;´Д`)

 
ナマズが釣れた嬉しさよりも、竿の選択を間違えたことにショックを隠せないtactbassです(T^T)

 そしてちょっと下流の水門上流対岸のバンク沿いでもバイトがありましたが、また焦って合わせてしまいすっぽ抜けてしまいました(..;)

 続いて複合ポイントでは橋の上から、土管からの流れ込みにルアーを垂らすとボフッ!とバイト!一瞬掛かりましたがすぐにフックオフ・・・やっぱり竿が柔らかく、フッキングが効いていないのか!?(>_< )

 最後は最近絶好調のメインポイントですが、ここもノーバイト。さすがに昨日同じポイント巡りで14バイト・7フィッシュもしてたら自分があたえたプレッシャーだけでも相当なはずですからねσ(^_^;釣れただけ感謝ですね(^.^)

本日 ナマズ 2匹(4バイト)  2018年度 累計36匹

 ・謎の竿 + エランPG81L + PE5号
07:56 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/05/17 ナマゾン C66M/Gの憂鬱
 今ナマズ釣りで使っているグラスロッドのナマゾンC66M/Gですが、非常に使いやすく格好良く、グリップも小さなトリガーなんかも最高なんですが、だんだんと不満もでてきました。なもんで他の竿も使ってみたくなってしまったんです^_^;


ナマゾンC66M/G、本当に気に入ってるんですが、これだけでは補えない部分が見えてきたのも事実です。

 何が不満なのかというと、まずは長さ。6.6ftという長さはナマズ釣りにおいて最も扱いやすい長さなんじゃないかなと思います。アキュラシー、ロングキャスト、操作性など、どのフィールドでも1番無難に使える長さだと思うんですよ。

 でも、tactbassの行くフィールドではもっと長い竿が使いたい場面が結構あるんですね。1番は足元にブッシュが生えていたり、のり面が長い所が多いので長い竿なら竿をブッシュよりも前に突き出せば、ルアーを岸ギリギリにトレースしやすいんです。

 そしてランディング時に手前のブッシュに絡んでしまい足元でポロリしてしまうことが本当に多いんですよ!というかほぼ獲れない・・・もうこんなのが続くと精神衛生上我慢できません!

 でもこんな状況でも長い竿なら抜き上げ時に足元のブッシュに絡む率が減るわけで、ランディングの成功率が上がるわけです。もちろん長い方がロングキャストできるし、フッキングストロークが長くとれる分確実なフックセットも可能になります。

 反面狭いポイントではまともに竿を振れない場所もあるだろうし、細かな操作もできません。長くて重く、硬い竿は体にも負担が掛かります。でもとにかく、せっかく足元まで寄せたのに抜き上げ時のポロリはどうしても我慢できないんですよね(;´Д`)

 そしてもう一つの不満点、それがグラスロッドゆえのフッキング力の弱さです。フッキング直後のバレがとても多いんです。これも悔しくて我慢できないレベルです。そもそもtactbassはバス釣りにおいても食い込ませ重視のソリッドロッドやグラスロッドを信用していません。

 別に普通にカーボンのチューブラーで十分釣れると思っています。もちろん過去に何回も、やたらバラシまくる日にワンランク柔らかい竿に交換したらほとんどバレがなくなった(;゚д゚)なんて経験もしています。でも、いつもそんな状況ばかりじゃない。

 使う必要がない時にそんな食わせ系の竿を使ったばっかりに余計釣れなくなった経験の方が多いです。特に食い込みが悪くバラシが多いナマズ釣りにおいてはグラスロッドが主流ですが、使っているうちにグラスの恩恵よりもデメリットの方が目立つようになってしまったんですね。

 そして試しにエクストラヘビーの硬いカーボンロッドを使ってみたら、正直食い込みには全く影響がないと確信しました。そしてランディング時のバラシも明らかに激減したのです!でも、これってtactbassの釣りがちょっと特殊なこともあるので鵜呑みにはしちゃダメですよ( ´艸`)


フルレンジ 70XH、バス用の重量級バーサタイルロッドですが、ナマズにもいい感じでした♪

 tactbassは基本あまりただ巻きで使うことが少なく、シェイクしながら使ったり、アップストリームでナチュラルドリフトさせたり、竿を立ててラインの重さで泳がす?ような、ラインテンションがピンピンの状態で使うことがあまりないからかもしれません。

 また、ストレートリトリーブの時もナマズが出たらすぐにラインテンションを緩め、シェイクなどで食わせることが多いせいかほぼ硬いカーボンロッドのデメリットを感じませんでした。掛かる掛からないはそのナマズしだいで、掛からんものは何をやろうが掛からない!と割り切ってやってます^_^;

 
硬いカーボンロッドでもガップリ飲み込むことも多いし、今まで掛からなかったような口の硬い部分にも掛かるようになった気がします(*^。^*)

 というわけで長くて硬いカーボンロッドが欲しくなってしまったのです。でももちろんナマゾンが優位な場面も多いわけで、場所や状況に応じて併用して使っていきたいなと思っているのです。そして選ばれたロッドはまさかの!?
07:30 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/05/16 2018年 ナマズ第13戦 好調!?
近くの川 2018年5月15日(火) 22:00~2:00
天気:晴れ(2日前に降雨あり) 気温:21℃ 水温:?℃ 風:2m 水位:減水 水色:マッディー

 さて、本日も嫁の居ぬ間にヒゲ面なアイツと戯れてきました^_^;2日前に結構な雨が降ったので期待しての釣行でしたが、意外にも水位はかなり減水気味でした。まぁ、本日もいつものルーティンフィッシングです。

 まずはメインポイントへ。て、到着1投目で落ち込みのバンクでいきなりのバイト!が、これは合わせられませんでしたがちょっと違う場所に投げた次のキャストでまたもやバイト!足元にブッシュがありいつも抜き上げ時にポロリしてしまう場所ですが、強いフルレンジで一気に抜き上げます!(^o^)

 
人が入っていなければかなり高確率で釣れるスポットですが、今日は先行者なしのようです(^o^)

 ちょっと下りカーブ部を撃つ前に一応足元にキャストするとバイトするも持ち込まず。続いてバンクギリギリをトレースすると目の前でバイト!落ち着いてファイトを楽しみ2本目GETです!\(^o^)/

  
自分のすぐ足元なのに、魚に気付かれなければ意外と食うもんですね(^.^)

 さらに、同じ立ち位置で対岸のえぐれにピンポイントキャストを決めるとボフッ!ボフッ!と食ってきました~!いゃあ~連続ヒット、気持ちいい~!(≧▽≦)

 
今日はいけるんちゃうん!?なロケットスタートにご機嫌オヤジなtactbassです(^_^)v

 さらに橋の手前のバンク沿い、橋下流の中州でもバイトがありましたが乗せられませんでした。激流れポイント、複合ポイントは不発でした。

 続いて前々回好調だったものの、前回は先行者がいたためできなかったサンドバーポイントに向かいます。ここでは橋の上から探ると1投目、ドゥフッ!!という超気持ちいい捕食音のあと完全にケミライトが消し込みます!渾身のパワーでフッキングすると乗りました!が、外れますた・・・なんで!???って、針が曲がってますた(-_-)

 決定的なチャンスを逃しがっくししながらキャストするもノーバイト・・・仕方なく次のポイントに向かおうとルアーをピックアップしたとたんバイト!なんか最近はこのパターンがやたら多いなσ(^_^;

 
1度通した所でしたが、回収のスピードと餌が上に逃げる!と思いリアクションしてしまったのでしょうか(^o^)

 続いてこの上流にある水中堤防へ向かいます。超1級スポットなはずなのに今まで全く釣れなかった場所ですが、ここ最近は少し反応があるので期待です。すると案の定、堤防ギリギリに落とし数回首を振らせるとドパッ!!と水面が爆発します(≧▽≦)

 tactbassの行くフィールドでは、水門や流れ込み、良さげなストラクチャーなど誰でもわかりやすいポイントはイマイチな傾向が強いです。やっぱり叩かれすぎてだんだんとナマズも着きづらくなってくるんでしょうかね?

 バスもそんな感じですが、でもそういった一等地にはやっぱりデカバスがいて、なかなか食わないだけなんですけどね。それが荒天なんかの時にポロッと釣れたりもするんですよね(^.^)

  
今回はタイミングよく釣れました\(^o^)/かなり条件はいいはずなんですが、絶対みんな撃つ所ですからね^_^;

 さらにちょっと下流の橋の下に投げ込むと、これまたいいサイズが食ってきました!足場も高いので強引に抜き上げると、護岸にラインがゴリゴリ擦れて一瞬ヒヤリとしましたが力尽くでぶっこ抜きますwwこれがグラスロッドだったら間違いなくポロリでしたが、この剛竿なら一瞬で勝負がつきました(≧▽≦)

 
ここ最近お試しで硬いカーボン使ってますが、劇的にキャッチ率が向上してます!パワフルファイトもメチャ楽しいし良いことづくめです(^_^)v

 最後は本流の激浅ポイントです。ここも最近調子良いので期待してキャストすると、沈みコンクリブロックの脇でバイト!しかし食い込まなかったので再度投げると今度は乗りました!


ずっと不調だったこのポイントですが、最近また復活してきました!ポイントにも波があるんですかねぇ?

 さらにちょっと先でも2バイトありましたが、焦って合わせてしまいミスってしまいました・・・本当なかなか悪いクセが抜けません(;´Д`)

 というわけで今回もバイトが多く高活性でした!\(^o^)/ナマズ釣り始めて今が1番好調に感じます。他のエリアの方も調子いいみたいなんで当たり年なんでしょうか?とにかく釣れるうちに釣っておきたいと思います!って、バス釣りは!?・・・(-_-)

本日 ナマズ 7匹(14バイト)  2018年度 累計34匹

 ・フルレンジ70XH + エランPG81L + PE5号
19:57 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.