2017/05/17 スミス パフォーマンスベイト モッサ 新色!
虫が大嫌いなワタクシ・・・(まぁ、大好き!っていう人も少ないとは思いますがww)オカッパリが嫌いな理由の1つに虫との遭遇が嫌なのもあったりします。今ではカブトムシすら触りたくありません(+_+)何だよ、釣り人のくせに情けないなぁ~と言われようが、意外にも都会育ちのデリケートで繊細な一面を持つtactbassなのです^_^;

 でも、本日可愛くてしかたない新種の虫を捕獲しました!こいつらとなら添い寝したり、敏感な部分にも乗せても構わない♡なあの虫です!!そう、去年、一昨年と爆発的釣果を叩き出してくれたスミス パフォーマンスベイト モッサです!\(^o^)/いゃあ~、本当に今思い出してもコフーンしてしまうほどの気持ちいいバイトを連発してくれたなぁ~(//∇//)


お馴染みのパッケージ。この袋を見るとテンションが上がるのは自分だけ!?ww

 で、今回入手したのはモッサの新色、『20.Ltウォーターメロン』・『21.Ltグリーンパンプキン』・『22.スモーク/ゴールドフレーク』です!って、なんか見たことのあるような色ですね^_^;なんでも虫系の釣りのエキスパートの方の意見を聞いて作られたらしいですが、正直違いのわからない男の自分には既存色との使い分けの基準がよくわかりまへん・・・ま、まぁ絶対に外すことはないカラーであることは間違いないですが^_^;


今回発売の3色ですが、ジミ~です(笑)何の変哲もないカラーですが、ザ・虫系ワームなカラーですね!

 でも『22.スモーク/ゴールドフレーク』はかなり気になりますねぇ~。一見して蜘蛛を意識して作られたものであるのは間違いないと思いますが、地味だしチープだし、ぶっちゃけ釣れなそうな色です^_^;がっ、しか~し!そんな自分の思いとは裏腹に、とてつもない爆発力を秘めたカラーなのです!


一押しの『22.スモーク/ゴールドフレーク』。シビアな状況になればなるほど威力を発揮しそうです♪

 未だに絶対的自信を持って使えるB級ルアー!?なベイトブレスのバクズィーですが、最初にこのルアーのオソロシイ程の破壊力を思い知らされたのが、メーカーさんからサンプルで貰った『なんだよこのナメたルアー、しかもこんな色、釣れるかアホ!』と悪態をつきながら使ったこのルアーで、ドアフターで全く釣れない中、このルアーに変えたとたんプロのバックシートから自分だけ大爆釣(汗)プロはおろか釣ってる本人すらもその破壊力に青ざめながら釣り続けたのが同じ虫!?を型取ったスモーク/ゴールドフレークのバグズィーだったのです。


『20.Ltウォーターメロン』。全く違和感のない自然な色です。いつでもどこでもどんな状況でも無難に使えそうですね!

 というわけでプラグのゴーストチャート同様、本当は釣れる気がしないし見た目もつまらん、あまり好きじゃないけどなぜかメッサ釣れるカラーの一つがスモーク/ゴールドフレークなのです!しかもモッサのスモーク/ゴールドフレークは蜘蛛のイミテートっぽくてさらに期待感が高まります♪虫シーズンももう少し、今から楽しみで仕方ありません!

 さらに、今回の新色はカラーによるものなのか、ロットによるものなのかわかりませんが、今までのものよりも少し浮力が高いような気がします。正直浮力に関してはもうちょっと高いほうがいいなと思っていたので、今回のできはなかなかいい感じに仕上がっていると思います♪


『21.Ltグリーンパンプキン』。グリパンというよりはパンプキンペッパーっぽいカラーです。水色問わず釣れそうです。



スポンサーサイト
06:50 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/05/13 スィンフィン シルバーシャッド 中
 先日スィンフィンのシルバーシャッド 小のことについて書きましたが、今回はシルバーシャッドの中サイズです。小サイズのほうは2.5″・1/5ozといくらベイトフィネスタックルを用いたとしても投げるのは困難と思われます。と言うかスピニングでも難しそう^_^;対して中サイズは3″・3/8ozなのでベイトフィネスタックルならば飛距離をとわなければなんとか投げられそうです。

 
中サイズは実戦的なサイズですね。釣れそうです♪小のシルバーアイは初期モノ、中サイズのイエローアイはそれ以降のものらしいです

 動き的には大体似たような感じですが、サイズがある分よりダイナミックなヒラウチ効果が期待できそうです。そのためのフラッシングカラーでもありますし(^.^)こいつも小サイズ同様トップウォーターミノーイングで使ってやろうと思います。これでまた梅雨時の楽しみが一つ増えました♪


ただ巻き、ストップ&ゴー、トゥィッチ、トップ使いといろいろな使い方ができそうです(^^ゞ
23:01 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/05/02 ストーム ラトリン チャグバグ CB06
 先日ストームのラトリンチャグバグを入手しましたが、こいつはオリジナルであるサイレント仕様のものと同じ水平に浮くタイプでした。

 で、つい最近知ったことですが、ラトリンチャグバグってまだラパラから販売されているんですね(;゚д゚)でも説明には垂直浮きって書いてあるぞ!やっぱり自分の入手したオールドものとは全然違うものなのか!?


やっぱりチャグバグは可愛いですね~♡

 しかもサイズバリエーションもいろいろとあるようで、特に小さいサイズのCB06という6cm程の奴が気になったので入手してみました。このサイズならスモールマウスバスにも効きそうです(ちゃんと飛べばの話ですがww)

 
単純なダウンサイジングじゃなくてだいぶ形状も違います。長さは短いけれど、横幅はオリジナルに負けないくらいあります。

 実際手にしてみるとオリジナルサイズと比べて小っさ!これなら普通にバカバカ釣れちゃいそうです(^.^)浮き姿勢はやはり垂直浮きです。


オリジナルサイズと比べてこんなに大きさが違います。こりゃ釣れるっぺ!ww

 なので通常は大きいサイズを使い水平姿勢を生かしたスピーディーなポッピングで広く探り、ここぞというところではCB06のコンパクトで垂直浮きの特性を生かしてネチネチ動かしてやりたいと思います(^_-)

 
断面はオリジナルは楕円形ですが、CB06はなんだか上下から押しつぶしたような扁平形状です。
11:44 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/05/01 イマカツ ゲキアサⅡ アライブローラー
 自分の数少ない友人であり、わずか二人しかいない一緒に釣りに行くIさん、このブログの変態級の読者なら時々登場し、いつも二人で釣れない釣行を繰り返しているのも記憶にあるかもしれません。

 そのIさん、釣りのスタイルがとにかく話題の新製品でバスを釣るのが楽しみ!というルアーメーカー感涙の人なのです。釣具店との癒着も凄く、普通にはなかなか買えないようなルアーも悪代官と越後屋のようなやり取りをして入手しています(自分の想像ですが笑)

 そんなわけで新製品を取っかえ引っかえ使っているわけですが、とりわけイマカツが大好きなようで普及活動の一環として!?よく自分にもプレゼントしてくれます(≧∇≦)bそして今回の釣行時にも、イマカツのゲキアサⅡをプレゼントしてくれました\(^o^)/


リップライザー130ゲキアサが3フックなのに対し、ゲキアサⅡアライブローラーは食べ頃の2フックです

 正直それ程霞水系には行かない自分ですが、前回の釣行でも船が入っていけないような激浅なポイントが多く、実際にそんなところで魚も釣れたりして超シャローレンジを引けるルアーの有効性は感じました。

 
ロール主体の弱アピールルアーです。浮き上がる際に震えながら浮き上がるのでトップウォーターミノーイングも面白そうですね♪

 確かにそんなポイントでもゲキアサⅡならスタックせずに引いてこれそうだし、オリジナルサイズの大きいゲキアサと違い魚のサイズを選ばずに釣れそうなのもいいですね。

 泳がした感じもハイフロートでメリハリの効いたアクションが出せてかなり釣れそうです!ダムではあまり出番はなさそうですが、次回霞水系に行ったときにはちゃんと試してみたいと思います(^_^)ゞ


何かイマカツというよりはメガバスチックな仕上がりですね(^.^)
07:41 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/04/29 ストーム フラットワート
 バス釣り歴35年以上で、しかも10年は釣具屋の店員を務めていた自分に知らないルアーなんてほとんどありません(もちろん大ウソですww)。ですがそんな自分でも存在を知らなかったのがストームのフラットワートです。ヤフオクで他のストームルアーを検索している時にたまたまその存在を知りました。


知らないルアーが多い中、こいつも知りませんでした。マイナーなルアーだと思いますが、果たしてその実力やいかに!?

 このフラットワート、ストームの中でも短命で廃盤になったせいか玉数はそれ程多くはないようです。なもんで当然レア度が高く、入手困難で高値で取引されています。と、思いきや、人気もないようで見つければそれ程高くもなく入手も難しくないようです。というわけでこれもヤフオクで買いましたが全然高くない値段で容易に入手することができました。


こいつの不人気の理由の一つに、ストームならではの立体的なお目目じゃないからとも言われています!?確かにただのペイントアイじゃなんか物足りませんね(~_~;)

 見た感じはウィグルワートの側面をスパッと切り落としたような、いわゆるフラットサイドクランクになります。とにかく印象的なのはラトル音ウルセ~!!ですwwかなりハイアピールなルアーに思われました。ただ個人的には今までプラスティック製のフラットサイドクランクでスゲイと思えるものに出会ったことがなく、やはりそこらへんはウッド製の方が優位であると思っています。

 で、このフラットワートを泳がせてみると、しっかりとしたウォブリングかつ平らな面がウチワのように強く水を動かすため、ウルセーラトルと相まってかなりバスに発見されやすいルアーだと思います。なもんでとにかくバスに気づかせたいような状況で能力を発揮するルアーなんでしょうかねぇ~。

 
フラットサイドクランクとしてはそれ程薄いボディーではないですね。シルバーシャッドのようなシャープなフォルムの方が格好いいですね!全然飛ばないけどww

 でもやっぱりフラットサイドクランクとしては、いわゆるアタリなウッド製のハイピッチかつナチュラルにヌルヌルと泳ぐタイプの方が好みですね。さてさて、どんな場面でキャストしてやろうかな。
18:21 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/04/28 禁断のスィンフィン ファッツオー 中サイズ
 何を血迷ったか、今まではとにかくよく釣れるルアーにしか興味ありませんでしたが、最近はすっかり懐かしいルアーにメロメロな初老tactbassです。とは言えオールドルアー道もはまると大変なことになるのは目に見えているので、集めるのはちゃんと実戦で使えるストームルアーだけに限定しようと心に決めています。そんなストームルアーの中でも2番目に好きなルアーがファッツオーです。(1番はウィーワート)あの太っちょボディーのつぶらな瞳に見つめられたらキュン死しそうです(//∇//)(もちろん女子の好みはデブ専ではありません)


美しい~♡でも、その実釣能力はモノホンである!

 もちろん見た目だけではなく、あの不安定な泳ぎでバスを魅了し、小学生の時から今まで一度も1軍ボックスから外れたことのない強者でもあります。って、知ったようなことを言ってますが、実はファッツオーには大中小のサイズバリエーションがあるってことを知りませんでしたσ(^_^;


上が約5㎝8.5gの小サイズ、下が約7㎝14gの中サイズ。だいぶ大きさが違いますね。確かに結構デカイ中サイズよりも、小サイズのほうが無難に釣れそうです

 いや、もしかしたら子供の時には見ていたのかもしれませんが、当時は大きなルアーではあまり釣れないと思われていて、自分の中ではファッツオーも小サイズしか眼中になかったからスルーされていただけかもしれません。事実当時ファッツオーを日本に入れていた会社も小サイズをメインに販売していたようです。そんなわけで自分も小サイズのみを所有していました。でも、半コレクターと化している最近の自分にとって、コレクターズアイテムとしてマストな大・中サイズのファッツオーに惹かれていくのは時間の問題でした。

 
実際の釣果よりも、所有する喜びのために入手した感は否めませんが、先日フィールドで使ってみてかなりの可能性を感じました!

 大・中サイズのファッツオーに懐かしさなんてものは全然ないし、釣獲能力も優れているのかどうかもわかりません。でも、単純に見た目の可愛さ、美しさにやられて欲しくなってしまっただけです^_^;

 
サイズによりシェイプは少し違うけど。見た目はこの中サイズが一番好きです。

 でもファッツオー、特に大・中サイズは上述したように元々日本に入ってきた数が少ないせいかメッサ高いです(;゚д゚)とても実戦で気軽に使えるような金額ではありません。でも、もう歯止めが効かなくなってしまったtactbass、我慢できずついヤフオクで落札してしまいました。しかもセットで・・・(;´Д`)


どの色も萌えますねぇ~♪やべっ、使うのがもったいなくなってきた(^ω^)

 確かに大きな出費で自己嫌悪にはなりましたが、新品の国産プラグの1.5~2倍の金額で数十年間の歴史の詰まった夢が買えれば安いもんだと自分に言い聞かせて納得させました^_^;
01:55 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/04/27 ストーム ラトリン チャグバグ
 自分がバス釣りを始めた子供の頃には既に販売されていて、当然所有していたストームのチャグバグ。当時はそのスリムなポッパーにかなりの期待をして買ったはずですが、なぜかほとんど使った記憶がありません。もちろんバスを釣ったこともありませんでした。

 で、それから相当の年月が過ぎ、釣具店に勤めるようになったときに、チャグバグにラトルが入ったモデルが販売されていることを知りました。でも特別よく売れる商品でもなく、自身でも釣ったことのないルアーということで全く気にとめることもありませんでした。


つい最近まで全く眼中にありませんでしたが、やっぱりまた使ってみたくなりました(^.^)

 が、最近のストーマーな自分にとって、再びチャグバグに目を向けると、何ともまぁ可愛らしくも釣れそうじゃないですか!(笑)昔買ったオリジナルのノンラトルのチャグバグも多分どこかのケースに入っているはずですが、子供の時に酷いリペイントされているはずなので新たにラトリン チャグバグを入手してみました。

 よくわかりませんが、ラトリンチャグバグってストーム時代のものと、今でも販売されているラパラ製のものとは浮き姿勢がちがうんでしょうか!?自分が昔買ったノンラトルは水平浮きですが、ラパラ製のものは垂直浮きって書いてあるし^_^;


垂直浮きも気になるけど、やっぱりコイツは高速トゥィッチで使いたいから水平浮きのがしっくりくるのかな?

 でも自分がヤフオクで購入したものは数十年前に買ったものとのことでストーム製と思われます。で、コイツは水平浮きでした。やっぱりチャグバグと言えば水平浮きでしょ!(^.^)

 実際手にしてルアーを振ってみると、かなりアピーリーなラトル音がしますね^_^;もちろんこれはこれでいいですが、これだけのラトル音がするなら、使い分けでノンラトルの方も欲しくなってしまいましたσ(^_^;

 
多分今でも通用しそうなシェイプしてます。今でもこんなシェイプのルアーはタックルボックスに入ってないなぁ

 昔の自分には釣れなかったチャグバグで、知識と経験だけは増えた今の自分が使えば釣れるんでしょうか!?そういった意味でも使うのがとても楽しみなルアールアーですね♪
08:33 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/04/25 ジャッカル ポンパドール
 最近はストームルアー熱が高まり過ぎて、普段あまり行かない中古釣具店を回ってストームのルアーを探しましたが、結構大きくストック量の多い5店舗を回りましたがなんと収穫ゼロ・・・ショボイルアー位はあるかと思ってナメていましたが正直ビックリしました(||゜Д゜)ストームのルアーってそんなに人気なんですか!?

 というわけでこれまた廃盤で、見つけたらとりあえず買っとけな、自分のナマズ釣りには欠かせないマグナムバニーを発見したのでこれを購入。そして全く買うつもりはなかったのですが、値段の安さに思わずリアクションバイトしてしまったのがジャッカルのポンパドールです。定価は3000円程と恐ろしく高いですが、中古とはいえほとんど無傷のものが1200円だったのでつい・・・

興味は津々なルアーでしたが、価格からしてあきらめていましたが・・・

 ポンパドールと言えば、これまた自分の3大ナマズルアーの一つであるポンパドールjr.鯰カスタムのオリジナル版です。でももちろんこれは鯰ではなくバスで使うつもりで購入しました。近年また羽モノ系がちょっとしたブームですが、マイナー路線から一般化させたルアーの一つがこのポンパドールと言えるでしょう。

流石はジャッカル!見た目のファニーさだけではなく、実力も本物です!(ポンパドールjr.鯰カスタムしか使ったことありませんがww)

 というわけで今年はコイツでガシャガシャやりたいと思います!・・・・・って、吸いません・・・ついスケベ心が出て、小銭稼ぎでヤフオクに出したら瞬殺ですたσ(^_^;そんなわけでバスにもポンパドールjr.鯰カスタムで臨みます!(^_^

実はリアのペラの存在も相当に重要な要素です。本体がクロールしていない状態でもシャリシャリとアピールし続けます
01:31 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/04/24 ストーム ウィグルワート 中期モデル?
 はい、そんなわけでちょこちょことオールド物のストームルアーを買い漁っているストーマーtactbassです。


つい先日も初期モデルのオールドウィグルワートを入手しました!

 今回もオールドのウィグルワートをヤフオクで購入しましたが、基本狙いは初期物狙いです。というわけでしっかりとリップの先端からWIGGLE WARTのネームがプリントされているのを確認して購入しました。


フックがネムリの針じゃないけど、フロントから印字されているので初期モデルだと思っていましたが・・・

 が、届いてからあれ!?やっちまった・・・細かいことには気を付けていたのに大きな違いを見逃してますた(^^;リップのアイ部分が丸くくぼんでいます。こ、これはオールドの中期物・・・・


まさに葉っぱを見て木を見ずww一目で分かるはずのことを見逃してましたσ(^_^;

 初期から後期モデルへの過渡期にあたるこいつだけにはなぜかアイの部分が凹んでいます。なぜこの中期モデルだけ凹ませ、後期にはまたフラットにしたのか!?謎は深まるばかりですが、何か不都合があったからまた元に戻したと考えるのが普通だからこいつはダメワートなのか!?


フックもこの中期モデルからシルバーのネムリ#6から茶の#4に変わったとか何とか!?(違ってたら教えて下さいm(_ _)m)

 まぁもちろんそんなことはないと思いますが、少しでも差異がでるのか楽しみではあります。凹みリップはそれほど多いというわけでもないようですし、さらにフロントから印字されているのはもっと少ないなんて記事も目にしました。こりゃ神棚に飾るかヤフオク行きだな!wwなんてことはもちろんなく、容赦なくグリグリ巻いてやろうと思います(^.^)



 
07:47 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/04/21 スィンフィン シルバーシャッド
 もともとあまり興味も無かったのもあり、ずっと永らく名前を勘違いしていたルアー、それがスィンフィンのシルバーシャッドです^_^;

 つい最近までスィンフィンという名前だと思っていましたが、普通に考えればスィンフィンてブランド名なのは知っていたので個々のルアー名であるはずもないと思うのですが、昔何かでそのように紹介されていたのか、ルアーやパッケージに記されていたのか、なぜか自分と同じような勘違いをしていた方が結構いるみたいですσ(^_^;


ストームらしからぬシルバーの目!こいつは初期モデルで、以降お馴染みの黄色い目になるようです

 そんなスィンフィンのシルバーシャッド、子供の頃はその不格好なシェイプのせいか全く興味もなく入手することもありませんでしたが、最近ストームルアーがマイブームのにわかストーマー!?としてよくよくシルバーシャッドを見てみると、なんとも可愛らしく見えてしまうのはやはり自分が年をとり、ノスタル爺な世界観に目覚めたからなんでしょうかね(^.^)

 見た目、用途とも先日紹介したスーパーシャイナーに似ていると思いました。スーパーシャイナーを前後から押し潰して、より体高を増やしたシェイプです。横から見ると一見太っちょに思えますが、上下から見ると不自然な程ペラッペラに薄い特異な形状をしています。(* ´艸`)


宮崎アニメに出てきそうななんともかわいい表情です(≧∇≦)b

 浮き姿勢も泳ぎも似ていて、尻下がりに浮き立ち上がりやバランスは悪いものの、上手く泳ぎ出せてしまえばヒョロヒョロと艶めかしく小魚の様に泳ぎます。

 投げにくいのも同様だし、不安定なストレートリトリーブでのアクションに期待するよりは、狙いのスポットで半トップウォーターでトゥイッチしてギラッ、ギラッとヒラを打たせて使うのがやはり自分的な使い方になりそうです。


本当に薄いです( ^^)昔はこういったノーウェイトのルアーが結構ありましたよねww

 といった感じで用途的にはかなりスーパーシャイナーと被りそうですが、強いて言えばより高い体高を活かしたよりダイナミックなヒラ打ちでのアピール力の強さが必要に感じた時でしょうかね。

 ともあれやはり決して使い勝手のいい、幅広い状況に対応できる定番ルアーというわけでもなさそうなので、一匹の魚との出会いを楽しみたい、そんな心に余裕のあるときに登板させたいルアーのひとつであります(^.^)


マニアなら珍重するケースかもしれませんが、自分にとってはどうでもいい存在です。でもまぁ、一応大事に保管しておきますがσ(^_^;



07:36 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.