2017/11/23 ウィザード WP-298 インプレ その1
 さて、tactbassにとってはバス釣り=ボートからの釣りです。オカッパリはやりません。誤解を恐れずに言うのであれば、本気でバス釣りの真の面白さを味わいたければやはりボートに乗らないとわからないことがたくさんあると思うからです。もちろんオカッパリはお手軽に楽しめるし独特の面白さもあります。でもオカッパリだと有効に使えるタックルやルアー、釣り方なんかが限られてしまいます。

 そんなtactbassにとっては絶対になくてはならないボートですが、当然こだわりも人一倍強いです。ロッドもこの1本だけあればいい!ということはないように、船もこの1艇だけあればいい!とは思えないんです。やっぱり行く場所や用途に合わせて使い分けたいわけです。最低でも自分には3種類の船がないと釣りになりません!?(^_^;)

 具体的に言うと、まずはスロープがあるなら準備や後片付けが楽で、大きな船体とエンジンが魅力のトレーラブルボート。当然釣り自体は一番快適に行えますが、スロープがあるフィールド自体が少ないのと、そんな釣り場は人も多く魚もスレていてあまり釣れません。自分の愛艇はフォーカスポインターです。


一応メイン艇でとても快適に釣りができる船ではありますが、関東だと本当にスロープが使えるフィールドが少なく稼働率は低いです(;´Д`)

 そしてスロープがないところでも人力で降ろせる軽量なカートップアルミボート。いろいろなフィールドで使え、ある意味日本で一番適しているスタイルに思えます。ただ車への上げ降ろし、装備のセッティングなどが面倒で、釣りを快適にしようと思えば思うほど船やエンジンが重くなったり装備が増えたりで準備や後片付けがしんどくなります^_^;自分の愛艇はWP-298です。


今回の主役のカートップ艇WP-298です!今期は諸事情により釣りに行けませんでしたが、その分こいつの艤装にあて、かなり仕上がっているパントボートです♪

 最後に軽量なアルミボートですら下すのが困難なところでも1人で降ろせるスモールボートです。コンパクトになり運搬が楽で、他の人があまり船を降ろしたくないようなフィールドでも使え、秘境攻略のウエポンです。ただ一番セッティングの手間が掛かり、狭いので荷物や装備も積めず快適な釣りはできません。でも実は総釣果のかなりの割合を占めているのがこれらスモールボートです。やっぱり人が少ないとこは釣れますからね(^.^)愛艇は昔はゴムボートでしたが、2艇破裂してからは現在のフロートボートです。

  
本当はゴムボートの方がいいけど、さすがに2度も沈没したらもう怖くて乗れませんil||li (OдO`) il||li


 そして今回インプレするのがカートップアルミボートのWP-298です。実は暫くカートップ艇は使っていませんでしたが、いろいろな事情によりどうしてもカートップ艇の必要性を感じ再度所有することにしました。そしてずっと次に乗る船はこいつしかない!と思い続け、満を持して購入したのがウィザード WP-298なのです!

 まだ何度かしか使用していませんが、現状でのインプレをしてみたいと思います。当然想定している全ての状況で使用したわけではありませんので、あとはまた来シーズン使い込んでみて再度インプレしようと思います。まぁ、だいぶ前に廃盤になっている船なんで、ほとんどの人の参考にはなりませんがね(^_^;)

 tactbassがあえてこの古い船にこだわったのには、大きな理由が2点あります。それが一人でも楽勝でカートップできる軽さと、5馬力のエンジンも積めるということに集約されます。もちろん他にも優れた部分はありますが、何はさておきこれだけは譲れない点でした。

 昔は10~15馬力位のエンジンが積めるVボートが人気でしたが今では完全に逆転、カートップするVボートなんて不人気です。これってやっぱり自分も含めバサーも高齢化してきていて、重い船をカートップする元気がなくなってきたので軽いジョンとかパントに人気が集中してるんでしょうね^_^;

 またよく釣れる釣り場もエンジンの本領が発揮できるような大場所よりは、水路や小河川、野池や小規模ダムの方が多くなってきているように感じるので小馬力エンジンやエレキのみで十分ていうのもあるんだと思います。

 で、WP-298はスペック上は31㎏です。まず売ってもらった状態では余計な艤装があまりされてなかったのもあり、最初に持ち上げた時は何じゃこりゃ~!?というくらい軽かったです(笑)で、現状ではやり過ぎな艤装が施されたデラックスdeパントに変貌しているわけですが、その分かなり重量増となってしまいました(汗)


最初の状態がこれ。以後どんどん快適装備が施されてきましたが、それと比例して重量はどんどん増すばかり・・・

 実際は何㎏位になってしまったのかはわかりませんが、多分それでも40㎏はないような気がします。で、これを比較的車高のあるステップワゴンに一人で載せているわけですが、脚立など使わなくても楽勝にカートップできます♪もうこれだけでもWP-298にして良かったと思えます!釣行時以外でもよく車から上げ下しすることがありますが、正直全く億劫ではありません^_^

 ちなみに軽いと言われているフォーカスポインターでは2人掛かりにも関わらず、初回でトレーラー化を決意しました(-_-;)それ位WP-298は軽いです。もちろん水辺までの運搬も、ドーリーを付ければ重いと感じることはなく軽々とエントリーできます。船ってもともと重いから数kg重くてもあまり変わんないでしょ?と思われるかもしれませんが、いやいや、数kg違うと体感できる位重く感じますね。


楽々とカートップが可能です!これ以上余計な装備を付けないようにしなければ・・・^^;

 ウィザード WP-298 インプレその2に続きます。
スポンサーサイト
07:47 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/11 LOWRANCE ホンデックス 振動子変換ケーブル
 今まではず~っとホンデックスの魚探を使用してきたtactbassですが、今年からはコストパフォーマンスと画像の綺麗さにやられLOWRANCEのELITE 7tiとHOOK 4Xという魚探を使い始めました。でも厄介なことが3艇の船でそれぞれの魚探を使い回していくのに電源コードと振動子が船毎に必要になってくるということでした。

 まぁ電源は何とでもなりますが、振動子はやっぱり何個か必要になってきます。で、その振動子がまた高いのよ・・・定価で買うと安くも1万後半~ですからね・・・(;゚д゚)そこでいろいろ考えたのですが、調べているうちに何やらホンデックスの振動子をローランスの魚探で使えるようにする変換コネクターがあるとか!?

 もしそれが可能なら、現在使わなくなってしまったホンデックス魚探用の振動子が6個もあるので(なんでそんなにあるんだ!?ww)これは有効活用できるんじゃないかと!そのコネクターも4000円程しますが、最低でもあと2~3個はローランス用の振動子が欲しいため、それを買ったつもりなら安上がりになります!


便利なもんがあるもんです( ^^)これでいま手持ちにあるホンデックスの振動子が使えるのか!?

 とりあえずHOOK 4X用に振動子が欲しいわけで、HOOK 4Xでも採用されている200khzの振動子ならホンデックス用の200khzの振動子と互換性があるらしい。って、でも本当に使えるの!?基本的に仕組みがよくわかっていないtactbassとしては不安極まりないですが、とりあえずダメ元でそのコネクターを買ってしまいました^_^;


とりあえずコネクターの形状的には問題なさそうです!

 なんか振動子の性能的にはローランス用の方がいいような気はしますが、HOOK 4Xを使うのはリアでエンジン操船時に浅い所で底にヒットしないように水深がわかればいいだけなので十分な気もします。とにかく使ってみるまでは不安まみれですが、ちゃんと映ってくれることに期待しましょう!


WP-298にもホンデックスの振動子を船底に貼り付けました。うまく機能してくれよ~!!(^^)!
00:07 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/11/07 LOWRANCE HOOK 4X 用 保護カバー
 LOWRANCEのELITE 7tiには液晶画面を覆う保護カバーが付属していましたが、安価なHOOK 4Xには付いていませんでした。そこでやっぱりなんでも雑に扱うtactbass的には転ばぬ先の杖ということでオプションの保護カバーを購入しました。


見た目も安心感もいい感じのハードカバーです♪

 本体を2万半ばで買って、カバーで3000円も掛かるのはちょっと腑に落ちない気はしますが、並行物を買い何の保証もないので少しでもリスクは減らしたいところなので仕方ないですかね^^;

 
当然ですが専用品なのでぴったりです!一応さらにソフトケースに入れて運搬します。
06:57 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/10/29 トーハツ M8B インプレ 
 さて、先日購入したエンジン、トーハツのM8Bですがちょっとだけ使用してみたのでそのインプレです。まだ3回しか使っていないので今後いろいろな課題が見えてくるでしょう。


思わずリアクションバイトしてしまった中古エンジンですが、個人売買なので不安もいっぱいでした・・・

 まずはその重さですが、一応スペック上は25kg程になっていますが思った程全然重くなく、片手で持って歩くのも楽勝でした。まぁ考えてみればバッテリー位の重さなのでそんなもんなのでしょう。これが15馬力になると35kg程になり、正直自分的には結構シンドイです。昔はカートップしてたけど、今はもうトレーラー以外考えられません^_^;

 21年前のエンジンであり、しかもずっと海で使っていたとのことなのでかなりコンディションに不安がありましたが、実際使用してみるとエンジンの掛かり、レスポンス、パワーもまずまずだったので一安心しました!( ^^)ただお取引する前の3年間は倉庫保管でノーメンテとのことなので消耗品の交換くらいはしなきゃですね。


家でのテストではちゃんと作動したものの、やっぱり実戦での使用はドキドキでした(^_^;)

 で、一番肝心なマッチングですが、船側の問題なので仕方ないのですがこれがまたなかなか厄介でした^_^;自分の譲れない部分として、できれば船外機を使用する際も1番後ろにバッテリーを2発積みたいというのがありました。

 でもそうするとエンジン+バッテリー2発+ガソリンタンク+自分の体重=160kg程になります^_^;本来この船には確実にオーバーウエイトでしょう。当然スターンヘビーになりプレーニングが困難です。そこをこいつのパワーで無理矢理プレーンさせる魂胆です^_^;

 で、実際に走行させてみると・・・おおっ!さすがに8馬力のパワーでプレーニングさせることができました♪がっ、すぐに異変に気が付きました。なんと普通後方に飛ぶスプラッシュがなぜかガンネルを伝い船内にジャブジャブと大量に侵入してきます(||゜Д゜)なんで!?おそらく重すぎてエンジンが沈み過ぎ、もろにエンジンに当たった水が入ってきているようです(>_< )

 そこでチルトを少し上げてみると水は入ってきません!が、プレーンもしません(;´Д`)ならばと今回の秘密兵器、Eハンドルをチラーハンドルに装着し、自分はフロントの浮力体の後ろ位で操船できる位置に移動しました。するとこれがビンゴ!少しプレーンまで時間は掛かるものの完璧にプレーニングし、スプラッシュも入ってきません!\(^o^)/


エクステンションハンドルはなんか漁師みたいでダサイけど、走りは劇的に向上します!

 しかしこのエンジンだとチラーハンドルの位置が結構高くなってしまい肩が辛いので、試しに何かと便利なRV BOX 400をイス代わりに使ってみるとこれまた快適!これにて一人乗り時にバッテリーを2発積んだ際のセッティングが決まりました(^_^)ゞ


80㎏まで耐えられるこいつにドカッと座って操船ww姿勢が楽だし視線も上がるのでいい感じです♪荒れた時も使えるのかな!?

 ちなみにこの状態でGPS読みで33km出ました!10馬力を積んだVボートと同じ位だと思います。ただ全然ベストセッティングではないのでもっとプレーニングまでの時間短縮と、まだまだ最高速もアップできる伸びしろがありますね(^.^)昔のようにアホみたいにスピードUPに拘りはしませんが、やれることはやってみたいと思いますσ(^_^;

 まずはスプラッシュが入ってこないようにエンジンマウントの嵩上げ、プレーニング時間短縮のためのスタビライザー装着、基本のエンジンメンテ位はしたいと思います。あとはやっぱり必要がなければバッテリーは1発にするだけでだいぶパフォーマンスは変わるはずなんですけどね^_^;

 ちなみに二人乗船はまだしたことがないので何とも言えませんが、船に対して重量オーバーで沈するかも・・・という根本的な問題はありますが、もしちゃんと浮いてくれるのであれば一人がフロントデッキ上に乗ればEハンドルを使わなくてもプレーニングするような気はしますがどうなんでしょ???沈する可能性の方が高そうですがil||li (OдO`) il||li





22:39 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/10/18 アンチキャビテーションプレート追加製作
 以前1000円以下で簡単に作れるアンチキャビテーションプレートを作製して実戦投入していたわけですが、これが実に使い勝手がいい!正直昔買ったZPI社のパワードームなんてもう使えません(^.^)というわけで今付いているパワードームは売っ払って自作プレートを追加製作しました。


見た目はまぁ、あれですが、機能的には何の不満もありません(^_^)v

 って、物足りないくらいあっという間に2つ製作完了です(^_^)ゞとにかくデカくて邪魔なボール盤も地味に役立っています(^.^)本当はこういったパーツはやっぱり色が付いていれば格好いいんですが、そこまで暇じゃないのでなかなかできないんですけどねσ(^_^;

 
どうですか自作のアンチキャビテーションプレートは!えっ!?プレートよりも22インチの激短シャフトの方に目が行っちゃうって!?σ(^_^;
07:41 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/10/14 リトルゲーターマウント ダンパー仕様インプレ
 さて、前々回の釣行で01マウント ダンパー仕様を使用し、全く問題の無い意外な!?出来の良さに自分でビックリしたわけですが、前回の釣行ではリトルゲーターマウントのダンパー仕様を使ってみたのでその感想です。

 まず、01マウントにはFW54Vをセットしましたが、リトルゲーターマウントにはTR82Vを取り付けてみました。当然TR82Vの方が重いのですが、ダンパーの力も536(N)と01マウントよりもちょっとだけ強めのものが入れてあります。もちろん元々の剛性もリトルゲーターマウントの方が高いので果たしてどんな結果になったのか!?

 まずは上げ降ろしのスムーズさ。テストの段階で問題なさそうとは思っていましたがやはり大丈夫!ちゃんと最後まで倒れ込んでくれ、強度的にも今のところ不具合はなさそうです。そしてダンパーの強さもちょうど良さげです♪


01マウントは54lb、この16マウントは82lbのエレキで使用します。

 ダンパーなしの時は引き上げる時に重いなと感じましたが、今は全く重さは感じません(^o^)ロックを解除するとある程度上がってくるのであとはちょっとヒモを引っ張るだけでマウントに収めることができます。

 そして以前は引き上げ時よりも降ろす時に中腰になってきついなと思いましたが、ダンパーをつけてからは放り投げるように降ろしてもゆっくりと降りていき、最後ロックピンが収まるようにちょっとヘッドを押してやるとカチンとロックが掛かり使用できる状態になるのでとても楽です。

 そして何よりも便利に感じたのが半ペラ状態で走行するのがとても楽だということです。先日行ったフィールドは30cmない激シャローがとても多く、半ペラ状態でそんなところを延々走行しては釣り再開、そしてまた半ペラ走行・・・の繰り返しなので普通のマウントでは正直地獄です(;´Д`)

 ですがダンパー仕様においてはロックを解除した状態でちょうど半ペラ状態を維持しているので、ヒモを持って支えるどころかヒモを持たず手放し状態で半ペラ走行できるのです!(一応危険回避のためにヒモは持っていますが)これはシャローのみならず、離着岸、ロープをクリア、ゴミが絡んだ、ちょっとした障害物をかわす、等々の時にも非常に楽々なのです!(≧▽≦)

 と、01マウント同様リトルゲーターマウントにおいてもダンパーの選択、穴開けの位置もうまくいったようです!このようにメリットだらけのダンパー仕様、もし自分でやるなら3~4千円程、市販品や取付をお願いすると3~4万円程掛かってしまいますが、腰痛持ちのオサーンには是非ともお勧めしたいチューンなのです(^_^)ゞ


市販品はコストが高杉で躊躇しちゃいますが、想像以上に簡単に低コストでできました!(^o^)
00:17 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/10/12 ホンデックス HE-5620の電源が入らない!?
 10月11日、45歳の誕生日を迎えましたが、誰も触れてくれないので自分で申告tactbassです・・・(^^;なお、誕生日プレゼントは来年の誕生日まで受け付けているのでいつでも大丈夫ですよ♪

 さて、今年からローランスのエリート7tiがメイン魚探となり、今は2軍落ちして倉庫の中に仕舞われてしまったホンデックスのHE-5620ですが、思うところがありちょっと復活させようと引っ張り出し電源を入れると、あら!?入らない!?(;゚д゚)でもこれには思い当たる節があり、ここ何年かは使っているうちに勝手に電源がOFFになっていることがしばしばありました。でも今回は完全に入りません・・・(+_+)

 そこでちょっと調べてみると古いホンデックス魚探にあるある現象のようです。そう言えばパポイ勤務時代にもちょくちょく同じ症状で修理を受けてたな・・・確かコネクター周辺の不具合とかで、パポイの場合メーカーの修理代金×1.6倍取ってたので確か2~3万円位お客に請求してたような・・・

 というわけでさらに調べてみるとどうやらコネクターを固定している2箇所のハンダが使用とともにだんだんグラついて接触不良になっていることが多いようです。いずれにせよこのままでは使えないし販売することもできないのでダメ元で分解してみることにしました(;゚д゚)

    


 恐る恐る分解してコネクター周辺を見てみると、全然グラついていないな・・・こりゃ他の箇所の不具合か?と思いましたが一応ハンダを少し追加してやりました。。ダメだろうと思いながら再度組み立てて電源を入れると見事復活!?wwwでもこれはそもそも構造的にどうなの!?っていうところと、たかだか2か所ハンダを付け直すだけで修理代糞高くね!?とちょっと呆れてしまいました(~_~;)ともあれこれで再利用でき一安心です(^o^)

  
基盤を見るも何が何だか全然わからず???とりあえず皆さんが仰るように電源コネクターの2箇所のハンダを付け直すと、あら!?直っちゃったよ!?www
01:00 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/10/05 ワカサギ専用魚探!? ローランス HOOK 4X
 現在メインでローランスのエリート7tiという魚探を使っていますが、思うところがありワカサギ釣り専用として魚探を購入してしまいました。はっきり言ってエリート7tiは最新の機能がほとんどついた最強の魚探です。で、今回はあえてグレードダウンした魚探を入手したことになります。

  
全くエリート7tiを使いこなせていないのにまた新しい魚探ですσ(^_^;

 ではなぜわざわざそんな魚探を買ったのかというと、単純にエリート7tiだと少しデカイなと(笑)もちろんボート釣りだけなら問題ないんですが、桟橋やドーム船で使う場合にオーバースペックで置場所的にも邪魔なのと、トランデューサーもセットが楽なフロート式にしたかったからです。

 機種はワカサギ釣りでは圧倒的なシェアを誇ると思われるホンデックスのPS-500シリーズではなく、いま使っている魚探と同じローランス社のHOOK 4Xというものにしました。

 
ポータブル系の可愛いサイズの魚探ですが、性能的には十分なものがあります。

 特徴としてはチャープ式魚探ならではの画像が細かく綺麗に映ることです。そして周波数も4周波から選べ、そのうち2つはダウンスキャンと呼ばれるまさに水中写真のごとくリアルに映し出す機能もあります(ワカサギ釣りには全くもって必要ありませんがww)

 
普通このトランデューサーだけでも結構な値段しますが、今回はヤフオク!でこのトランデューサー位の値段でGET!

 これを使えばワカサギのいるレンジがわかることはもちろん、仕掛けやそれに反応する魚の様子もわかって面白そうです♪それをどう釣果に結びつけていくのかは分かりませんがww

 あとはこれをフォーカスポインターとWP-298のリアに設置できるようにして船外機で走行中に見られるようにする予定です(^.^)


本当にこんなに綺麗に映せるんでしょうか!?^_^;


08:25 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/10/04 01 マウント ダンパー仕様 インプレ
 さて、先日施工した01マウントのダンパー仕様ですが、実際に使ってみたのでインプレをば。今回はスプリングの強さ428(N)のものを1本組み込んだ01マウントで、FW54V22″を使ってみました。

 
実戦で使うまでは本当にうまく機能するか不安でしたが・・・

 まず肝心の引き上げ時の重さですが、う~ん・・・重さゼロだな^_^;本当に54lbクラスのエレキでは全く持ち上げてる感覚がなく、ロックピンを解除するともう勝手に上がってきている感じですね(^.^)全くもって不満はありません。

 逆にエレキを降ろす時にはスプリングの強さが少し上回っているのでただ投げ出せば勝手に降りるということはなく、ヘッド部を押してロックさせてあげないといけませんでした。半ペラにするにはどうだったか・・・試し忘れたので次回試してみます。

 懸念していた上げ降ろしのスムーズさですが、これは全く問題なし!引き上げ時も完全にばったりと倒れるのでエンジン走行時にも全く問題はありません(^_^)v強度的には今のところ大丈夫そうですが、今後見守っていきます。


想像以上によく出来ました\(^o^)/再現性がないのが痛いとこですがσ(^_^;

 と、こんな感じでまさかのスプリング選択、取り付けとも一発で決まってしまいました!(^.^)想像以上に良い感じです。まぁ、54lbクラスでダンパーが必要かと言われればそんなことはないんですけどねσ(^_^;

 もう1台ある全く同じウルトラショートカットバージョンの01マウントにも取り付けるか考え中ですが、フロートボート用の46lbエレキに必要かって話ですよ^_^;

 でもダンパーはひとつ余ってるので、同じマウントを持っているIさん、材料費3000円+工賃30000円のところ、今なら特別キャンペーン価格で59800円(税別)でやりますがどうでしょう?(^_-)(って割り増しになっとるやん!www)もちろん穴開けに失敗しても、ブランキング加工して軽量化しておきましたよ!って言って1穴につきオプション料金1080円頂きますがねwww



00:17 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/10/03 22″にシャフトカットしたエレキって!?
 さて、先日行った霞水系でのWP-298の艤装のテストの結果を自己忘却防止のために記しておきます。釣りではなく船のテストに行ったからほとんど釣れなかったんだからね!本当だからね!キャストだってたった10時間しかしてないし!・・・(ToT)

 まずは22″にまでシャフトカットしてしまったFW54Vです^_^;メーカー純正であれば36″・42″・45″のシャフト長ですが、船によって適正な長さは異なりますが、長い分には使いづらさはあるものの使えないことはありません。ところが短くしてしまうととても快適に使えるものの、少しでもキャビるようならそのエレキは使い物にならなくなってしまうリスクが伴います。

 なので普通は多少安全なマージンをとってカットするのですが、カツカツの美学!がモットーのtactbassは極限まで短くしたかったのですσ(^_^;ヘッドの直下までモーターを降ろし、それでいてキャビラない長さ、それが理想です。

 もしキャビるようなら上下のシャフトを買い直し&施工やり直しという超ハイリスクな作業でしたが、結果から言うとキャビることはありませんでした!(^_^)v25″までならカットしても大丈夫なのはわかっていましたが、そこからさらに攻め込んで短くしたのでした^_^;


スーパーミニな01マウントと22″シャフトのエレキ!可愛いなぁ~(//∇//)でもその効果は抜群です!

 おかげでヘッド下まで下げることができたので全くキャスト時に邪魔になることはありません。もちろん家での保管時や車での運搬時にも軽量で嵩張らず、マウントに装着して引き上げた時もきっちり収まり最後まで倒れてくれるのでホント良いことづくめです!(^.^)


ここまでヘッド位置が低ければサイドキャスト時にも邪魔になることはありません!

 超クールで使いやすいんですが、唯一の弱点はこんな短いシャフトのエレキなんてレンタルボートをはじめ他の船には多分ほとんど使えないのでリセルバリューがなくなってしまったことですねσ(^_^;もちろん使い潰すつもりでシャフトカットしたからいいんですけどね(^.^)
 
07:26 | ボート | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.