2017/06/23 AGEPOCH 8ブレード PEライン 300M インプレ
 先日購入し、ナマズ釣りに使用していた『AGEPOCH 8ブレード PEライン 300M』ですが、これはいいですね!全くもって自分ごときの釣り人には十分でした!これまではバリバスの『ナマズ プレミアムPE』を使ってきましたがやっぱりライントラブル等で消耗することも多く、できればもう少し安ければなぁとは思っていました。

 そこで一応お試しで300m巻きで1500円程度とナマズ プレミアムPEの1/3以下の価格のAGEPOCH 8ブレード PEライン 300Mを使ってみたわけですがライントラブル、飛距離、ノイズ、扱いやすい硬さ、滑り等々全然不満がなく、ラインブレイクも1度もありません。


正直ショボければ下巻き用に使えばいいや位に全然期待していなかった激安ラインでしたが、今後はこのラインで十分と思えるものでした!

 安くとも8ブレードが効いているのか使っていてストレスがありません。以前4ブレードのものを使った時には釣りをしている最中も結構ラインが気になることがありましたがこれはそんなことがありません。またどんなにラインが安くたって、切れやすいものであればプラグ1つなくせば2000~2500円位の損失になるわけで、全然高くついてしまいますがその点も特別問題はなさそうです。

 というわけで今後はずっとこのラインを使っていくことになりそうです。ナマズ プレミアムPEはライントラブルやケバ立ちによりカットすることも多く、結構消耗しましたがこれにしてからは1度も巻き替えたことがないので自分の場合300mもあれば数シーズン使えるかもしれませんね(^.^)まぁ細糸は厳しいと思いますが、それ程細くないものであればバス釣りへの導入も考えています。


想定以上の使いやすさでした!ナマズ釣りで使うには全くもって十分ですね。しかも長持ちしそうだしね(^.^)
スポンサーサイト
00:07 | ライン・フック・シンカー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/22 2017年 第5戦 俺のが太いぜぇ~!?
2017年6月20日(火) 霞水系 4:00~12:00、15:00~19:00

天気:晴れ 気温:17~27℃ 水温:23℃ 風:2~5m 水位:雨により若干増水? 水色:マッディー 潮:若潮 状況:??????

 今は6月、スモールマウスバス最盛期にも関わらず大人の事情でスモール釣行できないのです・・・本当なら5~7月はラージなんて釣ってる暇ないはずなんですが・・・(~_~;)というわけで今回も霞水系でのラージ釣りです。しかも一緒に行くと絶対に釣れないIさんと一緒なので、釣り自体はとても楽しいんですが今回も釣果は期待できそうにありません^_^;Iさんはもう50近いオサーンなのに、30半ばの美人な奥さんがいます(-_-#)というわけで今回も絶対に釣らせるわけにはいかないのです!(^_-)

 さらに先月2人目の娘さんが生まれたのでその面倒をみるとのことで午前中のみの釣りになります。そこら辺は偉いですね(それが普通!?ってか釣りに行ってる段階でアウト!?ww)、自分なんて二人の子供が生まれた日ですら釣りに行っていたり、嫁が里帰りしていることをいいことに釣行していたなんて口が裂けても家族には言えませんil||li (OдO`) il||li

フィールドは短時間でも結果が見込める何度か行ってる霞水系の川にしました。どう考えてもこの時期に釣れないなんてことはない安パイなところですが、同行者がIさんなので油断は禁物です。週間予報でも曇り予報でどう考えても爆釣の予感しかしません♪・・・がっ、予報すらも覆すIさん!?一日ドピーカンの夏日に(>_< )これはシンドイ釣りになりそうです( ̄。 ̄;)


う~ん、素晴らしい日の出です!って本当はデコって魚の写真が撮れなかった時の保険に撮影しますたww

 朝のゴールデンタイムからスタートするも、なんと1時間近くノーバイト(||゜Д゜)去年の今頃70本近く釣れ、過去にも30本を下回ったのはIさんと行った時だけという程の釣れ釣れフィールドにもかかわらずです(汗)日も高く昇った頃にようやくのファーストフィッシュですが本当に渋いです。

 
このフィールドで最強のベビーファットイカをもってしてこのスローペース・・・相変わらず魚小さいし(~_~;)

 流石にこれはヤバイということで今まで使っていたベビーファットイカからテンタクローラーのダウンショットリグに変更しました。するとやっとポロポロと釣れだしました!今時期はテナガエビの最盛期なのでそれがはまったのかもしれません。事実釣れたバスの口の奥からテナガエビのヒゲや腕が見えているバスも数匹釣れましたからね。

   
サイズは相変わらずですが、とりあえず有効な釣り方が見えてきて一安心です!

 全然爆釣という感じではないものの釣れることがわかったのでクランクやスピナーベイトなども試しますが、クランクで2本釣れたもののやはりスローな釣りの方がマッチしている感じはしました。

 
いろいろなルアーを試しましたが今回はワイドウォブルのものよりもハイピッチで小刻みな動きのものが良好でした。

 エリアもザックリながら見て回りましたが、やはり当初に目星を付けた水通しのいいエリアの縦ストラクチャーが良さげに思えました。そしてテンタクローラーのDSをストラクチャーから少し離れたところまでズル引いていると、グ~ッとラインが走ります!合わせを入れると今までの魚とは違う重々しいファイトで楽しませてくれます♪そしてここでは貴重な41cmのグッドコンディションのバスを釣ることができました!

  
期待していなかった40upが釣れてちょっとビックリです!ww

 天気がピーカンなので時間の経過と共に厳しくなると思いきや、逆に活性が上がったのか、それともわかりやすいカバーに付き始めたからなのか、意外にもクソ暑い中いいエリアに入るとポロポロとヒットが続きます。

    
サイズはまぁ、あれですが・・・テンタクローラーのDSが活躍してくれました!

 そしていろいろと回り再び先程40upが釣れたポイントに戻ってきて同じスポットにキャストするとまたもや重々しいバイト!フッキングも決まりファイトを開始すると、ベイトフィネスタックルなのもあり50近くの魚に感じました。チラッと見えた魚体もぶっとくてデカそうです!慎重なやり取りの末ネットに収まったのはスーパーグッドコンディションなバスでした!て、メジャーに当てると44㎝しかありません。もっとデカいと思っちゃいました^^;

  
霞の魚ならではの格好いいプロポーションにご満悦です♪こんなのが何本も釣れたら最高なんだけどなぁ~(^^ゞ

 その後Iさんもこのポイントで良型を追加しましたが、あっという間にお昼になりもう戻る時間となってしまいました。またしても釣果的には微妙な結果となってしまいましたが、今回も楽しい釣りができましたしIさんもポロポロと釣っていたので何よりです(^_^)というわけでここでは2本の40UPを含む15本を釣りスロープへと戻りました。


毎度の貧果で吸いませんねぇ~!wwへぼガイドでやんす(;^_^A

 で、Iさんはそのまま帰宅しましたが、時間はまだ昼過ぎ。何となくパターンも見えていたしそのままここで釣りを続けた方が無難に思われましたが、やっぱり本湖のスーパービッグフィッシュを求めて釣り場の変更を決意しました。動かないで後悔するよりもチャレンジして失敗する方がすっきりしますからね。というわけで移動です!

 そして次のポイントに到着しましたが、昨日から一睡もしていないのでまずは昼寝です(笑)で、相変わらずの寝過ごしで結構な時間をロスしてしまい3時前に再スタートです!ここには何度か来ていますがまだ全然理解できていないし時間も短いので、効率よく本当に釣れそうだと感じる所をランガンで回っていきます。それにしても広大だし、どこも似たような風景であり絞り込んで釣っていくのはとても難しいです(;´Д`)


釣り場が広ければ広い程バス釣りは面白いと思います。魚を探し出すというバス釣り本来の魅力があるからです。でも、湖の大きさに比例して難易度も上がるんですけどね(^_^;)

 当然ピンスポットや沖のストラクチャーなんて知らないので目に見える所をメインに釣っていきますがやはりそう甘くはありません。本当にそのエリアに魚がいるのかどうか疑心暗鬼でどうしても自信を持って攻めることができません。丁寧に釣れば狭い範囲しか探れないし、ザックリとやればそこにいたとしても食わせられないかもしれないし・・・という葛藤が続きます。

 そんななか覚悟を決めて、船を走らせながら魚探で少しでも水深のあるハードボトムを探し、そこに生えるアシをBFシュリンプ3.4"の5gフリーリグで撃っていきます。すると大きくはありませんが連発でヒット!魚を探して釣ったと思える会心の魚たちです!

 
エビを意識してふわりとノーシンカー状態で落としたかったので新たにフリーリグを試してみました。BFシュリンプ3.4"は対応リグの広さも魅力です。

 一流ししましたが、まだいそうな感じがしたので再度テンタクローラーのDSで丁寧に探り直すとさらに2本追加することができました!やっぱり今回はテナガエビを意識したテンタクローラーがピンポンな気がしました。DSでゆっくりと動かすと6本のピンテールがエビの触覚や手足に見えているんじゃないかと思います。

 
スローな釣りにはなりますが、やっぱりテンタクローラーの食わせの能力には目を見張るものがあります。


 そして所々あるブッシュでは、キッチリとワームをボトムまで届けるためにBFシュリンプ3.4"の10gジカリグでカバーを貫通させます。とにかくワームが魚のいる所まで届けられなければお話になりませんが、BFシュリンプ3.4"の10gジカリグならスルスルとカバーを躱しながら魚の元まで到達してくれます。

 
今までの時期は食わせの要素を重視してビフテキリグ等をメインに使っていましたが、これからの時期はカバー貫通能力、リアクション効果が期待できる重めのジカリグが有効になってきます

 そしてドラマは突如訪れました。チョコレート護岸をビバーチェで手早くチェックしていると、もう少しでロッドティップまで戻ってくるというタイミングで巨大な魚が急浮上してきて、大口を開けてビバーチェを丸飲みにしました!(◎_◎;)一瞬何が起こったか理解できませんでしたが、スローモーションのように脳裏に焼き付いたその場面を再生すると巨大な雷魚であることを悟りました。

 しかし意外にもそれ程苦労することなくナナマルスッポリネットに収まりましたが、ネットを持ち上げようとすると凄い力で大暴れして水に戻ってしまいました(;゚Д゚)再度のファイトでしっかりとネットインしたそいつは極太でメチャ重い73㎝の迫力満点の雷魚でした!正直物凄い力で暴れる巨体は恐ぇ~!!(・。・;新品のビバーチェが死亡しなかったのは幸いでした(^^;

  
極太で貫録十分な雷魚でした!まっ、俺のマグナム砲程じゃないけどな! とかお約束の下ネタを一応言っておきますww

 しかしその後は夕マズメのゴールデンタイムにもかかわらず、雷魚様の祟りか2時間ノーバイトで終了となりました( ̄▽ ̄;)結果から言えば、移動せずに最初の場所で粘っていたほうが数もサイズも釣果的には上回っていたと思います。でもやっぱり移動してよかったなと思います。思い感じたことを行動に移せること、これがバス釣りで最も大切なことだと思いますから!

本日 ラージ:40up×2本・40cm以下×18本 total 20本
     
2017年累計(釣行数 5回)
ラージ :50up×1本・45up×2本・40up×16本・40cm以下×145本  total 164本
スモール:50up×0本・45up×0本・40up×0本・40cm以下×4本  total 4本
合計 :55up×0本・50up×1本・45up×2本・40up×16本・40cm以下×149本  total 168本

03:00 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/21 ストーム スティーリーワート
 本日のお仲間は、ストーム好きの自分のために知人がわざわざ買ってきてくれたストームのウィーワートです。でも戴く時に、これってフックが純正のものから変えてあるかもしれませんよ?と言って渡されたウィーワートを見ると確かに純正のフックではありません。


小さなボディーにデカすぎなフック!釣り初心者がバランスを考えず付けたのか!?(笑)

 まぁ、でもどうせ全てのオールドルアーはフックをビンビンな今時の針に変えてしまうので全然問題ないわけですが、ちょっと気になるところがありリップの裏を見てみるとやっぱり!ウィーワートと思っていましたが実はこれはサーモンやスチールヘッドを釣るための、スティーリーワートというルアーでした(;゚д゚)

見にくいですが、リップ裏にSTEELIEと印字されています!

 スティーリーとはもちろんスチールヘッドのことであり、地域によってはウィグルワートやウィーワートはそれらデカサーモン用として使われることが多く、バスも釣れる的なとらわれ方をしているそうです。なので付いていたデカイフックは変えられたものではなく純正のものだったんですね。でもこの小さなルアーがこんだけ大きなフックを背負っても大きく動くことには驚きです!(゜Д゜)


さすがはウィーワート!こんなにデカいフックでもあのアクションが健在ってことなんでしょう(・。・;

 でも子供の時にスティーリーワートなんて聞いたことがなく、最近ストームルアーを再び集め始めるようになってから知りました。当時は日本に輸入されていなかったんですかねぇ???で、ウィーワートとの違いは・・・よく分かりません!^_^;フックとリップの印字、カラーリングが違うだけであとはまるっきり一緒!という声が多いので多分そうなんじゃないかと思いますが(^.^)


ウィーワートのクロームブラックバックは口元の赤は塗られていなかったと思いますが、スティーリーワートならではのカラーリングでしょうか?フックは当然バス向き用に交換ですww
07:29 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/20 本日のお仲間 ストーム ホッテントット(クロームブルーバック)
 これこれ、これを探してたんですよ!なルアーがやっと入手できました♪ストームルアーで1番好きなカラーのクロームブルーバックのホッテントット!この色はクリアな水域はもちろんマッディーな所でも意外と目立ちよく釣れる色なのです!ホッテントットはノンラトルですが、ラトル入りのルアーでは音も甲高く、浮力も強くレスポンスも良さげに感じます。とある人はクローム系カラーが1番塗装が薄いとか何とか言ってました。


別にレアカラーでも人気カラーでもありませんが、自分的釣れる色なのです!

 実はこれもずっと探していたアイテムだったのですがなかなか価格的に納得のいくものがなくてヤキモキしていましたが、知人が意外な場所で探して買ってきてくれたものなのです(≧▽≦)なかなかの美品ですが450円という安さ!これなら多少は実戦での使用もプレッシャーは少な目ですね。2000円以上するルアーでは思い切った攻めなんて出来ませんからね^_^;とりあえずはこれでホッテントットも欲しいカラーが揃ったのでコンプリートと致します(^_^)ゞ

 
ブルーバックチャートしかり、ブルーって意外と目立つんですよね!
00:01 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/19 本日のお仲間 ストーム ウィーワート(クローフィッシュ系)
 本日のお仲間は、最も愛すべきクランクベイトのウィーワートです。なんとこのウィーワート、パッケージ入りの新品なのです(;゚д゚)まさかこんなのが入手できるとは・・・さらには最も人気で高価なザリガニ系カラーなのでテンションはマックスです!

 
うぉ~っ!数十年以上前のルアーがまだパッケージ入りで販売されていたとは!

 実は同じものを先日ヤフオクで落札しましたが、中古のパッケージなしで2500円程度でした。それでも正直よくこの値段で手に入ったなと思えた位なので、パッケージ入りの新品(多分)って一体いくらだよ!?ハイ、11000円ですた・・・il||li (OдO`) il||liな~んて金額出せるわけもなく、桁が違うよ桁が!な1100円ですた!?(;゚д゚)本来なら手が出るはずもない位高価なはずがなぜこんなに安いのか!?そしてパッケージから出すとさらなる衝撃が!!

 
人気のウィーワートのクローフィッシュカラーがパッケージ入りにもかかわらず信じられない価格でしたが???

 こっ、これは・・・デデンデンデン、デデンデンデンでお馴染みスーパーレア度の高いターミネーターザリガニカラーじゃないですか!?(笑)そう、なぜかパッケージは無事なのに、本体左側がターミネーターのように何かによって焼けただれているような状態でした。だから安かったんですね^_^;


何が原因でこんな状態になったんでしょ??素人目には新品に見えますが何か薬品のようなものにでも反応したのでしょうか?ワームバーンではなさそうですが・・

 実はこれ、自分がストームルアーの収集癖があるのを知って知人が某ショップで買ってきてくれたものなのです。もちろん受け取る前に画像で確認していたので納得済みなわけですが、なぜこのような状態で売られていたのかは謎です。もちろん実戦で使用するには全く問題ないので喜んで譲って頂きました!さてさて、バス達を震えあがらせるタミちゃん振りを発揮してくれるんでしょうか?(^.^)
01:53 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/18 デプス ロッドチューブカバー ワイドモデル
 基本、自身のナニにはカバーを被せない主義ですが、可愛いロッドには被せてやることにしました。とことん過保護なtactbassです(//∇//)


なんかとても評判がいいロッドソックス。今までも友人達に勧められていたのですがついに自分もデビューです(^.^)

 今までもロッドソックスと呼ばれるロッド1本1本に被せるロッドカバーの存在は知っていましたが、わざわざ購入する程ではないと思っていました。1本1本カバーするなんて面倒くさ!邪魔だし( ̄。 ̄;)と思っていました。


まぁ、全然デプスが好きなわけではありませんが、海外モノが売り切れていたのでたまたまです。価格もほとんど同じだし。

 でも複数本入れられることを知り急に魅力を感じ始めてしまいました。持っていきはしたものの、使わない竿がボートデッキ上にあると何かと邪魔です。特にラインがいろんなものに引っ掛かったりしてウザいです。


ちゃんと先端には液溜めも付いていて安心です!?(≧▽≦)

そんな時にもうこのタックルは使わないな・・・なんてやつをこれで束ねておけば多少は快適に釣りができるんじゃないかと考えたからです。まぁ、あとは実戦で使ってみて本当に必要なものかどうか見極めたいと思います(^_^)ゞ


ベイトロッド5本、スピニング1本もなんとか入ります。釣り場で使わない竿を束ねるには十分そうです




00:01 | 便利グッズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/17 本日のお仲間 ストーム ラトリンチャグバグ(グリーンスケール)
 本日加わったお仲間は、ストームのラトリンチャグバグです。先日ブルーバック/クロームのものを入手しましたが、あまりにもこのグリーンスケールのラトリンチャグバグが美しかったのでついσ(^_^;


ストームのスケールカラーは本当に美しいですね♪塗装が弱いのが玉に瑕ですが(^^;

 本当はノンラトルのものを探していたのですが完全に衝動買いですね^_^;というわけであともうひとつ、ノンラトルのチャグバグを入手したらストームのトップウォータールアーはコンプリートということに致します(^_^)ゞ


やっぱりチャグバグは可愛いのぉ~!萌えすぎです(^▽^)
07:39 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/16 2017年 ナマズ第12戦 フルコースだのに・・・
近くの川 2017年6月15日(木) 23:00~3:30
天気:曇り 気温:20℃ 水温:?℃ 風:3m 水位:増えた 水色:濁り

 というわけで今夜も深夜のパトロールです。結果から言うと自分のポイント全て巡回して異常なし!平和でなによりでした!(^.^)・・・・・なわきゃないでしょ!!(T^T)というわけで己の戒めのためにデータとして記しておきますが、多忙な諸兄様におかれましては時間の浪費ゆえこのまま読み進めるよりも、もっと有効な時間の使い方をお勧め致すところであります(~_~;)

 まずはメインポイント。ここは水位的にもちょうど良さげなんですがここの所全くの不発・・・今日ダメだったら暫くここはパスしよう・・・と思いながらブッシュの暗がりにキャストしたポンパドールjrをシェイクしながら引いていると『ボフッ』??バイト?再び『ボフッ』?バイトだよねぇ?再度『ボフッ!』からの重みが乗ったのを確認して合わせるとデカそうな重量感です!がっ、ドバドバドバ!と水面で激しく暴れたあと虚しくルアーが弾き飛ばされますた・・・

 ショックを引きずりながらも次の流れ込みポイントでは前回放置プレーで釣れてしまったコースをリトリーブしていると小さそうなやつがバシャ、再度バシャ!さらにも一度バシャ!でも掛かりませんですた・・・

 凹みながらも最近実績No1の複合ポイントに期待を掛けます。前回はやわらかプップで3回ミスしているので今回はがっつりと食わせるべくフィネスなキャタピーjrで仕留めに掛かります。そして狙い通り、対岸のブッシュに着水後しばしポーズさせてからの1アクションでガボッ!重みを感じてから合わせるとフッキング成功!からのすぐにポロリですた・・・なんで???

 半ばキレかかりながら水門ポイントへ。ここでは足下の水門の角にプップを垂らしてピチャピチャしてると子ナマズがビビビビビッとルアーを引っ張ります(笑)ですがこれも掛からず。お子ちゃまにも馬鹿にされてます(T^T)

 時間ももう1:30でしたがもう引き下がれません(-_-#)釣るまで帰らん!というわけで久し振りに田んぼの川へ。しかし水位も増え、土手の草は少し刈られていたものの撃つべき所がほとんどありません。しかし直径わずか30cmの流れ込みのピンスポットに賭けます。ここは今まで数十回出て未だにノーキャッチという因縁のスポットでもあります。

 今回も流れ込みの脇のヨレのピンにルアーを垂らしピチャピチャやってるとなかなかのサイズが身を翻して『ゴフッ!』とバイト!重みも乗ったので合わせますが一瞬針先に乗ったものの痛恨のフックオフです・・・(;´Д`)

 もうこうなりゃ明日の仕事なんて知るか!な勢いで剣道場の川に向かいます。しかしここも水位が増えて(;゚д゚)嫌な予感を抱えつつきっちりと攻めましたが結局ノーバイトに終わりました(+_+)

 と、今回は少ないながらチャンスがあったもののそれを生かすことができずまさかの完デコに終わりました・・・最近フックを大きめのものに変更して挑戦していますがそれが原因なのか?またまたフックシステムの迷宮に迷い込んでしまいました(?_?;



本日 ナマズ 0匹(5バイト、4バラシ)  2017年度 累計18匹

 ・ナマゾンC66M/G + エランPG81L + PE5号
07:06 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/15 ベリースプリットリングプライヤー
 フック交換専用の安いスプリットリングプライヤーが欲しかったので、千円位でタックルベリーブランドのベリースプリットリングプライヤーというものを買ってみました。


信頼していないタックルベリーオリジナル商品ですが、やっぱりこれも!?

まぁ、結果的には安かろう悪かろうな品でした。グリスを塗っても開閉が固く、グリップの部分もとても手が痛くなる素材です。形状的にも操作がし辛く残念な商品でした。

見た目は悪くないんですが、ツールとして考えるとちょっと使えませんね・・・


噛み合わせは悪くありませんが、バーブレスにもできません( ̄。 ̄;)千円でも高いな!
18:00 | 小物類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2017/06/14 ストーム マグナムウィグルワート マグワート
 ワート4兄弟の長男です。正直買うつもりは全くありませんでしたが、やっぱり長男だけいないのもちょっとね!?というわけでほぼコレクター的購入です^_^;

 
これでワート4兄弟がそろいました!本当はカラーもバチッと揃ったら恰好良かったんですけどね(^^)

 昔自分はマグワートと呼んでいたし、そのように紹介もされていたと記憶していますがリップの裏にはマグナムウィグルワートと記されていますね。なんでマグワートって呼んでたんだっけ!?サイズは4兄弟で全然違いますが、形もアクションも違うのはさすがにアメリカンです(^.^)

  
左からピーウィーワート、ウィーワート、ウィグルワートとの比較です。いかにマグナムがデカイかがわかりますww

 まだ実戦では使っていないので何ともですが、巻き抵抗が相当なもんらしいので覚悟して巻かないとならないルアーだそうです(笑)動きも音もダイナミックそうなので一発大物狙い的ルアーに近いんですかね。でも最近はマグナムクランクとかいうクソデカイクランクが一部で流行っているようなので、それに比べたら全然マグナムではないですが(^_^)ゞ

  
正直大きさは全然抵抗ないんですが、いかんせんラトル音が激しくうるさすぎ!!(◎_◎;)これはちょっと玉抜きをしなきゃ厳しいかも・・・
07:23 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.