2018/06/24 テッケル フロッグ  ワッカー
 フロッグといえばテッケル!な~んていう人は結構なフロッグマニアなんですかね?アメリカのバス釣り事情に相当詳しく、また、いろいろなアイデアでルアーのチューンなどを紹介してくれるテッケルの前田秀樹さん。特にフロッグに対する想いは日本一熱いです!!

 そんな前田さんが携わっているテッケルのフロッグ達ですが、安売りやブランド力を下げたくないという理由でちゃんとまっとうな扱いをしてくれるショップにしか卸さん!というわけでごく限られたお店でしか入手することができません。

 でもこれって本当に素晴らしいことだと思いますし、氏が商売っ気なしで様々なバス保全活動やフロッグルアーの推進に携わっているのを見ると本当に尊敬しちゃいますね!今の時代、自社のルアー売るために自分達のことしか考えてないメーカーが大多数ですからね・・・^_^;

 話が脱線しましたが、尋常じゃない程のこだわりが詰まっているテッケルのフロッグをいつかは使ってみたいと思っていましたが、ついにワッカーを入手しました!って、本当は安い中古のフロッグセットの中に入っていただけですがσ(^_^;


一見何てことないフロッグに見えますが、ヤバイ位のこだわりが詰まっています。tactbassのチープな言葉では語りたくありません^^;
  

 特徴を書きたいところなんですが、あまりにもこだわりの部分が多すぎて書くのが面倒くさいとても自分の言葉だけでは伝えきれないので是非ともテッケルのホームページやブログなんかを呼んでみて下さい!tactbassなんかは目から鱗の情報をどれだけ得てきたことか!というわけで丸投げですσ(^_^;

 
4種類あるテッケルフロッグの中で基本のフロッグとされながらも、誰にでも扱えるルアーではないというワッカー。アタシには使いこなせないんじゃないかしら・・・^_^;

 フロッグ好きなら商品情報以外にいろいろと面白い知識も増やせて一見の価値ありです!→テッケル
スポンサーサイト
07:34 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/23 激安ラバースカート買ってみた
 これからの季節、どんどん増えてくるミニスカ女子が大好きです♡でも、ホットパンツギャルはもっと大好きtactbassです(//∇//)というわけで!?手持ちが少なくなってきたのでラバースカートを補充しました。(なんのこっちゃ・・・^^;)

 ラバースカートとはいってもラバージグ用ではなく、スピナベやフロッグ、ナマズルアー用に付けるものなので正直どんなものでもいいです^^;というわけでちょっと探してみると激安なラバースカートを発見しました!

 普通ラバージグとかに使う場合はシート状のファインラバーを買うことがほとんどですが、今回はある程度の太さがあるものが欲しかったのと、ボリュームも欲しかったので最初からカットして束ねてあるものを購入しました。

 ナマゾンで12個のセットが送料込で471円の激安スカートです!(^^)!普通この手のものって1個180円位しますが、これは39円ですからね!1束50本程なのでボリュームもありちょうど狙い通りです(*^。^*)


この価格なら多少のカラーのしょぼさやロークオリティーなのも許せてしまいます(^.^)

 がっ、色が激しくダサいです・・・普通こんな色買わないですよね(^_^;)でも、ナマズ釣りを始めてからというもの、色のセンスがちょっと変わってきたtactbass的には全然問題ないカラーだったりします(^.^)確実にストライクゾーンが広がりましたね。女子のストライクゾーンはもっと広いですが(#^.^#)

 
趣味悪っ!wwでも最近のtactbassはこんな色に萌え~!なのです(*^。^*)

 実際手にしてみても、硬さやクオリティーも全然問題なさそうですね(^.^)これが中国から直送されてきてこの値段ですからね~。いかに日本の釣り具が高いかってことですよ。まぁ大人の事情で仕方ないんでしょうがね^^;


さすがの中華クオリティー!ちゃんとカットされてません・・・日本製じゃまずないでしょうね^^;
00:03 | チューニング・自作系 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/22 BOMBA DA AGUA ボンバダ スナップ オーヴォ
 さて、ルアーの接続には直結、スプリットリング、スナップなどで結びますが、tactbassは必ずスナップを使います!理由は以前書いた通りなのですが、やっぱりルアー交換にはスナップはとても便利ですよね(^o^)

 でも、そんな便利なスナップも場合によっちゃ憎しみの対象物になったりもします。それは、不意にスナップが開き、大切なルアーやお魚とお別れになってしまうことがあるからです。

 基本絶対にルアーはなくしたくないtactbassですが、特にナマズルアーは何がなんでも回収したいです。過去になくしたナマズルアーは2個ですが、その2個ともファイト中にスナップが開き魚に持っていかれたものです。ルアーも痛いしナマズにも本当に申し訳ない気持ちです。

 多分これは根掛かりなどを強引に外したりした時にスナップが開いたか弱っていたものと思われ、それに気付かず使っていたために上述した惨劇が起こったものと思われます。だから強い力が掛かった後は必ずスナップをチェックするようにはしてるんですけどね(;´Д`)

 それでもここ最近だけでもスナップ開きによりルアーが障害物に取り残されたのを回収器で回収したり、外れて流されたルアーを追いかけて下流まで一緒に下ったことも何度もありました(||゜Д゜)というわけでもっと強いスナップを探していたんですね。

 そしてたどり着いたのがBOMBA DA AGUA ボンバダ スナップ オーヴォです。怪魚ハンターボンバダ テル氏のプロデュースです。インプレを見るとかなり強力なスナップらしく、まず開くことはない!開閉は爪ではできないのでプライヤーがいる!とかなんとか!?ホンマかいな^_^;


一見浮浪者!?なルックスのテル氏のスナップ。ちなみにクソ高いです。1個60~70円以上します(||゜Д゜)

 で、まだちょっとしか使っていませんが、インプレによく書かれている開閉が超硬い!というのは、そうすか???てレベル。No.1・2・3しか使っていませんが、握力や指の力が人一倍弱いtactbassにも全く難儀に感じませんが・・・逆に、これで使っているうちに開かないの!?って不安になるレベルです^_^;

 バス用に使うのであればNo.1or2で大丈夫そうだし、ビッグベイトならNo.3でもいいかも。まぁバス釣りだったら普通に使う分には全く不安のない強度に思えますね。

 ナマズだったら#2が合いそうです。もちろん強度的には普通に使う分には問題ないでしょう。でも、大事なのは根掛かりをした時にPE50lbラインで針を伸ばしてルアーを回収するのでその時にスナップの方が先に伸びてくれるな!ってことなんですよ。

 一応メーカースペックとしてはNo.1で35kg、No.2で40kg、No.3で65kgの強度がありますが、実測したらそんなに強くないし・・・なんて意見もあったのでこればっかりは自分でも試してみるしかないんでしょうね。

 50lbラインは22kgの強度なんで、理論上はスナップより先にラインがいかれるはずなんですが、どうなんすかねぇ~^^;まぁ、期待せず慎重に使ってみることにします(^_^)ゞ


お得なエコノミーパックもありますが、実力がわからなかったのでレギュラーパックを購入しました^^;もし本当によければスナップは今後これ1本に絞ります!
 
00:02 | 小物類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/21 O.S.P スケーティングフロッグ
 最近はすっかりど定番の大人気メソッドとなったフロッグゲームですが、tactbassはそれ程こだわってはおらず時折楽しむ位ですね(^.^)持っているフロッグも数少ないです。

 そんなわけでフロッグについて語れる程のノウハウはありませんので全く参考にならないでしょうが、1番好きなのがOSPのスケーティングフロッグです。

 

OSP3種類のフロッグの中でもこれが1番人気のようで、他のは売ってるんですがなかなかスケーティングフロッグには出会いませんねぇ^^;

OSPでも3種類のフロッグを出していますが、このスケーティングフロッグが1番気に入っています。アクションが付けやすいのと、比較的小型でフッキング率が高いのがいいですね(^o^)

 
コンパクトでフッキング率も高く、誰が動かしても簡単にスケーティングできます。優等生フロッグですかね(^.^)

 ちょあうど手持ちがなくなってしまったので、中古の安いやつを入手しました。そんなにロストするもんではないので、壊れるまで補修しながら使っていきたいと思います(^_^)ゞ


セットでお安かったので一気に3個も・・・^_^;これだけあれば2~3シーズンは大丈夫でしょう!
07:36 | ルアー | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/20 バンタムMGL XGにカーボンハンドル装着!
 さて、先日ヤフオクで買った安い95mmのクランクカーボンハンドルを、早速バンタムMGLの90mmのハンドルと交換して取り付けてみました!ちゃんと付くんでしょうか!?

 
謎の中華製?カーボンハンドル、その実力やいかに!?

 まずは付属のベアリングを使い、自前のシムワッシャーを追加して調整しながら組んでみますがやはり回転がイマイチ・・・ベアリングチェッカーで試してもやはり回転の悪さがわかります^_^; 

 まあこれは最初から想定内、中華製のベアリングなんて使えるわけないと思ってたので自前のベアリングで組み直します。

 そしてシビアなシム調整の末ほぼ全く隙間なく、かつ滑らかな回転のハンドル&ノブに仕上げることができました♪本当はパワフルに巻けるラウンドノブにしたいとこですが、今回は予算不足ゆえとりあえずバンタムMGL純正のノブを移植しました^_^;

 そしてリール本体への取付も難なく完了!見た目の格好良さはOKでしょう!もちろん今回ロング化したのはより楽に巻き上げができるようにしたかったからですが、はたして対費用効果はあるんでしょうか!?(^.^)


バンタムMGLの純正ハンドルは格好いいですが・・・


カーボンハンドルはもっと格好いいです!(≧▽≦)でも5mm位ロング化しただけで効果を体感できるんでしょうか!?^_^;
00:36 | ロッド・リール | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/19 ヤフオクで安いオフセットカーボンハンドル買ってみた
 ヤフオクでシマノ用の95mmのオフセットカーボンハンドルを買ってみました。普通結構なお値段するカーボンハンドルですが、これは中華製なんですかね?ベアリング4個とシム、リテーナーなどがセットになった新品が送料込みで2700円位でした!(*^。^*)

 
見た感じは全然良好です(^o^)ただノブシャフトがかしめてなくネジ止めなのが中華製らしいですね^_^;

 大体こういった安いカーボンハンドルは100mm以上と長過ぎだったり、厚みがあり純正ハンドルよりも重いじゃん・・・( ̄。 ̄;)てものが多いですが、これは探していた95mmで厚さも3.1mm、重さも11.5gとまずまずのスペックです(^.^)

 
厚みもちょうどいい感じで野暮ったくありません。おまけのベアリングはチューン済とか書いてあったけど、あとで回転チェックしてダメそうだったら交換しましょう(^.^)

 で、時間ができたらこれをナマズ用のバンタムMGL XGの90mmハンドルと交換します!(≧▽≦)
07:30 | ロッド・リール | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/18 2018年 ナマズ 20戦 安定の川、博打の水路なのか?
新規開拓水路、いつもの川、剣道場の川 2018年6月16日(土) 18:00~19:00・20:30~1:30
天気:曇り、小雨 気温:16℃ 水温:?℃ 風:2m 水位:前日に雨が降ったが田んぼの影響でポイントによりまちまち 水色:マッディー

 さて、今日も嫁が夜勤のため、娘の送迎のために休みを取りました。本当に丸一日フリーの休みがほとんどなくなってしまいましたね(;´Д`)というわけで恒例の1時間ナマジングです!

 しかしこの剣道場の川も水がだいぶ増えてしまいなんだかイマイチ感が満載です^_^;それに加えて鯰人道はさらにくっきりとできており、相当な鯰人が入っていると思われます。

 そこで道なき道を藪漕ぎすると・・・みぎゃ~あ!!il||li (OдO`) il||li全身中にカメムシがくっついてるじゃないですか!(||゜Д゜)その数何十匹レベルです。長靴の中もカメ野郎が何匹もはいってるし・・・(;´Д`)もう藪漕ぎなんてしないからね!(-_-#)

 そんなわけで足場のいい所のみをやってると、安定の土管前でチェイス!からのパフッ!!フッキングも決まりました!しかし泳ぐのがやたら早いナマズで、ハイギアのバンタムMGL XGでゴリ巻きしたのにブッシュに突っ込まれてしまいました(;´Д`)

 今までのグラスロッドだったら確実にここでバラしていましたが、ゾディアスで強引に引っ張り出します!すると見事出てきたものの、今度は足元の草に絡まれました(;゚д゚)しかしこれもガチンコで草ごとぶっこ抜いてやりました(^o^)やっぱりカーボンロッド最高です!(≧▽≦)

 
2度巻かれましたが無事キャッチ!いつもはこれでバレるパターンですが、カーボンロッドのおかげ!?(#^.^#)

 かろうじてデコは免れました!(^_^)ゞここでちょうど1時間経ったので娘をピックアップしに向かいました(^.^)で、これで収まるわけもなく、家でご飯を食べてから再出動です(^_^)ゞ

 メインポイントもだいぶ草が生えてしまい、tactbassのポイントで1番釣れる場所が撃てなくなってしまいました(;´Д`)

 仕方なくカーブ部分に入り、カーブして見えないバンク沿いに投げるとパスッ!!とバイト音!思いっきり合わせると目の前まで吹っ飛んできましたが外れてしまいますた(..;)

 すると、先程撃って無反応だった対岸ブッシュで鯰の捕食音!?一応投げると一撃でバイト!からの早合わせしてしまいすっぽ抜け・・・

 激流れポイントは不発で複合ポイントに入り、対岸のブッシュギリギリにやわらかプップがポフッと生々しい着水音をたてて落ちるといきなり落ちパクバイトです!フッキングも決まり嬉しい1本です!


最近全然釣れなかったポイントで久し振りに釣れました(^^♪近頃は足場がよくエントリーしやすいとこしかやりません(^^;

 サンドバーポイントも釣れそうでしたが不発。激浅本流ではチャラ瀬前の足元で素敵な炸裂音のバイトがありましたが空振りでした(>_< )

 最後に先日開拓した圧倒的に魚影が濃い水路に向かいました。ただ前回同様水草が絡むようならすぐ撤退、もし雨により水位が増えており水草が絡まないようならじっくりやってやろうと思いました。結果は・・・やはり水位が上がり水草は絡んできません!こりゃ爆釣だな( ̄∇ ̄)

 ・・・・・ウソだろ!?あれ程いたナマズや鯉が全然いなくなってるのか!?(;゚д゚)夜だし濁っているのでよくわかりませんが、全く生命感がなくなっていました・・・水位が増え、ちょっと流れも出てましたがここまで激変するものなのか!?

 土曜なんで既に撃たれてる可能性は非常に高いですが、それにしても前回来たときは着水音や足音で逃げ惑っていましたがそれもありません。結局1時間半以上掛けてかなりの距離撃ちまくりましたが1バイトしかありませんでした(>_< )

 tactbassの行く川のポイントは居付きのナマズが多いのかいつ行ってもいることが多いです。でもこういった田んぼの影響を受ける水路は当たり外れが大きいということなんでしょうね。う~ん、実に難解だ・・・(?_?;

本日 ナマズ 2匹(6バイト)  2018年度 累計65匹

 ・ゾディアス175MH + バンタムMGL XG + PE5号
 ・ゾディアス175H + エランPG81L + PE5号


07:48 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/17 やわらかプップ シチュエーション別チューン
 さて、あまり頼ってはいけないと思いつつ、やっぱり投げてしまい今やすっかりtactbassのナマズ用エースルアーとなってしまったやわらかプップ。最近また追加して7匹に増量してしまったので、シチュエーション別に使いやすいようにチューンしてみました。

 なお、基本セッティングは前後ともがまかつのトレブルSP-MHの#5フックを使用、絡み止めワイヤーとラバースカート取付、フロントにスプリットリング2個とリアにはスイベルを入れています。

☆ナイト用

・ホワイトコーチドッグ・・・障害物の周りで使えるようにダブルフック仕様。フックは純正品ではなく、スプリットリングをフロントに1つ、リアには2つ入れてジャッカルの純正ダブルフックを付けました。この際フックが上を向くようにヒートンを回して調整しています。


・ニンジン・・・視認性がいいので昼夜兼用で、ブラック系程シルエットをくっきり出したくない時が出番。ただ巻きでの動きをスポイルして、前後ともラバースカートを装着した落ちパク仕様。カバーに投げて着水音で寄せて、シェイクでラバースカートに食いつかせるイメージ。
 

・キャンディーフレーク/ブラックベリー・・・上下はブラックできっちりと目立ち、側面はメタリック系にパロット模様。よってナイトゲームにおけるパイロットルアーです。オールラウンドに使える無難なベーシックセッティングです。


・ブラック・・・夜と濁り時のど定番カラーのマットブラックですが、さらにアピールを強めるためにブレードをプラス。絡み止めワイヤーを入れるとブレードに干渉してしまうので入れませんでしたが、当然前後のフックが絡んでウザいです(;´Д`)それでもブレードを入れた方がましな気がします。ブレードが回転してソフトボディーに当たり、プラスチックボディーに当たる音とはまた違うポクポクポク・・・といいサウンドがします(^o^)



☆デイ用

・グリーンヘッド/ホワイトベリー・・・スレたデイナマにも、一点でモジモジさせて見せて食わせるためのクリアー系カラー。これも落ちパク仕様です。


・カエル・・・背中の色が見やすいので、ちょっとしたカバーの中にも投げ入れられるようにダブルフック仕様です。


・セントウイン・・・濁っていてブラック系のくっきりシルエットを出したいけど、視認性が・・・という時に、ヘッドが白いので少しは目立ちます。ベーシックセッティングです。


 とまあこんな感じでいじってみましたが、本当にシチュエーションによって使い分けられるんでしょうか!?おそらく面倒臭くて1度結んだらポイントを変える毎に付け替える、なんてことはできないと思いますがねσ(^_^;
07:43 | ナマズ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/16 2018年 第4戦 やっぱりそういうことなのか!?(;゚д゚)
戸面原ダム 2018年6月12日(火)  5:40~17:00 

天気:くもり・晴れ 気温:20~26℃ 水温:23~25℃ 風:1~3m 水位:1.3m減水 水色:スティン 潮:大潮
状況:アフター回復、大きいのはどこ?

 今回はいつも一緒に行くと貧果に終わる、若くて可愛い奧さんをもらって殺害されるまで秒読み段階の!?西東京のドンファンことIさんとの戸面原ダム釣行です!ここ戸面原ダムは最近レンタルボートが解禁になったばかりなのでtactbassも初めての釣行・・・ではありません!

 実は今から30年程前の高校生の頃に、東京からスクーターにフローターとテント、自炊セットを積んで数回行ったことがあります。大学生の時にはアルミボートでも数回やったことがあります。(なんか〇ンヂンで爆走してた気が^_^;)

 しかしある時、同じバイト内で付き合ってる娘がいたのにもかかわらず、新しく入ってきた巨乳で帰国子女なプリティーガールとあわよくば・・・(//∇//)と思い初デートで戸面原ダムに釣りに行った時に(初デートで戸面原ダムで釣りって・・・^^;)、ボートを降ろそうと準備しているとボート屋のオッチャンがすっ飛んできて、今後はボートやフローターは禁止になったから他でやってくれ!と言われてからは当然今日まで行ってませんでした。

 ちなみにその日は長門川に移動しましたが、もちろんちょっとしか!?何事もなく、行く時はエクストラヘビーの竿を持って行ったつもりでしたが、帰りにはウルトラライトアクションの2ピースのサオに変わっていました(;´Д`)戸面原ダムのほろ苦い思い出として今も残っていますσ(^_^;て、こんな釣りとは関係のない話が長い時は釣れていない時の文字稼ぎな場合が多いわけですけどね(^_^;)

 というわけでどんな湖だったか、どんな釣りをしたのかほとんど覚えていないので、実質初めてのフィールドとして捉えることにしました。いつも初めて行く場所は変に先入観を入れないためにあえていろいろな情報を得ないようにしています。今回もチラッと釣果情報を見て毎日のように50upが釣れていること、数も釣る人は数十匹釣っていることを確認した程度で、あとは自分の力を試したいのでこれで十分です。

 フィールドに着いてみると心配した昨日までの台風の影響はそれ程ないようで、水位は一気に1m以上上がったようですが変な濁りや酷い浮遊ゴミもありません。でも何よりも台風一過のピーカンによるタフコンディションだけが気になるところです。ただ水色といい、ストラクチャーの感じといい、釣れ釣れな雰囲気は漂っていました!(^^)!

 あと懸念していたのがレンタルボートへのセッティングです。ボート暦は30年以上になりますが、レンタルボートに乗ったのはほんの数えるくらいしかありません※特に1人で乗ったことはほとんどないので結構ドキドキでしたが、なんとか準備も無事整い出船の時を待ちます!

  
浮き物歴30年にしてレンタルボートに乗ったのは数える位しかありません。セッティングもたどたどしいです(^_^;)

 プランは何も考えていませんでしたが、出船時にもらった地図を見てある程度やりたい所を絞り、Iさんとは逆の筋に向かいます。って、このファーストチョイスが大きな明暗の分かれ道であることに、当然このときは気づいていませんでした・・・

 スタートと同時に多くの船が走り出します!1日最大で25名しか出船できないはずですが、なんかやたらと人が多く感じます(^_^;)十数m毎に人が並び、常に人が撃ったすぐ後を追いかけながら釣っているような感じです(@_@;)こんなんで釣れるんでしょうか!?という不安の中自分もクランクからキャストを開始します。

 って、そんな不安をよそに岩盤沿いに投げたクランクにすぐさま初戸面原ダムバスがヒットです!(初ではないだろ!ww)やっぱり釣れ釣れレイクな噂は本当だったんでしょうか!?(*^。^*)


ファーストバスはクランクにて。こりゃ今日はイージーかな!( ̄ー ̄)

 最初に入ったダムサイトよりは比較的水深があり、岸辺には撃って~と言わんばかりのカバーが結構あります。そこで試しにそんなカバー際にノーシンカーを入れると当然のようにすぐさまむしゃぶりついてきます(#^.^#)イカンイカン、こんなことしてちゃイカンだろ!ww手早く探っていかなきゃね♪


ちょろっとライトリグを入れたらすぐに釣れます。これはセコ釣りは封印ですね(^^)

 続いてシャローが張り出している所に着くと、結構ボイルもありますねぇ~(^.^)ここでは今時期にはめっぽう強いプロップベイトを投入するとやっぱり、ボコボコにバイトされてます!(^O^)wwルアーが泳いでいるのから、魚が出てきてくわえていく様までが丸見えなのでとてもエキサイティングな釣りです!(*^。^*)

  
例の秘密のプロップベイト、やっぱヤバイですわ・・・連発です!( ̄◇ ̄;)

 こりゃ楽しいわ!(#^.^#)というわけで今度は大きめのスイッシャー、よく釣れると話題のロングPをパクって自作したtactbassのロングTを投入するとこれにもすぐ反応があります!ロングPよりも薄いペラを使っているので、ロングPよりもスローに引けて音もナチュラルな感じに泳ぎます。我ながら上出来なルアーに仕上がったとご満悦です(*^^)v


製作者さんは、パクって作ってもロングP
にはならないよ。全然別物だよ!と言っていましたが、状況により使い分けることで更なる強力な武器になりそうですね♪


 バッタモンで釣れたあとは、本家本元、モノホンのロングPで比較です(^.^)やっぱりオリジナルはペラが厚い分しっかり水を動かしている感じや音も重厚感があってナイスサウンドですね!そりゃこんなの使ったら釣れるでしょ!トッパーの中じゃ釣れすぎて邪道扱いされてるんじゃないですかね!?ww


ロングT VS ロングP!どちらも釣れました!wwそれにしてもこのサイズでも躊躇なくガップリと深いバイトなのが印象的でした。

 それにしてもこれだけサーフェイス系のプラグで釣れるのに、周りの方のほとんどがスピニングタックルでライトリグをちまちまシェイクしています。確かに見ていてもポロポロ釣れていたけど、せっかくの戸面原ダム、せっかくの1年で一番ハードベイトで釣れる時期なのにもったいないなぁ~と、余計な心配をするtactbassなのでした(^_^;)

 お次は今の時期王道の虫系ワームのモッサをシェードの中に入れると、そりゃ釣れるに決まってるじゃないですか!はっきりいって延々釣れそうでしたが、やはり気分的にはハードベイトで釣りたいところ、というわけでまたしてもすぐにハードベイトの釣りにシフトしちゃいます^_^;

  
今時期から徐々に部類の強さを見せつけ始めるモッサですが、やっぱりここでも炸裂です!

 しかしだんだんと日差しが強くなってくると反応も少なくなってきました。そこで今度は満を持してカバーにテキサスやパワーフィネスやを入れるも、予想に反してほとんど反応がありません。あれ!?なんでだ???この釣りがこのフィールドでの王道パターンであるのは間違いないと思うんですが・・・

 そこでIさんに電話して様子を聞いてみると・・・ガビ~ン!!!『いや~ぁ、無限バイトが止まらないですよ!こんなに釣れるとこないですよ♪』ですと!?しかもtactbassの釣っているよりも遥かにサイズが良くて数も釣っています。マジか・・・・・(@_@。さらにはあまり反応が良くないと思ったテキサスやパワーフィネスの釣りがほとんどで、巻物は全然ダメとか言ってるし・・・

 さらには、『人?人なんて全然いないよ。貸切だけど?』ですって!?今までtactbassが人にまみれて、人がライトリグで流しまくった後ろをハードベイトでなんとか絞り出してたのに・・・朝のエリア選択ですでに勝敗が決していたようです(ToT)/~~~

 じゃあ俺も!というわけでIさんのいる筋に向かいます。もちろん向かう道中もテキサスやパワーフィネスでカバーを撃ちながら向かいますが、どこに投げてもイレグイですよ♪というIさんの言葉に反して全くノーバイトなんですが???

 結局Iさんのところまでたどり着く間、ほとんどバイトすらありませんでした(~_~;)確かに人はいないけど・・・これは活性の高いやつをすでにIさんが抜いてしまったというのもあるとは思いますが、さすがにぺんぺん草も生えないなんてことはないと思うのでやはり単純に釣り方に差があったのでしょう。

 というわけでIさんとすれ違ってからもさらに釣り進みますが本当にバイトがありません(-_-;)それでもIさんはいまだにずっと釣れてると言ってるし・・・えぇ~い!やっぱりダメな時に自信のない釣り方でやってもしょうがない!と開き直り再度巻きの釣りを展開すると・・・あら!?やっぱり釣れるじゃないの♪

 
流れ込みの一等地に陣取っていました。今日だって何度も狙われているはずなのに、やっぱこのルアースゲイな!

 それでも所々あるゴージャスなカバーにはバンドゥクローをいれていると、流れ込みの絡むブッシュで40cmが出ました!絶対今日の王道パターンはテキサスだとわかっちゃいるんですが、どうしても楽しい釣りの方に逃げてしまいマキマキしてしまう心の弱いtactbassです^_^;

  
バンドゥクロークローでの1発!こいつも流れ込みの1級ポイントに付いていました(^_^)

 後半は先程とは違う筋に向かいますがやはり、今日のtactbassは撃ちよりも巻物のリズムがしっくりきていて、時折ワームも投げますがやはり釣れるのはプロップベイト^_^;もうこうなったらデカイのは諦め、完全にエンジョイモードで楽しんじゃえ!というわけでポロポロと釣り続けました。

  
結果的にはほぼ1日中プロップベイトを投げ続け、ずっとポロポロと釣れてました(^・^)

 一応ヨダレがでるような美味しそうなカバーにはワーム系も入れてみるんですがなんかやっぱりパッとしないんですよねぇ~・・・でもみんなはこんな釣り方で釣ってるんだろうから、俺がキモをわかってないだけなんだろうな(-_-;)

 
テンタクローラーのスナッグレスネコリグも有効でしたが、巻きたい病を抑えることはできませんでした(^_^;)

 結局なんとも中途半端な釣りをしてしまいましたが、終了1時間前はクランクも炸裂!岩盤だろうとカバーだろうとガンガン食ってきます(^o^)デカイのも混ざるかなと期待しましたが、アベレージサイズばかりでしたけどね^_^;

 
ラストはクランクで連発でした♪でももっと色んなルアー試すべきでしたね・・・(;´д`)

 というわけで今回は癒やしを求めてしまいほとんど1日中巻いてしましましたが、想定通り型も数もだすことができませんでした(>_< )対してテキサスとパワーフィネスの王道な釣りをきっちりとこなしたドンファンIさんは本日サイズも数もぶっちぎりの釣果を叩き出していました(;゚д゚)

 さすがに普段人が多くプレッシャーも高い相模湖をホームとしているだけあって、そこにいる魚をきっちりと抜いていく技術はさすがです。サラッと撃ってどんどん流していくtactbassにはとてもできない芸当で、今後の課題ですね^_^;

 それにしても面白いのは普段どちらかというと巻物が得意なIさんは今日は巻物はダメだと言っていましたが、tactbassはテキサスやパワーフィネスではほとんど釣ることができずに巻物メインの釣りでもそこそこは釣れたことです。(釣果ノートを見る限りIさんに続いてtactbassが2~3番目に釣っていたようです)

 やっぱりコンフィデンス的なものや微妙なキモのつかみ方で、ここまで考え方や釣果に差が出るものなんですね^_^;スピニング王になる!とか言っておきながら結局いつもの釣りやってるしσ(^_^;それにしてももっと多くのいろいろなことを試すべきだったなぁ~(;´Д`)

 釣れないのは自分の力が足りないので仕方ないんですが、いろいろと試さないのはより良い釣果の追求を放棄してしまっていることですからね。非常に反省点の多い、悔いの残る釣りとなりました(..;)

 敗因は自分自身何がやりたかったのか全く絞れていなかったこと。大きいのが釣りたいのか、数が釣りたいのか、エンジョイフィッシングがしたいのか、なんともどっちつかずな中途半端な釣りになってしまいました。あとはキャスティングが酷すぎた・・・最近はナマズ釣りばかりだったので軽量ルアー、特にスピニングでのキャストがバス釣り1年生レベルでした・・・(-_-)

 というわけで意気消沈なtactbassを釣具屋に連れて行ってくれ、美味しい味噌ラーメンと餃子をごちそうになり、往復の車の運転、交通費など全てお世話になりましたm(_ _)mこんな優しい人がいるでしょうか???さすがは西東京のドンファンです。女だったら確実に抱かれてますね(//∇//)

 それにしてもいつも一緒に行くと悪天候に見舞われ、魚も釣れませんが本日は天気も良好、釣果もワンツーフィニッシュとボチボチでした。なんでだろ?????そうか!!一緒には行ったけどボートは別々だったからか!やっぱりそういうことだったんですね!( ̄∇ ̄)
 
本日 ラージ:40up×2本・40cm以下×37本 total 39本

2018年累計 釣行回数 4回
ラージ :50up×0本・45up×0本・40up×2本・40cm以下×65本  total 67本
スモール:50up×0本・45up×2本・40up×1本・40cm以下×6本  total 9本
合計 :50up×0本・45up×2本・40up×3本・40cm以下×71本  total 76本
20:42 | ラージ | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2018/06/15 ナマズ用にゾディアス 175H買ってみた
 って、あれ!?先日上げた同じ記事がまた投稿されてるじゃん!と思った重度な読者の貴方、まずはカウンセリングに行って、こんなクソブログに関わることなく素敵な人生を歩めるよう、心の治療が必要ですよ( ̄∇ ̄)

 はい、先日ナマズ用にゾディアス175MHを買ったばかりなのに、今度はワンランク硬いゾディアス175Hも買ってしまった精神異常者tactbassです・・・(;´Д`)


今では多くのナマズ専用ロッドが発売されていますが、なぜあえてバスロッドをチョイスしたのか!?

 そもそも175MH購入後ボサ川でわずか3時間程使用して2本釣った段階で、もうこんな竿いらん!と思ったのですが、あらためて水路で使ってみたら、こりゃいい!!となったわけです^_^;


とあるシチュエーションではがっかりだった竿も、状況が変われば最高の竿にもなり得るってことですね!

 そんなわけで、グラスロッドのナマゾンC66M/Gとお別れすることを決意しました(ToT)/~~~で、ゾディアス175MHは水路スペシャル用としてとりあえず保留して、ボサ川用にゾディアス175Hを追加したのです^^;


長さは同じ7.5ftの2本のゾディアスですが、硬さはMHとH。狙うポイントによって、よりベターな方をチョイスして使っていきます!(^○^)

 もう両方とも入根入魂済みなので、また近いうちにインプレ致します。って、ナマズロッドとしてのゾディアスのインプレなんて興味ある人いないと思いますが(^_^;)


似たようなスペックの竿ですが、やっぱり使い勝手は異なります。今後インプレしていきます!

08:13 | ロッド・リール | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
スカイツリーのたもとで創業約90年の老舗手焼き煎餅屋『みりん堂』の四代目を営みつつ、あちこちナイスな魚達を求めてさまよっています。


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ

まとめ

Copyright © 東京スカイ釣り~♪ All Rights Reserved.